ETC2.0って何が従来のETCと違うの?導入価格は高い!?

お役立ち情報 ドライブ関係 車用品関係

スポンサーリンク

高速道路の料金所を快適に通過できるETC。

今は普通に使えてるかもしれないけど、使えなくなる日が迫りつつあります。

 

従来型は廃止し、ETC2.0が新しく導入されるからです。

ここでは、従来型とET2.0の違いと、導入価格は本当に高いのかをご紹介いたします。

ETC2.0とは?

ETC2.0

 

簡単に言うと、従来型のETCに様々な便利機能が追加された高性能ETC。
ただ通過するだけの従来型ETCだってもちろん便利でしたが、危険回避情報や料金割引、民間サービスでの利用も可能となります。

 

ちなみに、上記した従来型の廃止ですが、今まで使っていたETCカードはそのまま使えるようなのでご安心を
カードの契約のし直し等はしなくて済むそうです。

 

さて、マルチユースが可能となったETC2.0ですが、一体どんな機能が付加されているのでしょうか?

道路状況を教えてくれる

今までのETCの場合、200kmぐらいの範囲で道路状況をナビに反映し、ドライバーに教えてくれていました。
しかし、ETC2.0の場合はそれの約5倍、1000km範囲での道路状況を教えてくれるんです!

 

もっと先の状況を把握することによって、

  • 適切なルート確保や進路変更
  • 天候による路面状況の把握

が可能となり、よりスムーズ・安全に走行することが出来ます。
無論、スムーズに運転するコツも必要になってきますが。
(当ブログでは、高速道路での運転テクニックに関する記事もありますので、よろしければご閲覧下さい)

高速道路の渋滞時のマナーと一番早く進む方法とは?

 

長距離を走る際にはとても心強いですね。

高速料金の割引

これは、国がETC2.0搭載車を対象に高速道路通行料金を割引してくれる、遠出が大好きな人にとって嬉しいサービスとなっています。
運送会社のトラックの運ちゃん、バンドマンの追っかけさん、旅行マニアの方々の財布にも余裕が出来ますね♪

 

今は主要都市の一部でしか適用例がありませんが、次第に全国に広まる予定だそうです。
高速道路はお金がかかるから・・・、なんて概念をぶち壊しす事になります!

おサイフケータイみたいな機能!?

00164c99f4f78b73bedc9afae34820d1_s

もうここまでくると、星野源さんみたいなマルチタレントばりのスペックではないですか?

高速道路以外でも有効な機能で、

  • ガソリンスタンド
  • ファストフードなどでのドライブスルー
  • 街中のコインパーキング

などなど、車に乗ったままお財布を出さずに会計することが可能です。

 

しかし、この機能に関してはまだ「予定段階」なので、今後すぐに使えると言う訳ではないみたいです。
ETC2.0が当たり前の世の中になれば、これもまた当たり前になってくると予想できます。

この他にも・・・

これもまた予定情報でしかないのですが、インターネット接続サービスや観光サービスなども充実していくらしいです。

 

一部情報によると、災害時(主に地震発生時)にハザードランプの点灯や後方の確認、左寄せ徐行などをアラームで促してくれる機能も登場するとのことです

 

あと、機能ではないのですが、「ETCゲートが撤去される」事も検討されているとか。

いちいちビクついて速度を落としすぎてゲート通過・・・なんて事も無くなる日が来るかも!

スポンサーリンク

導入に必要なものと価格予想

一番気になるのはどの記事でも、恐らくお金の部分ではないでしょうか?
高いのか?安いのか?私は一番気になります。(お金持ちじゃないんでね!笑)

先入観としては、当ブログで一度ご紹介したハイレゾ対応カーオーディオの交換と似ています。

車でも高音質「ハイレゾ」って何のこと?再生方法・費用・簡単にできるもの?

