メーターに表示される警告灯に意味は?点灯すると故障してる?

お役立ち情報 トラブル解決 メンテナンス

スポンサーリンク

車を走行させているとき、何気なく走行中にメーターを見ると「あれ?何かマークのようなものが表示されている。」

という経験をした方もおられるのではないでしょうか。実はこれ、警告灯と呼ばれるものなのです。

今回は、そんな警告灯の意味や疑問について紹介させていただきます。

これから車を購入しようと考えている方、まさにいま警告灯が点灯しているという方もあわせてご覧になってみてください。

そもそも警告灯って何?

警告灯が点灯したことがないという方のために、まずは警告灯について解説させていただきます。

警告灯とは

警告灯とは、イグニッションオン(エンジンキーを回してエンジンをかける前)にすると一斉に点灯するランプのことです。エンジンをかけた状態で、これらが消灯していれば正常となります。

実は、警告灯というのは世界基準で規格されていて、例え輸入車に乗っていても直感的に理解できるような仕組みになっています。

警告灯が点灯したいたら故障してる?

イグニッションオンのときメーター内に警告灯が全て表示されていれば、それは正常です。しかし、エンジン始動時に消灯しているはずの警告灯が表示されているのであれば、何かしらの異常を知らせているということになります。

警告灯の種類とその内容

警告灯が点灯したときに何の異常を知らせているのかわからないということでは、役割が果たせませんから、ここで警告灯の種類やその内容を解説させていただきます。

エアバッグ警告灯

エアバッグシステムに何かしらの不具合があることが考えられますので、販売点や整備工場に点検してもらいましょう。

エンジン警告灯

エンジンの制御系センサーの故障も考えられますが、エンジンそのものに異常がある場合もあるので、速やかに販売店や整備工場へ持ち込みましょう。

油圧警告灯

エンジンが稼働しているときに、エンジンオイルが不足していたりエンジン圧力が低下していたりする場合に点灯します。エンジンが焼き付いてしまう可能性があるため、安全な場所へ車を停車させましょう。

ABS(アンチロックブレーキシステム)警告灯

ABSの作動中にも点灯しますが、作動していない状況下において点灯している場合はABSに何らかの異常が生じている可能性があります。異常であれば、販売店や整備工場にチェックしてもらいましょう。

ブレーキ警告灯

パーキングブレーキが作動中に点灯します。解除しているにも関わらず点灯している場合は、ブレーキ液の不足やEBD制御などの問題などが考えられます。ただちに停車して、販売店や整備工場にチェックしてもらいましょう。

スポンサーリンク

排気温警告灯

触媒装置がオーバーヒートを起こしたときに点灯するランプです。車体の下に何か可燃性のものが貼り付いていないか確認しましょう。

充電警告灯

走行中にバッテリー、ベルト類、オルタネーターなどの充電系の異常がある場合に点灯します。走行中に急に車が停止してしまうこともあるので、安全な場所で停止するようにしましょう。

●水温警告灯

イカダのようなマークですが、こちらは水温警告灯といいます。青色で表示されているときと、赤色で表示されているときでは、意味が異なります。

【青色表示】

エンジン冷却水の温度が低い場合に点灯します。充分に暖気運転を行っても点灯しているようであれば、速やかに販売店や整備工場に見てもらった方が良いでしょう。

【赤色表示】

エンジン冷却水の温度が異常に高くなっている場合に点灯します。点灯している場合はオーバーヒートの可能性があるので、安全な場所へただちに停車させましょう。

●ウォッシャー液警告灯

ウォッシャー液が不足すると表示されるので、ウォッシャー液を補給しましょう。

●ドア警告灯

ドアが半ドア状態のときに表示される警告灯です。そのまま走行すると危険なので、ドアをきちんと閉めなおしましょう。もし、半ドアでもないのに点灯するようであれば、ドアスイッチの異常も考えられますので、一度販売店や整備工場にチェックしてもらいましょう。

●燃料警告灯

燃料の残量が少なくなってきた場合に表示される警告灯です。燃料警告灯が点灯してガス欠になるまでの距離は、車種や燃費によって異なるので、点灯すれば速やかに燃料を補給しましょう。

●4WD警告灯(4WD車)

4WD警告灯は、4WD機能に何かしらの不具合があった場合に点灯します。2WDでの走行は可能かもしれませんが、自走して販売店へ行く場合はゆっくりとしたスピードで走行するようにしましょう。

●ハイブリッドシステム警告灯(ハイブリッド車)

ハイブリッド車や電気自動車には、ガソリン車にはない駆動モーターや駆動用バッテリーが搭載されています。それらのハイブリッドシステムに異常があった場合には、ハイブリッドシステム警告灯が表示されます。

警告ブザーも同時に鳴るので、気づいた段階でただちに安全な場所へ停車させましょう。この場合は、販売店に持っていくようにしましょう。

■まとめ

「メーターに表示される警告灯に意味は?点灯すると故障してる?」はいかがでしたか?

警告灯と一口にいっても、緊急を要するような大きな異常を知らせるランプとそうではないランプが存在します。

きちんと警告灯の意味を理解して、急に点灯したからといって慌てないように冷静に判断することが大切です。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

メーターに表示される警告灯に意味は?点灯すると故障してる?

