【2018年9月14日 新型PCXハイブリッド 発売】スペック・燃費・価格は?

この記事は約2分で読めます。

新型PCXハイブリッドのスペックは?

 

まずベース車両から新たに搭載した高出力型リチウムイオンバッテリーに注目です。

PCXではACGスターターと呼ばれるエンジン始動・発電を担当しているシステムがありますが、今回の新型PCXハイブリッドでがこのACGスターターに駆動システムを組み込んでいます。

48V高出力リチウムイオン

アシスト制御・バッテリー監視機能など行う「パワードライブユニット(PDU)」を通してACGスターターを利用して駆動をアシスト

発進を力強くサポート

運転手がアクセル操作を行った瞬間から約4秒間発進アシストを行い、モーターのレスポンスによる力強い走行アシストが入ります。

今までのエンジンにはない機敏なスロットルレスポンスを実現

走行モードも選択可能

運転手の好みや走行シーンに応じてアシスト力を変更できる機能も採用されています。

  • Dモード:走行性能・燃費性能を両立
  • Sモード:アシストを最大限にしてアクセル操作に対して機敏になります。

 

これはPCXハイブリッドのメータ周りになっており、ガソリン残量の横にバッテリーの残量系が表示されています。

その上には走行モードの表示、チャージ&アシスト状況のメータが確認できます。

切替は左ハンドル人差し指付近のMODEスイッチで行う

 

またベースとなるPCXと比較してアイドリングストップ・システムは停車時のエンジン停止タイミングを短縮しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました