水平対向エンジンって何のメリットがあるの?特徴や搭載メーカーは?

お役立ち情報 カスタム 車おもしろ情報・動画

スポンサーリンク

スバルのインプレッサを代表格に搭載されている、水平対向エンジン。
もう一つの呼び名を、ボクサーエンジン。皆さん一度はお聞きになった事があるかと思います。
ここでは、水平対向エンジンのメリットとはなんなのか?その特徴と搭載メーカーについて解説したいと思います。
ロータリーエンジンに並び、またまたメカニック寄りなお話になります♪

水平対向エンジンとは?

ロータリーエンジン同様、これまた日本生まれではありません。

 

1896年、ドイツ生まれ。ベンツの創業者であるカール・ベンツが発明しました。
一本のクランクシャフトに対してシリンダーを置き、ピストン同士が向かい合った状態で動作するエンジンになります。
水平対向エンジンを横文字にするとちょっと大変、horizontally opposed cylinder engine、と書きます。長い!

 

ボクサー同士がパンチを打ち合う様子に似ている事から、ボクサーエンジンと言われています。

メリットとデメリット

ネーミングこそカッコいいですが、そんなボクサーエンジンにも一長一短。
どういった点かと言うと・・・

メリット

  • 同じ気筒数でも、V型エンジン等に比べて全高を抑える事が出来る。重心が高くならない。
  • 等間隔燃焼と低振動を両立できる。燃料の燃焼効率にバラつきが無く、騒音も少なめ。
  • バランスウェイトが不要なので、低振動で軽くて短いクランクシャフトに出来る。
  • 同規模の直列エンジンに比べて、冷却風を受ける面積が大きい。冷却効率が良い。

デメリット

  • エンジン自体の幅が大きいので、車体に搭載する際に制約を受けてしまう。エンジン側を制約する場合もある。
  • シリンダーヘッドへのアクセスに関係する部品の取り回しが少し面倒。排気の配管は太いので影響が大きい。
  • 比較的全長は短いが、V型エンジンに比べると長い。
  • シリンダーの潤滑油の偏摩耗になど潤滑部分でのトラブルが発生しやすい。設計にはとても気を遣う。

 

ロータリーエンジンに比べると、面倒な部分はそこまで多くないように見えますね。

要約すると、

「作るのとかメンテナンスとか大変だけど、同じ排気量でも低重心だし、燃料燃える効率もいいよ~」

て事になります。

スバルのインプレッサがラリーの大会で優秀な成績を納められる理由は、ここにあるのかもしれませんね♪

スポンサーリンク

水平対向エンジンはサウンドが独特

水平対向エンジンの大きな特徴。
誰でも感じる事が出来る点では、独特のサウンドエンジンではないかと思います。

 

そのボクサーサウンドですが、地鳴りのような図太い音がするそうです。

 

例えるなら、直6サウンドはブォーン、ボクサーサウンドはゴロゴロ、ロータリーエンジンはシュイ―ンと言った表現になります。
ガキっぽい表現ですいません(汗)完全にボキャブラリー不足ですね・・・

搭載されているメーカーと車種

ロータリーエンジンの記事同様、やはり気になりますよね?
メーカーと車種。

スバル以外にも色んなメーカーが採用しているので要注目です!

BMW

  • Rシリーズ(オートバイ)

スバル(全車種搭載。その中から一部抜粋)

  • インプレッサ
  • レガシィ
  • WRX
  • BRZ
  • レヴォーグ
  • フォレスター

ホンダ

  • ゴールドウイング(オートバイ)

ポルシェ

  • 911
  • ボクスター
  • ケイマン

トヨタ

  • 86

各社の水平対向エンジンに対しての熱意が見受けられますね。

 

ロータリーエンジンの記事にもあったように、車だけではなくバイクにも使われています。
BRZと86に関してはスバルとトヨタの共同開発ということもあって、同じエンジンが使われています。
86(昔のAE86)と言えば直4エンジンなので、完全に別物として見た方がいいですね・・・

これからの水平対向エンジン

ここまで水平対向もといボクサーエンジンについて挙げてきましたが、スバルは今後、更なる改良を加えていくそうです。

 

あくまで噂レベルの情報ですが、排気量の低下とハイブリッド化が有力となっています。
設計面で言えば、縦置きレイアウトで前輪より前にエンジンを置き、後輪はモーター駆動にしたりするとか。

 

これからも目が離せない水平対向エンジンの行方ですが、なにがあっても無くなって欲しくないですよね。
私はインプレッサ大好きなので・・・

流行にジャブ、ファンにストレートを!

「水平対向エンジンって何のメリットがあるの?特徴や搭載メーカーは?」はいかがでしたか?

 

個人的には、あのエンジン音とマフラーからの排気音がたまらないです♪
V型や直列などの王道もいいですが、やはりマニアやファンにとってはボクサー一択ですよね!

 

最近じゃ専らハイブリッドが浸透し、はたまた電気自動車なんてオバケみたいな車まで顔を出し始めています。
スバルに限らず、ホンダやマツダ、遊び心のあるメーカーには是非とも流行に逆らい、

 

「本当に走りを楽しめる車」

を開発し続けて頂きたい。

 

今やMT車ですら絶滅危惧種レベルで消えつつありますから・・・

 

以上、次の世代にもMT車とガソリン車のすばらしさを伝えたくてたまらない筆者による、水平対向エンジンに関する記事でした。

最後までご閲覧頂き、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

水平対向エンジンって何のメリットがあるの?特徴や搭載メーカーは?

