新型N-BOX と新型スペーシアを比較!燃費・安全装備・価格・室内の広さは?

お役立ち情報 車解説&比較

スポンサーリンク

ハイト系軽自動車N-BOXが2017年9月にフルモデルチェンジされ販売台数もトップを飾り話題になりました。

対する新型スペーシアは2017年12月14日にフルモデルチェンジされ、妥当N-BOXとするためスズキのアイデアが詰まった一台です。

 

同じハイト系軽自動車でも安全装備。価格・室内の広さなどは変わってきますので、今回は新型N-BOX と新型スペーシアを比較していきたいと思います♪

どちらにしようか迷ってるユーザーさんの参考になれば幸いです!

新型N-BOX と新型スペーシアのエクステリア比較

  • N-BOX(ノーマルグレード)

先代モデルをキープコンセプトして親しみやすいデザインになっています。

ヘッドライト・テールランプはフルLEDになっており、見た目だけではなく消費電力削減にもなっている。

 

  • スペーシア(ノーマルグレード)

 

対するスペーシアも落ち着いたデザインを採用しています。

N-BOXとの大きな違いはLEDヘッドランプがオプション設定になっていることです。

スーツケースをモチーフにしたデザインは個性があります。

 

  • N-BOX(カスタムグレード)

 

先代よりも大分すっきりしたデザインになっており、押し出し感が若干薄まりました。

しかしより幅広い年代に受け入れられると思われます。

またLEDヘッドランプは最近のホンダ車が採用するデザインになっており、しかも軽自動車では初採用のシーケンシャルウィンカー搭載

 

  • スペーシア(カスタムグレード)

 

押し出し感で言えばスペーシアの方があります。

しかし個人手にな感想で言えばまとまりがないと感じます。

またウィンカーも電球なのでN-BOXと比較すると物足りない。

エクステリアまとめ

デザインに関しては人によって感じ方がこのとなるので何とも言えませんが、新型N-BOXの方が灯火類フルLED仕様(ナンバー灯以外)ですので、所有欲は高いのでは??

特にノーマルグレードでもフルLEDなのは嬉しいですね。

 

インテリアは?

  • N-BOX

 

  • スペーシア

 

どちらも軽自動車としては質感が良いと思われます。

N-BOXはメーターを丈夫に持ってくることで視線移動が少ないように工夫されています。

収納面でも先代のデメリットだった少なさを解消しています。

 

スペーシアはインテリアでもスーツケースをモチーフにしており、遊び心あるデザインになっています。

また助手席まえの収納は二段式になっており、ボックステッシュも入れることを想定しています。

スポンサーリンク

新型N-BOX と新型スペーシアの室内広さ比較

  • N-BOX
室内寸法(mm) 長さ 2,240
1,350
高さ 1,400

 

  • スペーシア
室内寸法(mm) 長さ 2,155
1,345
高さ 1,410

 

数値的には少し変わりますが、実際は殆ど一緒といってもいいでしょう!

室内の広さに関しては両者互角の戦いです。

 

ラゲッジや乗り降りのしやすさは?

 

こちらに関してはN-BOXの勝利となります。

燃料タンクが後ろにないため荷室の床面地上高が、スペーシアと比較して4cmも低い!

また荷室開口高はN-BOX:1200mmに対してスペーシア:1150mmとこちらもN-BOXの勝利です。

 

スライドドアの寸法は?

次は乗り降りのしやすやに直結するスライドドア開口部の寸法を比較します♪

  • N-BOX
  • 開口幅:640mm
  • 開口高:1245mm

 

  • スペーシア
  • 開口幅:600mm
  • 開口高:1245mm

 

開口幅が4cmもの違いがあります。

軽自動車での4cmは大きなものですので、N-BOXのほうが乗り降りしやすいという結果になりますね♪

 

更にN-BOXにはオプションで「ハンズフリースライドドア」が設定されており、足をスライドドア下にかざせば開くようになってます。

お子さんを抱っこしながらでも開けられますので、ファミリーには嬉しい装備と言えます。

 

新型N-BOX と新型スペーシアの安全装備を比較?

