自動車のヘッドライト自動点灯が義務化される理由は?オートライトの仕組みと構造は?

お役立ち情報 ドライブ関係 車ニュース

スポンサーリンク

周囲が暗くなったら状況に合わせてポジション・ヘッドライトの点灯をしますよね。

自分が見やすくなるだけではなく、歩行者・自転車・他のクルマが自分の車を確認しやすくなるので、事故を未然に防ぐ意味でヘッドライトは重要になっています。

しかし周囲が薄暗くてもヘッドライト・ポジションを点灯させないで走行しているクルマが多いのが現状・・・・

事故を減らすために、2020年度(平成32年度以降)から販売される新車に対してヘッドライトの「自動点灯(オートライト)」の義務化がスタートします!

今回は義務化によって事故は減るのか情報まとめてみました。

ヘッドライト自動点灯(オートライト)ってなに?

yougo_auto-light

今現在、この機能が搭載されているクルマは公道で3割程度といわれています。

オートライトは自動車に搭載された光センサーが、周囲の明るさを判断してポジションもしくはヘッドライトを自動点灯・消灯してくれる機能です!

管理人のクルマにも搭載されていて、レバーをAUTOに合わせておくだけで操作の必要がないので楽です♪

特にトンネルが続く道でも勝手にオンオフしてくれるので安全面や利便性が高い!

またオートライト機能ONの時は、エンジン切ると消灯するのでバッテリー上がり防止にも役立ちます♪

2020年義務化ではどう変わるの?

まず今回の対象となるクルマは、

  • 2020年4月以降に販売される新型の乗用車
  • 2021年4月以降に販売される大型車

から適用になりますので、これ以降の車には必ず自動点灯(オートライト)が装備されるようになります。

この新基準で今までと違う点は、昼間・停車中は除いて夕暮れ時や夜間では、運転手によるヘッドライトオフができなくなります!

今現在は、OFF・ポジション・AUTO・ヘッドライトの操作項目がありましたが、2020年以降の義務化ではOFFの操作項目がなくなるようになります。

また感度設定は、日没後15分前後1000ルクス未満になったら2秒以内に自動点灯される仕組みになります!

このように自動車・歩行者の安全を守るための法改正は大歓迎です♪

近年では、クルマのメーター自発光式になっておりヘッドライト点灯していなくても明るいものが多くなっているのも、夕暮れ時の点灯率に影響があると思います。

国道などでは周囲が明るいのでドライバー自身が気づかないで走行しちゃってるかもしれませんね。

夕暮れ時は事故が多い!?

ame_shizumiyukut_tp_v

歩行者が巻き込まれる事故で死亡された人を調べた結果。65歳以上が70%を占めるという調査報告があがっています。

また事故発生時の時間を調べたところ、一年を通して日没後の時間帯に集中していることも判明しています!今回の義務化では運転手が歩行者早期発見の目的は勿論ですが、それよりも歩行者がクルマの存在に気づきやすくする目的もありますね。

  • 周りも点灯させてないからいいや
  • 完全に暗くないから見えるので運転できる
  • スモールで十分

などと考えて日没しても暫くヘッドライト点けなかったりしていませんか?ですが自動車・歩行者の両方がお互いの存在に気づければ事故の確率も低くなるでしょうね♪

また最近ではハイビーム走行が安全などと話題があったりしました。

管理人は対向車がいない場合に限りハイビームは安全なのでしょうが、街中や頻繁に対向車が来る状況では切り替え操作が忙しくなり事故につながると思います!

スポンサーリンク

外車は日本に比べてヘッドライト事情が進んでる!

mercedes-benz-e-class_w213_multibeamled_814x443_10-2015

最新のメルセデスベンツ・BMW・アウディなどの外車ではヘッドライトにOFF機能が存在していない車種が多数あります。

オートライトの感度も日本に比べて敏感に設定されているので、少し暗くなったらポジションまたはヘッドライトが点灯する!

