2017年後半 ヴェルファイア、アルファード マイナーチェンジでセーフティセンスP採用!

車ニュース 車解説&比較

スポンサーリンク

トヨタが販売する上級ミニバンの「ヴェルファイア」・「アルファード」が2017年後半にマイナーチェンジされて新発売されることが判明しました。

今回の改良では「トヨタセーフティセンスP」の採用によって安全氏の向上が図られます。

またエクステリアデザインとインテリアの質感向上も同時に行われる予定になっている!

今判明している情報をまとめてみました♪

マイナーチェンジされるヴェルファイア、アルファードは安全性向上?

今回のマイナーチェンジで搭載される「トヨタセーフティセンスP」は歩行者と自動車に対応した運転支援システムです!

現行型にも自動ブレーキは採用されていますが、歩行者には対応しておらず少し役不足です。

そこで安全装備をパッケージにしたセーフティセンスPで安全性能向上させます!

セーフティセンスPの特徴は?

ミリ波レーダーと単眼カメラによって前方を監視することで、ドライバーの不注意や突然の飛び出しなどで回避または軽減をしてくれるもです。

4つの機能で安全運転をサポートします!

歩行者対応自動ブレーキ

搭載された二種類のセンサーによって前方の歩行者、自動車を感知

衝突の危険性が迫った場合は、ブザー・ディスプレイにて警告

その時にドライバーがブレーキを踏んだ場合は、ブレーキ力を高める

万が一ブレーキを踏まない場合は自動的にブレーキ操作を行い、衝突回避または軽減

車線逸脱防止

搭載された単眼カメラによって、ドライバーがウィンカー操作を行わないで車線逸脱の恐れがあるときには、ステアリング振動とブザーで警告

車線逸脱回避しやすいようにステアリングアシストしてくれます。

ハイビーム・ロービーム自動切換え

搭載された単眼カメラによって、周囲の明るさや自動車のヘッドライト・テールランプを感知して迷惑にならないように切り替えをします。

夜間走行の安全性向上してくれますね!

追従式クルーズコントロール

ミリ波レーダーと単眼カメラによって先行車を感知。

設定した速度内でアクセル・ブレーキ操作を行い自動的に車間距離を調節してくれます。

高速道路や自動車専用道路で活躍しますね。

また全車速ですので渋滞のノロノロ走行やストップアンドゴーにも対応してますので。大幅な疲労軽減が期待できます。

ヘッドライトはアダプティブハイビームシステムか?

上記ではハイロー切り替えですが、もしかしたら改良では「アダプティブハイビームシステム」と呼ばれるシステムになるかもしれません!

ヘッドライト内に内蔵されたLEDが個別制御を行い先行車・対向車だけハイビームを回避して、ほかは照らすものです。

常に最適な配光してくれるので事故防止に役立ちます。

スポンサーリンク

マイナーチェンジでエクステリアデザインも小変更

外観は大きく変更されることなく小規模な変更にとどまる予定です。

  • バンパーデザイン
  • ヘッドライト・テールライト変更
  • 新デザインアルミホイール

くらいで現行型と大きな変更はありません。

まだ確定ではないので新しい情報が入ったらお伝えします。

インテリアの質感向上

現行型でも質感高いインテリアですが、2017年の改良で更に質感向上させるようです。

上級グレードの物が下のグレードでも採用されたり、インテリアパネルの変更などありそうですね。

2017年 ヴェルファイア、アルファード マイナーチェンジ後の価格は?

セーフティセンスpの搭載によって約15万円~20万円の幅で価格上昇するようです。

安全装備の機能を考えたら高いとは言えず、万が一のことを考えたら安いでしょう!

あとから装備できないので最初から装着されていた方が安心です。

特別仕様車はいったん廃止

現在、ヴェルファイアとアルファードに設定されている特別仕様車「ゴールデンアイズ・「タイプブラック」は改良によって廃止されます。

廃止されますが、先代モデルと同じくゴールデンアイズ2、タイプブラック2などに進化して再販される。

まとめ

「2017年後半 ヴェルファイア、アルファード マイナーチェンジでセーフティセンスP採用!」は参考になりましたか?

なんでも東京モーターショーに展示して販売開始とも噂されています。

2018年1月との情報もありますので、まだまだ販売までには時間かかることは明確。

マイナーチェンジ前モデルを安く買うか、安全性能向上した改良後モデルを待つか悩みどころですね・・・

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

2017年後半 ヴェルファイア、アルファード マイナーチェンジでセーフティセンスP採用!

