ハイブリッドとガソリン車の維持費やコストの比較はどっちが安い?

お役立ち情報 車解説&比較 車関係のお金

スポンサーリンク

ここ最近どのメーカーも力を入れて販売しているのがガソリンと電気を融合させた「ハイブリッド車」!!

これまで主流だったガソリン車、これからを担うハイブリッド車。

前者は、環境にあまりよくなくガソリン代も高い・・・。
後者は、環境によく低燃費でガソリン代も安い。

しかし、実際はどうなのでしょうか?ここで徹底解説していきたいと思います。

ハイブリッドとは

種類に異なる2つの物を掛け合わせた物である、とされています。
車の世界では主に、ガソリンエンジンによる駆動・走行機関に、モーターとバッテリーを合わせた物になります。

簡単に言うと、ガソリンエンジンのパワフルな部分と、バッテリー(電気)でモーターを動かす省エネな部分のいいとこどり、と言う事になります。

  • 代表的な車はトヨタ・プリウス

toyota_prius_041

トヨタのプリウスなんかは、よく見かけるのでは?と思います。

街中で見かける車で一番走っているハイブリッド車でしょう!各社ともプリウスを最大のライバルとして開発しています。

ハイブリッド車とガソリン車の違いは?

すでにご存じの方も多いかと思いますが、まず、ハイブリッド車は燃費が良い車が多く同じ車種でも、ガソリン仕様車とハイブリッド仕様車では燃費に差が付きます。

ガソリンを燃やして走るだけの車に比べて、状況に合わせてガソリンとモーターを切り替えてくれる車の方が燃料消費が少ないのです。

初期投資(車体購入時の価格)は高いですが、ハイブリッド車の方がランニングコストが安く済み、エコカー減税などで重量税などが免除になる事もあります。

長い距離を走ったり、車をあまり買い替えない人にはぴったりの車とも言えます。

燃費性能はどうなのか

恐らく、ハイブリッド車を買う時に一番気にする点だと思います。
ここで、ガソリン仕様もハイブリッド仕様も選択できる、ホンダ・フィットで燃費性能の比較を挙げていきます。

まず、ガソリン仕様のフィットの場合、メーカー公表値の燃費は26kmなのに対して、ハイブリッド仕様のフィットの場合、メーカー公表値の燃費は36kmとなっています。

リッターあたり10kmも差があるので、走れば走るほどお得と言う事になります。

もちろん、燃費が良いからといって急加速が多い運転では燃費が低下しまので、真価を発揮させるには優しくアクセルを踏む必要があります。

両者のコスト比較

スポンサーリンク

ここまで見れば、ハイブリッドに軍配が上がるのでは?と思いますが、更に詳しく、燃費以外の所にも焦点を当てて見ていきたいと思います。

比較対象車は、上記同様ホンダ・フィットになります。

車体価格

ガソリン仕様車では約130万円、ハイブリッド仕様車では約170万円と、約40万円の差が付いています。

車体価格だけで言えば、ガソリン仕様車の方が安いです。

バッテリーやハイブリッドシステム搭載しているのでしょうがないですね。

燃費

一番差が付きやすい、燃費についてです。

両者間の燃費の差は前述した通り、燃費10kmの差があります。

ガソリン仕様車で100km走る場合
ガソリンは約4リッター必要で、456円分の給油が必要。

ハイブリッド仕様車で100km走る場合、
ガソリンは約3リッター必要で、342円分の給油が必要となります。

金額的な差で言うと、約115円もの差があるので、年間額で言うと結構な額になります。
言わずもがな、燃費はハイブリッド仕様車の方が上です。

修理費

車に乗っていて切っても離せないのが修理費。
こればかりはどんな車でもかかってしまうものです。

ガソリン車の場合は、ハイブリッド車に比べて部品点数が少ない、つまり修理をする時にかかるお金が少なく済みます。

ハイブリッド車の場合は、モーターやバッテリーなどの部品が増えたため、その部分で修理が必要になると、どうしてもガソリン車よりお金がかかってしまいます。

故障の仕方にもよりますが、ハイブリッド車の方が割高になるケースが多いです。

両者の他の特徴

ガソリン車は、アクセルを踏んだ時の加速が良いので、「運転してる感じ」がハイブリッドに比べて強いです。
高速道路での高速走行の時が一番わかりやすいと思います。

ハイブリッド車は、一般道や裏道などで低速走行の時は非常に静かで、もちろん高速走行の時も騒音が少ないので会話もしやすいです。

車種によっては、ブレーキを踏んだ時のエネルギーを利用してバッテリーを充電してくれる物もあります。

結局、元は取れるのか?お得なのか?

