車検は通る?引っ張りタイヤの意味と適正空気圧やメリット・デメリットは?

お役立ち情報 カスタム トラブル解決

スポンサーリンク

ホイールよりも細めのタイヤを履かせて、フェンダーとのツライチを狙える、通称「引っ張りタイヤ」
見た目もさることながら、車高を落としやすくなるなどのメリットが。

車検は通るのか?安全性はどうなるのか?適正空気圧はどうなるのか?
人で比喩割すると、タイヤは靴。

安全のキモの一つでもあるタイヤなので、皆さんの安全の為にもここで解説していきます。

引っ張りタイヤの概要

67e9673d22

引っ張りタイヤってなに?って人の為にも、まずはどういうものなのかを簡単に説明すると。
「ホイールの適正サイズ(太さ)よりも細いタイヤを履かせる」
と言う事になります。

何のために引っ張りタイヤをするのかと言うと、主に、

・見た目をカッコよくしたい(車高を落としやすくしたい)
・車高を落としたときにフェンダーの干渉を抑えたい

上記の2つになります。

見栄えが云々もありますが、サーキットや峠(今では厳しい)でスポーツ走行をする為に引っ張りタイヤにする人もいます。

メリットは?

概要にあったように、まず、見た目がかっこよくなる事と、フェンダーへの干渉を抑える事が可能!
引っ張りタイヤをしたい!と思う人ってスポーツカーやセダンに乗ってる人が多いと思います。

見た目は大事ですよね!筆者もセリカST202に乗っていたことがあるので、見た目にはすごくこだわってました。(引っ張りタイヤは経験無しですが汗)
スポーツ走行が好きな人も、フェンダーへの干渉がないので引っ張りタイヤにしたいのではないでしょうか。

実は、もう一つメリットがあるのです。

それは、安価に低扁平のタイヤにすることが出来る事です。
低扁平になることによってタイヤは薄くなり、タイヤに対するハンドルの反応がピーキーになり、クイックなハンドリングが可能となります。
また、タイヤのしなりが無くなるのでハイパワーな加速が可能となります。

ちょっと怖いデメリット

引っ張りタイヤにも当然デメリットはあります。

まず、適正サイズのタイヤではないので、タイヤの空気圧は高気圧でないといけません。
高空気圧で無理矢理タイヤとホイールをくっつけているので、空気圧が下がってしまうとタイヤが外れてしまう事があります。

出先や運転中に外れる、なんて最悪の事態が発生するかもしれません・・・。
更に、高空気圧によるタイヤの膨張が原因でバーストしてしまう可能性もあります。

もう一つ挙げるとすれば、ハンドルが重くなる事があります。
クイックなハンドリングが可能となる反面、ハンドルを回す時に今までよりも力が必要に・・・。
女性や力の少ない方にとっては少しネックですね。

適正空気圧は?

スポンサーリンク

引っ張りタイヤにする上で重要な「適正空気圧」
この加減を間違えるだけで、タイヤがバーストしたり外れたりする原因に繋がるので注意が必要です。

とてもベタな数値を挙げると、3キロ前後の空気圧でOKです。
ただし、2キロまで下がってしまうとタイヤが外れてしまい、4キロ近くまで上がってしまうとタイヤがグリップしなくなります。

狙い目は、2.7キロから3.3キロ、プラマイ0.3キロ程度を目安にしてください。
タイヤは高速回転中に空気が膨張するので、その分のマージンを考えるとこのぐらいが適正なのです。

一般的な空気圧は2キロ程度ですが、引っ張りタイヤの場合はここまで違ってくるのです。
適正空気圧を維持することもモチロン大事なので、定期的にチェックするようにしましょう。

できれば半月からひと月に一度はチェックして、特に季節の変わり目は増減が激しいので要注意です。

車検は通るの?

