【2018年12月17日新型プリウス マイナーチェンジ】エクステリアデザインを大幅変更して新発売

【2018年12月17日新型プリウス マイナーチェンジ】エクステリアデザインを大幅変更して新発売

 

人気のハイブリッド専用カー「プリウス」2018年12月17日にエクステリアデザインを大幅に変更させるマイナーチェンジを行います。

現行プリウスは奇抜なデザインを採用したため、デザインを理由に購入断念するユーザーがー一定数いました。

 

その声が届いたのか今回のマイナーチェンジでエクステリアに手が加わってマイナーチェンジとなります。

改良前とどのように変わったか比較と細かい内容をまとめてみました。

2018年12月17日新型プリウス マイナーチェンジ【エクステリア比較】

上が今回マイナーチェンジされた新型プリウスで、下がマイナーチェンジ前となります。

フロント側の変更点は以下になります。

  • ヘッドランプ変更

以前の物はZのようにバンパーに切り込まれたデザインとなっていましたが、新ヘッドランプではオーソドックスな横長ヘッドランプに変更されました。

またデザインだけではなく照射範囲も拡大され実用性も向上しています。

  • バンパー・フォグランプ変更

変更前はヘッドランプと繋がるように造形されていましたが、こちらもシンプルになりフォグランプの場所も一緒に変更されています。

フォグランプはグリル下に移動されています。

 

フロント側は新型プリウスのマイナーチェンジ前と比較するとシンプルになり大人しくなりました。

先代のデザインに少し近づいた印象です。

リアデザインも変更された

上が新型、下が改良前のプリウスとなっておりフロント同様、リア側も大きく変更されているのが確認できます。

マイチェン前で特に不評が多かったテールデザインが見直されており、垂れ下がったように光るテールからオーソドックスな横型に変更されています。

  • リアバンパーも変更

テールデザイン変更と同時にバンパーデザインも見直されており、リフレクター位置やバンパー下部がエッジを効かせたデザインとなっています。

マイチェン前の丸みがあるものより、角ばって踏ん張りがあるように感じます。

新しいボディカラーも仲間入り

  • エレクトリックストームブルー
  • スーパーソニックレッド

今回のマイナーチェンジに合わせてこの2色が新しくラインアップに加わります。

2018年12月17日新型プリウス マイナーチェンジ【インテリア】

 

エクステリほどインテリアは変更されていませんが、今回新たに採用された機能などありますので紹介します。

  • 4.2インチのカラーデュアルマルチインフォメーションディスプレイ

こちらはカスタマイズ可能なもので、エネルギーモニター、ハイブリッドシステムインジケーター、エコスコア、エコセービングレコード、ドライブモニター、エコウォレット、エコダイアリーなどを表示させることが可能です。

  • ヘッドアップディスプレイ(HUD)

ドライバー前方のガラスにスピードメーター・ハイブリッドシステムインジケーターが表示されます。

  • ハンドルパネル・シフトパネルがブラックに

マイナーチェンジによってハンドル下パネルとシフトパネル部分がピアノブラックに変更されました。

  • 室内ルームランプLED

この辺も最近の車らしく電球からLEDに変更されています。

 

またリミテッドグレードにはPHVにも設定されている「11.6インチ・マルチメディアディスプレイ」が選択できるようになっている。

しかしこの11.6インチ・マルチメディアディスプレイはCD・DVDなどは使用不可のためこれらのメディア使用する人は注意が必要です。

 

遂に電動パーキングブレーキ採用

プリウスSUVと言えるC-HRには採用している電動パーキングブレーキが遂にマイナーチェンジで採用されます。

最近ではハリアーもマイチェンで電動パーキングブレーキを採用しましたね。

 

しかし管理人として腑に落ちないのが高級ブランドであるレクサスIS・RCのマイチェンでは電動パーキングブレーキが採用されず未だに足踏み式になっています。

この辺はレクサスなので採用してもらいたかった・・・

 

2018年12月17日新型プリウス マイナーチェンジ【安全装備】

全車トヨタ・セーフティ・センスPを標準搭載とすることで、安全運転支援がより広いユーザーに適応されます。

  • プリクラッシュセーフティ
  • レーンディパーチャーアラート
  • オートマチックハイビーム
  • レーダークルーズコントロール

マイナーチェンジでプリウスも繋がる車に

  1. すべてのお客様にコネクティッドサービス*3を体感いただけるよう、専用通信機DCMを全車に標準搭載し、T-Connect*4サービスを3年間無料で提供します
  2. 専任のオペレーターに24時間365日、口頭で目的地設定や情報検索を依頼できるオペレーターサービス*5や、トヨタスマートセンターで収集するリアルタイムな交通情報や地図データなどをもとに、より最適なルートを探索し、ナビゲーション車載機に配信するハイブリッドナビ*6機能など、カーライフを快適にするサービスを提供しています
  3. スマートフォンアプリLINEにマイカーを“友達”として追加設定することで、ナビゲーションの目的地登録や航続可能距離の確認などができるLINEマイカーアカウント*7を設定しました

引用元https://newsroom.toyota.co.jp/jp/toyota/25674138.html

クラウン・カローラから始まった繋がる車コネクティッドサービスがプリウスでも開始されたのも特徴です!

レクサスではお馴染みのサービスですがトヨタ車にもどんどん広がっていっています。

価格は?

ハイブリッド
システム
駆動 価格*10
(消費税込み)
E リダクション
機構付のTHSⅡ
(2ZR-FXE 1.8L)
2WD(FF) 2,518,560
S 2WD(FF) 2,565,000
E-Four 2,759,400
“ツーリングセレクション” 2WD(FF) 2,732,400
E-Four 2,926,800
A 2WD(FF) 2,842,560
E-Four 3,036,960
“ツーリングセレクション” 2WD(FF) 3,006,720
E-Four 3,201,120
Aプレミアム 2WD(FF) 3,175,200
E-Four 3,369,600
“ツーリングセレクション” 2WD(FF) 3,284,280
E-Four 3,478,680

まとめ

「【2018年12月17日新型プリウス マイナーチェンジ】エクステリアデザインを大幅変更して新発売」はいかがでしたか?

不評だったエクステリアデザイン変更で売り上げアップを狙うプリウス

現在ノートeパワーの販売によって9千台もの販売数の差があります。

この改良によってどのように売り上げが変わるか見ものですね♪

 

マイチェン情報が前に入ってきたときはプリウスPHVに近くなると言われていましたが、正直そこまで近くなったとは思いません。

 

管理人個人的な意見ですがやはりプリウスPHVのエクステリアデザインの方がカッコいいと思います。

特にGRはかっこいい♪

 

最初からこのデザインで販売していれば若い人も購入したのではないでしょうか?

PHVだと価格が高いのもありますが、やはりネックは4人乗りって事でしょうか・・・

 

新型プリウスのマイナーチェンジ後が展示されたら実車見に行きたいと思います。

実際見たら印象変わるかもしれません。

 

 

新型車カテゴリの最新記事