水平対向エンジンって何のメリットがあるの?特徴や搭載メーカーは?

この記事は約2分で読めます。

水平対向エンジンとは?

ロータリーエンジン同様、これまた日本生まれではありません。

 

1896年、ドイツ生まれ。ベンツの創業者であるカール・ベンツが発明しました。
一本のクランクシャフトに対してシリンダーを置き、ピストン同士が向かい合った状態で動作するエンジンになります。
水平対向エンジンを横文字にするとちょっと大変、horizontally opposed cylinder engine、と書きます。長い!

 

ボクサー同士がパンチを打ち合う様子に似ている事から、ボクサーエンジンと言われています。

メリットとデメリット

ネーミングこそカッコいいですが、そんなボクサーエンジンにも一長一短。
どういった点かと言うと・・・

メリット

  • 同じ気筒数でも、V型エンジン等に比べて全高を抑える事が出来る。重心が高くならない。
  • 等間隔燃焼と低振動を両立できる。燃料の燃焼効率にバラつきが無く、騒音も少なめ。
  • バランスウェイトが不要なので、低振動で軽くて短いクランクシャフトに出来る。
  • 同規模の直列エンジンに比べて、冷却風を受ける面積が大きい。冷却効率が良い。

デメリット

  • エンジン自体の幅が大きいので、車体に搭載する際に制約を受けてしまう。エンジン側を制約する場合もある。
  • シリンダーヘッドへのアクセスに関係する部品の取り回しが少し面倒。排気の配管は太いので影響が大きい。
  • 比較的全長は短いが、V型エンジンに比べると長い。
  • シリンダーの潤滑油の偏摩耗になど潤滑部分でのトラブルが発生しやすい。設計にはとても気を遣う。

 

ロータリーエンジンに比べると、面倒な部分はそこまで多くないように見えますね。

要約すると、

「作るのとかメンテナンスとか大変だけど、同じ排気量でも低重心だし、燃料燃える効率もいいよ~」

て事になります。

スバルのインプレッサがラリーの大会で優秀な成績を納められる理由は、ここにあるのかもしれませんね♪

コメント

タイトルとURLをコピーしました