【2021年 新型86・BRZ フルモデルチェンジ】搭載エンジン・安全装備・価格は?

【2021年 新型86・BRZ フルモデルチェンジ】搭載エンジン・安全装備・価格は?

 

トヨタとスバルが販売するスポーツカー「86」・「BRZ」は2012年4月から販売されて人気の車となっています。

今の時代には貴重な全幅1800mm以内のコンパクトFRスポーツとなっています。

 

搭載されているエンジンはスバルの水平対向2.0LとなっていてMTモデルで馬力207PSを発揮

そんな86・BRZが2021年に向けてフルモデルチェンジされるとの情報がありますので、今回は新型86・BRZの情報まとめてみました。

 

 

2021年 新型86・BRZ フルモデルチェンジ(搭載エンジン)

新型86・BRZフルモデルチェンジのエンジン

 

まず搭載されるエンジンだが、現行モデル2.0L水平対向エンジンから排気量アップとなります。

これは主戦場であるアメリカ市場の要望にこたえる形で2.4Lに排気量がアップされます。

  • FA24型水平対向エンジン
  • ボア94mm×ストローク86mm
  • 最高出力:235PS

現行207PSからパワーアップされ加速フィールが向上されます。

 

現行同様に新型86・BRZに搭載されるエンジンにはターボではなく自然吸気となります。

 

やはり自然吸気ならではのレスポンスなど重視して、運転する楽しさをドライバーに提供する形です。

トランスミッションなどは大きく変更なし

この2.4L水平対向に組み合わされるのは6速ATとなる

8速ATが欲しいところだがエンジンのマッチングや工数などの制限で6速ATとなるようです。

 

またサスペンションも改良されたものが搭載されます。

  • 前輪:ストラット式
  • 後輪:ダブルウッシュボーン式

当然セッティングは見直されますがリファインの域を超えないとの情報が入ってます。

 

プラットフォームに関しても現行流用となりホイールベース2570mmに変更なないようだ!

しかしながら各部補強などで現行モデルより剛性は高められる。

 

2+2は変わらないので全体的なシルエットは現行と似るとのことです。

 

新型86・BRZ では安全装備を設定

 

遂に衝突安全装備が設定されるようです。

2021年に販売される予定なので、その時代になんの安全装備がないというのは商品力が低すぎる・・・

 

しかしながら新型86・BRZのフルモデルチェンジでもエンジンやプラットフォームなど流用されるように、電装系プラットフォームを流用される

このため最新のアイサイトは搭載されずにバージョン3が設定されるようです。

  • プリクラッシュブレーキ
  • 全車速追従機能付クルーズコントロール
  • アクティブレーンキープ
  • 車線中央維持
  • AT誤発進抑制制御
  • AT誤後進抑制制御
  • 警報&お知らせ機能

残念ですが発売予定の2021年に登場のバージョン4は搭載されないようです。

 

バージョン4は日立と決別してステレオカメラをオートリブ製に切り替える

最新バージョン4は次期レヴォーグに搭載される予定だ。

「【2020年新型レヴォーグ フルモデルチェンジ】ダウンサイジングエンジン搭載!現行モデルとの違いは?」

 

更にバージョン4.5ではモービルアイ製単眼カメラが追加されトリプルカメラとなる。

 

2021年 新型86・BRZ フルモデルチェンジ(価格・発売日)

現行モデルの価格は243 〜 359.1 万円となっています。

新型86・BRZでは大きく価格アップはされないで、排気量アップや安全装備が追加されることで約10万~20万円前後の価格となる予定です

発売日は2021年を予定しており86・BRZが販売されて9年目でフルモデルチェンジをむかえます。

 

新型86とBRZは違う道を進む!?

 

 

なんとそれぞれ別の方向に開発が進んでいるとの情報もあります。

なんでもトヨタが排気量アップを望んでいなかったようです。

 

またスバルはBRZの国内撤退を予定しているようで、ダウンサイジングの時代にトヨタ86が国内で2.4Lエンジン搭載車を販売するハメになる

搭載が噂されていたインホイールモーターによる電動化ハイブリッドの追加もなし!

 

新型86はミッドシップの可能性

スバルと決別する新型86はこのままFRもしくはMRとなる可能性がある

トヨタが販売する予定だったら「S-FR」の開発凍結の後を継ぐのが新型86になるとのことです。

 

次期カローラーツーリングに採用される新開発1.6L直3ターボエンジンを搭載する可能性がある。

その一方でもう一つ新型86候補が存在している

 

マツダロードスターのシャーシをベースにトヨタ独自のボディ搭載してミッドシップに仕立てる

その場合の搭載エンジンも新開発1.6L直3ターボエンジンと考えられる

 

新型BRZは4WD化

次期WRXに採用される4WDを新型BRZに採用する案が出ているようです。

次期WRXではクーペモデルが設定されるとのことで、このクーペがBRZとして登場する可能性が出てきている

 

そうなった場合BRZの名称は消滅して、WRXクーペのような名称となるとのことで事実上BRZは今世代で終了といった形になります。

まとめ

「【2021年 新型86・BRZ フルモデルチェンジ】搭載エンジン・安全装備・価格は?」は参考になりましたか?

新型86とBRZに関しては様々な情報が飛び交っており未だに確信的な情報はない!

 

排気量アップの件も次期WRZでは新開発1.8Lターボエンジンが搭載されますし、スバルとしてもダウンサイジング進めていくと事業計画も発表しています。

軽量FRスポーツならばダウンサイジングターボを搭載するメリットあるのですが、排気量アップは重くなるし税金も上がります。

 

またトヨタ・スバルが別々の道に進むとの情報もあり、新型86・BRZが完全別設計で販売される可能性もでてきています。

 

 

 

【裏技】愛車の最高額を60秒でチェック&下取りよりも20万以上高く売れた人が続出

楽天オート」を使うと愛車の最高額を60秒でチェックできる
さらに申し込みだけで楽天5ポイントがもらえる!

愛車を高く売るなら「カーセンサー」がオススメ
下取りよりも20万以上も高く売れた人が続出!

【愛車の最高額をチェック】楽天オート
【愛車をとにかく高く売る】カーセンサー

【裏技】市場に出回らない非公開車両やレアな中古車をGET

ズバット車販売」「クルマコネクト」を使うと市場に出回らない非公開車両や極秘車両を無料提案してもらえる。
例えば、下記みたいな一見無茶な相談もOK。

  • 新車とほぼ同等のプリウスがほしい
  • ディーラーの試乗車落ち、ほぼ走っていない車がほしい
  • 5,000km以内で100万以内のタントがほしい

【電話で相談】ズバット車販売
【チャット相談】クルマコネクト

※クルマコネクトのページに行くと「今すぐサクッと相談」「じっくり相談」の2つがあります。すぐ売れてしまう人気車両や非公開車両を紹介してもらうには「じっくり相談」にしてください。「今すぐサクッと相談」は機械が自動的に答えるだけなので、非公開車両は紹介てもらえません。

新型車カテゴリの最新記事