 

まず必要なものとして、

  • ETC2.0に対応したカーナビ
  • ETC2.0車載機(カードを差すやつ)

になります。

で、肝心の価格なんですが、本体などのハードだけで済むわけでは無いので予想以上にお金がかかってしまいます。

  • ETC2.0カーナビ・・・7万~12万円
  • ETC2.0車載機・・・1.5万~3万円
  • 取り付け工賃・・・5千~6千円
  • セットアップ料金・・・3千~5千円

合計・・・12万~16万6千円

目安になりますが、このぐらいかかってしまいます。

「今のETCじゃカーナビは使ってないから、ETC2.0でも要らないんじゃないの?」

 

と思った方もいらっしゃるかと思いますが、ETC2.0の性能をフル活用したいのであればカーナビは必須になります。
特に、適切なルートや道路状況をいち早く把握したい場合はカーナビでないと効果を発揮できません。

 

せっかくの多機能なんですから、お金をかけてでもフル活用したいですよね。

もしかしたら!

今お手持ちのカーナビとETC車載器、最新機種もしくは新しめのモデルですか?
もしそうであれば本体に、「DSRC」や「ITSスポット」と言う文字が書かれているかチェックしてみた下さい。
書いてあれば、ETC2.0対応機種になるので、再セットアップだけで済むのでお安く済みますよ!

進化を遂げていくETC

「ETC2.0って何が従来のETCと違うの?導入価格は高い!?」いかがですか?
渋滞の無い道路の様にスラスラ読めたなら幸いです。(自分ではなんともお粗末な文章だと思っているので笑)

ドライバーの運転マナーやテクニックでスムーズに走れる事も大事ですが、車載機器やシステムなどの面を改善する事もまた、渋滞の解消につながるみたいですね。

世の中は常に便利なものに進化し続けていますが、我々人間自体も劣らずに進化する必要があるのでは?とこの記事を書きながら思っておりました・・・

当ブログもより一層進化(?)し続けていきますので、どうぞ懲りずに見てください。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

ETC2.0って何が従来のETCと違うの?導入価格は高い!?

お役立ち情報 ドライブ関係 車用品関係

スポンサーリンク

高速道路の料金所を快適に通過できるETC。

今は普通に使えてるかもしれないけど、使えなくなる日が迫りつつあります。

 

従来型は廃止し、ETC2.0が新しく導入されるからです。

ここでは、従来型とET2.0の違いと、導入価格は本当に高いのかをご紹介いたします。

ETC2.0とは?

ETC2.0

 

簡単に言うと、従来型のETCに様々な便利機能が追加された高性能ETC。
ただ通過するだけの従来型ETCだってもちろん便利でしたが、危険回避情報や料金割引、民間サービスでの利用も可能となります。

 

ちなみに、上記した従来型の廃止ですが、今まで使っていたETCカードはそのまま使えるようなのでご安心を
カードの契約のし直し等はしなくて済むそうです。

 

さて、マルチユースが可能となったETC2.0ですが、一体どんな機能が付加されているのでしょうか?

道路状況を教えてくれる

今までのETCの場合、200kmぐらいの範囲で道路状況をナビに反映し、ドライバーに教えてくれていました。
しかし、ETC2.0の場合はそれの約5倍、1000km範囲での道路状況を教えてくれるんです!

 

もっと先の状況を把握することによって、

  • 適切なルート確保や進路変更
  • 天候による路面状況の把握

が可能となり、よりスムーズ・安全に走行することが出来ます。
無論、スムーズに運転するコツも必要になってきますが。
(当ブログでは、高速道路での運転テクニックに関する記事もありますので、よろしければご閲覧下さい)

高速道路の渋滞時のマナーと一番早く進む方法とは?

