ロータリーエンジンの搭載されない理由は??メリット・デメリット解説

お役立ち情報 カスタム 車おもしろ情報・動画 車解説&比較

スポンサーリンク

マツダのRXシリーズに搭載され一世を風靡した、ロータリーエンジン。

 

独特の排気音やエンジン回転巣の上がり方など多くの車好きを魅了します。
またコンパクトでパワフル、燃料燃焼効率もいいのに何故搭載されている車が少ないのでしょうか?
ここでは、ロータリーエンジンの歴史に触れながら、そのメリットデメリットについて解説していきます。

ロータリーエンジンの概要

ロータリーエンジンと言えばRXシリーズ。
RXシリーズと言えば、頭文字Dの高橋兄弟が乗ってるFDとFC。
・・・完全に車とイニD好き目線ですね。

 

ロータリーエンジン=マツダのイメージが強いのですが、その生まれはなんとドイツ。
1957年に西ドイツのNSUと言う会社と、wankelと言う会社との共同研究により開発されました。

 

フェリクス・ヴァンケルという開発者が発明した三角形の回転子を回転させ、その回転エネルギーを利用して駆動する画期的なエンジンとして世に出回りました。

 

従来のレシプロエンジンとは違い、1サイクルで、吸気・圧縮・爆発膨張・排気を行うので、高効率なおかつ部品点数の少なさが最大の特徴とも言えます。

 

他にも、同排気量でもロータリーエンジンの方がコンパクトで軽量に作る事が可能です。

 

ちなみに、東洋工業(のちのマツダ)はNSU社と技術提携の契約を交わし、莫大な資金や特許の無償提供など、厳しい条件を飲んだうえで賭けに出てロータリーエンジンを手中に収めたそうです。

 

流石はマツダ、「技術は永遠に革新である」と謳うだけの事はやってのけたようですね!

ロータリーエンジンのメリットとデメリット

一見とても出来のいいエンジンにも見えますが、実は大きなデメリットがあります、

メリット

  • ピストン燃焼と比べてと燃焼効率が2倍なので、出力も高い。
  • 低振動、低騒音。
  • トルク変動が小さく、エンジン回転が非常に滑らか。
  • 動弁系が少ない、つまり部品点数がすくない。同じくバルブ駆動による摩擦損失が無い。
  • 燃料の燃焼温度が低く、ノッキングが起きにくい。排ガス中の有害成分も少ない

デメリット

  • 燃焼室の面積が大きいので、それに応じた大型の冷却装置が必要になる。
  • 燃料の燃焼温度が低いので、低回転での熱効率が悪い。街乗りでは燃費が悪くローパワー。
  • 排気バルブが無いためポートが急激に開く。排気音は大きく排気温度も高い。
  • 燃料が完全燃焼しにくい。その為排気ガス中の炭化水素濃度が高い。
  • オイル消費量が多い

お、多い。多すぎてここまでしか書けませんでしたが、概ねの部分は挙げれました(汗)

 

メカにあまり詳しくない人(私も決して超詳しい訳ではないです)の為要約すると、

 

「エンジン音が静かで最高速が出やすいけど、普段使いではそんなにメリットないよ~」

 

と言った感じになります。えらくザックリですけど・・・

スポンサーリンク

なぜ搭載車種が少ないのか?

答えは簡単なもので、昨今の自動車業界事情に合わせれば誰でも分かります。

 

燃費が悪い、街乗りではパワー不足、熱持ちがすごい、燃料ロスが多い、パーツ点数は少ないけど玉数が少ないから修理費がかさむ。

 

搭載車種が少ない理由の全てと言っても過言ではないかと思います。

 

現行車種のスポーツカーや4WD車でさえそこそこ燃費が良いのに、ロータリーエンジンを搭載する意味がない。
物好きやマニアックな人間だけがこぞって乗る車。

 

要するに、このご時世では売れないから、に尽きます。

一方でロータリーエンジン復活の情報も!

