流れるウィンカーは車検は通る?搭載されている車種は何がある?

お役立ち情報 カスタム 車おもしろ情報・動画

スポンサーリンク

皆さん最近街中でウィンカーが変な光り方している車見かけたことありませんか?

流れるウィンカーで少し前まではトラックに多かったのですが、ここ数年で乗用車に採用され始めました。

そこで疑問に思うのが「車検は大丈夫なの?」と思われた方もいるでしょう!

国土交通省が法律を改定したことで、各メーカーとも流れるウィンカー搭載車を増やしてきています。

今回は流れるウィンカーが車検に通るかと、搭載されている代表的な車種を紹介しますね♪

流れるウィンカーが車検に通る条件は?

 

当然のことですが流れるウィンカーは車検基準に達してないと通ることはありません。

まずは基本的なウィンカー車検基準を見てみましょう。

  • ウィンカーが周囲から確認しやすいこと
  • ウィンカー点灯時には昼まで前方100メートル・後方30メートル地点から確認できる
  • 点灯によって交通に支障をきたさない
  • ウィンカー点灯色は橙色限定(赤とか青はダメ!)
  • 毎分60回以上120回以下の一定の周期で点滅

上記の項目で基準を満たしていないとダメです!

これから自作しようとするユーザーは、ウィンカー点灯色は橙色と毎分60回以上120回以下の点滅が注意ポイントです。

流れるウィンカー車検基準とは?

基本的なウィンカー基準はわかったと思いますので、本題の流れるウィンカーについての検査基準をお伝えしますね。

  • LEDは始まりから終わりまで点灯させ続ける

光り始めから終わりまで点灯させた状態にさせます。

必ず最初から終わりまで繋がるように光らせます。

  • ウインカーの点滅周期は毎分60~120

通常ウィンカーと同じように早すぎても遅すぎてもNGとなります。

  • 光の点滅速度は一定を保つ

上記の点滅周期は守ったがウィンカーが光るたびに速度が変わるのはNGです。

  • ウィンカー点滅は内側から外側へ

車の中心から外に向かって光るようにしないといけません。

外側から内側に点滅はNGとなります。

  • ハザードランプも同じく内側から

ハザードランプだからって外側から点灯はNGになっていますので、光り方は同じようにしてくださいね。

 

上記で紹介している「トヨタC-HR」の流れるウィンカー動作が参考になると思います。

メーカー純正なので間違いなく車検に通る仕様なので間違いありません!

 

一つ注意ポイントとして、ウィンカーのLED玉切れに注意してください。
一つでもLEDが玉切れしていると車検には通りません。

「LEDは始まりから終わりまで点灯させ続ける」の項目を満たしていないと判断されるためです!

 

現在では明確な車検基準が浸透しているため、オートバックスや車検専門業者にだしても検査基準を満たしていれば問題なく通るはずです。

流れるウィンカーが装着されているのを見て、開口一番に対応していないと判断する業者は信用できません。

何がダメで車検に通らないか丁寧に説明してくれる業者を探しましょう!

スポンサーリンク

流れるウィンカー搭載車種は?

まだまだ純正で採用している車種は多くありません。

それだけに街中で見かけるとインパクト大で一目を引きますね♪

  • アウディA8

アウディのフラッグシップセダンで、A8が採用したことで話題になりました。

このA8の採用をきっかけにアウディの採用車は増えていっています。

またウィンカーも目立ちますがマトリックLEDヘッドランプもすごい技術ですよ♪

 

  • アウディ R8

アウディが販売するスーパーカーで、ランボルギーニウラカンと兄弟車になります。

搭載された5.2L V型10気筒エンジン619psを発揮します!

 

  • ベンツ AMG GT

ベンツでは搭載車種が少ないですが今後は拡大していく方針のようです。

AMG GTの魅力的なテールにはピッタリですね♪

 

  • レクサスRX

日本車では初搭載となったのがレクサスRXになります。

日本初ということで話題になって、RXの迫力あるボディとプラスされて目立ちますね。

 

  • レクサスLX

RXに続いてフラッグシップSUV「LX」にも流れるウィンカーが採用されています。

RX同様に迫力のあるボディとウィンカーはカッコいいですね。

 

  • トヨタ C-HR

トヨタブランドでは初採用されたのがC-HRになります。

最上級グレードでオプション選択なのですが、装着しないと後で後悔してしまいます。

流れるウィンカーは今後搭載車が増える。

いま日本車ではRX・LX・C-HRのみですが、ハリアーとNXマイナーチェンジで搭載が決定しています。

今後はコンパクトカー・ミニバンなどにも搭載車が増えると予想されますので、見かける機会が多くなりそうですね。

まとめ

「流れるウィンカーは車検は通る?搭載されている車種は何がある?」は楽しんでいただけたでしょうか?

アフターメーカーからヘッドライトやテールランプが発売されていますが、購入じは車検対応品は必ずチェックするよう気を付けてください。

まだまだ搭載車種が少なく、ウィンカー点灯時のインパクトは大きいので満足度が高いですね♪

ちなみに流れるウィンカーの事を「シーケンシャルウィンカー」と呼ぶのが正式名称みたいです。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

流れるウィンカーは車検は通る?搭載されている車種は何がある?

