本革シートとファブリックシートの違いは?メリット・デメリットと掃除とメンテナンスのやり方は?

お役立ち情報 メンテナンス 洗車関係

スポンサーリンク

高級車によく採用されていて、立地な座り心地が魅力の本革シート。

しかし、最近では以前ほど本革シートを見かけなくなってしまいました。

合成皮革やハーフレザーとは違って、値が張るうえに掃除やメンテナンスが大変というイメージがあるからかもしれません。

今回は、そんな本革シートのメリットやデメリット、掃除とメンテナンスのやり方をご紹介させていただきます。

 

愛車のシートが本革という方は参考にできるような内容となっていますので、よろしければ最後までお付き合いください。

まずは、自動車の本革シートとファブリック(布)シートの違いからご紹介していきます。

本革シートとファブリックシートの違い

自動車に装備されているシートには、大きく本革シートとファブリックシートがあります。

上級グレードや高級車などにおいて使われることが多いのが本革シートで、兼価グレードや大衆車によく使われることが多いのがファブリックシートです。

その違いは文字からみてもわかるように素材が違うのですが、それぞれの特徴やメリット・デメリットを述べていきたいと思います。

本革シートのメリットやデメリット

本革シートは、なめした動物(牛など)の革に塗料を塗ったものをシートにしたものです。

  • 本革シートのメリット

その本革シートのメリットは、以下のようになっています。

  • 高級感がある
  • 水濡れに強い
  • 汚れがつきにくい
  • 熟練の職人が製作
  • 肌触りや風合い
  • キズや擦れに強い
  • 静電気が起こりにくい

本革シートは、基本的に自動車用につくられていることもあって丈夫で、キズや擦れに強いため耐久性があります。

また長時間使用しても、独特の味がでてくることも大きな魅力となります。

水濡れに強いこともメリットではありますが、濡れた状態で放置するとダメージとなってしまうので、逆にデメリットになる場合もあります。

  • 本革シートのデメリット

本革シートのデメリットは以下のようになっています。

  • 冬に座ると冷たく感じる
  • 通気性が悪い
  • 滑りやすい
  • 保温性が高く夏でも温かく感じる
  • 直射日光に当たり続けていると熱い

保温性が高いというのはメリットのようにも感じますが、夏の暑い日にはそれがデメリットとなってしまいます。

ファブリックシートの特徴

ファブリックシートの大きな特徴は、比較的安価な布地でできているということです。

●ファブリックシートのメリット

ファブリックシートのメリットは以下のとおりです。

  • 網目があるから通気性に優れる
  • 近年の技術向上による耐久性の上昇
  • 酷い汚れなら目立ちにくい
  • 劣化が少ない
  • 冬に触れても冷たくない
  • 走行中に滑ることはあまりない

近年ファブリックシートの技術が向上していることから、乗り心地はもちろん耐久性も上がってきているので、大きなデメリットがなく安価という点がメリットとしてあげられます。

●ファブリックシートのデメリット

ファブリックシートのデメリットもご紹介します。

  • 一度ついた汚れが落ちにくい
  • 臭いがつきやすい
  • 静電気により埃がつきやすい
  • 飲み物をこぼすとシミになる
  • ほこりや砂が繊維の隙間に入ると取りにくい

安価なので選択しやすい反面、ファブリックならではのデメリットも多くあります。

スポンサーリンク

本革シートの掃除の仕方やメンテナンスは?

では、本革シートの掃除の仕方やメンテナンスなどをご紹介していきます。

砂や埃を取り除く

まずは本革シートに付着している砂や埃を取り除きましょう。

というのも、シートに砂や埃が残っている状態で拭いてしまうと、それらを巻き込んでキズがつく原因になってしまうからです。

本革自体が丈夫なので少々のキズなら問題ありませんが、意外と鋭利な場合もあるので取り除いておいた方が無難です。

●汚れは水拭きして取る

本革シートは、基本的に水拭きして汚れを取ります。

それでも取れない汚れに関しては、本革シート専用のクリーナーを使って落とすようにします。

できれば、マイクロファイバークロスのような繊維の細かい布を使うようにしましょう。優しくこすり、ゴシゴシしないように注意しましょう。

●革クリームは使わない

注意したい点としては、革クリームは使わないことです。

「本革」と聞くと、ブーツや財布などで使用するような革クリームを使ってメンテナンスをするというイメージをもつ方も多いと思います。

しかし、車内の夏は高温多湿で冬は極寒という環境なので、クリームを塗ってしまうとカビが発生してしまいます。

●乾いたマイクロファイバークロスで拭き上げる

最後に、乾いたマイクロファイバーで拭き上げましょう。

水拭きをした状態では濡れているので、シート上に水分を残さないようにするためにも、マイクロファイバークロスで軽く拭き上げましょう。

■まとめ

「本革シートとファブリックシートの違いは?メリット・デメリットと掃除とメンテナンスのやり方は?」いかがだったでしょうか。
今回の記事では、本革シートのメリットやデメリット、掃除とメンテナンスのやり方をご紹介させていただきました。

同時に、本革シートの扱いがわかるような内容をお伝えしました。

本革シートの掃除の仕方やメンテナンスがわかれば、あとは定期的に実践して劣化をおさえることです。本革シートは独特な風合いが魅力なので、ぜひ長く使ってください。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

本革シートとファブリックシートの違いは?メリット・デメリットと掃除とメンテナンスのやり方は?

