軽自動車は危ないって本当?安全装備が充実してる車種は?

軽自動車は危ないって本当?安全装備が充実してる車種は?

いまでは街中を見ると軽自動車の割合が昔より増えた気がします。

コンパクトカークラスの車は逆に減って、軽自動車やミニバンを運転しているユーザーが多くなりました。

 

しかしながら軽自動車は危ない!と世間では言われており、普通車と比較すると軽自動車に乗るのは自殺行為と断言する人も中にはいます・・・

今回は本当に軽自動車は危ないのか調べてまとめてみましたのでご覧ください♪

スポンサーリンク

軽自動車は危ないって本当?

ニュースなどで事故の現場を見てみるとぐちゃぐちゃに潰れた軽自動車を見る機会が多いと思います。

そんなシーンを見てしまうとやっぱり軽自動車って危ないのかな?って思ってしまいますよね・・・

 

一昔ならいざ知らず現在の軽自動車は普通車と同じ衝突試験を行っています!

 

しかし近年各自動車メーカーともしのぎを削って運転支援システムの開発に取り組んで、搭載している車種も増えてきています。

記事後半に安全性能が高い軽自動車を紹介いたします。

軽自動車の衝突安全性能はこのようにテストしている。

  • 乗員保護性能評価
  • 歩行者保護性能評価

フルラップ前面衝突試験

 

時速55キロで壁に真正面からぶつかる試験になっています。

動画で見ると前が完全に潰れていますが、室内の生存空間は確保されているのがわかります。

オフセット前面衝突試験

時速64㎞で運転席側の1部を衝突させる試験で、正面よりも衝撃が一転に集中しますので車体の与えるダメージが大きいです。

しかしこのテストでも生存空間はしっかりと確保されています。

側面衝突試験

運転席側の側面に950kgの台車を時速55㎞で衝突させる試験になっています。

軽自動車と言えば薄いドアなどで心配しているユーザーも多いと思いますがしっかりと乗員を保護しています。

 

 

どうでしょう?思ったより安全が保たれていてびっくりした方も多いと思います。

歩行者保護性能評価に関しても、ボディ形状など工夫されており昔以上に歩行者対策がされています。

 

ではなぜ軽自動車が危ないという疑問が生まれたのでしょうか?

昔は安全装備などが充実していなかった。

 

昔の車種などは価格を抑えるために高価な安全装備を搭載できなかった事や、ボディ骨格も現代の物と比較しても弱い。

また自動ブレーキなどの支援システムを採用されてませんでした。
現在もっとも運転支援システムが優れているN-BOXは以下の機能を搭載しています。

  • ホンダセンシング機能
  • 車線維持支援システム
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • アクティブクルーズコントロール
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • オートハイビーム
  • 後方誤発進抑制機能

このようにボディ骨格の進化のみならず予防安全機能も搭載していますので、軽自動車だから危ないと決めつけるのはよくありません。

また普通車でもフルモデルチェンジされておらず何年も販売されているモデルに関しては、最新の軽自動車よりも衝突安全性能が劣っている場合があります。

スポンサーリンク

軽自動車は普通車よりも危ないのか!?

ここまで読んで普通車と比べて安全性そん色ないのでは?と思ってくれたと思います。

軽自動車と普通車の死亡率のデータがありましたので掲載いたします♪

  • 車両相互事故

この場合は普通車と比較して軽自動車の方が1.29倍死亡率が高いとデータにあります。

ようするに車VS車では普通車の方が死亡率低いという結果です。

  • 車両単体事故

こちらは単独事故の死亡率なのですが、先ほどと打って変わって普通車の方が軽自動車よりも1.23倍死亡率が高い結果になりました。

車両重量による違いか?

  • 軽自動車は一般的に約800キロ前後
  • 普通車は一般的に1000キロ前後

となっており車VS車の場合車両重量が重い方が衝撃度合いが違ってきます。

単独事故の場合はその重量が関係してきます。

 

単独で事故したときは軽い方が事故の衝撃も少なくなるので普通車の方が死亡率高い原因と思われます。

こんな事例もあります。

2017年8月に愛知県春日井市に高級車ベントレーとekワゴンが正面衝突する事故がありました。

軽自動車を運転する男性は死亡しましたが、ベントレーを運転する男性は軽傷ですんでいます。

 

  • 軽自動車:前方大破炎上
  • ベントレー:前方損傷

軽自動車の方は完全にフロントがつぶれて室内まで押されているのに対して、ベントレーは右側が破損するもフロントガラスすら割れていない状態です・・・

参考までに両者のスペックを比較してみます。

 

  • 軽自動車:約800キロ
  • ベントレー:約2300キロ

重量だけでベントレーは軽自動車の3倍あります。

車両全長もベントレーと比較すると約2メートルも違ってきます。

 

また価格差も10倍以上となっています。

これを見ると軽自動車はやっぱり危ないと判断してしまいがちですが、普通車がベントレーと同じような事故をおこしても結果は変わらなかったでしょう。

ボディタイプによっても安全性が違う!

  • 「セダン」
  • 「ステーションワゴン
  • 「ハッチバック」
  • 「ミニバン」
  • 「SUV」

車には様々なボディタイプが存在しているが、最も安全性が高いのがセダンです。

理由はクラッシャブルゾーンが多くとれるからです。

フロント・リアが他のボディと比較して長いのでその分クラッシャブルゾーンで衝撃を吸収できます。

 

正面からは問題なくてもハッチバックやミニバンの三列目は後ろからの衝突に弱いと言えます。

安全装備が充実してる軽自動車の車種は?

上記でも紹介したホンダセンシングですが、その他にサイドエアバックを搭載するなどコンパクトカー以上に安全装備が搭載されています。

平成29年度自動車アセスメント(JNCAP)において最高評価である
“衝突安全性能評価ファイブスター賞”を受賞しました。

 

現状ではこれ以上に安全な軽自動車はないですので、新型N-BOXを購入すれば間違いないと言えます♪

まとめ

「軽自動車は危ないって本当?安全装備が充実してる車種は?」はいかがでしたか?

最新の軽自動車であれば普通車と比較して極端に危ないってことはありません。

 

軽自動車なんて自殺行為だと言われる方もいますが、コンパクトカーなどの普通車と死亡率などみてもものすごく悪いなんてことはないです。

たしかにクラウンなどのセダンと比較すると安全性で劣りますが、そこは単純に車格が違い使用している材料なども違います。

 

最新の軽自動車は今までのイメージを持ってる方が想像できない程安全性が上がっています!

お役立ち情報カテゴリの最新記事