車の走行音うるさい原因は?軽減させる対策方法

この記事は約2分で読めます。

走行音がうるさい原因とは?

走行中のうるさい原因は大体どの車でも同じようなものになっています。

最近人気のハイブリッド車はエンジンが頻繁に止まって、エンジン音がしないためガソリン車より余計に気になる方もいるようです。

またガソリン車でも低回転で走行する車種も多くエンジン以外が原因になっています。

原因1 風切り音

車が走行すると速度に応じてボディにかかる風圧が増していきます。

  • ドアミラー
  • ボディパネルの隙間
  • ボディ形状

などが原因で聞こえてきます。

原因2 ロードノイズ

車が走ることでタイヤと地面が設置することで発生する音で、サスペンションからボディに伝わって車内に響きます。

路面状況に左右されることが多く、比較的新しい道路なら音が小さく、路面があれていたり雪国などのひび割れた道路では大きくなります。

原因3 パターンノイズ

これもタイヤによって変わってくるもので、トレッドパターンと呼ばれる溝が空気とぶつかり発生する音です。

パターンノイズはスポーツ系タイヤに多く特性上仕方い部分があります。

音を抑えるよりグリップ性能向上を目的なのです!

原因4  共鳴音

段差など乗り越えたときの振動がタイヤ内で反響して大きくなってしまうことです。

太鼓を想像してもらえばわかりやすいと思います。

 

以上が走行音をうるさくする主な原因になっています。

次はそんな走行音軽減の対策方法をお伝えしますね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました