車の走行音うるさい原因は?軽減させる対策方法

お役立ち情報 ドライブ関係 車用品関係

スポンサーリンク

皆さんは車の運転中に自分の車の走行音は気にするでしょうか?

ゴーー、ガタガタ、ミシミシなど様々な音が走行中にすると思いますが、その原因や対策方法知りたくありませんか?

一回高級車を運転したことがあるのですが、普段運転しているコンパクトカーとは違う世界でした!

さすがに高級車までとはいきませんが、今回はそんな車の走行音の原因・軽減させる方法などを紹介していきたいと思います。

走行音がうるさい原因とは?

走行中のうるさい原因は大体どの車でも同じようなものになっています。

最近人気のハイブリッド車はエンジンが頻繁に止まって、エンジン音がしないためガソリン車より余計に気になる方もいるようです。

またガソリン車でも低回転で走行する車種も多くエンジン以外が原因になっています。

原因1 風切り音

車が走行すると速度に応じてボディにかかる風圧が増していきます。

  • ドアミラー
  • ボディパネルの隙間
  • ボディ形状

などが原因で聞こえてきます。

原因2 ロードノイズ

車が走ることでタイヤと地面が設置することで発生する音で、サスペンションからボディに伝わって車内に響きます。

路面状況に左右されることが多く、比較的新しい道路なら音が小さく、路面があれていたり雪国などのひび割れた道路では大きくなります。

原因3 パターンノイズ

これもタイヤによって変わってくるもので、トレッドパターンと呼ばれる溝が空気とぶつかり発生する音です。

パターンノイズはスポーツ系タイヤに多く特性上仕方い部分があります。

音を抑えるよりグリップ性能向上を目的なのです!

原因4  共鳴音

段差など乗り越えたときの振動がタイヤ内で反響して大きくなってしまうことです。

太鼓を想像してもらえばわかりやすいと思います。

 

以上が走行音をうるさくする主な原因になっています。

次はそんな走行音軽減の対策方法をお伝えしますね♪

スポンサーリンク

軽減させる対策方法とは?

上記の走行音は0にはできませんが、少し気を付けるだけで結構静かになるものです。

実行できそうなものがあったら是非ともチャレンジしてみてください!

風切り音の軽減対策

エーモンと呼ばれる会社が販売している「風切り音低減フィンセット」で手軽に取り付けすることが出来る製品です。

今販売されている車には、こういったフィンが最初から装着されている車種があります。

それと同じ効果を狙って風切り音を静かにさせるコンセプトです。

エーモンの実験結果によると最大3デシベル軽減の効果があったようです♪

他にもボディパネルを埋めるモール類が販売されてますので試してみては?

ロードノイズの軽減対策

こちらもエーモンから販売されている「ロードノイズ低減マット」になります。

純正マットの下に引くだけで、フロアに響くロードノイズを軽減してくれる効果がある製品です。

誰でも簡単に設置することが可能ですので、まずはこのマットを試してみましょう!

パターンノイズの軽減軽減

これはタイヤをコンフォート系に変更することです。

コンフォート系のトレッドはパターンノイズを発生させにくいようにデザインされていますから、スポーツ系のタイヤから履き替えで効果が期待できます。

ただグリップ性能は落ちます・・・

共鳴音の軽減方法

この太鼓と同じく空気の振動でおこる共鳴音を抑えるには、ダンロップから販売されている「コンフォートタイヤLE MANS Ⅴ」などが良いでしょう。

タイヤ内に特殊吸音スポンジが入っており、共鳴音を抑える効果があります!

また一部車種にはホイールに音を軽減させるレゾネーターが装着されているものもあります。

最大10dB減少の効果があるようですので、もしホイールサイズが合うのであれば購入してみてはどうでしょうか?

ホンダ「レジェンド」・レクサス「RX」などに採用されています!

まとめ

「 車の走行音うるさい原因は?軽減させる対策方法」はいかがでしたか?

意外と気づかないで走行音は疲労の原因になっている場合があります。

仕事でレクサスLSを名古屋まで往復したのですが、車内の静かさにびっくりしました。

100キロの速度感がまったくなく、不快な音がないだけで気分も変わってきます。

LSを購入すれば早いのですが、それは無理なので出来る対策方法から試していきましょう!