9i2a1476-1
引用元http://www.automesseweb.jp/wp-content/uploads/2016/02/9I2A1476-1-160×160.jpg

ここで肝心の、車検に通るか否かと言う事ですが・・・。
ほぼ通ります。としか言えません汗

まず、車検の規定には「タイヤとホイールの組み合わせでの幅は決まっていない」のです。
一番重要なのは、車体からタイヤがはみ出ないことなので、あとは車検当日の検査員の個人差によりけり。
検査員が「危ないねぇ、これはダメ!」と判断すればそれまでです・・・。

極端な引っ張りでなければ通らない事はないと思います。
筆者の知人が引っ張りタイヤで車検を受けた時、特に問題無く通ったのでほぼ問題はないかと思います。

合わせて読みたいカスタムに関する記事!

「キャンバー角・ネガティブ・ポジティブの意味は?違いと調節のやり方・メリット・デメリットは?」

インチアップのメリット・デメリットは?乗り心地や料金はどう?

調整しないと最悪事故!ホイールバランスの重要性と平均的な料金は?

 

最後に・・・

「車検は通る?引っ張りタイヤの意味と適正空気圧やメリット・デメリットは?」は参考になりましたか?

車の見た目、非常に気にかけて色々イジってしまいますよね。
本記事の場合では引っ張りタイヤをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

車好きの筆者としても、とても魅力的なチューンですが、危険を伴うものなので少し怖いです・・・。
ナイスルック、車検が通る、運転が楽しくなる、ドキドキワクワクですが、走っててヒヤリ!とする事も増えそうです。

スーパーGTやF1カーのタイヤは、プロの整備士が豊富な知識と幾多の経験を活かして行っているのです。
そして走っているのはサーキット内限定。
普段乗りであれば引っ張りタイヤは必要がないのです。

極力、引っ張りタイヤ以外でのチューンアップにとどめ、引っ張りタイヤにしたとしても安全運転を心がけたいものです。

万事自己責任、周りの迷惑にならないカーライフを送りましょう・・・。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

車検は通る?引っ張りタイヤの意味と適正空気圧やメリット・デメリットは?

お役立ち情報 カスタム トラブル解決

スポンサーリンク

ホイールよりも細めのタイヤを履かせて、フェンダーとのツライチを狙える、通称「引っ張りタイヤ」
見た目もさることながら、車高を落としやすくなるなどのメリットが。

車検は通るのか?安全性はどうなるのか?適正空気圧はどうなるのか?
人で比喩割すると、タイヤは靴。

安全のキモの一つでもあるタイヤなので、皆さんの安全の為にもここで解説していきます。

引っ張りタイヤの概要

67e9673d22

引っ張りタイヤってなに?って人の為にも、まずはどういうものなのかを簡単に説明すると。
「ホイールの適正サイズ(太さ)よりも細いタイヤを履かせる」
と言う事になります。

何のために引っ張りタイヤをするのかと言うと、主に、

・見た目をカッコよくしたい(車高を落としやすくしたい)
・車高を落としたときにフェンダーの干渉を抑えたい

上記の2つになります。

見栄えが云々もありますが、サーキットや峠(今では厳しい)でスポーツ走行をする為に引っ張りタイヤにする人もいます。

メリットは?

概要にあったように、まず、見た目がかっこよくなる事と、フェンダーへの干渉を抑える事が可能!
引っ張りタイヤをしたい!と思う人ってスポーツカーやセダンに乗ってる人が多いと思います。

見た目は大事ですよね!筆者もセリカST202に乗っていたことがあるので、見た目にはすごくこだわってました。(引っ張りタイヤは経験無しですが汗)
スポーツ走行が好きな人も、フェンダーへの干渉がないので引っ張りタイヤにしたいのではないでしょうか。

実は、もう一つメリットがあるのです。

それは、安価に低扁平のタイヤにすることが出来る事です。
低扁平になることによってタイヤは薄くなり、タイヤに対するハンドルの反応がピーキーになり、クイックなハンドリングが可能となります。
また、タイヤのしなりが無くなるのでハイパワーな加速が可能となります。

