希望ナンバーで語呂合わせ!人気のナンバー番号は何?

お役立ち情報 カスタム 車おもしろ情報・動画

スポンサーリンク

車を利用している限り、必ずつける必要があるナンバープレート。

ナンバーが気に入らないとか縁起が悪いから変更したい!と考えている方も、中にはおられるのではないでしょうか。

意外と知らない方も多いのですが、そんなときはナンバーを変更することができるのです。

今回はそんな希望ナンバーについて紹介させていただきます。

ナンバープレートを変更したいと考えている方や興味があるという方は、ぜひ最後までお付き合いください。

希望ナンバーって何?

希望ナンバーとは、自動車のナンバーを自分の好きなナンバーにすることができる制度です。

「希望ナンバー」や「希望ナンバープレート」などは通称で、正式名称は「希望番号制度」というようです。

希望ナンバーを利用する理由

希望ナンバーを利用する理由は人によって異なりますが、主な理由は以下のようになっています。

  • 縁起が悪い数字になってしまったから変更したい
  • どうせなら縁起の良い数字にしたい
  • 自分が希望する番号にしたい
  • 語呂合わせの数字にしたい

人気のナンバーは何?

では、人気のナンバーを紹介させていただきます。

●1122、1188

これは、「いい夫婦」と「いいパパ」あるいは「いい母」という語呂になっています。特にいい夫婦は、人気ランキングにおいてもトップクラスのようです。

●1、8888

1だけという数字やゾロ目などもトップクラスに人気があり、抽選になるため取得するのはなかなか難しいといわれています。

●777、5678

こちらは縁起の良い数字となっており、777はいわずと知れたフィーバーで金運がアップしそうなナンバーとなっています。5678は、右肩上がりで4と9を含めないことからも縁起がいいとされているようです。

希望ナンバーはどうすれば取得できる?

希望ナンバーを取得するには、大きく分けて2つあります。

  1. ディーラーや業者に依頼する
  2. 自分で取得する

また、希望ナンバー制度が利用できるタイミングは以下のようになっています。

  • 車の新規登録時(購入のとき)
  • 希望ナンバーを希望している場合
  • 転居により現在のナンバープレートの管轄が変更になることによる名義変更
  • 現在のナンバープレートが破損または汚損してしまった場合

希望ナンバー取得方法①:ディーラーや業者に依頼する

ディーラーや業者で依頼する場合は、購入時にサービスとして行ってくれる場合もありますが、申し込みすれば代行で引き受けてくれます。もちろん、購入時だけに限らず途中で希望ナンバーに変更することも可能となっています。

▼依頼した場合の料金相場は?

ディーラーや業者に希望ナンバーを依頼した場合の金額は以下の通りです。

依頼した場合の料金…5000円~1万円程度

スポンサーリンク

●希望ナンバー取得方法②:自分で運輸支局へ行って取得する

希望ナンバーを依頼せずに自分で行う場合は、運輸支局または希望番号予約センター(軽自動車の場合)まで行って自分で手続きすれば発行してもらえます。そのやり方を簡単に説明させていただきます。

▼必要な物

・認印
・車検証
・自動車登録番号標交付(OCRシート)
・自動車検査証記入申請書 ※軽自動車
・ドライバー(封印を取るときにあると便利)

▼手順①:希望ナンバーを申し込む

まずは、希望番号インターネット予約センターへアクセスして、希望ナンバーを申し込みます。そして、1週間後にメールで抽選結果がくるのでそれを待ちます。はずれたらもう一度同じ作業を繰り返します。

当選したら、メールに記載されている交付手数料を振込みます。

▼手順②:運輸支局へ行って手続きする

交付可能期間内に管轄する運輸支局または希望番号予約センター(軽自動車の場合)へ行って新規登録・登録番号変更申請などの手続きを済ませて、受け取った新しいナンバーを取り付けます。旧ナンバープレートは回収となり、封印作業があるので車両は持ち込むことが必須です。

●自分で取得した場合の料金は?

 

  • ペイント式ナンバー…2枚で4100円
  • 光学式ナンバー…2枚で5500円

 

ただし、光学式ナンバーにするためには国土交通省が承認した灯火式番号灯装置を装着している必要があり、運輸支局で購入あるいは一般業者から購入できます。

料金は概ね2万円程度となっています。

抽選希望番号は地域によっても多少異なる

希望ナンバーの抽選は、地域によって多少異なっているようです。

つまり、1122(いい夫婦)や1188(いいパパ)のような番号であっても、あまり人気のない地域では抽選とはならないこともあるようです。

また、変動があり改定が繰り返されているようなので、希望ナンバーを考えている方は、最新情報をチェックしておいた方が良いでしょう。

まとめ

「希望ナンバーで語呂合わせ!人気のナンバー番号は何?」はいかがだったでしょうか。
希望ナンバーは、人気の高いナンバーほど当選する確率が低いといわれています。
根気よく待つか違うナンバーにする必要があり、取得は大変になってしまいます。
希望ナンバーをお考えの方は、そういったことも踏まえて利用するようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

希望ナンバーで語呂合わせ!人気のナンバー番号は何?

