ドライブレコーダーを自分で取り付ける方法は?持ち込みできる場所や工賃は?

お役立ち情報 ドライブ関係 車用品関係

スポンサーリンク

万が一の事故に備えてドライブレコーダーの装着を考えている人は多いと思います。

ただ量販店やディーラーなどでは取り付け工賃高そう・・・などで中々踏ん切りつかないので悩ましいと考えていませんか?

またオークション・ネットショッピングなどで購入して、自分で取り付けして費用を浮かせようとしているユーザーもいると思います!

今回は取り付けに当たって守るべき取り付け位置や方法を解説します。

買ったはいいけど自分で取り付けできなくて困った方向けに、持ち込みできる店と工賃を紹介しますので安心してください♪

ドライブレコーダーを自分で取り付ける場所は?

引用元http://www.horiba.com/fileadmin/uploads/Affiliates/hit/products/DR/dora_zu_2.jpg
引用元http://www.dorareco.jp/dora_toritsuke.html

自分で取り付けるにあたり守るべきポイントがあります!

  • フロントガラス上部より20パーセント以内
  • または、ルームミラーに隠れるように取付
  • ワイパーふき取り範囲内
  • 車検証ステッカーに重ならない
  • エアバッグ動作の妨げにならない

車検などを通す場合を考えるとルームミラー裏の設置が確実といえますね!

雨天時にワイパー作動範囲内にドライブレコーダーがないと、撮影されても水滴で映像が確認できない可能性がありますので要注意!

基本的に「ルームミラーの後ろでワイパーが拭き取るか確認」を守っていれば安心です♪

また購入するドライブレコーダーの形や操作方法によっては、取り付け場所が上記部分では対応できない可能性もありますので、よく確認してから商品を選ぶようにしてくださいね!

電源のとる方法は何があるの?

基本的にアフターメーカーが販売している商品は二通りです!

  • シガーソケットから簡単配線
  • ヒューズボックスを利用する

初心者でも確実に電源を取れる方法はシガーソケットが簡単でわかりやすいですね。

ドライブレコーダー選びの際にシガーソケット電源対応商品を選択しておけば、必要な配線などあらかじめ用意されているのでスグに取り付け開始できます!

ヒューズボックスを利用する方法は初心者にはお勧めしません・・・

配線を隠して綺麗に設置できるのですが、どのヒューズを使えばいいか調べないといけないし、間違えてシュートさせると最悪クルマが動かなくなる恐れあり!

本体の取り付けや配線の取り回しはどうするの?

  1. 取付位置をアルコールなどで綺麗にする
  2. 配線を通すためAピラーを外す
  3. シガーソケットまでの配線はフロアアット下を通す

簡単に説明するとこれだけです。

引用元https://www.amon.co.jp/upload/diy/contents/ID146-25L.jpg
引用元https://www.amon.co.jp/upload/diy/contents/ID146-25L.jpg

Aピラーはフロントガラスの横にある内装パネルの事で、大抵は少し力を入れて引っ張れば外れます。

ここにドライブレコーダーの配線を元からある配線に、ビニールテープや留め金を利用して固定

またシガーソケットまでフロアマット下に配線を通すのが簡単なのですが、運転席側はペダル操作の邪魔になる可能性がありますので、助手席側に配線を通して作業がお勧めですよ♪

e320_sub1_l

フロントガラス上部のコードは、ガラスと天井の間に押し込むか、コードホルダーを利用して固定してください。

配線のポイントはコードにちょっと余裕を持たせて取り付けすることです。こうすることで余計な力がかからないので配線の破損も防げる!

動画ではヒューズボックスの取り付けになっていますが、そこ以外は変わりありませんので大変参考になる動画になっています!

ドライブレコーダー持ち込み可能な店と工賃は?

スポンサーリンク

いざ自分で購入して取り付けにチャレンジしようとして挫折してしまった方もいると思います。

そこで購入したドラレコを無駄にしないためにも今回は持ち込みできる店と工賃を調べてみました!

基本的に店頭購入より割高です。

  • オートバックス
  • イエローハット
  • ディーラー
  • 近場の自動車整備工場

この4つが持ち込みに対応してくれる店になっています。

それぞれの取り付け工賃

  • オートバックス

自動車部品販売量販店では最大手!皆さんも聞いたことありますよね?

ここでの工賃は、8000円~12000円程度

  • イエローハット

ここもCMなど頻繁にやっているので耳にしたことあるでしょう!

