黄色信号は進んでもいいの?止まらなかった場合の罰金は?

お役立ち情報 トラブル解決 車関係のお金

スポンサーリンク

青信号は「進め」、赤信号は「止まれ」、黄色は「注意」なんて子供の頃に習いますが、黄色信号は一体「進め」と「止まれ」のどっちなの?

と疑問に思った人もおられるのではないでしょうか。

もし止まらなかったら違反?違反だったら罰金?気になってしまいますよね…

 

黄色信号は急いで進め?

021220ee390fa17f85368bd45aa78070_s

結論から先に言うと、黄色は「止まれ」であって「急いで進め」ではありません。

多くのドライバーは黄色になった途端急いで進もうとしますが、実はきちんとした交通ルールに当てはめると間違っていると言えるのです。

 

気持ちや時間に余裕がある時には黄色で止まるということもあるかと思います。

しかし、逆に時間にあまり余裕がないような場合、黄色信号であれば逆に加速するという人も多いのではないでしょうか。

 

まずは時間にゆとりを持つことを心がけるようにして、安全な運転をするようにしましょう。

それに、黄色信号を進んだからと言って到着時間が大幅に変わるわけではありません。事故や違反のリスクを考えると大きな代償になるかもしれません。

「交通違反の違反切符の違いと種類は?白・青・赤の罰金の金額や反則は?」

 

認識を間違ってはいけない信号機の色

 

どうせなので、信号機のきちんとした定義を覚えておきましょう。

 

  • 青色信号進んでも良い
  • 赤色信号停止位置を越えて進んではならない

 

ここまでは教習所で習っているからよく覚えていると思います。

しかし、多くのドライバーは黄色信号に関して忘れがちになっているかもしれません。

 

  • 黄色信号…停止位置を越えて進んではならないが、安全に停止できない場合に限って進むことが出来る

 

また、ついでに点滅信号の場合も見てみましょう。

 

  • 赤色点滅信号停止位置で一時停止して、安全確認後に進むことが出来る(一時停止の標識と同じ)
  • 黄色点滅信号…他の交通に注意して進むことが出来る

 

このようになっています。

 

つまり、黄色信号は基本的に停止しなければなりません。

 

黄色信号での信号無視は違反になるの?

e50b7d7ec6725595e5aabf46a79364bd_s

安全に停止できるにも関わらず、停止位置を越えて進んでしまった場合は捕まってしまう可能性があります。

その時に適用されるのは「信号無視」となります。

 

因みに、道路交通法での規定は以下のようになります。

 

道路交通法第七条(信号機の信号等に従う義務)

 

第七条 道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等(前条第一項後段の場合においては、当該手信号等)に従わなければならない。

 

道路交通法施行令第二条(信号の意味など)「黄色の灯火」二の項

 

 車両及び路面電車(以下この表において「車両等」という。)は、停止位置をこえて進行してはならないこと。ただし、黄色の灯火の信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除く。

 

つまり、黄色信号でも捕まってしまう恐れが十分あるということです。

スポンサーリンク

止まらなかった場合の罰金はどうなるの?

 

「信号無視」の違反ですが、

 

  • 故意の場合…懲役3ヶ月以下または5万円以下の罰金
  • 過失の場合…罰金10万円以下

 

となっています。

これだけを見ていると故意の時の方が過失時よりも刑が軽いように見えます。

しかし、過失であれば罰金刑が適用されて罰金を支払うだけなのに対して、故意だと判断された場合には懲役刑が適用となってしまうのです。

 

しかし、信号無視は交通反則通告規則が適用されるため、違反点数2点、反則金は普通車の場合で9,000円となっています。因みに反則金の金額は、車の区分によって異なるため、以下に一覧としてまとめました。

 

信号無視(赤色など)の場合の反則金一覧

 

  • 大型車…12,000円
  • 普通車…9,000円
  • 二輪車…7,000円
  • 小型特殊車…6,000円
  • 原付…6,000円

 

では、点滅信号の信号無視の場合はどのようになっているのでしょうか?

 

信号無視(点滅信号)の場合の反則金一覧

 

  • 大型車…9,000円
  • 普通車…7,000円
  • 二輪車…6,000円
  • 小型特殊車…5,000円
  • 原付…5,000円

 

このようになっています。

たかが信号無視だからといって侮っていると反則金も高くついてしまいますし、何より大きな事故に繋がってしまう恐れもあるのです。

 

黄色信号で捕まらないようにするために

「黄色信号は進んでもいいの?止まらなかった場合の罰金は?」はいかがでしたか?

黄色信号で信号無視が適用されてしまうと、扱いは赤信号と変わりません。ですから、まずは止まれるのであれば黄色であっても停止位置でしっかり止まるように心がけましょう。実際に黄色信号で止まらなかったために起こってしまった事故というのもあり、死亡事故だったため多額の賠償を求められたようです。

 

ですから、日ごろの安全運転と正しい交通ルールを身につけておくということが肝心だと言えます。

 

しかしながら、黄色信号というのは見極めが難しくグレーな部分も多いと思います。捕まってしまった後で警察の判断に納得が出来ないとならないよう、ドライブレコーダーを取り付けておいた方が賢明かもしれません。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

黄色信号は進んでもいいの?止まらなかった場合の罰金は?

