スポンサーリンク

毎年、冬になるにつれて空気が乾燥してきますのでインフルエンザがとても流行しやすくなってきます!

普段、家などではアルコール消毒や手洗いうがいなどでインフルエンザ予防している方も多いかと思いますが、車でのインフルエンザ予防はされていますか?

今回は車ならではの予防方法などを紹介したいと思いますので、これからの時期参考にしてみてください!

インフルエンザの基本知識

saya160105202992_tp_v

  • 飛沫感染

インフルエンザ感染者が、せき・くしゃみなどでその周辺3メートル~5メートルにウィルスをまき散らしてしまいます。

ですので狭い車内ではほぼ100%ウィルスを吸い込んでしまいます・・・

  • 接触感染

くしゃみや咳をする際に手で口を覆ったりした場合その手にインフルエンザウィルスが付着することになります。

その手でドアノブなど触るとウィルスが、その次に触った人に付着してしまいます・・・

またタオル・コップなどにも潜んでいるため感染経路は多数あります。

  • 空気感染

上記の飛沫感染と同じ意味合いなのですが、くしゃみ・咳などでまき散らしたウィルスは水分が蒸発した後も、5マイクロメートル以下の粒子となって空気中を漂い続けます。

その粒子を吸い込むことを空気感染と呼びます。

インフルエンザ患者がいた空間に入ると感染のリスクがあるのです。

 

以上のように、狭い車内では感染リスがとても高い!感染者が車に乗るとハンドル・操作スイッチなどは絶対に触れたりしますし、車内にウィルスの粒子が漂っているので対策しないと危険といえます。

インフルエンザの潜伏期間は?

通常ウィルスが体内に入って発症するまで1日~3日と言われています。

インフルエンザは増殖スピードが他の感染症に比べて以上に早いのです・・・

1個だったウィルスが24時間後には100万個に増える!発症した途端一気に体調が悪くなります。

  • 潜伏期間中も注意

まだ発症してない状態の潜伏期間中も他の人に感染してしまいます。

ですのでインフルエンザが流行している間は、症状が出ていない場合でもマスク・手洗いなどをすることで、感染予防にもなるし人にうつす可能性を低くできます。

  • 発症からの感染期間

重症化していない場合ですと一週間前後は周囲に感染させる恐れがあります。

熱が下がっても1日~2日はは注意が必要ですので自分の判断で、学校や会社に行かない様にしてくださいね!

車のインフルエンザ予防ってどうやる?

スポンサーリンク

一番効果が高いのは湿度を上げるのが一番です。

車のエアコンが除湿効果がありますので、40パーセント以下になってしまいまのでとても感染しやすい環境になってしまいます・・・

  1. エアコンをオフにして内気循環に切り替える
  2. マスクの着用
  3. 車内用加湿器を利用
  4. 空気の入れ替え
  5. アルコール消毒

などの対策がインフルエンザ予防に大切になってきます。

エアコンを内気循環することで、外からの乾燥した空気をいれないようにできるので車内の湿度が保たれます。

マスクの着用はインフルエンザ感染者は勿論しなければなりませんが、まだ感染していない方でも喉の感想を防ぎますので効果があります。

狭い車内では有効な方法ですので、車に乗ってもマスクは外さないようにしてください。

 

また最近では、車用の加湿器が様々ない会社から販売されていますので必要に応じて使用するのがいいと思います。

ただ過度な過失はガラスが曇ってしまい危険ですので、上手くエアコンを併用して安全運転を心がけてください♪

もし自分がインフルエンザに感染していて運転したのならば、次に家族の方が運転して感染しないように降りる前に必ず窓を開けて空気の入れ替えをおこなってくださいね!

またハンドル・スイッチなどをアルコール消毒すればより完璧な感染予防です。

タミフルを服用して運転大丈夫?

illust3967

もしあなたがタミフルを処方されて服用していたら、運転は控えたほうが賢明です・・・

タミフルの副作用で報告されているのが、

  1. 異常行動
  2. 下痢
  3. 腹痛
  4. 血圧低下

などが報告されていますので、どれか一つでも副作用が現れたら安全運転が困難になってしまい事故をおこす原因になります。

怖いのは異常行動でその時の行動を本人は覚えていない状態らしいので、車の運転中だったら怖いですよね・・・

基本的にインフルエンザ委に感染してタミフル服用中は運転どころではない状態でしょうが、原則運転は禁止!

 

どうしても用事があり外出しなければならない状況ならば。家族に運転を頼む・タクシーを呼ぶなどして対処しましょう!

人身事故などおこして後悔することがないように気を付けください!!

情報まとめ

「車でもインフルエンザ予防!乾燥対策やアルコール消毒したほうがいい?」はいかがでしたか?

これからの時期は毎年の事ですが、インフルエンザの流行が始まる季節でもあります。

基本的な感染予防や対策などをすることでリスクが軽減しますので、皆さんもできることからやっていきましょう!

おススメなのは持ち運びに便利な携帯用アルコール消毒が販売されていますので、カバンやポケットに入れておいて、食事前や気になった時にアルコール消毒すれば効果的です。

スポンサーリンク