ここまで、ガソリン車とハイブリッド車の違いや特徴などを挙げましたが、いかがでしょうか?

最近販売されている車を見てみると、ハイブリッド車がメインになってきていますが、決してガソリン車が衰退している訳ではありません。

ガソリン車でも低燃費の車が出てきているので、一概にハイブリッド車のほうがいいと言える訳でもありません。

より環境に配慮し、クリーンガスで長い距離を走りたいのであればハイブリッド車を選択して、走る事が好きで、とにかく楽しみたい人はガソリン車に乗るのがベストかと思います。

なにより、車を買ったら長く大切に乗り続けて、修理してもダメになったら乗り換える事が一番のエコなのではないかと思います。

情報まとめ

「ハイブリッドは元が取れない?ガソリン車とのコスト比較」はいかがでしたか?

最近はハイブリッドに限らず、クリーンディーゼル・電気自動車・プラグインハイブリッド・ダウンサイジングターボなど様々な環境に優しい車が開発・販売されています。

自分の用途によってこれらの車を購入すれば、ガソリン車よりもメリットが多数あると思います。

これからガソリン車に置き換わるくらいの勢いで販売台数が増えていくと予想されます♪

スポンサードリンク

“ハイブリッドとガソリン車の維持費やコストの比較はどっちが安い?” への3件のフィードバック

  1. 車体価格の差 約40万円
    燃費の差 約115円/100km
    エコカー減税等の差 約10万円
    (次年度自動車税・初回車検時重量税減免含むどんぶり勘定)

    この条件で計算すると、26万km以上
    走らないと元が取れないことになります。

    事業用自動車や営業車じゃないかぎり、
    現実的な数字では無いですね。

    よってハイブリッド車は、元が取れないと
    思います。

    1. ハイブリッドで元を取ろうとして乗ると割りにあわないことが多いですね。単純に燃費が良くて維持費を抑えたいのであればミライースなどで十分ですから!
      26万キロは一ヶ月2000キロ走行で10年ですから、そんなにクルマ普通の人は乗らないので確かに現実的ではないですね。

      1. 静粛性・環境性能・先進技術にこだわる方は、ハイブリッド車がいいですね。

        私は雪道走破性重視で、次こそは4WDにします。

        カミさんが許せば…

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

ハイブリッドとガソリン車の維持費やコストの比較はどっちが安い?

お役立ち情報 車解説&比較 車関係のお金

スポンサーリンク

ここ最近どのメーカーも力を入れて販売しているのがガソリンと電気を融合させた「ハイブリッド車」!!

これまで主流だったガソリン車、これからを担うハイブリッド車。

前者は、環境にあまりよくなくガソリン代も高い・・・。
後者は、環境によく低燃費でガソリン代も安い。

しかし、実際はどうなのでしょうか?ここで徹底解説していきたいと思います。

ハイブリッドとは

種類に異なる2つの物を掛け合わせた物である、とされています。
車の世界では主に、ガソリンエンジンによる駆動・走行機関に、モーターとバッテリーを合わせた物になります。

簡単に言うと、ガソリンエンジンのパワフルな部分と、バッテリー(電気)でモーターを動かす省エネな部分のいいとこどり、と言う事になります。

  • 代表的な車はトヨタ・プリウス

toyota_prius_041

トヨタのプリウスなんかは、よく見かけるのでは?と思います。

街中で見かける車で一番走っているハイブリッド車でしょう!各社ともプリウスを最大のライバルとして開発しています。

ハイブリッド車とガソリン車の違いは?

すでにご存じの方も多いかと思いますが、まず、ハイブリッド車は燃費が良い車が多く同じ車種でも、ガソリン仕様車とハイブリッド仕様車では燃費に差が付きます。

ガソリンを燃やして走るだけの車に比べて、状況に合わせてガソリンとモーターを切り替えてくれる車の方が燃料消費が少ないのです。

初期投資(車体購入時の価格)は高いですが、ハイブリッド車の方がランニングコストが安く済み、エコカー減税などで重量税などが免除になる事もあります。

長い距離を走ったり、車をあまり買い替えない人にはぴったりの車とも言えます。

燃費性能はどうなのか

恐らく、ハイブリッド車を買う時に一番気にする点だと思います。
ここで、ガソリン仕様もハイブリッド仕様も選択できる、ホンダ・フィットで燃費性能の比較を挙げていきます。

