フロントガラスが曇る原因と対処方法は?曇り止めって効果ある?

この記事は約2分で読めます。

自動車に乗っていると、フロントガラスが曇ってしまって前が見えにくく危ないと感じることがあります。

特に早朝や雨の日、寒い日などに多く、朝の忙しい時間帯なんかは焦ってしまうという人も多いのではないでしょうか。

今回は、フロントガラスが曇ってしまう原因とその対処法について紹介させていただきます。フロントガラスの曇りによって困っているという方は、最後までお付き合いいただければ幸いです。

フロントガラスが曇ってしまう原因とは?

 

まず、フロントガラスが曇ってしまう原因をいくつか紹介させていただきます。

●フロントガラスが曇る原因①:ホコリやたばこのヤニで汚れている

室内があまりキレイではない状態の場合、ホコリが付着してフロントガラスが汚れているということがあります。

また、喫煙車の場合にはタバコのヤニが付着することでフロントガラスが汚れてしまいます。

これらの汚れが水分を付着させることになり、曇りの原因となってしまうのです。

●フロントガラスが曇る原因②:車内の湿度が高い

雨の日や雪の日などは、服はもちろん傘や靴などに水分が付着しています。

その付着した水分が蒸発して車内の湿度を上昇させています。

室内の湿度が上がることによって、フロントガラスが曇ってしまうのです。

●フロントガラスが曇る原因③:車内と外気の気温差が大きい

最も多い原因となっているのが、車内と外気の気温差によるものです。

実は、空気中にはたくさんの水蒸気が浮遊しているのですが、高い気温であれば多く水蒸気を含むことができるのに対して、冬などの低い気温では水蒸気を含むことができなくなってしまいます。

つまり、結露した状態となりフロントガラスが曇ってしまうのです。

実は、冬の寒い日にも気温差によってフロントガラスは曇りますが、夏の暑い日もエアコンをかけることによって室内が冷えてしまい、気温差ができることでフロントガラスを曇らせてしまうのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました