オープンカーは秋冬も運転できる?快適にドライブする方法とお勧めの車種は?

お役立ち情報 ドライブ関係 車解説&比較

スポンサーリンク

晴れた日にドライブは気持ちいものですね♪

この気持ちいいドライブに持って来いなのがオープンカーでしょう!

普通の車でもサンルーフがついていると車内の開放感が違いますが、オープンカーは屋根が丸ごと開くので段違いの開放感を味わえます!

風を切ってドライブはいつもの道も楽しくなるものですね♪

今回はそんなオープンカーに最適な季節は春・夏・秋・冬のどれなのか解説していきたいと思いますね!

オープンカーで走る季節はどれがいいの?

amsakuranoasa_tp_v

気温も過ごしやすく雨も少ないのでオープンカーに適した季節といえるでしょう。

また桜や花が咲き始めるので山道ドライブや桜の名所などを回るのも楽しいでしょうね♪

しかしこの時期は花粉が空気中に飛散していますので、花粉症の方は屋根なんか開けたら自殺行為ですね・・・

花粉症でなければ春はおススメの季節といえるでしょう。

この時期は客観的にみると、青空の下のドライブは気持ちいいと思われがちですが、では修行のような季節なんです!

なんといっても直射日光が猛烈にきついです・・・アスファルトや車などからの熱気もかなりダメージ!

また日焼けもするので女性の方は日焼け止めは欠かせないでしょう!エアコンも効果が薄く汗をかいて熱中症の恐れもあります。

真夏はオープンカーに向かないのですが、標高が高い避暑地などでは快適にドライブが楽しめるので場所を考えればOKです!

暑さも落ち着いて季節的には最適になってきましたが、秋雨前線が活発だと屋根を開けることができないですね。

とはいえそれが過ぎれば湿度も快適で空気が澄んでいるので、オープンにできる時があれば迷いなくしましょう!

また気温が変わりやすいので一枚は折れる物を用意しておくといいでしょう♪

冬なんか寒くて乗れないよって方多いと思いますが、意外とオープンカーって快適なんですよ!

またヒーター能力が強力な物を搭載しているのでドライビングポジションは暖かいです。

更にオープンカーでは車内の風の巻き込みを提言する工夫がされているので冷たい風が意外とこないのも特徴!

普通に冬場外に出かける格好にニットの防止などで防寒すればいいでしょう。

オープンカーの快適装備はなにがあるの?

車種によっては乗員を快適にアシストしてくれる標準装備やオプションが用意されています。

  • ステアリングヒーター

文字通りハンドルを温めてくれる装備です。これがあれば冬でも指先ぽかぽか♪

  • シートヒーター

こちらはシートを電気の力で温めてくれるもので、背中やお尻を温めるのでエアコンと組み合わせれば寒さ知らず!

  • エアスカーフ

メルセデスベンツがCLKで初めて採用したもので、首元に温風を送り込むことで寒冷時でも快適なオープン走行ができます。

また気流の力で冷えた空気が下に行くのも防ぐ役割もあります!

 

上記の装備で快適なドライブを楽しむことができますね。

またオープン時に風の巻き込みを抑える装備などがありますのでオープン時には装着してみるのがいいでしょう!

スポンサーリンク

 

おススメのオープンカーは?

  • 支払総額100万円~200万円

120410_slk_front

メルセデスベンツSLKの2004年モデルであれば、100万円後半から見つかります!

バリオルーフと呼ばれる電動格納式ハードトップを採用しているので防犯面やクローズ時のプロポーションもいいです♪

またモノによっては上記のエアスカーフ搭載モデルもありますので、冬でも快適です。
z4_roadster

初代BMW Z4が大体150万円程度から購入することができます。

BMWならではの走りを体感できますのでオープンにした時の開放感と疾走感が病みつきなってしまうかもしれません。

またBMWはデザインを一貫しているので詳しくない人は、値段がわかりにくいので安く買っても視線を感じるでしょう。

  • 支払総額200万円~300万円

この価格帯になると新車購入もできるようになりますので、国産で購入できる物をピックアップしますね。

rd_grade-ssp_design_img-ts-1505200400378930

世界で一番売れているオープンカー「マツダ ロードスター」です。

日本・世界カーオブザイヤーに選ばれた名誉ある車で、249万円~購入することができるので人馬一体のコンセプトを体現しているクルマになっていますので、この予算が出せるのであればロードスターを選べば間違いないでしょう!

bodycolor_front_wh

ホンダが販売するミッドシップオープンカー「S660」です。

名車ビートの後継モデルとして販売開始され、一時期納期一年待ちと大人気!軽自動車なのでセカンドカーとして最適な一台といえるでしょう。

またコーナリング性能が高いので山道ドライブは楽しいこと間違いなし!