また各社ともにより安全なナイトドライブを実現するために新技術を投入しているのも特徴でしょう♪

進化するLEDヘッドライト

メルセデスベンツ新型Eクラスに搭載されている「マルチビームLEDヘッドライト」は、片側84個のLEDを搭載されたステレオカメラによって道路状況を把握して常に最適な視界を保ちます!!

前を走る車やバイクなどにはハイビーム当てないでその他は常にハイビームですので、かなりの安全が確保されます。

 

またアウディはこの個別LED制御を採用した初めての会社になっていて、10億パターンの配光が可能なマトリックスLEDライト」を採用する車が増えています。

これの登場によって各社とも最新技術を投入したものを採用するようになり、性能もどんどん向上しています!!

BMWはレーザーを利用!?

feature03_img1

ベンツ・アウディがLEDを採用しているのですが、BMWが採用したのはなんと「レーザーライト」!

LEDより更に明るく・省エネ・小型化などが特徴です。

照射距離は2倍と圧倒的な視界確保を実現していて、ユニットも小型ですのでヘッドライトのデザインも自由度が高くなるとのことです。

しかしまだ普及していませんので価格はi8で85万円のプライス!

情報まとめ

「自動車のヘッドライト自動点灯が義務化される理由は?オートライトの仕組みと構造は?」はいかがでしたか?

今後は自動点灯が標準装備になることで、事故は確実に減少されると管理人は思います!飛び出しなどもライトが点いていれば車の接近に気づきます。

また黒っぽい服装の歩行者も見つけやすくなり事故回避の確率も上がります!

上記のLEDやレーザーを使った最新技術は日本車でも採用されていますが、やはりベンツ・アウディ・BMEと比べると遅れている感じが否めません・・・

クラウンやレクサスの一部にはハイビームの制御が入っているものがありますが、基本的にハイロー自動切換え対応車のほうが多いのでコストが下がってきたら大衆車にも採用が進むでしょう。

ヘッドライト自動点灯の義務化の2020年まであと3年半の間に、日本車でもハイビーム関連の技術がどんどん採用されるといいですね♪

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

自動車のヘッドライト自動点灯が義務化される理由は?オートライトの仕組みと構造は?

お役立ち情報 ドライブ関係 車ニュース

スポンサーリンク

周囲が暗くなったら状況に合わせてポジション・ヘッドライトの点灯をしますよね。

自分が見やすくなるだけではなく、歩行者・自転車・他のクルマが自分の車を確認しやすくなるので、事故を未然に防ぐ意味でヘッドライトは重要になっています。

しかし周囲が薄暗くてもヘッドライト・ポジションを点灯させないで走行しているクルマが多いのが現状・・・・

事故を減らすために、2020年度(平成32年度以降)から販売される新車に対してヘッドライトの「自動点灯(オートライト)」の義務化がスタートします!

今回は義務化によって事故は減るのか情報まとめてみました。

ヘッドライト自動点灯(オートライト)ってなに?

yougo_auto-light

今現在、この機能が搭載されているクルマは公道で3割程度といわれています。

オートライトは自動車に搭載された光センサーが、周囲の明るさを判断してポジションもしくはヘッドライトを自動点灯・消灯してくれる機能です!

管理人のクルマにも搭載されていて、レバーをAUTOに合わせておくだけで操作の必要がないので楽です♪

特にトンネルが続く道でも勝手にオンオフしてくれるので安全面や利便性が高い!

またオートライト機能ONの時は、エンジン切ると消灯するのでバッテリー上がり防止にも役立ちます♪

2020年義務化ではどう変わるの?

まず今回の対象となるクルマは、

  • 2020年4月以降に販売される新型の乗用車
  • 2021年4月以降に販売される大型車

から適用になりますので、これ以降の車には必ず自動点灯(オートライト)が装備されるようになります。

この新基準で今までと違う点は、昼間・停車中は除いて夕暮れ時や夜間では、運転手によるヘッドライトオフができなくなります!

今現在は、OFF・ポジション・AUTO・ヘッドライトの操作項目がありましたが、2020年以降の義務化ではOFFの操作項目がなくなるようになります。

また感度設定は、日没後15分前後1000ルクス未満になったら2秒以内に自動点灯される仕組みになります!