ちょっと怖いデメリット

引っ張りタイヤにも当然デメリットはあります。

まず、適正サイズのタイヤではないので、タイヤの空気圧は高気圧でないといけません。
高空気圧で無理矢理タイヤとホイールをくっつけているので、空気圧が下がってしまうとタイヤが外れてしまう事があります。

出先や運転中に外れる、なんて最悪の事態が発生するかもしれません・・・。
更に、高空気圧によるタイヤの膨張が原因でバーストしてしまう可能性もあります。

もう一つ挙げるとすれば、ハンドルが重くなる事があります。
クイックなハンドリングが可能となる反面、ハンドルを回す時に今までよりも力が必要に・・・。
女性や力の少ない方にとっては少しネックですね。

適正空気圧は?

スポンサーリンク

引っ張りタイヤにする上で重要な「適正空気圧」
この加減を間違えるだけで、タイヤがバーストしたり外れたりする原因に繋がるので注意が必要です。

とてもベタな数値を挙げると、3キロ前後の空気圧でOKです。
ただし、2キロまで下がってしまうとタイヤが外れてしまい、4キロ近くまで上がってしまうとタイヤがグリップしなくなります。

狙い目は、2.7キロから3.3キロ、プラマイ0.3キロ程度を目安にしてください。
タイヤは高速回転中に空気が膨張するので、その分のマージンを考えるとこのぐらいが適正なのです。

一般的な空気圧は2キロ程度ですが、引っ張りタイヤの場合はここまで違ってくるのです。
適正空気圧を維持することもモチロン大事なので、定期的にチェックするようにしましょう。

できれば半月からひと月に一度はチェックして、特に季節の変わり目は増減が激しいので要注意です。

車検は通るの?

9i2a1476-1
引用元http://www.automesseweb.jp/wp-content/uploads/2016/02/9I2A1476-1-160×160.jpg

ここで肝心の、車検に通るか否かと言う事ですが・・・。
ほぼ通ります。としか言えません汗

まず、車検の規定には「タイヤとホイールの組み合わせでの幅は決まっていない」のです。
一番重要なのは、車体からタイヤがはみ出ないことなので、あとは車検当日の検査員の個人差によりけり。
検査員が「危ないねぇ、これはダメ!」と判断すればそれまでです・・・。

極端な引っ張りでなければ通らない事はないと思います。
筆者の知人が引っ張りタイヤで車検を受けた時、特に問題無く通ったのでほぼ問題はないかと思います。

合わせて読みたいカスタムに関する記事!

「キャンバー角・ネガティブ・ポジティブの意味は?違いと調節のやり方・メリット・デメリットは?」

インチアップのメリット・デメリットは?乗り心地や料金はどう?

調整しないと最悪事故!ホイールバランスの重要性と平均的な料金は?

 

最後に・・・

「車検は通る?引っ張りタイヤの意味と適正空気圧やメリット・デメリットは?」は参考になりましたか?

車の見た目、非常に気にかけて色々イジってしまいますよね。
本記事の場合では引っ張りタイヤをご紹介しましたが、いかがでしょうか?

車好きの筆者としても、とても魅力的なチューンですが、危険を伴うものなので少し怖いです・・・。
ナイスルック、車検が通る、運転が楽しくなる、ドキドキワクワクですが、走っててヒヤリ!とする事も増えそうです。

スーパーGTやF1カーのタイヤは、プロの整備士が豊富な知識と幾多の経験を活かして行っているのです。
そして走っているのはサーキット内限定。
普段乗りであれば引っ張りタイヤは必要がないのです。

極力、引っ張りタイヤ以外でのチューンアップにとどめ、引っ張りタイヤにしたとしても安全運転を心がけたいものです。

万事自己責任、周りの迷惑にならないカーライフを送りましょう・・・。

コメントをどうぞ