007_o

ダイハツが販売するオープンカー「コペン」

電動格納ハードトップが特徴でルーフ収納時でも荷物が載せれるので実用性も兼ね備えています。

またボディの着せ替えも可能なので好みに合わせることも可能です。

  • 番外編・世界の高級オープンカー

3200081c

アヴェンタドール ロードスター 車体価格4660万3200円

V型12気筒DOHC 6.5リッターエンジンで700PS・0-100km/h加速2.9秒・最高速度350キロのモンスターマシンです!

これでドライブしたら気持ちいのでしょうね♪

2017-mercedes-s-class-cabriolet-0

ベンツSクラスカブリオレ 車体価格2,145~3,417万円

メルセデスベンツが販売するフラッグシップオープンカーになっており豪華な内装と数々の最新装備で武装したラグジュアリーオープンカーになっています。

Sクラスセダンの質感そのままのオープンカーですのでゆったりとドライブするのが似合いますね。

高速道路を快適に走るならこれがお勧めです(笑)

情報まとめ

「オープンカーは秋冬も運転できる?快適にドライブする方法とお勧めの車種は?」はいかがでしたか?

子育てが終わったら夫婦2人で、旅行にいったりドライブに行ったりするのにオープンカーなんて素敵ではありませんか!

いつも通っている道も屋根を開けて走るだけで違う道をドライブしている気分になれます!

2シーターから4シーターまで乗車人数も車によって変わりますので、自分の使い方に合った一台を見つけて理想のカーライフを楽しんでみましょう♪

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

オープンカーは秋冬も運転できる?快適にドライブする方法とお勧めの車種は?

お役立ち情報 ドライブ関係 車解説&比較

スポンサーリンク

晴れた日にドライブは気持ちいものですね♪

この気持ちいいドライブに持って来いなのがオープンカーでしょう!

普通の車でもサンルーフがついていると車内の開放感が違いますが、オープンカーは屋根が丸ごと開くので段違いの開放感を味わえます!

風を切ってドライブはいつもの道も楽しくなるものですね♪

今回はそんなオープンカーに最適な季節は春・夏・秋・冬のどれなのか解説していきたいと思いますね!

オープンカーで走る季節はどれがいいの?

amsakuranoasa_tp_v

気温も過ごしやすく雨も少ないのでオープンカーに適した季節といえるでしょう。

また桜や花が咲き始めるので山道ドライブや桜の名所などを回るのも楽しいでしょうね♪

しかしこの時期は花粉が空気中に飛散していますので、花粉症の方は屋根なんか開けたら自殺行為ですね・・・

花粉症でなければ春はおススメの季節といえるでしょう。

この時期は客観的にみると、青空の下のドライブは気持ちいいと思われがちですが、では修行のような季節なんです!

なんといっても直射日光が猛烈にきついです・・・アスファルトや車などからの熱気もかなりダメージ!

また日焼けもするので女性の方は日焼け止めは欠かせないでしょう!エアコンも効果が薄く汗をかいて熱中症の恐れもあります。

真夏はオープンカーに向かないのですが、標高が高い避暑地などでは快適にドライブが楽しめるので場所を考えればOKです!

暑さも落ち着いて季節的には最適になってきましたが、秋雨前線が活発だと屋根を開けることができないですね。

とはいえそれが過ぎれば湿度も快適で空気が澄んでいるので、オープンにできる時があれば迷いなくしましょう!

また気温が変わりやすいので一枚は折れる物を用意しておくといいでしょう♪

冬なんか寒くて乗れないよって方多いと思いますが、意外とオープンカーって快適なんですよ!