まず、ガソリン仕様のフィットの場合、メーカー公表値の燃費は26kmなのに対して、ハイブリッド仕様のフィットの場合、メーカー公表値の燃費は36kmとなっています。

リッターあたり10kmも差があるので、走れば走るほどお得と言う事になります。

もちろん、燃費が良いからといって急加速が多い運転では燃費が低下しまので、真価を発揮させるには優しくアクセルを踏む必要があります。

両者のコスト比較

スポンサーリンク

ここまで見れば、ハイブリッドに軍配が上がるのでは?と思いますが、更に詳しく、燃費以外の所にも焦点を当てて見ていきたいと思います。

比較対象車は、上記同様ホンダ・フィットになります。

車体価格

ガソリン仕様車では約130万円、ハイブリッド仕様車では約170万円と、約40万円の差が付いています。

車体価格だけで言えば、ガソリン仕様車の方が安いです。

バッテリーやハイブリッドシステム搭載しているのでしょうがないですね。

燃費

一番差が付きやすい、燃費についてです。

両者間の燃費の差は前述した通り、燃費10kmの差があります。

ガソリン仕様車で100km走る場合
ガソリンは約4リッター必要で、456円分の給油が必要。

ハイブリッド仕様車で100km走る場合、
ガソリンは約3リッター必要で、342円分の給油が必要となります。

金額的な差で言うと、約115円もの差があるので、年間額で言うと結構な額になります。
言わずもがな、燃費はハイブリッド仕様車の方が上です。

修理費

車に乗っていて切っても離せないのが修理費。
こればかりはどんな車でもかかってしまうものです。

ガソリン車の場合は、ハイブリッド車に比べて部品点数が少ない、つまり修理をする時にかかるお金が少なく済みます。

ハイブリッド車の場合は、モーターやバッテリーなどの部品が増えたため、その部分で修理が必要になると、どうしてもガソリン車よりお金がかかってしまいます。

故障の仕方にもよりますが、ハイブリッド車の方が割高になるケースが多いです。

両者の他の特徴

ガソリン車は、アクセルを踏んだ時の加速が良いので、「運転してる感じ」がハイブリッドに比べて強いです。
高速道路での高速走行の時が一番わかりやすいと思います。

ハイブリッド車は、一般道や裏道などで低速走行の時は非常に静かで、もちろん高速走行の時も騒音が少ないので会話もしやすいです。

車種によっては、ブレーキを踏んだ時のエネルギーを利用してバッテリーを充電してくれる物もあります。

結局、元は取れるのか?お得なのか?

ここまで、ガソリン車とハイブリッド車の違いや特徴などを挙げましたが、いかがでしょうか?

最近販売されている車を見てみると、ハイブリッド車がメインになってきていますが、決してガソリン車が衰退している訳ではありません。

ガソリン車でも低燃費の車が出てきているので、一概にハイブリッド車のほうがいいと言える訳でもありません。

より環境に配慮し、クリーンガスで長い距離を走りたいのであればハイブリッド車を選択して、走る事が好きで、とにかく楽しみたい人はガソリン車に乗るのがベストかと思います。

なにより、車を買ったら長く大切に乗り続けて、修理してもダメになったら乗り換える事が一番のエコなのではないかと思います。

情報まとめ

「ハイブリッドは元が取れない?ガソリン車とのコスト比較」はいかがでしたか?

最近はハイブリッドに限らず、クリーンディーゼル・電気自動車・プラグインハイブリッド・ダウンサイジングターボなど様々な環境に優しい車が開発・販売されています。

自分の用途によってこれらの車を購入すれば、ガソリン車よりもメリットが多数あると思います。

これからガソリン車に置き換わるくらいの勢いで販売台数が増えていくと予想されます♪

“ハイブリッドとガソリン車の維持費やコストの比較はどっちが安い?” への3件のフィードバック

  1. 車体価格の差 約40万円
    燃費の差 約115円/100km
    エコカー減税等の差 約10万円
    (次年度自動車税・初回車検時重量税減免含むどんぶり勘定)

    この条件で計算すると、26万km以上
    走らないと元が取れないことになります。

    事業用自動車や営業車じゃないかぎり、
    現実的な数字では無いですね。

    よってハイブリッド車は、元が取れないと
    思います。

    1. ハイブリッドで元を取ろうとして乗ると割りにあわないことが多いですね。単純に燃費が良くて維持費を抑えたいのであればミライースなどで十分ですから!
      26万キロは一ヶ月2000キロ走行で10年ですから、そんなにクルマ普通の人は乗らないので確かに現実的ではないですね。

      1. 静粛性・環境性能・先進技術にこだわる方は、ハイブリッド車がいいですね。

        私は雪道走破性重視で、次こそは4WDにします。

        カミさんが許せば…

コメントをどうぞ