お役立ち情報 メンテナンス 洗車関係

スポンサーリンク

高級車によく採用されていて、立地な座り心地が魅力の本革シート。

しかし、最近では以前ほど本革シートを見かけなくなってしまいました。

合成皮革やハーフレザーとは違って、値が張るうえに掃除やメンテナンスが大変というイメージがあるからかもしれません。

今回は、そんな本革シートのメリットやデメリット、掃除とメンテナンスのやり方をご紹介させていただきます。

 

愛車のシートが本革という方は参考にできるような内容となっていますので、よろしければ最後までお付き合いください。

まずは、自動車の本革シートとファブリック(布)シートの違いからご紹介していきます。

本革シートとファブリックシートの違い

自動車に装備されているシートには、大きく本革シートとファブリックシートがあります。

上級グレードや高級車などにおいて使われることが多いのが本革シートで、兼価グレードや大衆車によく使われることが多いのがファブリックシートです。

その違いは文字からみてもわかるように素材が違うのですが、それぞれの特徴やメリット・デメリットを述べていきたいと思います。

本革シートのメリットやデメリット

本革シートは、なめした動物(牛など)の革に塗料を塗ったものをシートにしたものです。

  • 本革シートのメリット

その本革シートのメリットは、以下のようになっています。

  • 高級感がある
  • 水濡れに強い
  • 汚れがつきにくい
  • 熟練の職人が製作
  • 肌触りや風合い
  • キズや擦れに強い
  • 静電気が起こりにくい

本革シートは、基本的に自動車用につくられていることもあって丈夫で、キズや擦れに強いため耐久性があります。

また長時間使用しても、独特の味がでてくることも大きな魅力となります。

水濡れに強いこともメリットではありますが、濡れた状態で放置するとダメージとなってしまうので、逆にデメリットになる場合もあります。

  • 本革シートのデメリット

本革シートのデメリットは以下のようになっています。

  • 冬に座ると冷たく感じる
  • 通気性が悪い
  • 滑りやすい
  • 保温性が高く夏でも温かく感じる
  • 直射日光に当たり続けていると熱い

保温性が高いというのはメリットのようにも感じますが、夏の暑い日にはそれがデメリットとなってしまいます。

ファブリックシートの特徴

ファブリックシートの大きな特徴は、比較的安価な布地でできているということです。

●ファブリックシートのメリット

ファブリックシートのメリットは以下のとおりです。

  • 網目があるから通気性に優れる
  • 近年の技術向上による耐久性の上昇
  • 酷い汚れなら目立ちにくい
  • 劣化が少ない
  • 冬に触れても冷たくない
  • 走行中に滑ることはあまりない

近年ファブリックシートの技術が向上していることから、乗り心地はもちろん耐久性も上がってきているので、大きなデメリットがなく安価という点がメリットとしてあげられます。

●ファブリックシートのデメリット

ファブリックシートのデメリットもご紹介します。

  • 一度ついた汚れが落ちにくい
  • 臭いがつきやすい
  • 静電気により埃がつきやすい
  • 飲み物をこぼすとシミになる
  • ほこりや砂が繊維の隙間に入ると取りにくい

安価なので選択しやすい反面、ファブリックならではのデメリットも多くあります。

スポンサーリンク

本革シートの掃除の仕方やメンテナンスは?

では、本革シートの掃除の仕方やメンテナンスなどをご紹介していきます。

砂や埃を取り除く

まずは本革シートに付着している砂や埃を取り除きましょう。

というのも、シートに砂や埃が残っている状態で拭いてしまうと、それらを巻き込んでキズがつく原因になってしまうからです。

本革自体が丈夫なので少々のキズなら問題ありませんが、意外と鋭利な場合もあるので取り除いておいた方が無難です。

●汚れは水拭きして取る

本革シートは、基本的に水拭きして汚れを取ります。

それでも取れない汚れに関しては、本革シート専用のクリーナーを使って落とすようにします。

できれば、マイクロファイバークロスのような繊維の細かい布を使うようにしましょう。優しくこすり、ゴシゴシしないように注意しましょう。

●革クリームは使わない

注意したい点としては、革クリームは使わないことです。

「本革」と聞くと、ブーツや財布などで使用するような革クリームを使ってメンテナンスをするというイメージをもつ方も多いと思います。

しかし、車内の夏は高温多湿で冬は極寒という環境なので、クリームを塗ってしまうとカビが発生してしまいます。

●乾いたマイクロファイバークロスで拭き上げる

最後に、乾いたマイクロファイバーで拭き上げましょう。

水拭きをした状態では濡れているので、シート上に水分を残さないようにするためにも、マイクロファイバークロスで軽く拭き上げましょう。

■まとめ

「本革シートとファブリックシートの違いは?メリット・デメリットと掃除とメンテナンスのやり方は?」いかがだったでしょうか。
今回の記事では、本革シートのメリットやデメリット、掃除とメンテナンスのやり方をご紹介させていただきました。

同時に、本革シートの扱いがわかるような内容をお伝えしました。

本革シートの掃除の仕方やメンテナンスがわかれば、あとは定期的に実践して劣化をおさえることです。本革シートは独特な風合いが魅力なので、ぜひ長く使ってください。

コメントをどうぞ