【ホンダ 新型S1000 最新情報】搭載エンジン・発売日・価格は?

【ホンダ 新型S1000 最新情報】搭載エンジン・発売日・価格は?

 

ホンダが現在販売している人気スポーツ軽自動車「S660」の兄貴分「S1000」の販売が予定されている!

S600の普通自動車バージョンとなる予定で、排気量やボディサイズが拡大される。

 

S660をベースとしながら海外でも販売するためにS1000に開発が進められている。

今回はそんなホンダ 新型S1000の最新情報をまとめてみました。

 

 

ホンダ 新型S1000 最新情報(搭載エンジン)

S1000搭載エンジン

 

搭載されるエンジンは車名から想像されるように1.0Lエンジンが搭載されます。

このエンジンはシビックより採用された新開発Vテックターボになります。

  • 1.0リットル直列3気筒ガソリンVTEC TURBO
  • 最高出力:129ps/5500rpm
  • 最大トルク:20.4kgm/2250rpm

このエンジンと組み合わされるのは6MT・CVTが用意される予定です。

 

搭載レイアウトはミッドシップでS660と同じです。

ここでS660とS1000のエンジンを比較してみましょう。

S660搭載エンジン

  • 最高出力:64ps/6000rpm
  • 最大トルク:10.6kgf・m/2600prm

 

このようになっておりS1000と比較すると最大馬力とトルクが倍近く出ています!

 

以前の情報では660ccのまま出力向上など予定されていたそうですが、耐久性や燃費性能を考慮して1000cc搭載といった形となりました。

 

こだわりの走行性能

サイドエアインテークやNACAダクトを採用することでエンジンルームの温度上昇を防いでくれます。

吸気口やエアクリの工夫で気持ちいい吸気音を聞かせます

 

またブローオフサウンド・排気音などもこだわり、運転していて気持ちいいと感じられるようにします。

S600と同じくS1000も専用開発されたタイヤが用意される予定

新型S1000のエクステリアは?

S1000 エクステリア

 

こちらの画像は噂されている情報を元に作成されたCGになります。

S660をベースとしながらもボディサイズは制限されることはないので、軽自動車のS660よりまとまったエクステリアになっています

 

NSXのデザインも取り入れらる予定となります

  • S1000ボディサイズ
  • 全長 4,100mm
  • 全幅 1,695mm
  • 全高 1,190mm

普通車枠となりますので制限されることはないですが、今現在S1000は5ナンバー枠で販売されるとのことです。

3ナンバーは復活が噂されるS2000が担当することになりますね。

 

軽自動車サイズでは満足できないユーザーからは支持されるでしょう。

ロールトップ採用か?

 

S1000でも軽量化のためロールトップ採用の可能性があります

少し取り外しが面倒だが慣れてしまえばそこまで時間はかからないです。

 

電動オープンの方が気軽に開け閉めできますが重量が増してしまうデメリットがあります。

急な雨などではやはり利便性に欠けてしまいますが、走りの質を求めたS1000にはロールトップなのでしょう!

ホンダ 新型S1000 最新情報(安全装備)

安全装備はホンダセンシングが採用される見込みです。

S660にはオマケ程度の自動ブレーキが採用されていますが。S1000にはホンダセンシングが採用されます♪

S660もマイナーチェンジでホンダセンシング搭載との情報があります。

  • 衝突軽減ブレーキ(CMBS)

搭載されたセンサーで自動ブレーキをかけて衝突回避または軽減を行います

  • 車線維持支援システム(LKAS)

車線を感知してはみ出さないようにハンドルアシストが入ります

  • 先行車発進お知らせ機能

自分が停止中に先行車が発進した場合ドライバーにお知らせ

  • 歩行者事故低減ステアリング

歩行者と接触の恐れがある場合回避操作をアシスト

  • 路外逸脱抑制機能

路外にはみ出しそうになった場合ハンドルアシストでサポート

  • 誤発進抑制機能

センサーが障害物を感知してる状態でアクセル踏み込んでもエンジン出力を制御

  • アダプティブ・クルーズ・コントロール(ACC)

設定した速度内でアクセル・ブレーキ操作をして車間をキープ

  • 標識認識機能

速度制限・一時停止など標識をディスプレイに表示

  • オートハイビーム

夜間走行時など自動でハイロー切り替えを行います

  • 後方誤発進抑制機能

バック状態でも障害物がある場合急なアクセル操作を制御

 

シビックMTでもホンダセンシングが採用されているので、S1000のMTでも同じく採用されると思われます。

 

気になるS1000の発売日と価格は?

以前は2017年にコンセプトモデルを発表して2019年頃発売とありましたが、今の情報では2019年東京モーターショーで発表&2020年頃販売といった流れのようです。

気になる価格は約260万前後で販売されるとの予想になります!

 

これはS1000のライバルとなる

  • ロードスター
  • 86&BRZ

の価格帯を考慮したものになります。

ライバルも気になる!

86&BRZのフルモデルチェンジは2021年頃となっており、S1000の強力なライバルとなります。

またトヨタが販売を予定していた「S-FR」も開発再開となればライバルとなりますね!

 

「【2021年 新型86・BRZ フルモデルチェンジ】搭載エンジン・安全装備・価格は?」

「トヨタ 新型S-FR 2020発売予定!搭載されるエンジンや価格は?」

 

S1000は販売されない可能性も・・・?

雑誌情報になりますがS1000の開発はストップしているとありました・・・

開発コストなどの問題のようで、コンセプトモデルすら制作されてないとの情報があるようです。

 

もし販売の可能性があるのならば東京モーターショー2019に出展されることです。

コンパクトスポーツのラインナップ増えてほしいところですが・・・

 

まとめ

「【ホンダ 新型S1000 最新情報】搭載エンジン・発売日・価格は?」はいかがでしたか?

S660ではやはり少し物足りないと感じてる方は、S1000の登場心待ちにされているでしょう

管理人もやはりミッドシップスポーツカーには憧れており、販売されたら購入検証です♪

 

ここ最近は若干スポーツカーブームとなっており、スープラもBMWと共同開発で復活が話題ですね。

日産もシルビアの復活など計画しているようですから今後のスポーツカージャンル盛り上がるのを期待します。

 

またS1000の最新情報入ってきたらすぐにお伝えします。

【裏技】愛車の最高額を60秒でチェック&下取りよりも20万以上高く売れた人が続出

楽天オート」を使うと愛車の最高額を60秒でチェックできる
さらに申し込みだけで楽天5ポイントがもらえる!

愛車を高く売るなら「カーセンサー」がオススメ
下取りよりも20万以上も高く売れた人が続出!

【愛車の最高額をチェック】楽天オート
【愛車をとにかく高く売る】カーセンサー

【裏技】市場に出回らない非公開車両やレアな中古車をGET

ズバット車販売」を使うと市場に出回らない非公開車両や極秘車両を無料提案してもらえる。
例えば、下記みたいな一見無茶な相談もOK。

  • 新車とほぼ同等のプリウスがほしい
  • ディーラーの試乗車落ち、ほぼ走っていない車がほしい
  • 5,000km以内で100万以内のタントがほしい

【レアな車両をチェック】ズバット車販売

新型車カテゴリの最新記事