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

車の走行音うるさい原因は?軽減させる対策方法

お役立ち情報 ドライブ関係 車用品関係

スポンサーリンク

皆さんは車の運転中に自分の車の走行音は気にするでしょうか?

ゴーー、ガタガタ、ミシミシなど様々な音が走行中にすると思いますが、その原因や対策方法知りたくありませんか?

一回高級車を運転したことがあるのですが、普段運転しているコンパクトカーとは違う世界でした!

さすがに高級車までとはいきませんが、今回はそんな車の走行音の原因・軽減させる方法などを紹介していきたいと思います。

走行音がうるさい原因とは?

走行中のうるさい原因は大体どの車でも同じようなものになっています。

最近人気のハイブリッド車はエンジンが頻繁に止まって、エンジン音がしないためガソリン車より余計に気になる方もいるようです。

またガソリン車でも低回転で走行する車種も多くエンジン以外が原因になっています。

原因1 風切り音

車が走行すると速度に応じてボディにかかる風圧が増していきます。

  • ドアミラー
  • ボディパネルの隙間
  • ボディ形状

などが原因で聞こえてきます。

原因2 ロードノイズ

車が走ることでタイヤと地面が設置することで発生する音で、サスペンションからボディに伝わって車内に響きます。

路面状況に左右されることが多く、比較的新しい道路なら音が小さく、路面があれていたり雪国などのひび割れた道路では大きくなります。

原因3 パターンノイズ

これもタイヤによって変わってくるもので、トレッドパターンと呼ばれる溝が空気とぶつかり発生する音です。

パターンノイズはスポーツ系タイヤに多く特性上仕方い部分があります。

音を抑えるよりグリップ性能向上を目的なのです!

原因4  共鳴音

段差など乗り越えたときの振動がタイヤ内で反響して大きくなってしまうことです。

太鼓を想像してもらえばわかりやすいと思います。

 

以上が走行音をうるさくする主な原因になっています。

次はそんな走行音軽減の対策方法をお伝えしますね♪

スポンサーリンク

軽減させる対策方法とは?

上記の走行音は0にはできませんが、少し気を付けるだけで結構静かになるものです。

実行できそうなものがあったら是非ともチャレンジしてみてください!

風切り音の軽減対策

エーモンと呼ばれる会社が販売している「風切り音低減フィンセット」で手軽に取り付けすることが出来る製品です。

今販売されている車には、こういったフィンが最初から装着されている車種があります。

それと同じ効果を狙って風切り音を静かにさせるコンセプトです。

エーモンの実験結果によると最大3デシベル軽減の効果があったようです♪

他にもボディパネルを埋めるモール類が販売されてますので試してみては?

ロードノイズの軽減対策

こちらもエーモンから販売されている「ロードノイズ低減マット」になります。

純正マットの下に引くだけで、フロアに響くロードノイズを軽減してくれる効果がある製品です。

誰でも簡単に設置することが可能ですので、まずはこのマットを試してみましょう!

パターンノイズの軽減軽減

これはタイヤをコンフォート系に変更することです。

コンフォート系のトレッドはパターンノイズを発生させにくいようにデザインされていますから、スポーツ系のタイヤから履き替えで効果が期待できます。

ただグリップ性能は落ちます・・・

共鳴音の軽減方法

この太鼓と同じく空気の振動でおこる共鳴音を抑えるには、ダンロップから販売されている「コンフォートタイヤLE MANS Ⅴ」などが良いでしょう。

タイヤ内に特殊吸音スポンジが入っており、共鳴音を抑える効果があります!

また一部車種にはホイールに音を軽減させるレゾネーターが装着されているものもあります。

最大10dB減少の効果があるようですので、もしホイールサイズが合うのであれば購入してみてはどうでしょうか?

ホンダ「レジェンド」・レクサス「RX」などに採用されています!

まとめ

「 車の走行音うるさい原因は?軽減させる対策方法」はいかがでしたか?

意外と気づかないで走行音は疲労の原因になっている場合があります。

仕事でレクサスLSを名古屋まで往復したのですが、車内の静かさにびっくりしました。

100キロの速度感がまったくなく、不快な音がないだけで気分も変わってきます。

LSを購入すれば早いのですが、それは無理なので出来る対策方法から試していきましょう!

コメントをどうぞ