ここでの工賃は、6000円~11000円程度

  • ディーラー

主に車販売・修理・車検などを行っています。

ここでの工賃は、10000円~15000円程度

  • 近場の自動車整備工場

持ち込み車検・パーツ取り付けなど様々な車関係

ここでの工賃は、5000円~10000円程度

上記の金額はシガーソケット・ヒューズボックスなど電源取り出し方法によって金額が変わりますし、ドライブレコーダーの付属品によっては追加の料金が発生する場合がありますので注意してくださいね。

 

ディーラーが一番高い設定になっていて、ディーラーでの作業は基本的に渋い顔されることが多いみたいです。

また他のメーカー車だと断られ可能性大!

一番無難はやはりオートバックやイエローハットなので近くにある方でいいと思います。

近場の自動車整備工場はそのお店独自の料金設定なので、何件か回るのがお勧めですよ♪

持ち込み時の注意点は?

基本的に量販店・ディーラーは持ち込み取り付けは積極的に対応したくありません!

理由は商品や作業に保証がきかないからです。

取り付け後不具合があった場合に、購入店なら保証できるがネットなどで購入した商品の場合は対応のしようがない

また基本的に作業前にこういった不具合にたいして対応できないなどの確認されます。

情報まとめ

「ドライブレコーダーを自分で取り付ける方法は?持ち込みできる場所や工賃は?」はいかがでしたか?

事故の証拠や防犯目的にも活躍するドライブレコーダーはここ最近装着しているクルマが増えてきましたね。

自分が事故に合わなくても他の人の事故などでも役立ちますので、やはりつけておくに越したことはない必需品といえるでしょう。

値段もピンキリでありますので自分の用途にあったものを選択することが大事です!

自分で取り付ける人も、持ち込みする人も今回の記事が参考になれば幸いです♪

ドライブレコーダー関連記事

 

ドライブレコーダーを装着するメリットや理由は自動車事故?値段はいくらくらい?

ドライブレコーダが撮影した衝撃の瞬間!事故・危険運転・取り締まりの決定的瞬間まとめ!!

当たり屋の手口と方法は?示談金を払わない方法や対処法は?

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

ドライブレコーダーを自分で取り付ける方法は?持ち込みできる場所や工賃は?

お役立ち情報 ドライブ関係 車用品関係

スポンサーリンク

万が一の事故に備えてドライブレコーダーの装着を考えている人は多いと思います。

ただ量販店やディーラーなどでは取り付け工賃高そう・・・などで中々踏ん切りつかないので悩ましいと考えていませんか?

またオークション・ネットショッピングなどで購入して、自分で取り付けして費用を浮かせようとしているユーザーもいると思います!

今回は取り付けに当たって守るべき取り付け位置や方法を解説します。

買ったはいいけど自分で取り付けできなくて困った方向けに、持ち込みできる店と工賃を紹介しますので安心してください♪

ドライブレコーダーを自分で取り付ける場所は?

引用元http://www.horiba.com/fileadmin/uploads/Affiliates/hit/products/DR/dora_zu_2.jpg
引用元http://www.dorareco.jp/dora_toritsuke.html

自分で取り付けるにあたり守るべきポイントがあります!

  • フロントガラス上部より20パーセント以内
  • または、ルームミラーに隠れるように取付
  • ワイパーふき取り範囲内
  • 車検証ステッカーに重ならない
  • エアバッグ動作の妨げにならない

車検などを通す場合を考えるとルームミラー裏の設置が確実といえますね!

雨天時にワイパー作動範囲内にドライブレコーダーがないと、撮影されても水滴で映像が確認できない可能性がありますので要注意!

基本的に「ルームミラーの後ろでワイパーが拭き取るか確認」を守っていれば安心です♪

また購入するドライブレコーダーの形や操作方法によっては、取り付け場所が上記部分では対応できない可能性もありますので、よく確認してから商品を選ぶようにしてくださいね!

電源のとる方法は何があるの?

基本的にアフターメーカーが販売している商品は二通りです!

  • シガーソケットから簡単配線
  • ヒューズボックスを利用する

初心者でも確実に電源を取れる方法はシガーソケットが簡単でわかりやすいですね。

ドライブレコーダー選びの際にシガーソケット電源対応商品を選択しておけば、必要な配線などあらかじめ用意されているのでスグに取り付け開始できます!