両者とも運転支援システムが採用されています。

どちらがどんな機能あるのかわかりやすく比較してみました♪

 

  • N-BOX:ホンダセンシング
  • 車線維持支援システム
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • アクティブクルーズコントロール
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • オートハイビーム
  • 後方誤発進抑制機能

 

  • スペーシア:デュアルセンサーブレーキサポート 
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト
  • 後退時ブレーキサポート
  • 後方誤発進抑制機能
  • リヤパーキングセンサー

 

一見すると同じような機能に見えますが、結構違いがあるので説明します。

 

まずN-BOXの方は、アクティブクルーズコントロール・車線維持支援システム・歩行者事故低減ステアリングの点が違います。

アクティブクルーズコントロールは設定した速度で車間距離を自動で保ってくれる機能です。

車線維持支援システムはクルーズコントロール使用時に、車線中央をキープしやすいようにステアリングアシスト

歩行者事故低減ステアリングは歩行者と接触の恐れがある場合は回避操作をアシスト

 

一方スペーシアに関しては、後退時ブレーキサポートが軽自動車初となります。

リヤパーキングセンサーが障害物を感知して、ぶつかると判断した場合は自動ブレーキ制御が入ります。

 

またスペーシアにはオプションになりますが、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」も軽自動車初採用も見逃せない

 

総合的な評価はN-BOXの方が優れていると判断できます。

特に高速道路使用が多いユーザーは、アクティブクルーズコントロール・車線維持支援システムの恩恵を大きく受けると思います。

一回経験すると戻れません!

 

更に安全装備ではN-BOXが幅広いグレードに、サイドエアバッグとカーテンエアバッグを標準搭載している点もポイントです。

お子さんなど載せる機会が多い軽自動車ですので、こういった点は無視できない!

スペーシアは上級グレードは標準装備

 

新型N-BOX と新型スペーシアの燃費比較

燃費に関してはマイルドハイブリッドを採用するスペーシアに軍配が上がります。

  • N-BOX:27.0km/l~
  • スペーシア:30.0km/l~

となっていますし、実際の市街地ではモーター走行可能なスペーシアの方が実燃費もいいだろう。

この点はモーターアシスト搭載車には敵いません。

 

価格を比較

  • N-BOX:1,385,640円~1,880,280円
  • カスタム:1,698,840円~2,080,080円

 

  • スペーシア:1,333,800円~1,589,760円
  • カスタム:1,576,800円~1,908,360円

 

約10万円スペーシアの方が安い設定になっています。

しかし運転支援システムの機能・カーテンエアバッグの幅広いグレードでの標準搭載・ノーマルモデルでもLEDヘッドランプ標準など、価格差は変わらないと思います。

総合的に見て本当に何もいらないならスペーシアですね。

オプション選択していくとN-BOXと変わらない価格となりますので、ここは引き分けと思います。

 

まとめ

「新型N-BOX と新型スペーシアを比較!燃費・安全装備・価格・室内の広さは?」は参考になりましたか?

記事には書ききれなかった両者の魅力はあると思いますが、管理人的にはN-BOXがお勧めです。

その理由はやはりホンダセンシング機能の充実と安全装備であるエアバッグですね♪

 

追従式クルーズコントロールと車線維持の組み合わせは、高速道路などの長距離移動で大きな疲労感の違いになります。

ただ奥さんの待ち乗りセカンドカーではスペーシアも良いと思います!

なんといっても収納のアイデアはさすがスズキです。

 

また軽自動車でも狭い道が苦手な人のは360度ビューもオプションで用意されているなど、日常での使いやすさを追及しています。

あと若干ですがスペーシアの方が0.1m小回りがききます♪

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

新型N-BOX と新型スペーシアを比較!燃費・安全装備・価格・室内の広さは?

