パッシングの正しい使い方は?間違えるとトラブルや事故の元に!?

お役立ち情報 トラブル解決

スポンサーリンク

対向車や後続車が時折「パッパッ」と発してくるパッシング。
この記事をお読みのあなたも一度はしたことがあるはず。

 

しかしこのパッシング、使い方を間違えるとトラブルや事故の元になるかもしれません!
ここでは、パッシングの正しい使い方と注意点などをご紹介したいと思います。

うわ!まぶしい!パッシングだ!

5c047ffce1dd186d7cf8fa4a9aa2fdc3_s

車のライトを、一瞬ハイビームにする「パッシング」

集中して運転してる時にやられると気を散らされます。
うざったいですよね。

 

人によっては「なにケンカ売ってんねん!」とか、「やんのかゴラァ!」とか思っちゃいますよね。
私も当然イラッとしますし、それが原因で過去に何度もトラブルやケンカをしてしまいました。

 

そんなパッシングですが、意外にもウィキペディアにしっかりと記載されていました。
基準としては、

 

方向指示器を手前に引いて、一瞬だけハイビームにする。
これを一回ないし複数回行うと、パッシングになりますよ~。

 

だそうです。
俗称的な物かと思ってました・・・

そもそものパッシングの意味合い

パッシングをする際の意味合いもちゃんとある事が判明しました。
ケンカを売る為の物ではありませんよ?
最も合理的、というかベターな物でした。

 

どこをどう調べ尽くしても、「先に行きたいので道を譲ってください」と言うのが本来の意味だそうです。
ただ、強い光を発する為気分を害してしまい、「邪魔だ!どけ!」と捉えられてしまう事が多いとか。

 

車間距離を詰めまくって、幾度となくパッシング。
これだけはやめましょう!

パッシングはトラブルの元にも・・・

d250074de3bedf36bfd455b582429e03_m

言うまでもないと思いますが、パッシングの使い方によっては相手が車から降りてきて、

「何挑発しとんねん!降りろボケ!」

 

何て事にもなりかねません。
怖いですよね。マジで勘弁ですよね。

 

よくあるケースを挙げると、

  • あまりにも遅いからパッシングをしたら、ドライバーが降りてきていちゃもんをつけられた
  • 嫌がらせ(蛇行運転や急停止)を繰り返されてパッシングをしたのに、信号待ちで降りてきて窓越しに怒鳴られた
  • 高速道路で右車線を低速で走っている車にパッシングをしたら、ストーカーされた

などなど、頭のおかしい奴か礼儀知らずな輩が相手の場合が多いです。
こういうやつらに絡まれては時間の無駄ですし、酷い時は仲間を呼ばれたり金銭を要求される事もあります。

 

そうなった時は要求に応じず、警察を呼んで事情を話し、解決するのが一番と言えます。

間違っても手を出してはダメですよ!

スポンサーリンク

事故の元にだってなります!

上記は対人間のトラブルですが、パッシングが原因で「事故」が起きるケースも考えられるのです。

 

ハイビームの光で目がくらみ、

  • ハンドル操作を誤って玉突き事故を引き起こしてしまった。
  • 前が見えず飛び出した子供を轢いてしまった。

 

何事も100%起きないとは限りません。
もしかしたら、あなたのパッシング一つで命が一つ消えるかもしれないのです。

パッシングの正しい使い方

パッシングだって、使い方さえ間違わなければいいんです。
前の車に乗っている人がどんな人かによっても変わってきますが、一番大事なのは自分の気持ちとタイミングです。

 

パッシングで伝えるのは自己都合だけでなく、思いやりも含まれていると言う事をお忘れなく。

 

以下に、シーンごとの使い方を挙げます。

一般道での使い方

時間帯や場所によっては混雑する一般道でも、時と場合によってうまく使い分けが必要となります。

  • お店から出てくる車に対して、「お先にどうぞ」と2回ほどパッシングして先を譲る
    後続車にクラックションを鳴らされる事は少ないですが、鳴らされても平然としていましょう。
    譲ってもらった場合はパッシング1回で「ありがとう」を伝えましょう。
  • 対向車のヘッドライト消し忘れを伝える
    トンネルから出てきた対向車がヘッドライトを消し忘れてる場合、これも2回ほどパッシング。
  • 検問やネズミ捕りの警告
    この先で警察が待ち構えてる事を伝える時に、3回ほどパッシング。
    誰だって捕まりたくない。ある種の助け合いでもあります。

高速道路での使い方

一般道に比べて、高速道路でのパッシングの使い道は少ないです。

  • 道を譲ってほしい時に
    右側車線を低速で走っている車に対して2回パッシング。
    過度に行うのはNGなので、急いでいる時だけにしましょう。
  • 追い越しのサイン
    「これから追い越しをするので、車線変更しないでね」と伝える際に2回ほど。
    色んな意見もあるようですが、どうやらこれが本来の使い方らしいです。(初耳でした)

クラクションで代用も一つの手

「パッシングの正しい使い方は?間違えるとトラブルや事故の元に・・・」
の記事、いかがでしたか?
パッシングの本来の意味を知らなかった方も居たかと思います。(私はこの記事を書くまで本来の意味を知らなかったです汗)

 

最後に、パッシングを使うのが嫌な方は、クラクションを短めに鳴らすことで代用できます。
高速道路ではパッシングを使わなければ危険ですが、

 

  • お店から出る車に先を譲る
  • 青信号に気付いていない前方車両に知らせる

これぐらいであれば短めのクラクションでOKです。(軽く押して、ピッと鳴らすぐらい)

 

あなたの思いやりで一つで、車の流れがスムーズになり、皆が快適にドライブ出来る事を祈ります。

最後までご閲覧頂き、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

パッシングの正しい使い方は?間違えるとトラブルや事故の元に!?