ヒューズボックスを利用する方法は初心者にはお勧めしません・・・

配線を隠して綺麗に設置できるのですが、どのヒューズを使えばいいか調べないといけないし、間違えてシュートさせると最悪クルマが動かなくなる恐れあり!

本体の取り付けや配線の取り回しはどうするの?

  1. 取付位置をアルコールなどで綺麗にする
  2. 配線を通すためAピラーを外す
  3. シガーソケットまでの配線はフロアアット下を通す

簡単に説明するとこれだけです。

引用元https://www.amon.co.jp/upload/diy/contents/ID146-25L.jpg
引用元https://www.amon.co.jp/upload/diy/contents/ID146-25L.jpg

Aピラーはフロントガラスの横にある内装パネルの事で、大抵は少し力を入れて引っ張れば外れます。

ここにドライブレコーダーの配線を元からある配線に、ビニールテープや留め金を利用して固定

またシガーソケットまでフロアマット下に配線を通すのが簡単なのですが、運転席側はペダル操作の邪魔になる可能性がありますので、助手席側に配線を通して作業がお勧めですよ♪

e320_sub1_l

フロントガラス上部のコードは、ガラスと天井の間に押し込むか、コードホルダーを利用して固定してください。

配線のポイントはコードにちょっと余裕を持たせて取り付けすることです。こうすることで余計な力がかからないので配線の破損も防げる!

動画ではヒューズボックスの取り付けになっていますが、そこ以外は変わりありませんので大変参考になる動画になっています!

ドライブレコーダー持ち込み可能な店と工賃は?

スポンサーリンク

いざ自分で購入して取り付けにチャレンジしようとして挫折してしまった方もいると思います。

そこで購入したドラレコを無駄にしないためにも今回は持ち込みできる店と工賃を調べてみました!

基本的に店頭購入より割高です。

  • オートバックス
  • イエローハット
  • ディーラー
  • 近場の自動車整備工場

この4つが持ち込みに対応してくれる店になっています。

それぞれの取り付け工賃

  • オートバックス

自動車部品販売量販店では最大手!皆さんも聞いたことありますよね?

ここでの工賃は、8000円~12000円程度

  • イエローハット

ここもCMなど頻繁にやっているので耳にしたことあるでしょう!

ここでの工賃は、6000円~11000円程度

  • ディーラー

主に車販売・修理・車検などを行っています。

ここでの工賃は、10000円~15000円程度

  • 近場の自動車整備工場

持ち込み車検・パーツ取り付けなど様々な車関係

ここでの工賃は、5000円~10000円程度

上記の金額はシガーソケット・ヒューズボックスなど電源取り出し方法によって金額が変わりますし、ドライブレコーダーの付属品によっては追加の料金が発生する場合がありますので注意してくださいね。

 

ディーラーが一番高い設定になっていて、ディーラーでの作業は基本的に渋い顔されることが多いみたいです。

また他のメーカー車だと断られ可能性大!

一番無難はやはりオートバックやイエローハットなので近くにある方でいいと思います。

近場の自動車整備工場はそのお店独自の料金設定なので、何件か回るのがお勧めですよ♪

持ち込み時の注意点は?

基本的に量販店・ディーラーは持ち込み取り付けは積極的に対応したくありません!

理由は商品や作業に保証がきかないからです。

取り付け後不具合があった場合に、購入店なら保証できるがネットなどで購入した商品の場合は対応のしようがない

また基本的に作業前にこういった不具合にたいして対応できないなどの確認されます。

情報まとめ

「ドライブレコーダーを自分で取り付ける方法は?持ち込みできる場所や工賃は?」はいかがでしたか?

事故の証拠や防犯目的にも活躍するドライブレコーダーはここ最近装着しているクルマが増えてきましたね。

自分が事故に合わなくても他の人の事故などでも役立ちますので、やはりつけておくに越したことはない必需品といえるでしょう。

値段もピンキリでありますので自分の用途にあったものを選択することが大事です!

自分で取り付ける人も、持ち込みする人も今回の記事が参考になれば幸いです♪

ドライブレコーダー関連記事

 

ドライブレコーダーを装着するメリットや理由は自動車事故?値段はいくらくらい?

ドライブレコーダが撮影した衝撃の瞬間!事故・危険運転・取り締まりの決定的瞬間まとめ!!

当たり屋の手口と方法は?示談金を払わない方法や対処法は?

コメントをどうぞ