私は結構な変わり者です。
ロータリーエンジンみたいな変わった物も好きです。
これを読んでる人の中にもいるはず!多分・・・

 

朗報とまではいかないかもしれませんが、マツダの新型RX-7でロータリーエンジンが復活するとの情報があります。

 

その全貌は、なんと2017年東京モーターショーでお披露目予定だそうです!
メチャクチャ気になりますよね!?

 

残念ながら詳細までは分かりませんでした。
実販売されるかどうかですら。

 

暫定ですが、2015年の東京モーターショーで披露された、「RX-VISION」に似た感じのフォルムになるそうです。

搭載されてきた車種

うんちくや細かい知識も大事かもしれませんが、やっぱり色んな車種についての解説も大事ですよね♪
古い物から新しめのものまで、ロータリーエンジン搭載車種を挙げます!

マツダ

  • コスモスポーツ
  • RX-7(FC、FD)
  • RX-8

アウディ

  • e-tron(こちらはなんとハイブリッド)

メルセデス・ベンツ

  • C111

スズキ(オートバイ)

  • RE-5(輸出専用車)

 

レーシングカー787Bのエンジン音です!この車は4つのローターを搭載したもので鳥肌物のサウンドを吐き出します♪

歴史深きロータリーエンジン

「ロータリーエンジンの搭載されない理由は??メリット・デメリット解説」はいかがでしたか?

 

メカマニアにとっては既知の知識だったかもしれません。すいません・・・
ロータリーエンジンという名前しか知らなかった方にとってはいい刺激になったかもしれませんね♪

 

この記事を書いて初めて知ったのですが、オートバイにもロータリーエンジンが使われていことには驚きました。
しかもドイツ生まれで、マツダが大金はたいて不利な条件を飲んでいたことも、全く知りませんでした。

 

2017年のモータショーをきっかけに、もしかすると復活するかもしれません。
興味がある方もこれから乗れる時代がやってきそう、そんな予感がしてなりません!

 

最後までご閲覧頂き、ありがとうございました。

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

ロータリーエンジンの搭載されない理由は??メリット・デメリット解説

お役立ち情報 カスタム 車おもしろ情報・動画 車解説&比較

スポンサーリンク

マツダのRXシリーズに搭載され一世を風靡した、ロータリーエンジン。

 

独特の排気音やエンジン回転巣の上がり方など多くの車好きを魅了します。
またコンパクトでパワフル、燃料燃焼効率もいいのに何故搭載されている車が少ないのでしょうか?
ここでは、ロータリーエンジンの歴史に触れながら、そのメリットデメリットについて解説していきます。

ロータリーエンジンの概要

ロータリーエンジンと言えばRXシリーズ。
RXシリーズと言えば、頭文字Dの高橋兄弟が乗ってるFDとFC。
・・・完全に車とイニD好き目線ですね。

 

ロータリーエンジン=マツダのイメージが強いのですが、その生まれはなんとドイツ。
1957年に西ドイツのNSUと言う会社と、wankelと言う会社との共同研究により開発されました。

 

フェリクス・ヴァンケルという開発者が発明した三角形の回転子を回転させ、その回転エネルギーを利用して駆動する画期的なエンジンとして世に出回りました。

 

従来のレシプロエンジンとは違い、1サイクルで、吸気・圧縮・爆発膨張・排気を行うので、高効率なおかつ部品点数の少なさが最大の特徴とも言えます。

 

他にも、同排気量でもロータリーエンジンの方がコンパクトで軽量に作る事が可能です。

 

ちなみに、東洋工業(のちのマツダ)はNSU社と技術提携の契約を交わし、莫大な資金や特許の無償提供など、厳しい条件を飲んだうえで賭けに出てロータリーエンジンを手中に収めたそうです。

 

流石はマツダ、「技術は永遠に革新である」と謳うだけの事はやってのけたようですね!