お役立ち情報 トラブル解決

スポンサーリンク

対向車や後続車が時折「パッパッ」と発してくるパッシング。
この記事をお読みのあなたも一度はしたことがあるはず。

 

しかしこのパッシング、使い方を間違えるとトラブルや事故の元になるかもしれません!
ここでは、パッシングの正しい使い方と注意点などをご紹介したいと思います。

うわ!まぶしい!パッシングだ!

5c047ffce1dd186d7cf8fa4a9aa2fdc3_s

車のライトを、一瞬ハイビームにする「パッシング」

集中して運転してる時にやられると気を散らされます。
うざったいですよね。

 

人によっては「なにケンカ売ってんねん!」とか、「やんのかゴラァ!」とか思っちゃいますよね。
私も当然イラッとしますし、それが原因で過去に何度もトラブルやケンカをしてしまいました。

 

そんなパッシングですが、意外にもウィキペディアにしっかりと記載されていました。
基準としては、

 

方向指示器を手前に引いて、一瞬だけハイビームにする。
これを一回ないし複数回行うと、パッシングになりますよ~。

 

だそうです。
俗称的な物かと思ってました・・・

そもそものパッシングの意味合い

パッシングをする際の意味合いもちゃんとある事が判明しました。
ケンカを売る為の物ではありませんよ?
最も合理的、というかベターな物でした。

 

どこをどう調べ尽くしても、「先に行きたいので道を譲ってください」と言うのが本来の意味だそうです。
ただ、強い光を発する為気分を害してしまい、「邪魔だ!どけ!」と捉えられてしまう事が多いとか。

 

車間距離を詰めまくって、幾度となくパッシング。
これだけはやめましょう!

パッシングはトラブルの元にも・・・

d250074de3bedf36bfd455b582429e03_m

言うまでもないと思いますが、パッシングの使い方によっては相手が車から降りてきて、

「何挑発しとんねん!降りろボケ!」

 

何て事にもなりかねません。
怖いですよね。マジで勘弁ですよね。

 

よくあるケースを挙げると、

  • あまりにも遅いからパッシングをしたら、ドライバーが降りてきていちゃもんをつけられた
  • 嫌がらせ(蛇行運転や急停止)を繰り返されてパッシングをしたのに、信号待ちで降りてきて窓越しに怒鳴られた
  • 高速道路で右車線を低速で走っている車にパッシングをしたら、ストーカーされた

などなど、頭のおかしい奴か礼儀知らずな輩が相手の場合が多いです。
こういうやつらに絡まれては時間の無駄ですし、酷い時は仲間を呼ばれたり金銭を要求される事もあります。

 

そうなった時は要求に応じず、警察を呼んで事情を話し、解決するのが一番と言えます。

間違っても手を出してはダメですよ!

スポンサーリンク

事故の元にだってなります!

上記は対人間のトラブルですが、パッシングが原因で「事故」が起きるケースも考えられるのです。

 

ハイビームの光で目がくらみ、

  • ハンドル操作を誤って玉突き事故を引き起こしてしまった。
  • 前が見えず飛び出した子供を轢いてしまった。

 

何事も100%起きないとは限りません。
もしかしたら、あなたのパッシング一つで命が一つ消えるかもしれないのです。

パッシングの正しい使い方

パッシングだって、使い方さえ間違わなければいいんです。
前の車に乗っている人がどんな人かによっても変わってきますが、一番大事なのは自分の気持ちとタイミングです。

 

パッシングで伝えるのは自己都合だけでなく、思いやりも含まれていると言う事をお忘れなく。

 

以下に、シーンごとの使い方を挙げます。

一般道での使い方

時間帯や場所によっては混雑する一般道でも、時と場合によってうまく使い分けが必要となります。

  • お店から出てくる車に対して、「お先にどうぞ」と2回ほどパッシングして先を譲る
    後続車にクラックションを鳴らされる事は少ないですが、鳴らされても平然としていましょう。
    譲ってもらった場合はパッシング1回で「ありがとう」を伝えましょう。
  • 対向車のヘッドライト消し忘れを伝える
    トンネルから出てきた対向車がヘッドライトを消し忘れてる場合、これも2回ほどパッシング。
  • 検問やネズミ捕りの警告
    この先で警察が待ち構えてる事を伝える時に、3回ほどパッシング。
    誰だって捕まりたくない。ある種の助け合いでもあります。

高速道路での使い方

一般道に比べて、高速道路でのパッシングの使い道は少ないです。

  • 道を譲ってほしい時に
    右側車線を低速で走っている車に対して2回パッシング。
    過度に行うのはNGなので、急いでいる時だけにしましょう。
  • 追い越しのサイン
    「これから追い越しをするので、車線変更しないでね」と伝える際に2回ほど。
    色んな意見もあるようですが、どうやらこれが本来の使い方らしいです。(初耳でした)

クラクションで代用も一つの手

「パッシングの正しい使い方は?間違えるとトラブルや事故の元に・・・」
の記事、いかがでしたか?
パッシングの本来の意味を知らなかった方も居たかと思います。(私はこの記事を書くまで本来の意味を知らなかったです汗)

 

最後に、パッシングを使うのが嫌な方は、クラクションを短めに鳴らすことで代用できます。
高速道路ではパッシングを使わなければ危険ですが、

 

  • お店から出る車に先を譲る
  • 青信号に気付いていない前方車両に知らせる

これぐらいであれば短めのクラクションでOKです。(軽く押して、ピッと鳴らすぐらい)

 

あなたの思いやりで一つで、車の流れがスムーズになり、皆が快適にドライブ出来る事を祈ります。

最後までご閲覧頂き、ありがとうございました。

コメントをどうぞ