またヒーター能力が強力な物を搭載しているのでドライビングポジションは暖かいです。

更にオープンカーでは車内の風の巻き込みを提言する工夫がされているので冷たい風が意外とこないのも特徴!

普通に冬場外に出かける格好にニットの防止などで防寒すればいいでしょう。

オープンカーの快適装備はなにがあるの?

車種によっては乗員を快適にアシストしてくれる標準装備やオプションが用意されています。

  • ステアリングヒーター

文字通りハンドルを温めてくれる装備です。これがあれば冬でも指先ぽかぽか♪

  • シートヒーター

こちらはシートを電気の力で温めてくれるもので、背中やお尻を温めるのでエアコンと組み合わせれば寒さ知らず!

  • エアスカーフ

メルセデスベンツがCLKで初めて採用したもので、首元に温風を送り込むことで寒冷時でも快適なオープン走行ができます。

また気流の力で冷えた空気が下に行くのも防ぐ役割もあります!

 

上記の装備で快適なドライブを楽しむことができますね。

またオープン時に風の巻き込みを抑える装備などがありますのでオープン時には装着してみるのがいいでしょう!

スポンサーリンク

 

おススメのオープンカーは?

  • 支払総額100万円~200万円

120410_slk_front

メルセデスベンツSLKの2004年モデルであれば、100万円後半から見つかります!

バリオルーフと呼ばれる電動格納式ハードトップを採用しているので防犯面やクローズ時のプロポーションもいいです♪

またモノによっては上記のエアスカーフ搭載モデルもありますので、冬でも快適です。
z4_roadster

初代BMW Z4が大体150万円程度から購入することができます。

BMWならではの走りを体感できますのでオープンにした時の開放感と疾走感が病みつきなってしまうかもしれません。

またBMWはデザインを一貫しているので詳しくない人は、値段がわかりにくいので安く買っても視線を感じるでしょう。

  • 支払総額200万円~300万円

この価格帯になると新車購入もできるようになりますので、国産で購入できる物をピックアップしますね。

rd_grade-ssp_design_img-ts-1505200400378930

世界で一番売れているオープンカー「マツダ ロードスター」です。

日本・世界カーオブザイヤーに選ばれた名誉ある車で、249万円~購入することができるので人馬一体のコンセプトを体現しているクルマになっていますので、この予算が出せるのであればロードスターを選べば間違いないでしょう!

bodycolor_front_wh

ホンダが販売するミッドシップオープンカー「S660」です。

名車ビートの後継モデルとして販売開始され、一時期納期一年待ちと大人気!軽自動車なのでセカンドカーとして最適な一台といえるでしょう。

またコーナリング性能が高いので山道ドライブは楽しいこと間違いなし!

007_o

ダイハツが販売するオープンカー「コペン」

電動格納ハードトップが特徴でルーフ収納時でも荷物が載せれるので実用性も兼ね備えています。

またボディの着せ替えも可能なので好みに合わせることも可能です。

  • 番外編・世界の高級オープンカー

3200081c

アヴェンタドール ロードスター 車体価格4660万3200円

V型12気筒DOHC 6.5リッターエンジンで700PS・0-100km/h加速2.9秒・最高速度350キロのモンスターマシンです!

これでドライブしたら気持ちいのでしょうね♪

2017-mercedes-s-class-cabriolet-0

ベンツSクラスカブリオレ 車体価格2,145~3,417万円

メルセデスベンツが販売するフラッグシップオープンカーになっており豪華な内装と数々の最新装備で武装したラグジュアリーオープンカーになっています。

Sクラスセダンの質感そのままのオープンカーですのでゆったりとドライブするのが似合いますね。

高速道路を快適に走るならこれがお勧めです(笑)

情報まとめ

「オープンカーは秋冬も運転できる?快適にドライブする方法とお勧めの車種は?」はいかがでしたか?

子育てが終わったら夫婦2人で、旅行にいったりドライブに行ったりするのにオープンカーなんて素敵ではありませんか!

いつも通っている道も屋根を開けて走るだけで違う道をドライブしている気分になれます!

2シーターから4シーターまで乗車人数も車によって変わりますので、自分の使い方に合った一台を見つけて理想のカーライフを楽しんでみましょう♪

コメントをどうぞ