ブレーキを踏むと異音が!キィーって音の原因と対処方法は?

お役立ち情報 メンテナンス 車関係のお金

スポンサーリンク

いつも自動車を運転していて、聞き慣れない音を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

中でもブレーキを踏んだときに、キィーという音が鳴っているのが気になるということがあると思います。

今回は、ブレーキのキィーという音の原因や対処法について紹介させていただきます。

車のブレーキの異音の原因について気になっている方やそんな音がしていたという方は、最後までお付き合いいただければ幸いです。

ブレーキの構造を簡単に解説

 

まず、ブレーキの音の原因の前に、ブレーキの構造を簡単に説明させていただきます。

  • ブレーキは、タイヤと一緒に回転するディスクローター(金属でできた円盤)をブレーキパッドが挟み込むことで制動力を得ています。
  • 音が鳴るということは、パッドとローターによる接触振動がローターを伝って、増幅されているのです。つまり、ローターがスピーカーのような役割を果たしているということになります。

本来、ブレーキパッドの裏には音や振動(ビビり)を吸収する「鳴き止めシム」が貼り付けられています。

しかし、音が鳴るということは鳴き止めシムが音を吸収しきれていないということになります。

キィーっという音の原因

キィーっという音の原理はさきほど説明しましたが、音の原因について述べていきたいと思います。

ブレーキの鳴きにはいくつか原因があるのですが、一般的にはブレーキパッドやディスクローターの摩耗が原因だといわれています。

もし、ブレーキからキィーっという音がすれば、ディーラーもしくは整備工場に車を整備・点検してもらいましょう。

輸入車はキィーと鳴る傾向にある

輸入車は国産車と違ってブレーキの性能を重視していて、ブレーキダストや音の鳴きを気にしない傾向にあります。

特に純正のブレーキパッドを装着している場合は、頻繁にキィーキィーと鳴ってしまいます。

しかし、あまり鳴きが酷いようであれば、こちらもディーラーや整備工場などで見てもらった方が良いでしょう。

ブレーキパッドの交換時期の目安は?

ブレーキパッドは、一般的に3万km~4万km走行したら交換とされています。

ただ、街乗りが多いとブレーキを踏む回数が多いですし、高速ばかり利用しているようであればブレーキを踏む回数が少ないので、環境によっても異なります。

ブレーキパッドは新品の状態で10mmあるのですが、ブレーキを踏むたびに摩耗していくことになります。ブレーキパッドの交換時期は、ブレーキパッドの残量やブレーキ警告灯の点灯などによって知ることができます。

ブレーキパッドの残量:5mm

もうそろそろ交換を考えておいた方が良いでしょう。

ブレーキパッドの残量:3mm

ブレーキ警告灯が点灯するタイミングです。この厚さになると交換しましょう。

ブレーキパッドの残量:1mm

ただちに交換しないと危険な状態です。放っておくと危険ですし、ブレーキローターの摩耗も進み、さらに高額な修理費用を必要としてしまいます。

スポンサーリンク

ブレーキパッド、部品代金や工賃は?

ブレーキパッドの交換に必要な費用は、メーカーや車種によってかなり異なります。

また、ディーラーとカー用品店、ネットなど購入する場所によっても料金が違います。

ですから、一般的な相場を紹介させていただきます。

  • ブレーキパッド…前後合わせて4万円程度
  • 工賃…前後合わせて1万円程度

また、工賃に関してもディーラー、整備工場、カー用品店で行う場合で変わってくるので、あくまでも一般的な相場として参考にしてください。

キィーっと鳴るブレーキの対処法を紹介

最後に、ブレーキがキィーっとなる音の対処法を紹介させていただきます。

ただ、鳴くときの状況によって対処法が違うので、状況別にご説明します。

ブレーキパッドを交換したばかりなのにキィーっと音が鳴る

ブレーキパッドを交換して間もないのに、キィーっと音が鳴るときはどうすれば良いのでしょうか。

  • 考えられる原因と対処法①パッドとローターが馴染んでいない

パッドとローターが馴染んでいないことによってキィーっと鳴る場合があります。

対処法としては、しばらく走行して馴染ませるようにしましょう。

  • 考えられる原因と対処法②:ブレーキ鳴き対策が十分ではない

ブレーキパッドの取り付け時に、鳴き対策が十分できていなかった場合、音が発生することもあります。

ブレーキパッドの面取りやグリスの塗布などの対処法があります。

ブレーキパッドを交換してしばらく経ってからのキィーという異音

では、ブレーキパッドを交換してある程度時間が経過してからのキィーっという音に対しての対処法をご紹介します。

  • 考えられる原因と対処法①:鳴き対策部品が劣化している

鳴き止めシムやブレーキパッドに塗布したグリスの劣化によって、キィーっと音が鳴っている可能性があります。

対処法としては、シムの交換、グリスの再塗布などがあります。

  • 考えられる原因と対処法②:ブレーキパッドの劣化

今までご紹介したように、ブレーキパッドが劣化しているとブレーキ鳴きが発生します。

ブレーキパッドを交換することによって、鳴きが抑えられます。

まとめ

「ブレーキを踏むと異音が!キィーって音の原因と対処方法は?」いかがだったでしょうか。
ブレーキは身の安全を守るための重要なパーツです。

摩耗や劣化が進んで危なくなる前に必ず交換しておきましょう。

そのためには、定期的な点検や確認を怠らないようにすることです。
安全に愛車に乗って、良いカーライフを送りましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

ブレーキを踏むと異音が!キィーって音の原因と対処方法は?

