【2018年9月14日 新型PCXハイブリッド 発売】スペック・燃費・価格は?

【2018年9月14日 新型PCXハイブリッド 発売】スペック・燃費・価格は?

ホンダが販売する125ccスクーター「PCX」がハイブリッドモデルを設定して2018年9月14日に新発売されます。

車などではお馴染みのハイブリッドですが実はバイクでは新型PCXハイブリッドが世界初の販売となります。

 

バイクの場合車と違ってスペース的な問題からハイブリッドに必要なバッテリーの搭載が難しかったのですが、バッテリーの小型化・高性能化によって実現しました。

今回はそんな新型PCXハイブリッドのスペック・燃費・価格について詳しく記事まとめました。

新型PCXハイブリッドのスペックは?

 

まずベース車両から新たに搭載した高出力型リチウムイオンバッテリーに注目です。

PCXではACGスターターと呼ばれるエンジン始動・発電を担当しているシステムがありますが、今回の新型PCXハイブリッドでがこのACGスターターに駆動システムを組み込んでいます。

48V高出力リチウムイオン

アシスト制御・バッテリー監視機能など行う「パワードライブユニット(PDU)」を通してACGスターターを利用して駆動をアシスト

発進を力強くサポート

運転手がアクセル操作を行った瞬間から約4秒間発進アシストを行い、モーターのレスポンスによる力強い走行アシストが入ります。

今までのエンジンにはない機敏なスロットルレスポンスを実現

走行モードも選択可能

運転手の好みや走行シーンに応じてアシスト力を変更できる機能も採用されています。

  • Dモード:走行性能・燃費性能を両立
  • Sモード:アシストを最大限にしてアクセル操作に対して機敏になります。

 

これはPCXハイブリッドのメータ周りになっており、ガソリン残量の横にバッテリーの残量系が表示されています。

その上には走行モードの表示、チャージ&アシスト状況のメータが確認できます。

切替は左ハンドル人差し指付近のMODEスイッチで行う

 

またベースとなるPCXと比較してアイドリングストップ・システムは停車時のエンジン停止タイミングを短縮しています。

PCXハイブリッドの燃費やエンジンは?

 

最高出力 (kW[PS]/rpm) エンジン 9.0[12]/8,500
電動機(モーター) 1.4[1.9]/3,000
最大トルク (N・m[kgf・m]/rpm) エンジン 12[1.2]/5,000
電動機(モーター) 4.3[0.44]/3,000
電動機(モーター)定格出力(kW) 0.36
燃料消費率※8(km/L) 国土交通省届出値 定地燃費値(km/h) 55.0(60)<2名乗車時>
WMTCモード値★ (クラス) 51.9(クラス1)<1名乗車時>

 

燃費をベースとなるPCXでは

  • 国土交通省届出値 定地燃費値(km/h):52.9(60)〈2名乗車時〉
  • WMTCモード値★ (クラス):46.0(クラス 2-1)〈1名乗車時〉

になっておりハイブリッドだからと言って大幅に燃費向上とはなっていません。

この辺は車のように大きなバッテリーを搭載できないのが原因でしょう。

 

しかしPCXハイブリッドの特徴はモーターによる強力なアシストです♪

新型PCXハイブリッドの価格は?

消費税込み:432,000円で「Honda二輪EV取扱店」での販売となります。

ベースモデルが342,360円ですのでプラス9万円となっています!

新型PCXハイブリッドとベースモデルの違いは?

 

ヘッドライト周りではポジションランプ裏側のブラケット色をブルーとなっていて、消灯時にブルーの色が見えます。

テールランプはクリアテールを採用して、ヘッドランプ同様内部がブルーとなっています。

 

 

フロントのみが作動する1チャンネルタイプのABSを装備。またフロントブレーキにはφ220mmのディスク+2ポットキャリパーを採用しています。

またシートではPCXハイブリッドではステッチをブルー・シート表皮はブラックとグレーのツートーンの変更点があります。

ラゲッジ容量はバッテリー搭載によって容量が28.8L→23.3Lに減っています。

ヘルメットを収納したときに小物入れスペースがなくなっています。

まとめ

「【2018年9月14日 新型PCXハイブリッド 発売】スペック・燃費・価格は?」はいかがでしたか?

ハイブリッドと言ってもプリウスのようにモーター主体の物ではなく、ワゴンRなどに搭載されているマイルドハイブリッドが近いと言えます。

しかし車両重量が軽いバイクなのでモーターアシストが面白く感じるでしょう。

 

スクーターの場合駆動系を弄る事がありますが、PCXハイブリッドの出だしはノーマルでも速いでしょう!この辺は早く試乗してみて感じたいところです。

管理人は試乗車が用意されたら乗りに行ってみたいと思いますので、PCXハイブリッド試乗の感想も記事にあげたいと思います。

バイク関連カテゴリの最新記事