車購入時のオプションって売却価格に影響ってあるの?

お役立ち情報 車用品関係 車関係のお金

スポンサーリンク

新車を購入しようと検討したとき、便利なものからスタイリッシュなものまで、さまざまなオプションがメーカーで用意されています。

中には、オプションをたくさん付けると売却価格が高くなるのか疑問に思われる方もおられるのではないでしょうか。オプションの単価自体が高額になっていることが多いので、売却価格に影響することを期待しても何ら不思議ではないのです。

今回は、車購入時のオプションや売却価格への影響などをお話させていただきますので、興味のある方はぜひ最後までご覧になってみてください。

車購入時のオプションにはどのようなものがあるか?

車購入時のオプションにはさまざまなものがありますが、以下のようなものが一般的となっています。

  • カーナビ
  • オーディオ
  • カーモニター
  • バックカメラ
  • ETC車載器
  • 電動ミラー
  • 電動スライドドア
  • セキュリティーシステム
  • サンルーフ
  • アルミホイールやエアロ

●カーナビ

取りついていることが当たり前になってきているカーナビではありますが、最近ではタブレットやスマホで代用できるようになっているため、需要は減ってきているようです。

しかし、高速道路などにおいてはやはりカーナビが便利ですし、ナビゲーション以外のオーディオ機能やハンズフリー機能といった連携機能もあるので、まだまだ根強い人気はあります。

●オーディオ

カーナビをあまり利用しないので必要ないという場合には、純正オーディオがついていることが一般的ではないでしょうか。

社外品であれば、音にこだわったオーディオも存在しています。

●カーモニター

ミニバンやSUVといった、車内の広い車に取り付けられていることの多いカーモニターです。

天井から降りてくるフリップダウンモニターやヘッドレストにモニターがついているヘッドレストモニターなどがあります。

フリップダウンモニターは純正であることも多いですが、ヘッドレストモニターは社外品で取り付ける場合の方が多いでしょう。

●バックカメラ

駐車のときに視界の悪い後方を、カーナビやミラーなどのモニターから確認することができるバックカメラは大変便利です。

純正品だけではなく社外品も数多く販売されています。

●ETC車載器

高速道路を多用している方にとっては、とても便利なETC車載器。

あまり高速道路に乗ることがないという方であっても、料金所でならぶ必要がないうえに割引やマイレージによるポイントといったお得な特典を受けられるメリットがあります。

デメリットといえば、少しスペースを取ることや少しだけ面倒なETCカードを申請する必要があることですが、時間やお金が節約できるので重宝している人の方が多いのではないでしょうか。

購入時にオプションとして取りつけていなくても、社外品が多く発売されているので購入後に取りつけることができます。

●電動ミラー

人口密度の高い日本では、道路や駐車場は狭くつくられています。

特に駐車場では隣の車との距離があまりないので、ミラーが出ていると人にぶつかられることもあります。

スイッチひとつでミラーを折りたたむことができる電動ミラーは、便利なオプションのひとつといえます。

●電動スライドドア

ミニバンに搭載されていることの多い電動スライドドアですが、荷物で手がふさがっているときなどは大変便利です。

また小さな子どもがいる場合、自分で操作するよりも運転者である保護者が操作した方が安全になります。

●セキュリティーシステム

人気のある車種は、あまり人気のない車種に比べて盗難率がかなり高くなるようです。

こうした盗難を防ぐために存在しているのがセキュリティーシステムです。純正よりも社外品の方が同じ価格でも高機能である場合が多いようです。

●アルミホイールやエアロ

取りつけてあるとスタイリッシュになるアルミホイールやエアロといったカスタムパーツ。

一昔前であれば社外品を取りつけることが一般的でしたが、近年ではメーカーからオプションとしてラインナップされています。

スポンサーリンク

売却価格への影響は?

結論からいうと、オプションは売却価格への影響はあります。

ただし、新車時につける純正品の方が高額になることが多く、社外品であればものによっては影響がないとか場合によってはマイナス査定となってしまいます。

マイナス査定となるのは、サンルーフなどを加工して取り付けていて、閉めていても雨漏りがしているようなケースを指します。

 

基本的には、同じような年式・走行距離・オプションの車と同様の価格帯で取引されることになるため、オプションパーツひとつに対して値段がつくのではなく、車全体に対しての査定になります。

そのため、購入時に費やした金額に見合った査定額になるということは絶対にないので、売却価格を期待してオプションを必要以上に購入するといったことは止めておくことをおすすめします。

つまり、純正パーツであればプラス査定になりやすいですが、購入時の金額に見合った査定額は期待できないということになります。

まとめ

「車購入時のオプションって売却価格に影響ってあるの?」いかがだったでしょうか。

 

車購入時のオプションや売却価格への影響についてお伝えしました。
これから車を購入しようしておられる方は、使いそうにない高額なオプションを取りつけるのではなく、自分に合ったオプションだけを取りつけるようにすると無駄を減らすことができます。

また、社外品の取りつけを考えておられる方は、純正

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

車購入時のオプションって売却価格に影響ってあるの?