ロータリーエンジンのメリットとデメリット

一見とても出来のいいエンジンにも見えますが、実は大きなデメリットがあります、

メリット

  • ピストン燃焼と比べてと燃焼効率が2倍なので、出力も高い。
  • 低振動、低騒音。
  • トルク変動が小さく、エンジン回転が非常に滑らか。
  • 動弁系が少ない、つまり部品点数がすくない。同じくバルブ駆動による摩擦損失が無い。
  • 燃料の燃焼温度が低く、ノッキングが起きにくい。排ガス中の有害成分も少ない

デメリット

  • 燃焼室の面積が大きいので、それに応じた大型の冷却装置が必要になる。
  • 燃料の燃焼温度が低いので、低回転での熱効率が悪い。街乗りでは燃費が悪くローパワー。
  • 排気バルブが無いためポートが急激に開く。排気音は大きく排気温度も高い。
  • 燃料が完全燃焼しにくい。その為排気ガス中の炭化水素濃度が高い。
  • オイル消費量が多い

お、多い。多すぎてここまでしか書けませんでしたが、概ねの部分は挙げれました(汗)

 

メカにあまり詳しくない人(私も決して超詳しい訳ではないです)の為要約すると、

 

「エンジン音が静かで最高速が出やすいけど、普段使いではそんなにメリットないよ~」

 

と言った感じになります。えらくザックリですけど・・・

スポンサーリンク

なぜ搭載車種が少ないのか?

答えは簡単なもので、昨今の自動車業界事情に合わせれば誰でも分かります。

 

燃費が悪い、街乗りではパワー不足、熱持ちがすごい、燃料ロスが多い、パーツ点数は少ないけど玉数が少ないから修理費がかさむ。

 

搭載車種が少ない理由の全てと言っても過言ではないかと思います。

 

現行車種のスポーツカーや4WD車でさえそこそこ燃費が良いのに、ロータリーエンジンを搭載する意味がない。
物好きやマニアックな人間だけがこぞって乗る車。

 

要するに、このご時世では売れないから、に尽きます。

一方でロータリーエンジン復活の情報も!

私は結構な変わり者です。
ロータリーエンジンみたいな変わった物も好きです。
これを読んでる人の中にもいるはず!多分・・・

 

朗報とまではいかないかもしれませんが、マツダの新型RX-7でロータリーエンジンが復活するとの情報があります。

 

その全貌は、なんと2017年東京モーターショーでお披露目予定だそうです!
メチャクチャ気になりますよね!?

 

残念ながら詳細までは分かりませんでした。
実販売されるかどうかですら。

 

暫定ですが、2015年の東京モーターショーで披露された、「RX-VISION」に似た感じのフォルムになるそうです。

搭載されてきた車種

うんちくや細かい知識も大事かもしれませんが、やっぱり色んな車種についての解説も大事ですよね♪
古い物から新しめのものまで、ロータリーエンジン搭載車種を挙げます!

マツダ

  • コスモスポーツ
  • RX-7(FC、FD)
  • RX-8

アウディ

  • e-tron(こちらはなんとハイブリッド)

メルセデス・ベンツ

  • C111

スズキ(オートバイ)

  • RE-5(輸出専用車)

 

レーシングカー787Bのエンジン音です!この車は4つのローターを搭載したもので鳥肌物のサウンドを吐き出します♪

歴史深きロータリーエンジン

「ロータリーエンジンの搭載されない理由は??メリット・デメリット解説」はいかがでしたか?

 

メカマニアにとっては既知の知識だったかもしれません。すいません・・・
ロータリーエンジンという名前しか知らなかった方にとってはいい刺激になったかもしれませんね♪

 

この記事を書いて初めて知ったのですが、オートバイにもロータリーエンジンが使われていことには驚きました。
しかもドイツ生まれで、マツダが大金はたいて不利な条件を飲んでいたことも、全く知りませんでした。

 

2017年のモータショーをきっかけに、もしかすると復活するかもしれません。
興味がある方もこれから乗れる時代がやってきそう、そんな予感がしてなりません!

 

最後までご閲覧頂き、ありがとうございました。

 

コメントをどうぞ