お役立ち情報 車解説&比較

スポンサーリンク

ハイト系軽自動車N-BOXが2017年9月にフルモデルチェンジされ販売台数もトップを飾り話題になりました。

対する新型スペーシアは2017年12月14日にフルモデルチェンジされ、妥当N-BOXとするためスズキのアイデアが詰まった一台です。

 

同じハイト系軽自動車でも安全装備。価格・室内の広さなどは変わってきますので、今回は新型N-BOX と新型スペーシアを比較していきたいと思います♪

どちらにしようか迷ってるユーザーさんの参考になれば幸いです!

新型N-BOX と新型スペーシアのエクステリア比較

  • N-BOX(ノーマルグレード)

先代モデルをキープコンセプトして親しみやすいデザインになっています。

ヘッドライト・テールランプはフルLEDになっており、見た目だけではなく消費電力削減にもなっている。

 

  • スペーシア(ノーマルグレード)

 

対するスペーシアも落ち着いたデザインを採用しています。

N-BOXとの大きな違いはLEDヘッドランプがオプション設定になっていることです。

スーツケースをモチーフにしたデザインは個性があります。

 

  • N-BOX(カスタムグレード)

 

先代よりも大分すっきりしたデザインになっており、押し出し感が若干薄まりました。

しかしより幅広い年代に受け入れられると思われます。

またLEDヘッドランプは最近のホンダ車が採用するデザインになっており、しかも軽自動車では初採用のシーケンシャルウィンカー搭載

 

  • スペーシア(カスタムグレード)

 

押し出し感で言えばスペーシアの方があります。

しかし個人手にな感想で言えばまとまりがないと感じます。

またウィンカーも電球なのでN-BOXと比較すると物足りない。

エクステリアまとめ

デザインに関しては人によって感じ方がこのとなるので何とも言えませんが、新型N-BOXの方が灯火類フルLED仕様(ナンバー灯以外)ですので、所有欲は高いのでは??

特にノーマルグレードでもフルLEDなのは嬉しいですね。

 

インテリアは?

  • N-BOX

 

  • スペーシア

 

どちらも軽自動車としては質感が良いと思われます。

N-BOXはメーターを丈夫に持ってくることで視線移動が少ないように工夫されています。

収納面でも先代のデメリットだった少なさを解消しています。

 

スペーシアはインテリアでもスーツケースをモチーフにしており、遊び心あるデザインになっています。

また助手席まえの収納は二段式になっており、ボックステッシュも入れることを想定しています。

スポンサーリンク

新型N-BOX と新型スペーシアの室内広さ比較

  • N-BOX
室内寸法(mm) 長さ 2,240
1,350
高さ 1,400

 

  • スペーシア
室内寸法(mm) 長さ 2,155
1,345
高さ 1,410

 

数値的には少し変わりますが、実際は殆ど一緒といってもいいでしょう!

室内の広さに関しては両者互角の戦いです。

 

ラゲッジや乗り降りのしやすさは?

 

こちらに関してはN-BOXの勝利となります。

燃料タンクが後ろにないため荷室の床面地上高が、スペーシアと比較して4cmも低い!

また荷室開口高はN-BOX:1200mmに対してスペーシア:1150mmとこちらもN-BOXの勝利です。

 

スライドドアの寸法は?

次は乗り降りのしやすやに直結するスライドドア開口部の寸法を比較します♪

  • N-BOX
  • 開口幅:640mm
  • 開口高:1245mm

 

  • スペーシア
  • 開口幅:600mm
  • 開口高:1245mm

 

開口幅が4cmもの違いがあります。

軽自動車での4cmは大きなものですので、N-BOXのほうが乗り降りしやすいという結果になりますね♪

 

更にN-BOXにはオプションで「ハンズフリースライドドア」が設定されており、足をスライドドア下にかざせば開くようになってます。

お子さんを抱っこしながらでも開けられますので、ファミリーには嬉しい装備と言えます。

 

新型N-BOX と新型スペーシアの安全装備を比較?