このように自動車・歩行者の安全を守るための法改正は大歓迎です♪

近年では、クルマのメーター自発光式になっておりヘッドライト点灯していなくても明るいものが多くなっているのも、夕暮れ時の点灯率に影響があると思います。

国道などでは周囲が明るいのでドライバー自身が気づかないで走行しちゃってるかもしれませんね。

夕暮れ時は事故が多い!?

ame_shizumiyukut_tp_v

歩行者が巻き込まれる事故で死亡された人を調べた結果。65歳以上が70%を占めるという調査報告があがっています。

また事故発生時の時間を調べたところ、一年を通して日没後の時間帯に集中していることも判明しています!今回の義務化では運転手が歩行者早期発見の目的は勿論ですが、それよりも歩行者がクルマの存在に気づきやすくする目的もありますね。

  • 周りも点灯させてないからいいや
  • 完全に暗くないから見えるので運転できる
  • スモールで十分

などと考えて日没しても暫くヘッドライト点けなかったりしていませんか?ですが自動車・歩行者の両方がお互いの存在に気づければ事故の確率も低くなるでしょうね♪

また最近ではハイビーム走行が安全などと話題があったりしました。

管理人は対向車がいない場合に限りハイビームは安全なのでしょうが、街中や頻繁に対向車が来る状況では切り替え操作が忙しくなり事故につながると思います!

スポンサーリンク

外車は日本に比べてヘッドライト事情が進んでる!

mercedes-benz-e-class_w213_multibeamled_814x443_10-2015

最新のメルセデスベンツ・BMW・アウディなどの外車ではヘッドライトにOFF機能が存在していない車種が多数あります。

オートライトの感度も日本に比べて敏感に設定されているので、少し暗くなったらポジションまたはヘッドライトが点灯する!

また各社ともにより安全なナイトドライブを実現するために新技術を投入しているのも特徴でしょう♪

進化するLEDヘッドライト

メルセデスベンツ新型Eクラスに搭載されている「マルチビームLEDヘッドライト」は、片側84個のLEDを搭載されたステレオカメラによって道路状況を把握して常に最適な視界を保ちます!!

前を走る車やバイクなどにはハイビーム当てないでその他は常にハイビームですので、かなりの安全が確保されます。

 

またアウディはこの個別LED制御を採用した初めての会社になっていて、10億パターンの配光が可能なマトリックスLEDライト」を採用する車が増えています。

これの登場によって各社とも最新技術を投入したものを採用するようになり、性能もどんどん向上しています!!

BMWはレーザーを利用!?

feature03_img1

ベンツ・アウディがLEDを採用しているのですが、BMWが採用したのはなんと「レーザーライト」!

LEDより更に明るく・省エネ・小型化などが特徴です。

照射距離は2倍と圧倒的な視界確保を実現していて、ユニットも小型ですのでヘッドライトのデザインも自由度が高くなるとのことです。

しかしまだ普及していませんので価格はi8で85万円のプライス!

情報まとめ

「自動車のヘッドライト自動点灯が義務化される理由は?オートライトの仕組みと構造は?」はいかがでしたか?

今後は自動点灯が標準装備になることで、事故は確実に減少されると管理人は思います!飛び出しなどもライトが点いていれば車の接近に気づきます。

また黒っぽい服装の歩行者も見つけやすくなり事故回避の確率も上がります!

上記のLEDやレーザーを使った最新技術は日本車でも採用されていますが、やはりベンツ・アウディ・BMEと比べると遅れている感じが否めません・・・

クラウンやレクサスの一部にはハイビームの制御が入っているものがありますが、基本的にハイロー自動切換え対応車のほうが多いのでコストが下がってきたら大衆車にも採用が進むでしょう。

ヘッドライト自動点灯の義務化の2020年まであと3年半の間に、日本車でもハイビーム関連の技術がどんどん採用されるといいですね♪

 

コメントをどうぞ