お役立ち情報 トラブル解決 車関係のお金

スポンサーリンク

青信号は「進め」、赤信号は「止まれ」、黄色は「注意」なんて子供の頃に習いますが、黄色信号は一体「進め」と「止まれ」のどっちなの?

と疑問に思った人もおられるのではないでしょうか。

もし止まらなかったら違反?違反だったら罰金?気になってしまいますよね…

 

黄色信号は急いで進め?

021220ee390fa17f85368bd45aa78070_s

結論から先に言うと、黄色は「止まれ」であって「急いで進め」ではありません。

多くのドライバーは黄色になった途端急いで進もうとしますが、実はきちんとした交通ルールに当てはめると間違っていると言えるのです。

 

気持ちや時間に余裕がある時には黄色で止まるということもあるかと思います。

しかし、逆に時間にあまり余裕がないような場合、黄色信号であれば逆に加速するという人も多いのではないでしょうか。

 

まずは時間にゆとりを持つことを心がけるようにして、安全な運転をするようにしましょう。

それに、黄色信号を進んだからと言って到着時間が大幅に変わるわけではありません。事故や違反のリスクを考えると大きな代償になるかもしれません。

「交通違反の違反切符の違いと種類は?白・青・赤の罰金の金額や反則は?」

 

認識を間違ってはいけない信号機の色

 

どうせなので、信号機のきちんとした定義を覚えておきましょう。

 

  • 青色信号進んでも良い
  • 赤色信号停止位置を越えて進んではならない

 

ここまでは教習所で習っているからよく覚えていると思います。

しかし、多くのドライバーは黄色信号に関して忘れがちになっているかもしれません。

 

  • 黄色信号…停止位置を越えて進んではならないが、安全に停止できない場合に限って進むことが出来る

 

また、ついでに点滅信号の場合も見てみましょう。

 

  • 赤色点滅信号停止位置で一時停止して、安全確認後に進むことが出来る(一時停止の標識と同じ)
  • 黄色点滅信号…他の交通に注意して進むことが出来る

 

このようになっています。

 

つまり、黄色信号は基本的に停止しなければなりません。

 

黄色信号での信号無視は違反になるの?

e50b7d7ec6725595e5aabf46a79364bd_s

安全に停止できるにも関わらず、停止位置を越えて進んでしまった場合は捕まってしまう可能性があります。

その時に適用されるのは「信号無視」となります。

 

因みに、道路交通法での規定は以下のようになります。

 

道路交通法第七条(信号機の信号等に従う義務)

 

第七条 道路を通行する歩行者又は車両等は、信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等(前条第一項後段の場合においては、当該手信号等)に従わなければならない。

 

道路交通法施行令第二条(信号の意味など)「黄色の灯火」二の項

 

 車両及び路面電車(以下この表において「車両等」という。)は、停止位置をこえて進行してはならないこと。ただし、黄色の灯火の信号が表示された時において当該停止位置に近接しているため安全に停止することができない場合を除く。

 

つまり、黄色信号でも捕まってしまう恐れが十分あるということです。

スポンサーリンク

止まらなかった場合の罰金はどうなるの?

 

「信号無視」の違反ですが、

 

  • 故意の場合…懲役3ヶ月以下または5万円以下の罰金
  • 過失の場合…罰金10万円以下

 

となっています。

これだけを見ていると故意の時の方が過失時よりも刑が軽いように見えます。

しかし、過失であれば罰金刑が適用されて罰金を支払うだけなのに対して、故意だと判断された場合には懲役刑が適用となってしまうのです。

 

しかし、信号無視は交通反則通告規則が適用されるため、違反点数2点、反則金は普通車の場合で9,000円となっています。因みに反則金の金額は、車の区分によって異なるため、以下に一覧としてまとめました。

 

信号無視(赤色など)の場合の反則金一覧

 

  • 大型車…12,000円
  • 普通車…9,000円
  • 二輪車…7,000円
  • 小型特殊車…6,000円
  • 原付…6,000円

 

では、点滅信号の信号無視の場合はどのようになっているのでしょうか?

 

信号無視(点滅信号)の場合の反則金一覧

 

  • 大型車…9,000円
  • 普通車…7,000円
  • 二輪車…6,000円
  • 小型特殊車…5,000円
  • 原付…5,000円

 

このようになっています。

たかが信号無視だからといって侮っていると反則金も高くついてしまいますし、何より大きな事故に繋がってしまう恐れもあるのです。

 

黄色信号で捕まらないようにするために

「黄色信号は進んでもいいの?止まらなかった場合の罰金は?」はいかがでしたか?

黄色信号で信号無視が適用されてしまうと、扱いは赤信号と変わりません。ですから、まずは止まれるのであれば黄色であっても停止位置でしっかり止まるように心がけましょう。実際に黄色信号で止まらなかったために起こってしまった事故というのもあり、死亡事故だったため多額の賠償を求められたようです。

 

ですから、日ごろの安全運転と正しい交通ルールを身につけておくということが肝心だと言えます。

 

しかしながら、黄色信号というのは見極めが難しくグレーな部分も多いと思います。捕まってしまった後で警察の判断に納得が出来ないとならないよう、ドライブレコーダーを取り付けておいた方が賢明かもしれません。

コメントをどうぞ