お役立ち情報 メンテナンス 車関係のお金

スポンサーリンク

いつも自動車を運転していて、聞き慣れない音を聞いたことがあるという方も多いのではないでしょうか?

中でもブレーキを踏んだときに、キィーという音が鳴っているのが気になるということがあると思います。

今回は、ブレーキのキィーという音の原因や対処法について紹介させていただきます。

車のブレーキの異音の原因について気になっている方やそんな音がしていたという方は、最後までお付き合いいただければ幸いです。

ブレーキの構造を簡単に解説

 

まず、ブレーキの音の原因の前に、ブレーキの構造を簡単に説明させていただきます。

  • ブレーキは、タイヤと一緒に回転するディスクローター(金属でできた円盤)をブレーキパッドが挟み込むことで制動力を得ています。
  • 音が鳴るということは、パッドとローターによる接触振動がローターを伝って、増幅されているのです。つまり、ローターがスピーカーのような役割を果たしているということになります。

本来、ブレーキパッドの裏には音や振動(ビビり)を吸収する「鳴き止めシム」が貼り付けられています。

しかし、音が鳴るということは鳴き止めシムが音を吸収しきれていないということになります。

キィーっという音の原因

キィーっという音の原理はさきほど説明しましたが、音の原因について述べていきたいと思います。

ブレーキの鳴きにはいくつか原因があるのですが、一般的にはブレーキパッドやディスクローターの摩耗が原因だといわれています。

もし、ブレーキからキィーっという音がすれば、ディーラーもしくは整備工場に車を整備・点検してもらいましょう。

輸入車はキィーと鳴る傾向にある

輸入車は国産車と違ってブレーキの性能を重視していて、ブレーキダストや音の鳴きを気にしない傾向にあります。

特に純正のブレーキパッドを装着している場合は、頻繁にキィーキィーと鳴ってしまいます。

しかし、あまり鳴きが酷いようであれば、こちらもディーラーや整備工場などで見てもらった方が良いでしょう。

ブレーキパッドの交換時期の目安は?

ブレーキパッドは、一般的に3万km~4万km走行したら交換とされています。

ただ、街乗りが多いとブレーキを踏む回数が多いですし、高速ばかり利用しているようであればブレーキを踏む回数が少ないので、環境によっても異なります。

ブレーキパッドは新品の状態で10mmあるのですが、ブレーキを踏むたびに摩耗していくことになります。ブレーキパッドの交換時期は、ブレーキパッドの残量やブレーキ警告灯の点灯などによって知ることができます。

ブレーキパッドの残量:5mm

もうそろそろ交換を考えておいた方が良いでしょう。

ブレーキパッドの残量:3mm

ブレーキ警告灯が点灯するタイミングです。この厚さになると交換しましょう。

ブレーキパッドの残量:1mm

ただちに交換しないと危険な状態です。放っておくと危険ですし、ブレーキローターの摩耗も進み、さらに高額な修理費用を必要としてしまいます。

スポンサーリンク

ブレーキパッド、部品代金や工賃は?

ブレーキパッドの交換に必要な費用は、メーカーや車種によってかなり異なります。

また、ディーラーとカー用品店、ネットなど購入する場所によっても料金が違います。

ですから、一般的な相場を紹介させていただきます。

  • ブレーキパッド…前後合わせて4万円程度
  • 工賃…前後合わせて1万円程度

また、工賃に関してもディーラー、整備工場、カー用品店で行う場合で変わってくるので、あくまでも一般的な相場として参考にしてください。

キィーっと鳴るブレーキの対処法を紹介

最後に、ブレーキがキィーっとなる音の対処法を紹介させていただきます。

ただ、鳴くときの状況によって対処法が違うので、状況別にご説明します。

ブレーキパッドを交換したばかりなのにキィーっと音が鳴る

ブレーキパッドを交換して間もないのに、キィーっと音が鳴るときはどうすれば良いのでしょうか。

  • 考えられる原因と対処法①パッドとローターが馴染んでいない

パッドとローターが馴染んでいないことによってキィーっと鳴る場合があります。

対処法としては、しばらく走行して馴染ませるようにしましょう。

  • 考えられる原因と対処法②:ブレーキ鳴き対策が十分ではない

ブレーキパッドの取り付け時に、鳴き対策が十分できていなかった場合、音が発生することもあります。

ブレーキパッドの面取りやグリスの塗布などの対処法があります。

ブレーキパッドを交換してしばらく経ってからのキィーという異音

では、ブレーキパッドを交換してある程度時間が経過してからのキィーっという音に対しての対処法をご紹介します。

  • 考えられる原因と対処法①:鳴き対策部品が劣化している

鳴き止めシムやブレーキパッドに塗布したグリスの劣化によって、キィーっと音が鳴っている可能性があります。

対処法としては、シムの交換、グリスの再塗布などがあります。

  • 考えられる原因と対処法②:ブレーキパッドの劣化

今までご紹介したように、ブレーキパッドが劣化しているとブレーキ鳴きが発生します。

ブレーキパッドを交換することによって、鳴きが抑えられます。

まとめ

「ブレーキを踏むと異音が!キィーって音の原因と対処方法は?」いかがだったでしょうか。
ブレーキは身の安全を守るための重要なパーツです。

摩耗や劣化が進んで危なくなる前に必ず交換しておきましょう。

そのためには、定期的な点検や確認を怠らないようにすることです。
安全に愛車に乗って、良いカーライフを送りましょう。

コメントをどうぞ