ミッションオイルの役割と交換時期は?店に頼んだら作業工賃は?

メンテナンス 車用品関係 車関係のお金

スポンサーリンク

カー用品店などに行くと、ピットメニューとしてならんでいる「ミッションオイルの交換」

交換を勧められたことはあっても、意味がわかっていないという方や実は交換したことがないという方も意外におられるのではないでしょうか?

今回は、ミッションオイルの役割と交換時期、作業工賃について紹介させていただきます。

興味があるという方は、最後までご覧になっていただければ幸いです。

ミッションオイルの役割とは?

まずは、ミッションオイルの役割について述べていきたいと思います。

●そもそもミッションって何?

ミッションオイルの説明の前に、「ミッション」がよくわからないという方もおられると思います。ミッションですが、正式には「トランスミッション」といい、エンジンと車軸の間において動力を伝える動力伝達装置のことです。

車にとってはエンジンと同様、重要な部品であるといえます。

●ミッションオイルとは?

ミッションオイルは、AT車に使われるオートマチックトランスミッションフルード(略:ATF)

MT車に使われるマニュアルトランスミッションフルード(略:MTF)、

4WD車に使われるトランスファーオイルなどがあります。

  • AT車…オートマチックトランスミッションフルード
  • MT車…マニュアルトランスミッションフルード
  • 4WD車…トランスファーオイル

主原料となるベースオイルに、トランスミッションの潤滑に適した特性を持つ添加剤を加えた製品がミッションオイルとなります。

●ミッションオイルの役割

複雑にギアが配置されているミッション内部には、ミッションオイルによって満たされています。

このミッションオイルによって、ギアボックスから発生する走行時の熱が取られ、ギアの摺動(しゅうどう)をスムーズにしているのです。

ミッションオイルの交換を行う意味

ミッションオイルは名前のとおりオイルです。

時間の経過や長い距離を走行することによって、劣化はもちろんギアが削れて切りくずが内部に溜まっている状態になります。

体感的な話では、燃費の悪化や加速が落ちる、変速ショックが大きくなるといった症状があらわれます。

●交換する際の注意点

ミッションは非常に繊細な部品です。交換する場合は、ディーラーなど信頼のおける場所に依頼するようにしましょう。

また、長期間無交換(10万キロなど)だったのに急に交換をした場合、剥がれ落ちたスラッジが詰まって変速できなくなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

ミッションオイルの交換時期は?

次に、ミッションオイルの交換時期について紹介させていただきます。

●さまざまな説がある

実は、ミッションオイルの交換についてはさまざまな説があり、人によっても意見が異なります。

交換した方が良いという方と無交換の方が良いという2つに大別されます。

メーカーによっても交換推奨時期が異なる

また、メーカーによっても交換推奨時期が異なります。

  • トヨタ…基本無交換。悪路走行などの厳しい条件での使用なら10万kmごとに交換。
  • ニッサン…4万kmごとに交換。
  • ホンダ…初回は8万km、2回目以降は6万kmごとに交換。厳しい条件での使用なら6万kmごとに交換。MT車は8万kmごと、CVT車は4万kmごと。
  • マツダ…車種により異なる。
  • ダイハツ…10万kmごとに交換。
  • スバル…4万kmごとに交換。
  • メルセデス・ベンツ…無交換。
  • BMW…無交換。

中には無交換を推奨しているメーカーも多いですが、愛車と長く付き合っていくことを決考えているのであれば定期的な交換をおすすめします。

一般的な交換頻度

ミッションオイルの交換は、一般的には4年に1回あるいは2万kmごとに交換といわれています。

この頻度であれば、常に綺麗な状態を保ち続けることができるでしょう。

車を数年で乗り換えるという方であれば無交換でも問題ないかもしれませんが、長く良いコンディションを維持しながら乗りたいということであればこの頻度で交換しておいた方が良いでしょう。

ミッションオイルの交換、ショップに頼んだときの作業工賃はどのくらい?

最後に、ミッションオイルの交換をショップに依頼したときの作業工賃をご紹介します。

  • ミッションオイルの値段

ミッションオイルの値段としては、大体1,500円~5,000円程度となります。

当然値段が高いほど性能は良くなり、長持ちすることになります。

  • 作業工賃は?

作業工賃ですが、おおよその目安は以下のようになります。

大手カー用品量販店…1,000円程度
ディーラー…3,000円程度

ディーラーの方が高額にはなるものの、その差はわずか2,000円程度となります。

ミッションオイルのまとめ

「ミッションオイルの役割と交換時期は?店に頼んだら作業工賃はいくら?」はいかがでしたか?

ミッションオイルの交換に関しては、賛否両論別れています。

しかし、長く愛車に乗り続けたいというのであれば劣化やスラッジは確実に溜まっていますので、交換した方が良いのではないでしょうか

。また、ミッションは非常に精密になっていますので、必ず信頼できるディーラーや整備工場で作業してもらうことが重要です。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

ミッションオイルの役割と交換時期は?店に頼んだら作業工賃は?

