【新型ヴェゼルターボ(ツーリング)をマイナーチェンジで2019年1月31日追加】エンジンスペックや価格はどうなる?

【新型ヴェゼルターボ(ツーリング)をマイナーチェンジで2019年1月31日追加】エンジンスペックや価格はどうなる?

ホンダが販売する人気クロスオーバーSUV「ヴェゼル」が2019年1月31日にマイナーチェンジされます。

このマイナーチェンジで待望の1.5L  Vテックターボが設定される。

 

いままで市場からヴェゼルターボを望む声が多かったので、待ち望んでいた方も多かったのではないでしょうか?

今回はそんな新型ヴェゼルターボのエンジンスペックや価格など情報まとめてみました。

 

新型ヴェゼルターボ(ツーリング)がマイナーチェンジで追加「エンジン」

 

設定されるグレード名は「ツーリング」という名称となっていて、ステップワゴンから搭載がスタートしたダウンサイジング「1.5L VTEC TURBO 」を搭載します。

  • ヴェゼルターボのスペック
  • 最高出力:182ps/5,500rpm
  • 最大トルク:17.8kgm/4,000rpm

 

ステップワゴンに搭載されているものとエンジンは同じですステップワゴン150PSなので、ヴェゼルターボの方が最高出力が高くなっている。

ステップワゴンはレギュラーですが、使用燃料はハイオクになるとのことなのでパワー向上は燃料の違いですね。

 

また走り好きに嬉しいのが6MTの設定があることではないでしょうか!

ダウンサイジングターボと6MTの組み合わせは面白いです。

 

新型ヴェゼルターボ(ツーリング)は専用エクステリア・インテリアも用意

●専用ヘッドライトガーニッシュ(ブラック塗装)

●専用フロントグリル(クロームメッキ)

●専用フロントバンパーロアーグリル

●専用ボディーロアーガーニッシュ(グレーメタリック)

●エキパイフィニッシャー(左右2本出し)

●専用エンブレム

●ルーフレール

●コンビシート(ダークグレー〈ウルトラスエード®〉/ブラウン)&専用インテリア

●運転席&助手席シートヒーター

●アジャイルハンドリングアシスト

●18インチアルミホイール(グレー塗装)

 

 

上記がヴェゼルターボの専用エクステリアとなっています。

全体的にダークカラーでまとめており他のグレードと差別化を図っていますね。

 

二本出しマフラーがカッコいいです♪

マフラー音などチューニングなどされていたら面白いのですが、実車でどのようになっているか気になりますので、情報が入ったらお伝えします。

新色ボディカラーにこだわりが!

  • プレミアムクリスタルブルー・メタリック
  • スーパープラチナグレー・メタリック

今回ヴェゼルターボの設定と同時に2色の新ボディカラーが追加されます。

 

この2色はボディの陰影を際立たせるカラーリングとなっており実車で確認してみたい!

最近はボディカラーに拘っている車が増えてきましたね。

板金が少し高くなるのがデメリットですが・・・

 

専用ブラウンでお洒落に!

 

ヴェゼルターボのインテリは専用ダークブラウン仕上げとなっていて高級化のあるインテリアとなります。

シートは滑りにくく上質なウルトラスエード仕立てとなっている。

 

こういったターボモデルのインテリは黒と赤ステッチ組み合わせなどが多いのですが、ヴェゼルターボはブラウンで高級感があり良いですね!

ライバルであるC-HRよりヴェゼルの方が質感は良いと思います。

 

新型ヴェゼルターボ(ツーリング)がマイナーチェンジで価格は?

ガソリンモデルとハイブリッドの中間価格となります。

約230万~270万円となっていて1.5L自然吸気モデルより25万前後高くなる

ターボのもつ力強さは一度乗ると病みつきになるので、試乗したら1.5L自然吸気より高くても購入希望者が増えると思います。

 

新型ヴェゼルターボに設定される安全装備は?

 

新型ヴェゼルターボにもホンダセンシングが変わらず搭載されることになります。

  • 衝突軽減ブレーキシステム(CMBS)
  • 路外逸脱抑制機能
  • LKAS(車線維持支援システム)
  • ACC 渋滞追従機能付アダプティブクルーズコントロール
  • 標識認識機能
  • 誤発進抑制機能
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 後方誤発進抑制機能
  • オートハイビーム

こちらに変更はなくこの機能が引き続き設定!

 

まとめ

「【新型ヴェゼルターボ(ツーリング)をマイナーチェンジで2019年1月31日追加】エンジンスペックや価格はどうなる?」はいかがでしたか?

ターボエンジンはRSグレードが設定されたときから用意されたらいいのにと意見が出ていましたので、ようやく登場って感じですね。

2020年にはフルモデルチェンジされると情報がありますので、テコ入れとしては最適な時期と言えます。

 

ライバルであるC-HRは1.2Lターボでパワー的に不満があり、C-HRからの乗り換え検証ユーザーも取り込めるかもしれません。

最近のSUVブームはまだまだ衰えておらずレクサスUXも好調な販売とニュースがありました。

 

ヴェゼルターボだけではなく今後の新型車も期待ですね♪

 

新型車カテゴリの最新記事