ワイパー立てる意味は?立てないと故障?夏と冬では理由が違う!

お役立ち情報 メンテナンス 車用品関係

スポンサーリンク

冬になって雪の予報があったりするとワイパーを立ててる車見かけたことありませんか?

なんで立ててるんだろーって思いませんか??

実はあれにはちゃんとした意味があってやってることなのです!!今回は冬と夏では理由が違うので詳しく解説していきたいと思いますね♪

冬にワイパー立てる意味とは?

寒くなって雪が降るとこの様にワイパーがたってる車が増えてきますが、ちゃんと意味があっての行為なのです!!

雪国出身者に聞いたら当たり前のことだそうです。

  • ワイパーとガラスの間にある水分が凍り付いて、ワイパーが動かなくなることの防止
  • 凍り付いた状態で作動させるとゴムが痛み、正常にふき取りが出来なくなる
  • 積雪が多いとワイパー根元に負担がかかり破損の恐れ
  • ワイパーリンク保護
  • 雪かき作業を楽にするため

 

凍り付いた状態で無理やり作動させるとモーターにも負担がかかってしまいます・・・

ワイパーリンク故障の修理は約20000円前後かかるようです!

ほんの少しの手間で防げることがありますので、雪が降りそうだったらワイパーを立てる癖をつけましょう!
意外と雪って重いので金属のアームが知らない間に変形しているかもしれません。

 

また車に積もった雪は必ず落としてから走ってくださいね!屋根から落ちてきてワイパー動かすと壊れる可能性と、車の周りに落ちた雪が事故の原因になるかもしれません!!

スポンサーリンク

夏にワイパーを立てる理由とは?

ea96f0e5234ec3d89642ac7607d451e3_s

夏場でも少ないですが立ててる人がいますね♪夏は夏でのメリットがあります!

  • 夏の暑さでワイパーゴム変形防止!

冬と違ってこういった理由になります。常にバネの力で押さえつけられているので、熱に弱いゴム製品なので変形の恐れがあります。

いびつな形になったゴムはふき取り時にムラになる原因ですので、気になる人は立ててます。

 

またワイパーを立てることで砂が積もるのを防いで、フロントガラスに傷つくのを防止する役割もあるようですね♪

41ccogbxwql

またワイパースタンドという便利商品もあります!この商品はワンタッチでワイパーをガラスから離すことが出来るので便利です。

ただワイパー作動時に音が気になったり、戻すの忘れたりするので注意です。

大体1000円前後で販売されていることが多いです!

情報まとめ

「ワイパー立てる意味は?立てないと故障?夏と冬では理由が違う!」はいかがでしたか?

少しの作業で得られるメリットがわかったと思いますので、今度から実行してみてはいかがですか!
ただし冬で積雪が多すぎる場合は、立てても折れてしまうことがあるようなので、その辺は注意が必要です。

 

ワイパー作動させて真上になった時にエンジン停止する方法もあります。

今年の冬からはちょっとチャレンジしてみてください♪

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

ワイパー立てる意味は?立てないと故障?夏と冬では理由が違う!

お役立ち情報 メンテナンス 車用品関係

スポンサーリンク

冬になって雪の予報があったりするとワイパーを立ててる車見かけたことありませんか?

なんで立ててるんだろーって思いませんか??

実はあれにはちゃんとした意味があってやってることなのです!!今回は冬と夏では理由が違うので詳しく解説していきたいと思いますね♪

冬にワイパー立てる意味とは?

寒くなって雪が降るとこの様にワイパーがたってる車が増えてきますが、ちゃんと意味があっての行為なのです!!

雪国出身者に聞いたら当たり前のことだそうです。

  • ワイパーとガラスの間にある水分が凍り付いて、ワイパーが動かなくなることの防止
  • 凍り付いた状態で作動させるとゴムが痛み、正常にふき取りが出来なくなる
  • 積雪が多いとワイパー根元に負担がかかり破損の恐れ
  • ワイパーリンク保護
  • 雪かき作業を楽にするため

 

凍り付いた状態で無理やり作動させるとモーターにも負担がかかってしまいます・・・

ワイパーリンク故障の修理は約20000円前後かかるようです!

ほんの少しの手間で防げることがありますので、雪が降りそうだったらワイパーを立てる癖をつけましょう!
意外と雪って重いので金属のアームが知らない間に変形しているかもしれません。

 

また車に積もった雪は必ず落としてから走ってくださいね!屋根から落ちてきてワイパー動かすと壊れる可能性と、車の周りに落ちた雪が事故の原因になるかもしれません!!

スポンサーリンク

夏にワイパーを立てる理由とは?

ea96f0e5234ec3d89642ac7607d451e3_s

夏場でも少ないですが立ててる人がいますね♪夏は夏でのメリットがあります!

  • 夏の暑さでワイパーゴム変形防止!

冬と違ってこういった理由になります。常にバネの力で押さえつけられているので、熱に弱いゴム製品なので変形の恐れがあります。

いびつな形になったゴムはふき取り時にムラになる原因ですので、気になる人は立ててます。

 

またワイパーを立てることで砂が積もるのを防いで、フロントガラスに傷つくのを防止する役割もあるようですね♪

41ccogbxwql

またワイパースタンドという便利商品もあります!この商品はワンタッチでワイパーをガラスから離すことが出来るので便利です。

ただワイパー作動時に音が気になったり、戻すの忘れたりするので注意です。

大体1000円前後で販売されていることが多いです!

情報まとめ

「ワイパー立てる意味は?立てないと故障?夏と冬では理由が違う!」はいかがでしたか?

少しの作業で得られるメリットがわかったと思いますので、今度から実行してみてはいかがですか!
ただし冬で積雪が多すぎる場合は、立てても折れてしまうことがあるようなので、その辺は注意が必要です。

 

ワイパー作動させて真上になった時にエンジン停止する方法もあります。

今年の冬からはちょっとチャレンジしてみてください♪

コメントをどうぞ