プラグ交換の距離や交換工賃は?交換しないとどうなる?

お役立ち情報 トラブル解決 メンテナンス

スポンサーリンク

カー用品店のピットメニューを見ていると、何やら「プラグ交換」と書かれていることが有ると思います。

車に関してあまり詳しくないと、プラグ交換といわれてもよくわからないと答える方が多いのではないでしょうか。

今回は、プラグ交換の距離や交換工賃、交換しなかった場合などについて紹介させていただきます。

プラグ交換について知らないという方や興味が湧いたという方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

「スパークプラグ」の役割、交換しなかった場合について

「プラグ交換」とはよくいわれますが、実はそのプラグには「スパークプラグ」という正式名称があります。

そのスパークプラグの役割や交換しなかった場合について、これから詳しく説明させていただきます。

ガソリンに火花を散らしているのがスパークプラグの役割

スパークプラグは、ガソリンに火花を散らして火を着ける役割があります。

ガソリンエンジンというのは、燃料と空気を混ぜた「混合気」と呼ばれるものを燃焼させることで走行することができますしかし、燃料のガソリンというのは、自分で着火することはできません。そこで、火花をとばして点火させるのがスパークプラグの役割ということになります。

スパークプラグの交換が必要になる理由は?

では、スパークプラグの交換が必要になる理由を簡単に説明させていただきます。

スパークプラグは劣化が進行すると、最終的にはいいタイミングで点火できなく(失火状態という)なってしまいます。

これによって、以下のような症状がみられるようになります。

  • 不安定なアイドリング
  • 燃費・加速が悪くなってしまう
  • エンジンがかからなくなってしまう
  • エンジンの出力低下

また、長期間使用すると発火部分に燃えカスがたまってしまい、異常燃焼による電極溶解を引き起こす原因にもなります。

プラグ交換の距離や交換工賃の目安について

 

プラグ交換が必要となる距離や交換工賃の目安について、これから述べていきたいと思います。

  • プラグ交換の距離は?

プラグ交換は距離で交換を推奨する場合と経過年月で交換を推奨する場合がありますが、今回は距離による交換頻度を紹介させていただきます。

最初に断っておきたいのは、使用するプラグによって推奨交換時期が異なります。ですから、プラグ別に交換時期をまとめています。

  • 一般プラグ、白金プラグ、イリジウムプラグ…15,000km~20,000km程度
  • 白金プラグ(長寿命タイプ)、イリジウムプラグ(長寿命タイプ)…100,000km程度

あくまでも目安となる距離で、車の使用環境や特性によって異なる場合があるので、定期的な点検を行うことをおすすめします。

スポンサーリンク

プラグ交換を自分で行うときの手順

では、プラグ交換や点検を行うときの手順を紹介させていただきます。

準備:プラグレンチを準備する

プラグ交換を行う車のプラグサイズに合ったプラグレンチを用意します。

カー用品店などでは車種や年式から、プラグに合ったものを簡単に調べることができます。

手順①:ボンネットを開けてプラグカバーを取り外す

まずは、ボンネットを開けてプラグカバーを取り外します。

場所がわからないという方は、車種別にネットで検索すれば大体ヒットしますので、そちらを参考にしてください。

カバーを外すと、気筒数分のイグニッションコイルが見えてきます。

▼手順②:取り付けボルトを外す

イグニッションコイルとエンジンヘッドカバーは、ボルトによって固定されています。その取り付けボルトを取り外します。

▼手順③:カプラーを外す

イグニッションコイルにカプラーが接続されているので、このカプラーを外します。

そしてイグニッションコイルを抜き取っていきます。(硬い場合はゆっくりと抜き取ること)

▼手順④:イグニッションコイルを抜き取る

プラグレンチを使って、プラグを外していきます。

▼手順⑤:新しいプラグと交換する

ねじ山を傷めないようにするため、軽く各プラグを締めていきます。そのあと、プラグレンチを使って締めていきます。

トルク量は、30N・m~40N・m程度となっています。

▼手順⑥:元通りにする

さきほどの手順とは逆に、イグニッションコイルを取り付けてカプラーを取り付けます。そして、ボルトを固定してカバーを取り付ければ完了となります。

プラグ交換は自分で行うと難しいと考える方も多いようですが、意外と手軽にできるメンテナンスです。業者に依頼すると工賃が必要になっているので、一度自分でやってみてはどうでしょうか。

●スパークプラグの部品代は?

スパークプラグは、安価なもので1本約250円程度、長寿命などの高額なもので約3000円程度となっています。

交換が面倒とか、今後も長く車に乗る予定があるのであれば、長寿命タイプを購入した方が良いかもしれません。

●プラグ交換をショップに依頼したときの交換工賃は?

プラグ交換をショップに依頼した場合の交換工賃ですが、約3,000円~12,000円となります。

ただ、車の構造、気筒数、作業時間、アワーレートと呼ばれる時間単価などがショップにより異なるので、一概にはいえません。

■まとめ

プラグ交換は、劣化が進んだからといっていきなり大きな症状として表れることはありません。

しかし、重要な部品のひとつですので、定期的な点検や交換をおすすめします。自分で交換を行う際には、慎重に行うようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

プラグ交換の距離や交換工賃は?交換しないとどうなる?

