スマホやタブレットをカーナビにする方法は?スタンド化がおすすめ?

お役立ち情報 ドライブ関係 車用品関係

 

スポンサーリンク

 

車を買った時、カーナビを付けなかった方は多いはず。
道が分からない場所に行った時、「カーナビさえあれば・・・なんて経験はありませんか?
そんな時は、スマホやタブレットのナビアプリを使ってカーナビ代わりにしてしまいましょう。
本記事では、その方法とメリット・デメリットについてご紹介します。

カーナビとは?

img01

説明するまでもないと思いますが、自分の行きたい目的地までのルートを案内してくれる機器の事です。
正式名称は、「カーナビゲーションシステム」と言いいます。

現代の車社会において使っているユーザーは多い一方、カーナビは付けずにオーディオのみを搭載している方も多いようです。

カーナビの種類にはどんなものがあるのか?

カーナビの種類は様々で、はめ込み式の大きなものから、セキュリティ重視で取り外して持ち運び可能なポータブルタイプの2種類が主流となっています。

いずれも、数年たったら買い替え、もしくはデータ更新等の多少の面倒はありますが、正確に目的地まで連れていってくれる賢い機器です。

  • はめ込み式カーナビ

  • ポータブル式カーナビ

navi_04

このように様々な車種な使い方によってユーザーのニーズに合わせてくれます。

またポータブル式では取り外しができるので、動画再生などに利用することも可能になっています。

もっとお手軽に、スマホやタブレットをカーナビにしよう

スポンサーリンク

上記では簡単にカーナビの概要を説明しましたが、ここからが本題で、カーナビを買って取り付けてもらってでは、結構お金がかかってしまいますよね・・・

そこで、お手持ちのスマホやタブレットをカーナビとして使ってみましょう

これなら、非常にローコストで快適なドライブを楽しむことが出来ますので、冒頭で説明した、ポータブル式カーナビに近い感覚です♪

これならセカンドカーなどでカーナビを装着していなくても、何万ものお金払わないで済みますので経済的ですね♪

スマホ・タブレットスタンドを買おう

まずは、カー用品専門店にいってスタンドを買いましょう。
スマホのホルダーに関しては、固定アーム型とフレキシブルアーム型の2種類。
タブレットのホルダーに関しては、固定アームの1種類が主流となっています。
取り付け方法としては、吸盤で取り付けるものが多いです。
どちらも料金的には、1500~4000円が相場です。
横置きタイプと縦置きタイプがありますが、おすすめは横置きタイプです。(個人的に横置きの方がカーナビに近い感覚だったので)

電源はどうすればいいのか

歩いてるときにスマホやタブレットのナビアプリを使った事がある方ならお分かりかと思いますが、電池の消耗が激しくなる傾向があります。

肝心な時に電源が落ちて連絡が取れなくなるのも困りますので、充電をしながら使いたいところです。

シガーソケットにさして、USBコードで充電できるシガーソケットチャージャーがあれば、車から降りた後でも安心してスマホ・タブレットを使う事が出来ます。

1000~2000円程度で買えてしまうので、こちらもローコストです。

スタンドとチャージャーってどんなの?

  • 固定アーム式

200-car008_mx

がっちりと固定してくれるので操作する際に安心感がありますね。

また車が段差などを通過した際にも画面ぶれが最小限に抑えられます!

  • フレキシブルアーム型

 

31g2hzyqw-l-_ac_ul320_sr172320_

このタイプは設置場所の制限がある場合に力を発揮します!

自在に動かせるので運転席・助手席のどちらからも操作と見やすさを調整可能です。

  • シガーソケットチャージャー

7110905804_3

スマホのバッテリーだけでナビアプリを動作させているとGPSも使用しますので、バッテリー消費が激しいのでスグに電池切れなんてことも・・・

そこでどんな大概の車に装備されているシガーソケットから充電できる「シガーソケットチャージャー」は必需品でしょう!