お役立ち情報 トラブル解決 メンテナンス

スポンサーリンク

車を走行させているとき、何気なく走行中にメーターを見ると「あれ?何かマークのようなものが表示されている。」

という経験をした方もおられるのではないでしょうか。実はこれ、警告灯と呼ばれるものなのです。

今回は、そんな警告灯の意味や疑問について紹介させていただきます。

これから車を購入しようと考えている方、まさにいま警告灯が点灯しているという方もあわせてご覧になってみてください。

そもそも警告灯って何?

警告灯が点灯したことがないという方のために、まずは警告灯について解説させていただきます。

警告灯とは

警告灯とは、イグニッションオン(エンジンキーを回してエンジンをかける前)にすると一斉に点灯するランプのことです。エンジンをかけた状態で、これらが消灯していれば正常となります。

実は、警告灯というのは世界基準で規格されていて、例え輸入車に乗っていても直感的に理解できるような仕組みになっています。

警告灯が点灯したいたら故障してる?

イグニッションオンのときメーター内に警告灯が全て表示されていれば、それは正常です。しかし、エンジン始動時に消灯しているはずの警告灯が表示されているのであれば、何かしらの異常を知らせているということになります。

警告灯の種類とその内容

警告灯が点灯したときに何の異常を知らせているのかわからないということでは、役割が果たせませんから、ここで警告灯の種類やその内容を解説させていただきます。

エアバッグ警告灯

エアバッグシステムに何かしらの不具合があることが考えられますので、販売点や整備工場に点検してもらいましょう。

エンジン警告灯

エンジンの制御系センサーの故障も考えられますが、エンジンそのものに異常がある場合もあるので、速やかに販売店や整備工場へ持ち込みましょう。

油圧警告灯

エンジンが稼働しているときに、エンジンオイルが不足していたりエンジン圧力が低下していたりする場合に点灯します。エンジンが焼き付いてしまう可能性があるため、安全な場所へ車を停車させましょう。

ABS(アンチロックブレーキシステム)警告灯

ABSの作動中にも点灯しますが、作動していない状況下において点灯している場合はABSに何らかの異常が生じている可能性があります。異常であれば、販売店や整備工場にチェックしてもらいましょう。

ブレーキ警告灯

パーキングブレーキが作動中に点灯します。解除しているにも関わらず点灯している場合は、ブレーキ液の不足やEBD制御などの問題などが考えられます。ただちに停車して、販売店や整備工場にチェックしてもらいましょう。

スポンサーリンク

排気温警告灯

触媒装置がオーバーヒートを起こしたときに点灯するランプです。車体の下に何か可燃性のものが貼り付いていないか確認しましょう。

充電警告灯

走行中にバッテリー、ベルト類、オルタネーターなどの充電系の異常がある場合に点灯します。走行中に急に車が停止してしまうこともあるので、安全な場所で停止するようにしましょう。

●水温警告灯

イカダのようなマークですが、こちらは水温警告灯といいます。青色で表示されているときと、赤色で表示されているときでは、意味が異なります。

【青色表示】

エンジン冷却水の温度が低い場合に点灯します。充分に暖気運転を行っても点灯しているようであれば、速やかに販売店や整備工場に見てもらった方が良いでしょう。

【赤色表示】

エンジン冷却水の温度が異常に高くなっている場合に点灯します。点灯している場合はオーバーヒートの可能性があるので、安全な場所へただちに停車させましょう。

●ウォッシャー液警告灯

ウォッシャー液が不足すると表示されるので、ウォッシャー液を補給しましょう。

●ドア警告灯

ドアが半ドア状態のときに表示される警告灯です。そのまま走行すると危険なので、ドアをきちんと閉めなおしましょう。もし、半ドアでもないのに点灯するようであれば、ドアスイッチの異常も考えられますので、一度販売店や整備工場にチェックしてもらいましょう。

●燃料警告灯

燃料の残量が少なくなってきた場合に表示される警告灯です。燃料警告灯が点灯してガス欠になるまでの距離は、車種や燃費によって異なるので、点灯すれば速やかに燃料を補給しましょう。

●4WD警告灯(4WD車)

4WD警告灯は、4WD機能に何かしらの不具合があった場合に点灯します。2WDでの走行は可能かもしれませんが、自走して販売店へ行く場合はゆっくりとしたスピードで走行するようにしましょう。

●ハイブリッドシステム警告灯(ハイブリッド車)

ハイブリッド車や電気自動車には、ガソリン車にはない駆動モーターや駆動用バッテリーが搭載されています。それらのハイブリッドシステムに異常があった場合には、ハイブリッドシステム警告灯が表示されます。

警告ブザーも同時に鳴るので、気づいた段階でただちに安全な場所へ停車させましょう。この場合は、販売店に持っていくようにしましょう。

■まとめ

「メーターに表示される警告灯に意味は?点灯すると故障してる?」はいかがでしたか?

警告灯と一口にいっても、緊急を要するような大きな異常を知らせるランプとそうではないランプが存在します。

きちんと警告灯の意味を理解して、急に点灯したからといって慌てないように冷静に判断することが大切です。

コメントをどうぞ