車ニュース 車解説&比較

スポンサーリンク

トヨタが販売する上級ミニバンの「ヴェルファイア」・「アルファード」が2017年後半にマイナーチェンジされて新発売されることが判明しました。

今回の改良では「トヨタセーフティセンスP」の採用によって安全氏の向上が図られます。

またエクステリアデザインとインテリアの質感向上も同時に行われる予定になっている!

今判明している情報をまとめてみました♪

マイナーチェンジされるヴェルファイア、アルファードは安全性向上?

今回のマイナーチェンジで搭載される「トヨタセーフティセンスP」は歩行者と自動車に対応した運転支援システムです!

現行型にも自動ブレーキは採用されていますが、歩行者には対応しておらず少し役不足です。

そこで安全装備をパッケージにしたセーフティセンスPで安全性能向上させます!

セーフティセンスPの特徴は?

ミリ波レーダーと単眼カメラによって前方を監視することで、ドライバーの不注意や突然の飛び出しなどで回避または軽減をしてくれるもです。

4つの機能で安全運転をサポートします!

歩行者対応自動ブレーキ

搭載された二種類のセンサーによって前方の歩行者、自動車を感知

衝突の危険性が迫った場合は、ブザー・ディスプレイにて警告

その時にドライバーがブレーキを踏んだ場合は、ブレーキ力を高める

万が一ブレーキを踏まない場合は自動的にブレーキ操作を行い、衝突回避または軽減

車線逸脱防止

搭載された単眼カメラによって、ドライバーがウィンカー操作を行わないで車線逸脱の恐れがあるときには、ステアリング振動とブザーで警告

車線逸脱回避しやすいようにステアリングアシストしてくれます。

ハイビーム・ロービーム自動切換え

搭載された単眼カメラによって、周囲の明るさや自動車のヘッドライト・テールランプを感知して迷惑にならないように切り替えをします。

夜間走行の安全性向上してくれますね!

追従式クルーズコントロール

ミリ波レーダーと単眼カメラによって先行車を感知。

設定した速度内でアクセル・ブレーキ操作を行い自動的に車間距離を調節してくれます。

高速道路や自動車専用道路で活躍しますね。

また全車速ですので渋滞のノロノロ走行やストップアンドゴーにも対応してますので。大幅な疲労軽減が期待できます。

ヘッドライトはアダプティブハイビームシステムか?

上記ではハイロー切り替えですが、もしかしたら改良では「アダプティブハイビームシステム」と呼ばれるシステムになるかもしれません!

ヘッドライト内に内蔵されたLEDが個別制御を行い先行車・対向車だけハイビームを回避して、ほかは照らすものです。

常に最適な配光してくれるので事故防止に役立ちます。

スポンサーリンク

マイナーチェンジでエクステリアデザインも小変更

外観は大きく変更されることなく小規模な変更にとどまる予定です。

  • バンパーデザイン
  • ヘッドライト・テールライト変更
  • 新デザインアルミホイール

くらいで現行型と大きな変更はありません。

まだ確定ではないので新しい情報が入ったらお伝えします。

インテリアの質感向上

現行型でも質感高いインテリアですが、2017年の改良で更に質感向上させるようです。

上級グレードの物が下のグレードでも採用されたり、インテリアパネルの変更などありそうですね。

2017年 ヴェルファイア、アルファード マイナーチェンジ後の価格は?

セーフティセンスpの搭載によって約15万円~20万円の幅で価格上昇するようです。

安全装備の機能を考えたら高いとは言えず、万が一のことを考えたら安いでしょう!

あとから装備できないので最初から装着されていた方が安心です。

特別仕様車はいったん廃止

現在、ヴェルファイアとアルファードに設定されている特別仕様車「ゴールデンアイズ・「タイプブラック」は改良によって廃止されます。

廃止されますが、先代モデルと同じくゴールデンアイズ2、タイプブラック2などに進化して再販される。

まとめ

「2017年後半 ヴェルファイア、アルファード マイナーチェンジでセーフティセンスP採用!」は参考になりましたか?

なんでも東京モーターショーに展示して販売開始とも噂されています。

2018年1月との情報もありますので、まだまだ販売までには時間かかることは明確。

マイナーチェンジ前モデルを安く買うか、安全性能向上した改良後モデルを待つか悩みどころですね・・・

コメントをどうぞ