 

長距離を走る際にはとても心強いですね。

高速料金の割引

これは、国がETC2.0搭載車を対象に高速道路通行料金を割引してくれる、遠出が大好きな人にとって嬉しいサービスとなっています。
運送会社のトラックの運ちゃん、バンドマンの追っかけさん、旅行マニアの方々の財布にも余裕が出来ますね♪

 

今は主要都市の一部でしか適用例がありませんが、次第に全国に広まる予定だそうです。
高速道路はお金がかかるから・・・、なんて概念をぶち壊しす事になります!

おサイフケータイみたいな機能!?

00164c99f4f78b73bedc9afae34820d1_s

もうここまでくると、星野源さんみたいなマルチタレントばりのスペックではないですか?

高速道路以外でも有効な機能で、

  • ガソリンスタンド
  • ファストフードなどでのドライブスルー
  • 街中のコインパーキング

などなど、車に乗ったままお財布を出さずに会計することが可能です。

 

しかし、この機能に関してはまだ「予定段階」なので、今後すぐに使えると言う訳ではないみたいです。
ETC2.0が当たり前の世の中になれば、これもまた当たり前になってくると予想できます。

この他にも・・・

これもまた予定情報でしかないのですが、インターネット接続サービスや観光サービスなども充実していくらしいです。

 

一部情報によると、災害時(主に地震発生時)にハザードランプの点灯や後方の確認、左寄せ徐行などをアラームで促してくれる機能も登場するとのことです

 

あと、機能ではないのですが、「ETCゲートが撤去される」事も検討されているとか。

いちいちビクついて速度を落としすぎてゲート通過・・・なんて事も無くなる日が来るかも!

スポンサーリンク

導入に必要なものと価格予想

一番気になるのはどの記事でも、恐らくお金の部分ではないでしょうか?
高いのか?安いのか?私は一番気になります。(お金持ちじゃないんでね!笑)

先入観としては、当ブログで一度ご紹介したハイレゾ対応カーオーディオの交換と似ています。

車でも高音質「ハイレゾ」って何のこと?再生方法・費用・簡単にできるもの?

 

まず必要なものとして、

  • ETC2.0に対応したカーナビ
  • ETC2.0車載機(カードを差すやつ)

になります。

で、肝心の価格なんですが、本体などのハードだけで済むわけでは無いので予想以上にお金がかかってしまいます。

  • ETC2.0カーナビ・・・7万~12万円
  • ETC2.0車載機・・・1.5万~3万円
  • 取り付け工賃・・・5千~6千円
  • セットアップ料金・・・3千~5千円

合計・・・12万~16万6千円

目安になりますが、このぐらいかかってしまいます。

「今のETCじゃカーナビは使ってないから、ETC2.0でも要らないんじゃないの?」

 

と思った方もいらっしゃるかと思いますが、ETC2.0の性能をフル活用したいのであればカーナビは必須になります。
特に、適切なルートや道路状況をいち早く把握したい場合はカーナビでないと効果を発揮できません。

 

せっかくの多機能なんですから、お金をかけてでもフル活用したいですよね。

もしかしたら!

今お手持ちのカーナビとETC車載器、最新機種もしくは新しめのモデルですか?
もしそうであれば本体に、「DSRC」や「ITSスポット」と言う文字が書かれているかチェックしてみた下さい。
書いてあれば、ETC2.0対応機種になるので、再セットアップだけで済むのでお安く済みますよ!

進化を遂げていくETC

「ETC2.0って何が従来のETCと違うの?導入価格は高い!?」いかがですか?
渋滞の無い道路の様にスラスラ読めたなら幸いです。(自分ではなんともお粗末な文章だと思っているので笑)

ドライバーの運転マナーやテクニックでスムーズに走れる事も大事ですが、車載機器やシステムなどの面を改善する事もまた、渋滞の解消につながるみたいですね。

世の中は常に便利なものに進化し続けていますが、我々人間自体も劣らずに進化する必要があるのでは?とこの記事を書きながら思っておりました・・・

当ブログもより一層進化(?)し続けていきますので、どうぞ懲りずに見てください。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメントをどうぞ