【新型マツダCX-30 2019年10月新発売】搭載エンジン・装備・価格は?

【新型マツダCX-30 2019年10月新発売】搭載エンジン・装備・価格は?

マツダが新型SUV「CX-30」を2019年10月に日本で販売することが決定しています。

このCX-30はCX-5とCX-3の間を埋めるモデルとして販売され、好調なSUVジャンルに更なる選択肢が増えることになります。

 

ベースはMazda3となっており新設計の車となります

今回はそんな新型CX-30のエンジン・装備・価格など詳しくまとめてみましたので、購入予定の方は参考にしてみてください

 

 

新型マツダCX-30に搭載されるエンジンは?

 

用意されるエンジンラインナップはベースであるMazda3同様に3つから選択が可能だ

  • 「SKYACTIV-G 2.0」
  • 「SKYACTIV-D1.8」
  • 「SKYACTIV-X」

この中でやはり注目なのは新技術採用している「SKYACTIV-X」です!

一つ一つのエンジンスペックを見ていきましょう

SKYACTIV-G 2.0

  • 自然吸気2.0L 直列4気筒
  • 最高出力 114kW(155PS)/6,000rpm
  • 最大トルク 196Nm(20.0kgm)/4,000rpm

SKYACTIV-D1.8

  • 1.8L 直4気筒デーゼル
  • 最高出力 85kW(116ps)/4,000rpm
  • 最大トルク 270Nm(27.5kgm)/2,600rpm

SKYACTIV-X

  • 2.0L 直列4気筒
  • 最高出力132kW(180ps)/6,000rpm
  • 最大トルク224Nm/3,000rpm

 

上記2つは今までのガソリンとディーゼルになりますが、Mazda3より搭載がスタートしたSKYACTIV-Xはガソリンとディーゼルの良いとこどりしたエンジンとなります。

 

燃費をよくするためにはガソリンを少なくして燃やせばいいのですが、あまりに薄くなると点火プラグによる火花点火が出来なくなる

そこでディーゼルエンジンのように圧縮着火を行います

この技術は今現在マツダのみが市販化しており技術力の高さがうかがえます

 

空気を多く取り入れるためスーパーチャージャーを装備したり、マイルドハイブリッドも搭載するなどかなりコストが掛けられているエンジンです

新型CX-30のエクステリアは?

 

マツダ共通デザイン「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用しています

このエクステリアからわかるように丁度CX-5とCX-3の中間といった感じですね

CX-30・CX-5・CX-3の大きさ比較

サイズ CX-3 新型CX-30 CX-5
全長 4,275mm 4,395mm 4,545mm
全幅 1,765mm 1,795mm 1,840mm
全高 1,550mm 1,540mm 1,690mm
ホイールベース 2,570mm 2,655mm 2,700mm

このように数値で見ると程よい大きさになっているのがわかります

日本で乗るにはこのくらいのサイズが扱いやすいです

 

CX-3は荷室や2列目が狭くヴェゼルやCH-Rと比較すると悲惨なものでしたが、中間のCX-30が加わったことでライバルとそん色ない空間を手に入れました

新型CX-30のインテリアは?

 

インテリアはベースとなったMazda3と同じデザインを採用

Mazda3のインテリアの質感は高く、CX-30も所有感高い車となります

 

TFT 8.8インチのインフォテインメントシステムは、今までのマツコネの不満を解消しており、さらに使い勝手が向上しています

「Android Auto」と「Apple CarPlay」に対応してスマホとの連携も可能です

 

上級者顔負けの質感になっており、レクサスUXよりも高級感あると思います

 

新型CX-30の安全 装備は?

マツダの安全支援システム「i-ACTIVSENSE 」が搭載され万が一の事故回避または軽減をしてくれます

  • アドバンスト・スマート・シティ・ブレーキ・サポート
  • AT誤発進抑制制御
  • アダプティブ・LED・ヘッドライト
  • ハイ・ビーム・コントロールシステム
  • 車線逸脱警報システム
  • AT誤発進抑制制御[前進時/後退時
  • スマート・ブレーキ・サポート*自転車検知機能付(SBS)
  • レーンキープ・アシスト・システム(LAS
  • クルージング&トラフィック・サポート(CTS)

これらの先進装備が搭載され、このクラスではトップクラスの機能を採用しています

 

G-ベクタリングコントロールも搭載

こちら同じみG-ベクタリングコントロールがCX-30にももちろん採用されます

カーブなどでエンジン出力制御することでレーンキープ性・応答性を向上させる

 

これによって無駄な車両の動きも減るので同乗者も酔いにくいメリットがあります

まるで少し運転がうまくなったような錯覚になるようですね

新型マツダCX-30の価格や発売日は?

発売日は2019年10月を予定しています。

販売価格は

  • 2.0自然吸気:235万~285万円前後
  • 1.8Lディーゼル:285万円~325万円前後
  • SKYACTIV-X;330万円~360万円前後

このような価格帯になる予想です

 

予約自体は9月ごろから順次受付とのことですので、早めに納車したい方は9月予約開始スタートしたらディーラーに行くのがいいでしょう♪

まとめ

「【新型マツダCX-30 2019年10月新発売】搭載エンジン・装備・価格は?」は参考になりましたか?

激戦のジャンルに新たなSUVを投入するマツダ

新技術を搭載したCX-30はライバルと比べてセールスポイントが強いといえます

 

また運転支援システムもライバルよりも先進の機能が与えられ、マツダ内でもMazda3・CX-30にしか現在採用されてない機能もある

上質なインテリアに先進技術などライバルもうかうかしていられない状況ですね

 

【裏技】愛車の最高額を60秒でチェック&下取りよりも20万以上高く売れた人が続出

楽天オート」を使うと愛車の最高額を60秒でチェックできる
さらに申し込みだけで楽天5ポイントがもらえる!

愛車を高く売るなら「カーセンサー」がオススメ
下取りよりも20万以上も高く売れた人が続出!

【愛車の最高額をチェック】楽天オート
【愛車をとにかく高く売る】カーセンサー

【裏技】市場に出回らない非公開車両やレアな中古車をGET

ズバット車販売」を使うと市場に出回らない非公開車両や極秘車両を無料提案してもらえる。
例えば、下記みたいな一見無茶な相談もOK。

  • 新車とほぼ同等のプリウスがほしい
  • ディーラーの試乗車落ち、ほぼ走っていない車がほしい
  • 5,000km以内で100万以内のタントがほしい

【レアな車両をチェック】ズバット車販売

新型車カテゴリの最新記事