お役立ち情報 カスタム 車おもしろ情報・動画

スポンサーリンク

車を利用している限り、必ずつける必要があるナンバープレート。

ナンバーが気に入らないとか縁起が悪いから変更したい!と考えている方も、中にはおられるのではないでしょうか。

意外と知らない方も多いのですが、そんなときはナンバーを変更することができるのです。

今回はそんな希望ナンバーについて紹介させていただきます。

ナンバープレートを変更したいと考えている方や興味があるという方は、ぜひ最後までお付き合いください。

希望ナンバーって何?

希望ナンバーとは、自動車のナンバーを自分の好きなナンバーにすることができる制度です。

「希望ナンバー」や「希望ナンバープレート」などは通称で、正式名称は「希望番号制度」というようです。

希望ナンバーを利用する理由

希望ナンバーを利用する理由は人によって異なりますが、主な理由は以下のようになっています。

  • 縁起が悪い数字になってしまったから変更したい
  • どうせなら縁起の良い数字にしたい
  • 自分が希望する番号にしたい
  • 語呂合わせの数字にしたい

人気のナンバーは何?

では、人気のナンバーを紹介させていただきます。

●1122、1188

これは、「いい夫婦」と「いいパパ」あるいは「いい母」という語呂になっています。特にいい夫婦は、人気ランキングにおいてもトップクラスのようです。

●1、8888

1だけという数字やゾロ目などもトップクラスに人気があり、抽選になるため取得するのはなかなか難しいといわれています。

●777、5678

こちらは縁起の良い数字となっており、777はいわずと知れたフィーバーで金運がアップしそうなナンバーとなっています。5678は、右肩上がりで4と9を含めないことからも縁起がいいとされているようです。

希望ナンバーはどうすれば取得できる?

希望ナンバーを取得するには、大きく分けて2つあります。

  1. ディーラーや業者に依頼する
  2. 自分で取得する

また、希望ナンバー制度が利用できるタイミングは以下のようになっています。

  • 車の新規登録時(購入のとき)
  • 希望ナンバーを希望している場合
  • 転居により現在のナンバープレートの管轄が変更になることによる名義変更
  • 現在のナンバープレートが破損または汚損してしまった場合

希望ナンバー取得方法①:ディーラーや業者に依頼する

ディーラーや業者で依頼する場合は、購入時にサービスとして行ってくれる場合もありますが、申し込みすれば代行で引き受けてくれます。もちろん、購入時だけに限らず途中で希望ナンバーに変更することも可能となっています。

▼依頼した場合の料金相場は?

ディーラーや業者に希望ナンバーを依頼した場合の金額は以下の通りです。

依頼した場合の料金…5000円~1万円程度

スポンサーリンク

●希望ナンバー取得方法②:自分で運輸支局へ行って取得する

希望ナンバーを依頼せずに自分で行う場合は、運輸支局または希望番号予約センター(軽自動車の場合)まで行って自分で手続きすれば発行してもらえます。そのやり方を簡単に説明させていただきます。

▼必要な物

・認印
・車検証
・自動車登録番号標交付(OCRシート)
・自動車検査証記入申請書 ※軽自動車
・ドライバー(封印を取るときにあると便利)

▼手順①:希望ナンバーを申し込む

まずは、希望番号インターネット予約センターへアクセスして、希望ナンバーを申し込みます。そして、1週間後にメールで抽選結果がくるのでそれを待ちます。はずれたらもう一度同じ作業を繰り返します。

当選したら、メールに記載されている交付手数料を振込みます。

▼手順②:運輸支局へ行って手続きする

交付可能期間内に管轄する運輸支局または希望番号予約センター(軽自動車の場合)へ行って新規登録・登録番号変更申請などの手続きを済ませて、受け取った新しいナンバーを取り付けます。旧ナンバープレートは回収となり、封印作業があるので車両は持ち込むことが必須です。

●自分で取得した場合の料金は?

 

  • ペイント式ナンバー…2枚で4100円
  • 光学式ナンバー…2枚で5500円

 

ただし、光学式ナンバーにするためには国土交通省が承認した灯火式番号灯装置を装着している必要があり、運輸支局で購入あるいは一般業者から購入できます。

料金は概ね2万円程度となっています。

抽選希望番号は地域によっても多少異なる

希望ナンバーの抽選は、地域によって多少異なっているようです。

つまり、1122(いい夫婦)や1188(いいパパ)のような番号であっても、あまり人気のない地域では抽選とはならないこともあるようです。

また、変動があり改定が繰り返されているようなので、希望ナンバーを考えている方は、最新情報をチェックしておいた方が良いでしょう。

まとめ

「希望ナンバーで語呂合わせ!人気のナンバー番号は何?」はいかがだったでしょうか。
希望ナンバーは、人気の高いナンバーほど当選する確率が低いといわれています。
根気よく待つか違うナンバーにする必要があり、取得は大変になってしまいます。
希望ナンバーをお考えの方は、そういったことも踏まえて利用するようにしましょう。

コメントをどうぞ