メンテナンス 車用品関係 車関係のお金

スポンサーリンク

カー用品店などに行くと、ピットメニューとしてならんでいる「ミッションオイルの交換」

交換を勧められたことはあっても、意味がわかっていないという方や実は交換したことがないという方も意外におられるのではないでしょうか?

今回は、ミッションオイルの役割と交換時期、作業工賃について紹介させていただきます。

興味があるという方は、最後までご覧になっていただければ幸いです。

ミッションオイルの役割とは?

まずは、ミッションオイルの役割について述べていきたいと思います。

●そもそもミッションって何?

ミッションオイルの説明の前に、「ミッション」がよくわからないという方もおられると思います。ミッションですが、正式には「トランスミッション」といい、エンジンと車軸の間において動力を伝える動力伝達装置のことです。

車にとってはエンジンと同様、重要な部品であるといえます。

●ミッションオイルとは?

ミッションオイルは、AT車に使われるオートマチックトランスミッションフルード(略:ATF)

MT車に使われるマニュアルトランスミッションフルード(略:MTF)、

4WD車に使われるトランスファーオイルなどがあります。

  • AT車…オートマチックトランスミッションフルード
  • MT車…マニュアルトランスミッションフルード
  • 4WD車…トランスファーオイル

主原料となるベースオイルに、トランスミッションの潤滑に適した特性を持つ添加剤を加えた製品がミッションオイルとなります。

●ミッションオイルの役割

複雑にギアが配置されているミッション内部には、ミッションオイルによって満たされています。

このミッションオイルによって、ギアボックスから発生する走行時の熱が取られ、ギアの摺動(しゅうどう)をスムーズにしているのです。

ミッションオイルの交換を行う意味

ミッションオイルは名前のとおりオイルです。

時間の経過や長い距離を走行することによって、劣化はもちろんギアが削れて切りくずが内部に溜まっている状態になります。

体感的な話では、燃費の悪化や加速が落ちる、変速ショックが大きくなるといった症状があらわれます。

●交換する際の注意点

ミッションは非常に繊細な部品です。交換する場合は、ディーラーなど信頼のおける場所に依頼するようにしましょう。

また、長期間無交換(10万キロなど)だったのに急に交換をした場合、剥がれ落ちたスラッジが詰まって変速できなくなってしまうことがあります。

スポンサーリンク

ミッションオイルの交換時期は?

次に、ミッションオイルの交換時期について紹介させていただきます。

●さまざまな説がある

実は、ミッションオイルの交換についてはさまざまな説があり、人によっても意見が異なります。

交換した方が良いという方と無交換の方が良いという2つに大別されます。

メーカーによっても交換推奨時期が異なる

また、メーカーによっても交換推奨時期が異なります。

  • トヨタ…基本無交換。悪路走行などの厳しい条件での使用なら10万kmごとに交換。
  • ニッサン…4万kmごとに交換。
  • ホンダ…初回は8万km、2回目以降は6万kmごとに交換。厳しい条件での使用なら6万kmごとに交換。MT車は8万kmごと、CVT車は4万kmごと。
  • マツダ…車種により異なる。
  • ダイハツ…10万kmごとに交換。
  • スバル…4万kmごとに交換。
  • メルセデス・ベンツ…無交換。
  • BMW…無交換。

中には無交換を推奨しているメーカーも多いですが、愛車と長く付き合っていくことを決考えているのであれば定期的な交換をおすすめします。

一般的な交換頻度

ミッションオイルの交換は、一般的には4年に1回あるいは2万kmごとに交換といわれています。

この頻度であれば、常に綺麗な状態を保ち続けることができるでしょう。

車を数年で乗り換えるという方であれば無交換でも問題ないかもしれませんが、長く良いコンディションを維持しながら乗りたいということであればこの頻度で交換しておいた方が良いでしょう。

ミッションオイルの交換、ショップに頼んだときの作業工賃はどのくらい?

最後に、ミッションオイルの交換をショップに依頼したときの作業工賃をご紹介します。

  • ミッションオイルの値段

ミッションオイルの値段としては、大体1,500円~5,000円程度となります。

当然値段が高いほど性能は良くなり、長持ちすることになります。

  • 作業工賃は?

作業工賃ですが、おおよその目安は以下のようになります。

大手カー用品量販店…1,000円程度
ディーラー…3,000円程度

ディーラーの方が高額にはなるものの、その差はわずか2,000円程度となります。

ミッションオイルのまとめ

「ミッションオイルの役割と交換時期は?店に頼んだら作業工賃はいくら?」はいかがでしたか?

ミッションオイルの交換に関しては、賛否両論別れています。

しかし、長く愛車に乗り続けたいというのであれば劣化やスラッジは確実に溜まっていますので、交換した方が良いのではないでしょうか

。また、ミッションは非常に精密になっていますので、必ず信頼できるディーラーや整備工場で作業してもらうことが重要です。

コメントをどうぞ