2018年 新型デリカD:6にフルモデルチェンジ!クリーンディーゼルやPHEV設定

車ニュース 車解説&比較

スポンサーリンク

三菱が販売するクロスオーバーSUVミニバン「デリカD:5」が2018年5月頃にデリカD:6にフルモデルチェンジされる予定になっています。

ミニバンでも本格的なオフロード走行が可能なのでアウトドアには大活躍!

そんなデリカも2017年で発売から9年目を迎えようとしています。

他のミニバンにはない頼りになる存在として、長年ファンが多いクルマですので、デリカD:6のフルモデルチェンジは期待が寄せられています。

そんな新型デリカの情報を詳しくまとめてみました。

新型 デリカD:6のコンセプトモデル?

 

スモールサイズSUVミニバン「XMコンセプト」としてインドネシア国際モーターショーで三菱が発表しました。

デリカD:6の直接的なコンセプトではありませんが、このようなダイナミックシールドデザインを採用してくるでしょう。

「MITSUBISHI Concept AR」という2013年に発表されたコンセプトモデルも参考になりそうですね♪

 

市販モデルでもスタイリッシュなミニバンに進化してきそうです。

ただデリカD:5のように無骨なデザインも管理人は好きですが!

D:6の予想ボディサイズ

全長 4,740mm
全幅 1,795mm
全高 1,750mm
ホイールベース 2,850mm

現行と大きくボディサイズ変更はないようですが、車体剛性は強化されます。

自慢の「リブボーンフレーム」を改良することで、事故・悪路走行などで頼もしさがパワーアップしてきます。

ミニバンは危ないと言われていますが、デリカは一味違います!

 

本格的な悪路走行は得意ですので、家族がいてスライドドアミニバン欲しいけどアウトドアしたい人はデリカ一択!

そのくらいアウトドアに活躍してくれる車ですので、新型デリカではどのように走行性能が向上されるか期待がされるところ。

デリカD:6にフルモデルチェンジでパワートレインはどうなる?

クリーンディーゼルエンジンが搭載されることは確実で、新開発するのではなく現行に用意されている「4N14エンジン」を改良してきます。

  • 2.2リッター直列4気筒DOHCディーゼルターボエンジン
  • 最高出力130 kW(177 PS)/ 3,500 rpm
  • 最大トルク380 N・m(39.0 kgf・m)/ 2,000rpm
  • JC08モード燃費15.0km/L

現行型より最高出力29PSプラス・最大トルク2.3kgf・mプラス・燃費1.4km/L向上

駆動方式は新型アウトランダーに採用されている「S-AWC」を搭載して、走破性能も向上してくるようです。

また三菱が開発した可変バルブシステム「MIVEC」の採用によって燃費・パワー向上される情報もあります。

ホンダではVテックが有名ですが、実は三菱も可変バルブシステムの技術を持っているのです。

 

今現在の情報ではディーゼルエンジン以外入ってこないのでどのようなランナップになるか気になりますね。

またPHEVも設定する情報もあるので、そちらにも期待が高まります。

PHEVであればアウトドアで大容量電源が取れますので活躍間違いないなし!

震災でも活躍が期待されます。

スポンサーリンク

PHEVグレードにも期待が!

アウトランダーPHEVの販売が好調なようで、今後もさらに需要が高まると予想されます。

そこでデリカD:6にもPHEVグレードの設定をしてくるのではないでしょうか?

MITSUBISHI eX Conceptのスペックが参考になるかもしれません!

  • 1.1L直列3気筒ターボMIVECエンジン
  • 最大出力:136ps/6500回転
  • 最大トルク:15.8kg.m/4500回転
  • モーター最高出力前後:70kW
  • バッテリー総電力量:45kWh
  • JC08モード航続距離:400km

 

アウトランダーPHEVのスペックはこんな感じです。

  • エンジン 2.0リッター直列4気筒DOHCエンジン (4B11型)
  • 最高出力 118ps/4500回転
  • 最大トルク 19.0kgf.m/4500回転
  • モーター最高出力:25kW(前) / 25kW(後)
  • バッテリー総電力量:12kWh

モーター出力・バッテリー総電力量共に大幅に上回っています。

コンセプトなので市販モデルではどのようになるか不明ですが、参考程度と考えてください。

また新型パジェロに採用が噂されている、PHEV専用エンジン・高効率トリプルモーター・大容量駆動用バッテリーの搭載も可能性としてありますね。

新型デリカD:6の価格は?

価格はスタートが300万円台と、現行モデルより高くなるようです。

またPHEVモデルがあるのであれば400万前後と予想されます。

まとめ

「2018年 新型デリカD:6にフルモデルチェンジ!クリーンディーゼルやPHEV設定」はい参考になりましたか?

燃費問題で信用が駄々下がりの三菱ですが、アウトランダー・デリカに関しては販売が好調なようで、フルモデルチェンジにも相当気を使ってる様子ですね。

順調に進んでいれば2017年には発売されていたのではないでしょうか?

新型デリカがどのようなフルモデルチェンジされるか楽しみです♪

小さい情報では入ってきたらスグに更新しますのでお待ちください!