お役立ち情報 トラブル解決 メンテナンス

スポンサーリンク

カー用品店のピットメニューを見ていると、何やら「プラグ交換」と書かれていることが有ると思います。

車に関してあまり詳しくないと、プラグ交換といわれてもよくわからないと答える方が多いのではないでしょうか。

今回は、プラグ交換の距離や交換工賃、交換しなかった場合などについて紹介させていただきます。

プラグ交換について知らないという方や興味が湧いたという方は、ぜひ最後までご覧になってみてください。

「スパークプラグ」の役割、交換しなかった場合について

「プラグ交換」とはよくいわれますが、実はそのプラグには「スパークプラグ」という正式名称があります。

そのスパークプラグの役割や交換しなかった場合について、これから詳しく説明させていただきます。

ガソリンに火花を散らしているのがスパークプラグの役割

スパークプラグは、ガソリンに火花を散らして火を着ける役割があります。

ガソリンエンジンというのは、燃料と空気を混ぜた「混合気」と呼ばれるものを燃焼させることで走行することができますしかし、燃料のガソリンというのは、自分で着火することはできません。そこで、火花をとばして点火させるのがスパークプラグの役割ということになります。

スパークプラグの交換が必要になる理由は?

では、スパークプラグの交換が必要になる理由を簡単に説明させていただきます。

スパークプラグは劣化が進行すると、最終的にはいいタイミングで点火できなく(失火状態という)なってしまいます。

これによって、以下のような症状がみられるようになります。

  • 不安定なアイドリング
  • 燃費・加速が悪くなってしまう
  • エンジンがかからなくなってしまう
  • エンジンの出力低下

また、長期間使用すると発火部分に燃えカスがたまってしまい、異常燃焼による電極溶解を引き起こす原因にもなります。

プラグ交換の距離や交換工賃の目安について

 

プラグ交換が必要となる距離や交換工賃の目安について、これから述べていきたいと思います。

  • プラグ交換の距離は?

プラグ交換は距離で交換を推奨する場合と経過年月で交換を推奨する場合がありますが、今回は距離による交換頻度を紹介させていただきます。

最初に断っておきたいのは、使用するプラグによって推奨交換時期が異なります。ですから、プラグ別に交換時期をまとめています。

  • 一般プラグ、白金プラグ、イリジウムプラグ…15,000km~20,000km程度
  • 白金プラグ(長寿命タイプ)、イリジウムプラグ(長寿命タイプ)…100,000km程度

あくまでも目安となる距離で、車の使用環境や特性によって異なる場合があるので、定期的な点検を行うことをおすすめします。

スポンサーリンク

プラグ交換を自分で行うときの手順

では、プラグ交換や点検を行うときの手順を紹介させていただきます。

準備:プラグレンチを準備する

プラグ交換を行う車のプラグサイズに合ったプラグレンチを用意します。

カー用品店などでは車種や年式から、プラグに合ったものを簡単に調べることができます。

手順①:ボンネットを開けてプラグカバーを取り外す

まずは、ボンネットを開けてプラグカバーを取り外します。

場所がわからないという方は、車種別にネットで検索すれば大体ヒットしますので、そちらを参考にしてください。

カバーを外すと、気筒数分のイグニッションコイルが見えてきます。

▼手順②:取り付けボルトを外す

イグニッションコイルとエンジンヘッドカバーは、ボルトによって固定されています。その取り付けボルトを取り外します。

▼手順③:カプラーを外す

イグニッションコイルにカプラーが接続されているので、このカプラーを外します。

そしてイグニッションコイルを抜き取っていきます。(硬い場合はゆっくりと抜き取ること)

▼手順④:イグニッションコイルを抜き取る

プラグレンチを使って、プラグを外していきます。

▼手順⑤:新しいプラグと交換する

ねじ山を傷めないようにするため、軽く各プラグを締めていきます。そのあと、プラグレンチを使って締めていきます。

トルク量は、30N・m~40N・m程度となっています。

▼手順⑥:元通りにする

さきほどの手順とは逆に、イグニッションコイルを取り付けてカプラーを取り付けます。そして、ボルトを固定してカバーを取り付ければ完了となります。

プラグ交換は自分で行うと難しいと考える方も多いようですが、意外と手軽にできるメンテナンスです。業者に依頼すると工賃が必要になっているので、一度自分でやってみてはどうでしょうか。

●スパークプラグの部品代は?

スパークプラグは、安価なもので1本約250円程度、長寿命などの高額なもので約3000円程度となっています。

交換が面倒とか、今後も長く車に乗る予定があるのであれば、長寿命タイプを購入した方が良いかもしれません。

●プラグ交換をショップに依頼したときの交換工賃は?

プラグ交換をショップに依頼した場合の交換工賃ですが、約3,000円~12,000円となります。

ただ、車の構造、気筒数、作業時間、アワーレートと呼ばれる時間単価などがショップにより異なるので、一概にはいえません。

■まとめ

プラグ交換は、劣化が進んだからといっていきなり大きな症状として表れることはありません。

しかし、重要な部品のひとつですので、定期的な点検や交換をおすすめします。自分で交換を行う際には、慎重に行うようにしましょう。

コメントをどうぞ