お役立ち情報 カスタム 車おもしろ情報・動画

スポンサーリンク

皆さん最近街中でウィンカーが変な光り方している車見かけたことありませんか?

流れるウィンカーで少し前まではトラックに多かったのですが、ここ数年で乗用車に採用され始めました。

そこで疑問に思うのが「車検は大丈夫なの?」と思われた方もいるでしょう!

国土交通省が法律を改定したことで、各メーカーとも流れるウィンカー搭載車を増やしてきています。

今回は流れるウィンカーが車検に通るかと、搭載されている代表的な車種を紹介しますね♪

流れるウィンカーが車検に通る条件は?

 

当然のことですが流れるウィンカーは車検基準に達してないと通ることはありません。

まずは基本的なウィンカー車検基準を見てみましょう。

  • ウィンカーが周囲から確認しやすいこと
  • ウィンカー点灯時には昼まで前方100メートル・後方30メートル地点から確認できる
  • 点灯によって交通に支障をきたさない
  • ウィンカー点灯色は橙色限定(赤とか青はダメ!)
  • 毎分60回以上120回以下の一定の周期で点滅

上記の項目で基準を満たしていないとダメです!

これから自作しようとするユーザーは、ウィンカー点灯色は橙色と毎分60回以上120回以下の点滅が注意ポイントです。

流れるウィンカー車検基準とは?

基本的なウィンカー基準はわかったと思いますので、本題の流れるウィンカーについての検査基準をお伝えしますね。

  • LEDは始まりから終わりまで点灯させ続ける

光り始めから終わりまで点灯させた状態にさせます。

必ず最初から終わりまで繋がるように光らせます。

  • ウインカーの点滅周期は毎分60~120

通常ウィンカーと同じように早すぎても遅すぎてもNGとなります。

  • 光の点滅速度は一定を保つ

上記の点滅周期は守ったがウィンカーが光るたびに速度が変わるのはNGです。

  • ウィンカー点滅は内側から外側へ

車の中心から外に向かって光るようにしないといけません。

外側から内側に点滅はNGとなります。

  • ハザードランプも同じく内側から

ハザードランプだからって外側から点灯はNGになっていますので、光り方は同じようにしてくださいね。

 

上記で紹介している「トヨタC-HR」の流れるウィンカー動作が参考になると思います。

メーカー純正なので間違いなく車検に通る仕様なので間違いありません!

 

一つ注意ポイントとして、ウィンカーのLED玉切れに注意してください。
一つでもLEDが玉切れしていると車検には通りません。

「LEDは始まりから終わりまで点灯させ続ける」の項目を満たしていないと判断されるためです!

 

現在では明確な車検基準が浸透しているため、オートバックスや車検専門業者にだしても検査基準を満たしていれば問題なく通るはずです。

流れるウィンカーが装着されているのを見て、開口一番に対応していないと判断する業者は信用できません。

何がダメで車検に通らないか丁寧に説明してくれる業者を探しましょう!

スポンサーリンク

流れるウィンカー搭載車種は?

まだまだ純正で採用している車種は多くありません。

それだけに街中で見かけるとインパクト大で一目を引きますね♪

  • アウディA8

アウディのフラッグシップセダンで、A8が採用したことで話題になりました。

このA8の採用をきっかけにアウディの採用車は増えていっています。

またウィンカーも目立ちますがマトリックLEDヘッドランプもすごい技術ですよ♪

 

  • アウディ R8

アウディが販売するスーパーカーで、ランボルギーニウラカンと兄弟車になります。

搭載された5.2L V型10気筒エンジン619psを発揮します!

 

  • ベンツ AMG GT

ベンツでは搭載車種が少ないですが今後は拡大していく方針のようです。

AMG GTの魅力的なテールにはピッタリですね♪

 

  • レクサスRX

日本車では初搭載となったのがレクサスRXになります。

日本初ということで話題になって、RXの迫力あるボディとプラスされて目立ちますね。

 

  • レクサスLX

RXに続いてフラッグシップSUV「LX」にも流れるウィンカーが採用されています。

RX同様に迫力のあるボディとウィンカーはカッコいいですね。

 

  • トヨタ C-HR

トヨタブランドでは初採用されたのがC-HRになります。

最上級グレードでオプション選択なのですが、装着しないと後で後悔してしまいます。

流れるウィンカーは今後搭載車が増える。

いま日本車ではRX・LX・C-HRのみですが、ハリアーとNXマイナーチェンジで搭載が決定しています。

今後はコンパクトカー・ミニバンなどにも搭載車が増えると予想されますので、見かける機会が多くなりそうですね。

まとめ

「流れるウィンカーは車検は通る?搭載されている車種は何がある?」は楽しんでいただけたでしょうか?

アフターメーカーからヘッドライトやテールランプが発売されていますが、購入じは車検対応品は必ずチェックするよう気を付けてください。

まだまだ搭載車種が少なく、ウィンカー点灯時のインパクトは大きいので満足度が高いですね♪

ちなみに流れるウィンカーの事を「シーケンシャルウィンカー」と呼ぶのが正式名称みたいです。

コメントをどうぞ