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

2018年 新型デリカD:6にフルモデルチェンジ!クリーンディーゼルやPHEV設定

車ニュース 車解説&比較

スポンサーリンク

三菱が販売するクロスオーバーSUVミニバン「デリカD:5」が2018年5月頃にデリカD:6にフルモデルチェンジされる予定になっています。

ミニバンでも本格的なオフロード走行が可能なのでアウトドアには大活躍!

そんなデリカも2017年で発売から9年目を迎えようとしています。

他のミニバンにはない頼りになる存在として、長年ファンが多いクルマですので、デリカD:6のフルモデルチェンジは期待が寄せられています。

そんな新型デリカの情報を詳しくまとめてみました。

新型 デリカD:6のコンセプトモデル?

 

スモールサイズSUVミニバン「XMコンセプト」としてインドネシア国際モーターショーで三菱が発表しました。

デリカD:6の直接的なコンセプトではありませんが、このようなダイナミックシールドデザインを採用してくるでしょう。

「MITSUBISHI Concept AR」という2013年に発表されたコンセプトモデルも参考になりそうですね♪

 

市販モデルでもスタイリッシュなミニバンに進化してきそうです。

ただデリカD:5のように無骨なデザインも管理人は好きですが!

D:6の予想ボディサイズ

全長 4,740mm
全幅 1,795mm
全高 1,750mm
ホイールベース 2,850mm

現行と大きくボディサイズ変更はないようですが、車体剛性は強化されます。

自慢の「リブボーンフレーム」を改良することで、事故・悪路走行などで頼もしさがパワーアップしてきます。

ミニバンは危ないと言われていますが、デリカは一味違います!

 

本格的な悪路走行は得意ですので、家族がいてスライドドアミニバン欲しいけどアウトドアしたい人はデリカ一択!

そのくらいアウトドアに活躍してくれる車ですので、新型デリカではどのように走行性能が向上されるか期待がされるところ。

デリカD:6にフルモデルチェンジでパワートレインはどうなる?

クリーンディーゼルエンジンが搭載されることは確実で、新開発するのではなく現行に用意されている「4N14エンジン」を改良してきます。

  • 2.2リッター直列4気筒DOHCディーゼルターボエンジン
  • 最高出力130 kW(177 PS)/ 3,500 rpm
  • 最大トルク380 N・m(39.0 kgf・m)/ 2,000rpm
  • JC08モード燃費15.0km/L

現行型より最高出力29PSプラス・最大トルク2.3kgf・mプラス・燃費1.4km/L向上

駆動方式は新型アウトランダーに採用されている「S-AWC」を搭載して、走破性能も向上してくるようです。

また三菱が開発した可変バルブシステム「MIVEC」の採用によって燃費・パワー向上される情報もあります。

ホンダではVテックが有名ですが、実は三菱も可変バルブシステムの技術を持っているのです。

 

今現在の情報ではディーゼルエンジン以外入ってこないのでどのようなランナップになるか気になりますね。

またPHEVも設定する情報もあるので、そちらにも期待が高まります。

PHEVであればアウトドアで大容量電源が取れますので活躍間違いないなし!

震災でも活躍が期待されます。

スポンサーリンク

PHEVグレードにも期待が!

アウトランダーPHEVの販売が好調なようで、今後もさらに需要が高まると予想されます。

そこでデリカD:6にもPHEVグレードの設定をしてくるのではないでしょうか?

MITSUBISHI eX Conceptのスペックが参考になるかもしれません!

  • 1.1L直列3気筒ターボMIVECエンジン
  • 最大出力:136ps/6500回転
  • 最大トルク:15.8kg.m/4500回転
  • モーター最高出力前後:70kW
  • バッテリー総電力量:45kWh
  • JC08モード航続距離:400km

 

アウトランダーPHEVのスペックはこんな感じです。

  • エンジン 2.0リッター直列4気筒DOHCエンジン (4B11型)
  • 最高出力 118ps/4500回転
  • 最大トルク 19.0kgf.m/4500回転
  • モーター最高出力:25kW(前) / 25kW(後)
  • バッテリー総電力量:12kWh

モーター出力・バッテリー総電力量共に大幅に上回っています。

コンセプトなので市販モデルではどのようになるか不明ですが、参考程度と考えてください。

また新型パジェロに採用が噂されている、PHEV専用エンジン・高効率トリプルモーター・大容量駆動用バッテリーの搭載も可能性としてありますね。

新型デリカD:6の価格は?

価格はスタートが300万円台と、現行モデルより高くなるようです。

またPHEVモデルがあるのであれば400万前後と予想されます。

まとめ

「2018年 新型デリカD:6にフルモデルチェンジ!クリーンディーゼルやPHEV設定」はい参考になりましたか?

燃費問題で信用が駄々下がりの三菱ですが、アウトランダー・デリカに関しては販売が好調なようで、フルモデルチェンジにも相当気を使ってる様子ですね。

順調に進んでいれば2017年には発売されていたのではないでしょうか?

新型デリカがどのようなフルモデルチェンジされるか楽しみです♪

小さい情報では入ってきたらスグに更新しますのでお待ちください!

 

コメントをどうぞ