ターボの車って燃費悪いの?軽自動車のノーマルエンジンと比較!

ターボの車って燃費悪いの?軽自動車のノーマルエンジンと比較!

皆さんターボの車ってどんなイメージが?
パワーがあるけど燃費が悪い・・・ってイメージありませんか?

 

一昔前に流行ったドッカンターボ時代を知る方であれば燃費が悪く、大体5km/L~8km/l前後しか走らなかったと思います。
しかし最近ではダウンサイジングターボなどと呼ばれる環境性能を重視したエンジンが搭載されています!

 

この記事ではそんなターボの事をわかりやすくまとめてみました!

スポンサーリンク

やっぱりターボの車って燃費悪いの?

 

結論から申し上げますと、ダウンサイジングターボ搭載車であれば悪くありません。

 

参考例にしますと、人気クロスオーバーSUV「C-HR」にもターボエンジンがラインアップされています。

  • 1.2L直列4気筒ターボエンジン
  • 最高出力:85kW[116PS] / 5,200・5,600rpm
  • 最大トルク:185N・m[18.9kgf.m] / 1,500・4,000rpm
  • CVT
  • AWD

ターボを搭載しながら、JC08燃費は16.4km/lをマークしています。

また高級ブランド「レクサス」でもダウンサイジングターボ搭載の流れがあります。
ISはマイナーチェンジ前は2.5L V6エンジンを搭載していましたが、現在では2.0Lターボエンジンに置き換わっている。

両エンジンのスペックを比較すると

  • 2リッター直4 DOHC 16バルブターボ
  • 最高出力:245ps/5800rpm
  • 最大トルク:35.7kgm(350Nm)/1650-4400rpm
  • JC08燃費:13.2km

 

マイナーチェンジ前のエンジンは以下になる。

  • 2.5L V型6気筒
  • 最高出力:215ps/6,400rpm
  • 最大トルク:26.5kgm/3,800rpm
  • JC08燃費:11.6km

 

まず馬力がターボエンジンの方が+30PS・最大トルク8.7kgm向上しつつ、JC08燃費は1.6km/lアップしている。
このようにパワーをアップさせつつ排気量を下げることで燃費性能も向上させているのがわかったと思います♪

 

現在は世界的にもダウンサイジングターボ搭載で動力性能・環境性能の両立を図っている。
ハイパワーモデルもダウンサイジングターボを採用している!

メルセデスベンツのAMGも排気量ダウン!

 

上記の画像は先代C63AMGになります!搭載されるエンジンは

  • 6.2L V型8気筒
  • 最高出力:457ps
  • 最大トルク:61.2kgm
  • JC08燃費 7.1km/L

かなり強烈なスペック・排気量・燃費になっています。

これがフルモデルチェンジによって

  • 4.0リッターV型8気筒ツインターボ
  • 最高出力:510ps
  • 最大トルク:71.3kgm
  • JC08燃費9.5km

このようにハイパフォーマンスモデルでもパワーと環境性能を同時に向上させています。

 

このようにターボだから燃費が悪いって時代ではなくなりました!

 

スポンサーリンク

軽自動車のノーマルエンジンと比較すると?

 

ここまでは排気量を下げたダウンサイジングターボを紹介してきましたが、同じ排気量でターボ・自然吸気が存在している車があります!
それは軽自動車です♪
次は同じ排気量同士の燃費性能を見ていきたいと思います。
今回は軽自動車ナンバーワン「N-BOX」を例にまとめる。

 

  • ノーマルエンジン:JC08燃費27.0km/l
  • ターボエンジン:JC08燃費25.6km/l

ノーマルエンジンとターボエンジンの差が僅か1.4km/lしか違いがありません。

 

このように同じ排気量でターボを搭載したからと言って燃費が悪いというわけではない!
また実燃費ではターボの方が優れているシチュエーションもあるようなので、やはりターボだから燃費が悪っていうのは昔の話です♪

 

なぜターボは燃費悪いと言われていた?

ここまでで現在ではターボだから燃費が悪いって事はないってわかってもらえたと思います♪
ここでターボが燃費悪い理由をか簡単に解説します!

  • 圧縮比が低い

エンジンの圧縮比が低いと低トルクが稼げないため、アクセルを踏み込む量が多くなり燃料を消費
ターボの場合圧縮比を高くするとノッキングが起きてしまいます。

  • 過給機が搭載されている

これがあるからターボなのですが、この過給機はエンジンに沢山の空気を送り込む役割がある。
沢山の空気を燃やすのに燃料が多く必要になります。

  • 冷却にも燃料消費

エンジンの温度が高くなるとノッキング起きやすくなり、それを防ぐため必要以上の燃料を噴射して冷却します。
これによっていつも以上に燃料が消費されます。

 

以前のターボではこのように燃費に不利な条件になっていましたが、現在はタービンの小型化や制御技術の向上によってパワーと環境性能が両立できるようになりましたので、ダウンサイジングターボ搭載車が増えてきています。

まとめ

「ターボの車って燃費悪いの?軽自動車のノーマルエンジンと比較!」は参考になりましたか?

現代のターボは燃費悪くない♪

大排気量から置き換わって搭載車種が拡大しているので、試乗したことない方は一度運転してみてください!
快適な走りに満足できると思います。

特に輸入車は元気な走りを見せてくれます!

勿論ターボ・ノーマル関係なく荒い運転をすると燃費性能は悪くなりますので、運転方法も見直してみるのもいいかもしれません。

こちらの記事で詳しく解説しています↓

エコドライブでガソリン節約!燃費向上させるコツや運転方法とは?

タイヤに窒素入れると燃費向上の効果?空気との違いと価格は?

エコタイヤと普通のタイヤの違いは?燃費やメリット・デメリットは?

お役立ち情報カテゴリの最新記事