スマホ・タブレットをナビとして使った時のメリットとデメリット

必ずしも、スマホやタブレットをナビとして使えばいいと限った訳ではありません。
それぞにメリット・デメリットがあります。

メリット

持ち運びが便利で、セキュリティ面も安心

取り外して簡単に持ち運ぶことが出来、かさばる事もないので面倒が少ないです。

スマホの場合は、常に身に着けている事が多い物なので盗まれる心配もありません。

マップの情報更新や、機器の買い替えの必要がない

元からスマホに入っているナビアプリは、自動的に更新してくれるのでお金がかかる事はありません。

最新のスマホが欲しくて買ったなんて時は話は別ですが、機種変更をしない限りお金はかかりません。

デメリット

スマホ、タブレットの状態よっては使いずらい

機種のスペックや状態にもよりますが、アプリの動きや本体自体の動きが悪く、正確に案内してくれない事があります。

急に通話がかかってきてアプリが見れなくなると言う事も。
ナビアプリでの通信量も、距離が遠ければ遠いほどかかってしまうので注意が必要です。

いつでも操作できてしまうので危険

こればかりは自制心というか、各々の安全意識といえます。

目的地の再設定は一時停止して操作を、通話の際はハンズフリーを使うなどをして、事故に合わないようにする必要があります。

困った時はスマホ・タブレットをナビに!

ここまで、スマホ・タブレットをナビとして使う方法等を紹介してみました!
カーナビを買うか、スマホ・タブレットを使うかで悩まれた方も多いはず。

筆者の経験としては、スマホを使う事をお勧めしたいところです。
なぜなら、スタンドで固定したスマホでYouTubeを見たり(もちろん停車時に)、好きな音楽をパパッと快適に流す事が出来るからです。

ローコストでサクッと快適なカーライフを是非、お手もちのスマホやタブレットで過ごしてみてはいかがでしょうか。

情報まとめ

「スマホやタブレットをカーナビにする方法は?スタンド化がおすすめ?」はいかがでしたか?

今現在、私たちが使用しているスマートフォンやタブレットは高性能ですので大概の事はなんでも出来てしまいます。

スマホなどの利用者が増えたことでPCなどを持たないユーザーが増えているようですが、カーナビでも同じような事が起こっていきそうですね。

普段から車を運転していて、ナビゲーション・テレビ・音楽・DVDなどがっつり利用している人はやはり埋め込み型のカーナビを装着したほうがいいでしょう♪

年に数えるくらいしか遠出しない人はスマホで十分!ポータブルカーナビより個人的におすすめです。

 

自分の使用用途など考えて最適なナビ選びの手助けになれたら嬉しいです♪

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

スマホやタブレットをカーナビにする方法は?スタンド化がおすすめ?

お役立ち情報 ドライブ関係 車用品関係

 

スポンサーリンク

 

車を買った時、カーナビを付けなかった方は多いはず。
道が分からない場所に行った時、「カーナビさえあれば・・・なんて経験はありませんか?
そんな時は、スマホやタブレットのナビアプリを使ってカーナビ代わりにしてしまいましょう。
本記事では、その方法とメリット・デメリットについてご紹介します。

カーナビとは?

img01

説明するまでもないと思いますが、自分の行きたい目的地までのルートを案内してくれる機器の事です。
正式名称は、「カーナビゲーションシステム」と言いいます。

現代の車社会において使っているユーザーは多い一方、カーナビは付けずにオーディオのみを搭載している方も多いようです。

カーナビの種類にはどんなものがあるのか?

カーナビの種類は様々で、はめ込み式の大きなものから、セキュリティ重視で取り外して持ち運び可能なポータブルタイプの2種類が主流となっています。

いずれも、数年たったら買い替え、もしくはデータ更新等の多少の面倒はありますが、正確に目的地まで連れていってくれる賢い機器です。

  • はめ込み式カーナビ

  • ポータブル式カーナビ

navi_04

このように様々な車種な使い方によってユーザーのニーズに合わせてくれます。

またポータブル式では取り外しができるので、動画再生などに利用することも可能になっています。

もっとお手軽に、スマホやタブレットをカーナビにしよう

スポンサーリンク

上記では簡単にカーナビの概要を説明しましたが、ここからが本題で、カーナビを買って取り付けてもらってでは、結構お金がかかってしまいますよね・・・

そこで、お手持ちのスマホやタブレットをカーナビとして使ってみましょう

これなら、非常にローコストで快適なドライブを楽しむことが出来ますので、冒頭で説明した、ポータブル式カーナビに近い感覚です♪

これならセカンドカーなどでカーナビを装着していなくても、何万ものお金払わないで済みますので経済的ですね♪

スマホ・タブレットスタンドを買おう

まずは、カー用品専門店にいってスタンドを買いましょう。
スマホのホルダーに関しては、固定アーム型とフレキシブルアーム型の2種類。
タブレットのホルダーに関しては、固定アームの1種類が主流となっています。
取り付け方法としては、吸盤で取り付けるものが多いです。
どちらも料金的には、1500~4000円が相場です。
横置きタイプと縦置きタイプがありますが、おすすめは横置きタイプです。(個人的に横置きの方がカーナビに近い感覚だったので)