お役立ち情報 車用品関係 車関係のお金

スポンサーリンク

新車を購入しようと検討したとき、便利なものからスタイリッシュなものまで、さまざまなオプションがメーカーで用意されています。

中には、オプションをたくさん付けると売却価格が高くなるのか疑問に思われる方もおられるのではないでしょうか。オプションの単価自体が高額になっていることが多いので、売却価格に影響することを期待しても何ら不思議ではないのです。

今回は、車購入時のオプションや売却価格への影響などをお話させていただきますので、興味のある方はぜひ最後までご覧になってみてください。

車購入時のオプションにはどのようなものがあるか?

車購入時のオプションにはさまざまなものがありますが、以下のようなものが一般的となっています。

  • カーナビ
  • オーディオ
  • カーモニター
  • バックカメラ
  • ETC車載器
  • 電動ミラー
  • 電動スライドドア
  • セキュリティーシステム
  • サンルーフ
  • アルミホイールやエアロ

●カーナビ

取りついていることが当たり前になってきているカーナビではありますが、最近ではタブレットやスマホで代用できるようになっているため、需要は減ってきているようです。

しかし、高速道路などにおいてはやはりカーナビが便利ですし、ナビゲーション以外のオーディオ機能やハンズフリー機能といった連携機能もあるので、まだまだ根強い人気はあります。

●オーディオ

カーナビをあまり利用しないので必要ないという場合には、純正オーディオがついていることが一般的ではないでしょうか。

社外品であれば、音にこだわったオーディオも存在しています。

●カーモニター

ミニバンやSUVといった、車内の広い車に取り付けられていることの多いカーモニターです。

天井から降りてくるフリップダウンモニターやヘッドレストにモニターがついているヘッドレストモニターなどがあります。

フリップダウンモニターは純正であることも多いですが、ヘッドレストモニターは社外品で取り付ける場合の方が多いでしょう。

●バックカメラ

駐車のときに視界の悪い後方を、カーナビやミラーなどのモニターから確認することができるバックカメラは大変便利です。

純正品だけではなく社外品も数多く販売されています。

●ETC車載器

高速道路を多用している方にとっては、とても便利なETC車載器。

あまり高速道路に乗ることがないという方であっても、料金所でならぶ必要がないうえに割引やマイレージによるポイントといったお得な特典を受けられるメリットがあります。

デメリットといえば、少しスペースを取ることや少しだけ面倒なETCカードを申請する必要があることですが、時間やお金が節約できるので重宝している人の方が多いのではないでしょうか。

購入時にオプションとして取りつけていなくても、社外品が多く発売されているので購入後に取りつけることができます。

●電動ミラー

人口密度の高い日本では、道路や駐車場は狭くつくられています。

特に駐車場では隣の車との距離があまりないので、ミラーが出ていると人にぶつかられることもあります。

スイッチひとつでミラーを折りたたむことができる電動ミラーは、便利なオプションのひとつといえます。

●電動スライドドア

ミニバンに搭載されていることの多い電動スライドドアですが、荷物で手がふさがっているときなどは大変便利です。

また小さな子どもがいる場合、自分で操作するよりも運転者である保護者が操作した方が安全になります。

●セキュリティーシステム

人気のある車種は、あまり人気のない車種に比べて盗難率がかなり高くなるようです。

こうした盗難を防ぐために存在しているのがセキュリティーシステムです。純正よりも社外品の方が同じ価格でも高機能である場合が多いようです。

●アルミホイールやエアロ

取りつけてあるとスタイリッシュになるアルミホイールやエアロといったカスタムパーツ。

一昔前であれば社外品を取りつけることが一般的でしたが、近年ではメーカーからオプションとしてラインナップされています。

スポンサーリンク

売却価格への影響は?

結論からいうと、オプションは売却価格への影響はあります。

ただし、新車時につける純正品の方が高額になることが多く、社外品であればものによっては影響がないとか場合によってはマイナス査定となってしまいます。

マイナス査定となるのは、サンルーフなどを加工して取り付けていて、閉めていても雨漏りがしているようなケースを指します。

 

基本的には、同じような年式・走行距離・オプションの車と同様の価格帯で取引されることになるため、オプションパーツひとつに対して値段がつくのではなく、車全体に対しての査定になります。

そのため、購入時に費やした金額に見合った査定額になるということは絶対にないので、売却価格を期待してオプションを必要以上に購入するといったことは止めておくことをおすすめします。

つまり、純正パーツであればプラス査定になりやすいですが、購入時の金額に見合った査定額は期待できないということになります。

まとめ

「車購入時のオプションって売却価格に影響ってあるの?」いかがだったでしょうか。

 

車購入時のオプションや売却価格への影響についてお伝えしました。
これから車を購入しようしておられる方は、使いそうにない高額なオプションを取りつけるのではなく、自分に合ったオプションだけを取りつけるようにすると無駄を減らすことができます。

また、社外品の取りつけを考えておられる方は、純正

コメントをどうぞ