ブレーキオイルの役割と交換時期・工賃はいくら取られる?

メンテナンス 車関係のお金

スポンサーリンク

ブレーキパッドやブレーキキャリパーの交換時に同時に行うブレーキオイルの交換。

ディーラーやカー用品店などで勧められるから交換しているものの、実は交換する理由や意味をわかっていないという方もおられるのではないでしょうか?

今回は、ブレーキオイルの役割と交換時期、工賃について紹介させていただきます。ブレーキオイルについてもっと深く知りたいという方は、ぜひ最後までご覧になってください。

ブレーキオイルの役割とは?

 

ブレーキオイルは、ブレーキフルードとも呼ばれます。

特性としては、粘度が低く温度変化に強い、圧力による体積の変化が少ないなどの特徴を持っています。

役割としては、ブレーキペダル(またはブレーキペダル)に踏み込まれた力をブレーキパッドに伝える役目があります。

交換しないとどうなるの?

ブレーキオイルは新品の状態では無色透明です。

しかし、長期間の使用や長距離を走行することによって劣化して

  • 黄色
  • 茶色
  • 黒色

へと変色します。

劣化したブレーキオイルをそのまま使用していると、制動力が落ちているため非常に危険な状態となります。

★交換しないとどうなる?その1:べーパーロック現象を引き起こしやすくなる

坂道でブレーキを踏み続けることによって、べーパーロック現象が起きてしまうことは広く知られていますが、ブレーキの劣化はべーパーロック現象を引き起こしやすくなるといわれています。

  • ※べーパーロック現象とは?

ブレーキから発する熱によってブレーキオイルや取り込まれた水分が沸騰してしまい、気泡が発生する現象のことです。

ブレーキの効きが悪くなってしまうことをいいます。

例えキレイなブレーキオイルであっても、坂道などでブレーキを踏み続ければべーパーロック現象は起こってしまうので注意が必要です。

★交換しないとどうなる?その2:ブレーキオイルが漏れやすくなる

現在主流として使われているブレーキオイルの主成分は「ポリエチレングリコールモノエーテル」と呼ばれるグリコール系と呼ばれるものです。

この成分に、酸化防止剤や防腐剤などの添加剤が加えられています。

このグリコール系は、吸湿性が高いという特性を持っています。

つまり、水分が混入され続けていくことになるのですが、これによりブレーキシステム内部に錆を発生させることになるのです。

この錆が、ブレーキオイル漏れを発生させてしまうことになります。

スポンサーリンク

ブレーキオイルの交換時期は?

最近では、ブレーキオイルの性能が向上してきたこともあって、交換そのものが忘れられる存在となってきているようです。

一般的には、車検ごとの交換やブレーキパッドの交換時の交換が推奨されています。長くても、リザーバータンク内のブレーキオイルが変色してきた場合を目安に、定期的に交換する必要があります。

ブレーキオイルをショップに頼んだときの工賃はいくら?

最後に、ブレーキオイルをショップに頼んだときの工賃について紹介させていただきます。

●ブレーキオイルの料金はどのくらい?

ブレーキオイル交換時の工賃の前に、ブレーキオイルは一体どのくらい?と疑問に持っている方も多いと思いますので、こちらを先に紹介させていただきます。

ブレーキオイルの量やグレードによっても異なりますが、一般的な相場を述べたいと思います。

一般的な相場…2,000円程度

●ディーラー、ガソリンスタンド、カー用品店での交換工賃は?

ディーラーやガソリンスタンド、カー用品店でブレーキオイルを交換してもらった場合の交換工賃は以下のようになっています。

  • ディーラー…3,000円~4,000円程度
  • ガソリンスタンド…2,000円~3,000円程度
  • カー用品店…2,000円~3,000円程度

ただし、車検時に交換した場合は工賃やオイル代を割り引いてもらえることが多いので、車検時に交換しておくことをおすすめします。

なぜ工賃が違うの?

ディーラーの場合は、リザーブタンクから4輪各キャリパーの内部に至るまで交換します。

店舗によりますが、カー用品店やガソリンスタンドではリザーバータンク内部だけの交換にとどまることが多いためといわれています。

新しいブレーキオイルと古いブレーキオイルが混ざってしまうと性能が低下するので、細かい部分に残ったブレーキオイルまで交換してくれるディーラーや整備業者で交換した方が良いでしょう。

ブレーキオイルまとめ

「ブレーキオイルの役割と交換時期・工賃はいくら取られる?」はいかがでしたか?

これらのことをまとめると以下のようになります。

  • ブレーキオイルはブレーキペダルを踏み込んだ力をブレーキパッドに伝える
  • 換しないと非常に危険
  • 交換頻度は車検ごとが望ましく、遅くても変色した場合には交換
  • ブレーキオイル料金は2,000円程度
  • ショップに依頼すると工賃は概ね2,000円~4,000円程度
  • 車検時に交換すると安くなるケースが多い

以上のことを覚えておいて、定期的にブレーキオイルを交換しましょう。ブレーキは命を守る大切な役割を果たしてくれています。

いざというときに劣化していて使えないということがないようにしておきましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

ブレーキオイルの役割と交換時期・工賃はいくら取られる?