電源はどうすればいいのか

歩いてるときにスマホやタブレットのナビアプリを使った事がある方ならお分かりかと思いますが、電池の消耗が激しくなる傾向があります。

肝心な時に電源が落ちて連絡が取れなくなるのも困りますので、充電をしながら使いたいところです。

シガーソケットにさして、USBコードで充電できるシガーソケットチャージャーがあれば、車から降りた後でも安心してスマホ・タブレットを使う事が出来ます。

1000~2000円程度で買えてしまうので、こちらもローコストです。

スタンドとチャージャーってどんなの?

  • 固定アーム式

200-car008_mx

がっちりと固定してくれるので操作する際に安心感がありますね。

また車が段差などを通過した際にも画面ぶれが最小限に抑えられます!

  • フレキシブルアーム型

 

31g2hzyqw-l-_ac_ul320_sr172320_

このタイプは設置場所の制限がある場合に力を発揮します!

自在に動かせるので運転席・助手席のどちらからも操作と見やすさを調整可能です。

  • シガーソケットチャージャー

7110905804_3

スマホのバッテリーだけでナビアプリを動作させているとGPSも使用しますので、バッテリー消費が激しいのでスグに電池切れなんてことも・・・

そこでどんな大概の車に装備されているシガーソケットから充電できる「シガーソケットチャージャー」は必需品でしょう!

スマホ・タブレットをナビとして使った時のメリットとデメリット

必ずしも、スマホやタブレットをナビとして使えばいいと限った訳ではありません。
それぞにメリット・デメリットがあります。

メリット

持ち運びが便利で、セキュリティ面も安心

取り外して簡単に持ち運ぶことが出来、かさばる事もないので面倒が少ないです。

スマホの場合は、常に身に着けている事が多い物なので盗まれる心配もありません。

マップの情報更新や、機器の買い替えの必要がない

元からスマホに入っているナビアプリは、自動的に更新してくれるのでお金がかかる事はありません。

最新のスマホが欲しくて買ったなんて時は話は別ですが、機種変更をしない限りお金はかかりません。

デメリット

スマホ、タブレットの状態よっては使いずらい

機種のスペックや状態にもよりますが、アプリの動きや本体自体の動きが悪く、正確に案内してくれない事があります。

急に通話がかかってきてアプリが見れなくなると言う事も。
ナビアプリでの通信量も、距離が遠ければ遠いほどかかってしまうので注意が必要です。

いつでも操作できてしまうので危険

こればかりは自制心というか、各々の安全意識といえます。

目的地の再設定は一時停止して操作を、通話の際はハンズフリーを使うなどをして、事故に合わないようにする必要があります。

困った時はスマホ・タブレットをナビに!

ここまで、スマホ・タブレットをナビとして使う方法等を紹介してみました!
カーナビを買うか、スマホ・タブレットを使うかで悩まれた方も多いはず。

筆者の経験としては、スマホを使う事をお勧めしたいところです。
なぜなら、スタンドで固定したスマホでYouTubeを見たり(もちろん停車時に)、好きな音楽をパパッと快適に流す事が出来るからです。

ローコストでサクッと快適なカーライフを是非、お手もちのスマホやタブレットで過ごしてみてはいかがでしょうか。

情報まとめ

「スマホやタブレットをカーナビにする方法は?スタンド化がおすすめ?」はいかがでしたか?

今現在、私たちが使用しているスマートフォンやタブレットは高性能ですので大概の事はなんでも出来てしまいます。

スマホなどの利用者が増えたことでPCなどを持たないユーザーが増えているようですが、カーナビでも同じような事が起こっていきそうですね。

普段から車を運転していて、ナビゲーション・テレビ・音楽・DVDなどがっつり利用している人はやはり埋め込み型のカーナビを装着したほうがいいでしょう♪

年に数えるくらいしか遠出しない人はスマホで十分!ポータブルカーナビより個人的におすすめです。

 

自分の使用用途など考えて最適なナビ選びの手助けになれたら嬉しいです♪

コメントをどうぞ