両者とも運転支援システムが採用されています。

どちらがどんな機能あるのかわかりやすく比較してみました♪

 

  • N-BOX:ホンダセンシング
  • 車線維持支援システム
  • 路外逸脱抑制機能
  • 誤発進抑制機能
  • 歩行者事故低減ステアリング
  • アクティブクルーズコントロール
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能
  • オートハイビーム
  • 後方誤発進抑制機能

 

  • スペーシア:デュアルセンサーブレーキサポート 
  • 誤発進抑制機能
  • 車線逸脱警報機能
  • ふらつき警報機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • ハイビームアシスト
  • 後退時ブレーキサポート
  • 後方誤発進抑制機能
  • リヤパーキングセンサー

 

一見すると同じような機能に見えますが、結構違いがあるので説明します。

 

まずN-BOXの方は、アクティブクルーズコントロール・車線維持支援システム・歩行者事故低減ステアリングの点が違います。

アクティブクルーズコントロールは設定した速度で車間距離を自動で保ってくれる機能です。

車線維持支援システムはクルーズコントロール使用時に、車線中央をキープしやすいようにステアリングアシスト

歩行者事故低減ステアリングは歩行者と接触の恐れがある場合は回避操作をアシスト

 

一方スペーシアに関しては、後退時ブレーキサポートが軽自動車初となります。

リヤパーキングセンサーが障害物を感知して、ぶつかると判断した場合は自動ブレーキ制御が入ります。

 

またスペーシアにはオプションになりますが、周囲を立体的に360°確認できる「3Dビュー」も軽自動車初採用も見逃せない

 

総合的な評価はN-BOXの方が優れていると判断できます。

特に高速道路使用が多いユーザーは、アクティブクルーズコントロール・車線維持支援システムの恩恵を大きく受けると思います。

一回経験すると戻れません!

 

更に安全装備ではN-BOXが幅広いグレードに、サイドエアバッグとカーテンエアバッグを標準搭載している点もポイントです。

お子さんなど載せる機会が多い軽自動車ですので、こういった点は無視できない!

スペーシアは上級グレードは標準装備

 

新型N-BOX と新型スペーシアの燃費比較

燃費に関してはマイルドハイブリッドを採用するスペーシアに軍配が上がります。

  • N-BOX:27.0km/l~
  • スペーシア:30.0km/l~

となっていますし、実際の市街地ではモーター走行可能なスペーシアの方が実燃費もいいだろう。

この点はモーターアシスト搭載車には敵いません。

 

価格を比較

  • N-BOX:1,385,640円~1,880,280円
  • カスタム:1,698,840円~2,080,080円

 

  • スペーシア:1,333,800円~1,589,760円
  • カスタム:1,576,800円~1,908,360円

 

約10万円スペーシアの方が安い設定になっています。

しかし運転支援システムの機能・カーテンエアバッグの幅広いグレードでの標準搭載・ノーマルモデルでもLEDヘッドランプ標準など、価格差は変わらないと思います。

総合的に見て本当に何もいらないならスペーシアですね。

オプション選択していくとN-BOXと変わらない価格となりますので、ここは引き分けと思います。

 

まとめ

「新型N-BOX と新型スペーシアを比較!燃費・安全装備・価格・室内の広さは?」は参考になりましたか?

記事には書ききれなかった両者の魅力はあると思いますが、管理人的にはN-BOXがお勧めです。

その理由はやはりホンダセンシング機能の充実と安全装備であるエアバッグですね♪

 

追従式クルーズコントロールと車線維持の組み合わせは、高速道路などの長距離移動で大きな疲労感の違いになります。

ただ奥さんの待ち乗りセカンドカーではスペーシアも良いと思います!

なんといっても収納のアイデアはさすがスズキです。

 

また軽自動車でも狭い道が苦手な人のは360度ビューもオプションで用意されているなど、日常での使いやすさを追及しています。

あと若干ですがスペーシアの方が0.1m小回りがききます♪

 

コメントをどうぞ