メンテナンス 車関係のお金

スポンサーリンク

ブレーキパッドやブレーキキャリパーの交換時に同時に行うブレーキオイルの交換。

ディーラーやカー用品店などで勧められるから交換しているものの、実は交換する理由や意味をわかっていないという方もおられるのではないでしょうか?

今回は、ブレーキオイルの役割と交換時期、工賃について紹介させていただきます。ブレーキオイルについてもっと深く知りたいという方は、ぜひ最後までご覧になってください。

ブレーキオイルの役割とは?

 

ブレーキオイルは、ブレーキフルードとも呼ばれます。

特性としては、粘度が低く温度変化に強い、圧力による体積の変化が少ないなどの特徴を持っています。

役割としては、ブレーキペダル(またはブレーキペダル)に踏み込まれた力をブレーキパッドに伝える役目があります。

交換しないとどうなるの?

ブレーキオイルは新品の状態では無色透明です。

しかし、長期間の使用や長距離を走行することによって劣化して

  • 黄色
  • 茶色
  • 黒色

へと変色します。

劣化したブレーキオイルをそのまま使用していると、制動力が落ちているため非常に危険な状態となります。

★交換しないとどうなる?その1:べーパーロック現象を引き起こしやすくなる

坂道でブレーキを踏み続けることによって、べーパーロック現象が起きてしまうことは広く知られていますが、ブレーキの劣化はべーパーロック現象を引き起こしやすくなるといわれています。

  • ※べーパーロック現象とは?

ブレーキから発する熱によってブレーキオイルや取り込まれた水分が沸騰してしまい、気泡が発生する現象のことです。

ブレーキの効きが悪くなってしまうことをいいます。

例えキレイなブレーキオイルであっても、坂道などでブレーキを踏み続ければべーパーロック現象は起こってしまうので注意が必要です。

★交換しないとどうなる?その2:ブレーキオイルが漏れやすくなる

現在主流として使われているブレーキオイルの主成分は「ポリエチレングリコールモノエーテル」と呼ばれるグリコール系と呼ばれるものです。

この成分に、酸化防止剤や防腐剤などの添加剤が加えられています。

このグリコール系は、吸湿性が高いという特性を持っています。

つまり、水分が混入され続けていくことになるのですが、これによりブレーキシステム内部に錆を発生させることになるのです。

この錆が、ブレーキオイル漏れを発生させてしまうことになります。

スポンサーリンク

ブレーキオイルの交換時期は?

最近では、ブレーキオイルの性能が向上してきたこともあって、交換そのものが忘れられる存在となってきているようです。

一般的には、車検ごとの交換やブレーキパッドの交換時の交換が推奨されています。長くても、リザーバータンク内のブレーキオイルが変色してきた場合を目安に、定期的に交換する必要があります。

ブレーキオイルをショップに頼んだときの工賃はいくら?

最後に、ブレーキオイルをショップに頼んだときの工賃について紹介させていただきます。

●ブレーキオイルの料金はどのくらい?

ブレーキオイル交換時の工賃の前に、ブレーキオイルは一体どのくらい?と疑問に持っている方も多いと思いますので、こちらを先に紹介させていただきます。

ブレーキオイルの量やグレードによっても異なりますが、一般的な相場を述べたいと思います。

一般的な相場…2,000円程度

●ディーラー、ガソリンスタンド、カー用品店での交換工賃は?

ディーラーやガソリンスタンド、カー用品店でブレーキオイルを交換してもらった場合の交換工賃は以下のようになっています。

  • ディーラー…3,000円~4,000円程度
  • ガソリンスタンド…2,000円~3,000円程度
  • カー用品店…2,000円~3,000円程度

ただし、車検時に交換した場合は工賃やオイル代を割り引いてもらえることが多いので、車検時に交換しておくことをおすすめします。

なぜ工賃が違うの?

ディーラーの場合は、リザーブタンクから4輪各キャリパーの内部に至るまで交換します。

店舗によりますが、カー用品店やガソリンスタンドではリザーバータンク内部だけの交換にとどまることが多いためといわれています。

新しいブレーキオイルと古いブレーキオイルが混ざってしまうと性能が低下するので、細かい部分に残ったブレーキオイルまで交換してくれるディーラーや整備業者で交換した方が良いでしょう。

ブレーキオイルまとめ

「ブレーキオイルの役割と交換時期・工賃はいくら取られる?」はいかがでしたか?

これらのことをまとめると以下のようになります。

  • ブレーキオイルはブレーキペダルを踏み込んだ力をブレーキパッドに伝える
  • 換しないと非常に危険
  • 交換頻度は車検ごとが望ましく、遅くても変色した場合には交換
  • ブレーキオイル料金は2,000円程度
  • ショップに依頼すると工賃は概ね2,000円~4,000円程度
  • 車検時に交換すると安くなるケースが多い

以上のことを覚えておいて、定期的にブレーキオイルを交換しましょう。ブレーキは命を守る大切な役割を果たしてくれています。

いざというときに劣化していて使えないということがないようにしておきましょう。

コメントをどうぞ