お役立ち情報 カスタム 車おもしろ情報・動画

スポンサーリンク

スバルのインプレッサを代表格に搭載されている、水平対向エンジン。
もう一つの呼び名を、ボクサーエンジン。皆さん一度はお聞きになった事があるかと思います。
ここでは、水平対向エンジンのメリットとはなんなのか?その特徴と搭載メーカーについて解説したいと思います。
ロータリーエンジンに並び、またまたメカニック寄りなお話になります♪

水平対向エンジンとは?

ロータリーエンジン同様、これまた日本生まれではありません。

 

1896年、ドイツ生まれ。ベンツの創業者であるカール・ベンツが発明しました。
一本のクランクシャフトに対してシリンダーを置き、ピストン同士が向かい合った状態で動作するエンジンになります。
水平対向エンジンを横文字にするとちょっと大変、horizontally opposed cylinder engine、と書きます。長い!

 

ボクサー同士がパンチを打ち合う様子に似ている事から、ボクサーエンジンと言われています。

メリットとデメリット

ネーミングこそカッコいいですが、そんなボクサーエンジンにも一長一短。
どういった点かと言うと・・・

メリット

  • 同じ気筒数でも、V型エンジン等に比べて全高を抑える事が出来る。重心が高くならない。
  • 等間隔燃焼と低振動を両立できる。燃料の燃焼効率にバラつきが無く、騒音も少なめ。
  • バランスウェイトが不要なので、低振動で軽くて短いクランクシャフトに出来る。
  • 同規模の直列エンジンに比べて、冷却風を受ける面積が大きい。冷却効率が良い。

デメリット

  • エンジン自体の幅が大きいので、車体に搭載する際に制約を受けてしまう。エンジン側を制約する場合もある。
  • シリンダーヘッドへのアクセスに関係する部品の取り回しが少し面倒。排気の配管は太いので影響が大きい。
  • 比較的全長は短いが、V型エンジンに比べると長い。
  • シリンダーの潤滑油の偏摩耗になど潤滑部分でのトラブルが発生しやすい。設計にはとても気を遣う。

 

ロータリーエンジンに比べると、面倒な部分はそこまで多くないように見えますね。

要約すると、

「作るのとかメンテナンスとか大変だけど、同じ排気量でも低重心だし、燃料燃える効率もいいよ~」

て事になります。

スバルのインプレッサがラリーの大会で優秀な成績を納められる理由は、ここにあるのかもしれませんね♪

スポンサーリンク

水平対向エンジンはサウンドが独特

水平対向エンジンの大きな特徴。
誰でも感じる事が出来る点では、独特のサウンドエンジンではないかと思います。

 

そのボクサーサウンドですが、地鳴りのような図太い音がするそうです。

 

例えるなら、直6サウンドはブォーン、ボクサーサウンドはゴロゴロ、ロータリーエンジンはシュイ―ンと言った表現になります。
ガキっぽい表現ですいません(汗)完全にボキャブラリー不足ですね・・・

搭載されているメーカーと車種

ロータリーエンジンの記事同様、やはり気になりますよね?
メーカーと車種。

スバル以外にも色んなメーカーが採用しているので要注目です!

BMW

  • Rシリーズ(オートバイ)

スバル(全車種搭載。その中から一部抜粋)

  • インプレッサ
  • レガシィ
  • WRX
  • BRZ
  • レヴォーグ
  • フォレスター

ホンダ

  • ゴールドウイング(オートバイ)

ポルシェ

  • 911
  • ボクスター
  • ケイマン

トヨタ

  • 86

各社の水平対向エンジンに対しての熱意が見受けられますね。

 

ロータリーエンジンの記事にもあったように、車だけではなくバイクにも使われています。
BRZと86に関してはスバルとトヨタの共同開発ということもあって、同じエンジンが使われています。
86(昔のAE86)と言えば直4エンジンなので、完全に別物として見た方がいいですね・・・

これからの水平対向エンジン

ここまで水平対向もといボクサーエンジンについて挙げてきましたが、スバルは今後、更なる改良を加えていくそうです。

 

あくまで噂レベルの情報ですが、排気量の低下とハイブリッド化が有力となっています。
設計面で言えば、縦置きレイアウトで前輪より前にエンジンを置き、後輪はモーター駆動にしたりするとか。

 

これからも目が離せない水平対向エンジンの行方ですが、なにがあっても無くなって欲しくないですよね。
私はインプレッサ大好きなので・・・

流行にジャブ、ファンにストレートを!

「水平対向エンジンって何のメリットがあるの?特徴や搭載メーカーは?」はいかがでしたか?

 

個人的には、あのエンジン音とマフラーからの排気音がたまらないです♪
V型や直列などの王道もいいですが、やはりマニアやファンにとってはボクサー一択ですよね!

 

最近じゃ専らハイブリッドが浸透し、はたまた電気自動車なんてオバケみたいな車まで顔を出し始めています。
スバルに限らず、ホンダやマツダ、遊び心のあるメーカーには是非とも流行に逆らい、

 

「本当に走りを楽しめる車」

を開発し続けて頂きたい。

 

今やMT車ですら絶滅危惧種レベルで消えつつありますから・・・

 

以上、次の世代にもMT車とガソリン車のすばらしさを伝えたくてたまらない筆者による、水平対向エンジンに関する記事でした。

最後までご閲覧頂き、ありがとうございました。

コメントをどうぞ