2019年12月 新型ムーヴ フルモデルチェンジ!エンジン・装備・価格は?

2019年12月 新型ムーヴ フルモデルチェンジ!エンジン・装備・価格は?

ダイハツが販売する人気軽自動車「ムーヴ」2019年12月頃にフルモデルチェンジされる予定となっています。

今回のフルモデルチェンジでは新開発プラットフォーム・新開発トランスミッション・次世代スマートアシストなど注目すべき点が多数あります。

今回はそんな新型ムーヴについて情報まとめてみました!

 

 

新型ムーヴ フルモデルチェンジでエンジンは?

NAエンジンスペック

  • 最大出力:38[52]PS/6800回転
  • 最大トルク:60[6.1]kgf.m/5200回転

ターボエンジンスペック

  • 最大出力:47[64]PS/6400回転
  • 最大トルク:92[9.4]kgf.m/3200回転

搭載されるエンジンは自然吸気とターボエンジンの二本立てとなります。

気になる燃費性能は?

  • ターボモデル:JC08燃費32.0km/l
  • 自然吸気モデル:JC08燃費29.0km/l

 

現行モデルより大幅な向上はないようです。

その代わり今以上に気持ちのいい走りを実現する

新技術が採用されるエンジン

  • マルチスパーク

タントより採用された日本初のシステムで二回点火させることで燃焼性能を向上させます

  • スワール噴霧

噴射する燃料をより細かくする技術

こちらも燃焼性能向上させる

 

またタントではこのような技術によって

  • 60km/h定常走行時で約12%の燃費向上
  • 100km/h定常走行時で約19%の燃費向上

ターボモデルでは40キロ~80キロの加速タイムを1秒短縮しています。

 

タントよりも車両重量が軽い新型ムーヴでは新エンジンの性能をもっと体感できるでしょう。

 

新型CVTにも注目

 

タントより採用された新開発「D-CVT」にも注目だ

トヨタが開発したDirect Shift-CVTのように従来のCVTにギアを組み込んだトランスミッションとなります

 

トヨタと違うのは発進用ギアではなく高速側に配置したことだ

CVTが苦手な高速域で伝達率の良いギアを組み合わせている

 

またパワースプリットと呼ばれる構造で、エンジン出力はベルト、ギア両方に駆動輪に伝えられる

新型ムーヴ フルモデルチェンジで新プラットフォーム採用

 

新型ムーヴではDNGAと呼ばれる新開発プラットフォームが採用されます

アンダーボディの骨格を断面なく連続化させることで高剛性化を実現じています

 

またあわせてサスペンション取り付け部の剛性も向上させることで、ハンドル操作性や安定感を向上

アッパーボディには超ハイテン材の使用拡大・結合部の改善などによって軽量化を実現しています

静粛性も向上

ボディ剛性や安全性の他に車内の静粛性も向上して、会話がしやすい環境となります

高速走行でも現行モデルより静粛性向上しているので音楽などもさらに楽しめます。

 

この辺はもはやコンパクトカーと遜色ないレベルで仕上がっており、軽自動車がメインカーといった方も多くいらっしゃいますね。

安全性能も一昔前に比べたら格段に向上しています。

 

新型ムーヴの装備は充実

今となっては必須の安全装備も進化します。

  • 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)

セットした速度内でブレーキ・アクセルを自動制御して最適な車間距離を保ちます

また渋滞時の停止や発進にも対応することで疲労を大幅に軽減してくれます

  • LKC(レーンキープコントロール)

搭載されたカメラで道路線検知することで全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)利用時に車線中央を維持するようにステアリングアシストが入ります

 

上記の装備は「スマートクルーズパック」というパックオプションで用意される

以下がそのパックの装備となる

  • 全車速追従機能付ACC(アダプティブクルーズコントロール)
  • LKC(レーンキープコントロール)
  • スマートクルーズ専用ディスプレイ
  • テアリングスイッチ(運転支援用)
  • ETCユニット
  • 運転席シートリフター
  • チルトステアリング
  • 革巻ステアリングホイール(メッキオーナメント・シルバー加飾付)
  • ドライブアシストイルミネーション(エコドライブアシスト照明付)

他にもこんな最新安全運転支援システムが採用

  • 衝突警報機能(対車両・対歩行者)
  • 衝突回避支援ブレーキ機能(対車両・対歩行者)
  • 先行車発進お知らせ機能
  • 標識認識機能(進入禁止)
  • 車線逸脱警報機能
  • 車線逸脱抑制制御機能
  • スマートパノラマ パーキングアシスト(駐車支援システム)
  • ブレーキ制御付誤発進抑制機能(前方・後方)
  • コーナーセンサー(フロント2個/リヤ2個)
  • パノラマモニター
  • ADB(アダプティブドライビングビーム)
  • フルLEDヘッドランプ サイドビューランプ
  • オートハイビーム

このような機能でドライブをサポートしてくれます

万が一の事故の回避または軽減の効果が期待できます

快適装備も!

  • 360°スーパーUV&IRカットガラス(フロントクォーター/フロントドア/リヤドア/リヤクォーター/バックドアウインドゥ)

夏のじりじり日差しなど軽減してくれるもので、エアコンの効きがかなり変わってきます

  • 運転席/助手席シートヒーター

こちらは冬の必需品シートヒーターで温まる前でも体を温めてくれます

  • 9インチナビ

現行は8インチですが新型では9インチの大画面が選択できるようになります

 

新型ムーヴの発売日や価格は?

今現在の情報では2019年12月発売予定となっており、東京モーターショーでは市販モデルの出展も予定されています

販売価格については現行モデルから約10万~15万円ほどアップとなります

 

いまの軽自動車は200万オーバーも珍しくなく、コンパクトカーよりも装備が充実しています。

売れ筋なのでどんどん本体価格は上昇していくでしょう。

 

まとめ

「2019年12月 新型ムーヴ フルモデルチェンジ!エンジン・装備・価格は?」はいかがでしたか?

タント新発売や新型N-WGN販売など話題になっており、新型ムーヴの登場にも期待が集まります

 

絶対王者であるN-BOXに新型ムーヴは販売台数適わないかもしれないが、ムーヴはムーヴの良さで勝負してほしいところです

また最新情報入ったらお伝えします!

【裏技】愛車の最高額を60秒でチェック&下取りよりも20万以上高く売れた人が続出

楽天オート」を使うと愛車の最高額を60秒でチェックできる
さらに申し込みだけで楽天5ポイントがもらえる!

愛車を高く売るなら「カーセンサー」がオススメ
下取りよりも20万以上も高く売れた人が続出!

【愛車の最高額をチェック】楽天オート
【愛車をとにかく高く売る】カーセンサー

【裏技】市場に出回らない非公開車両やレアな中古車をGET

ズバット車販売」を使うと市場に出回らない非公開車両や極秘車両を無料提案してもらえる。
例えば、下記みたいな一見無茶な相談もOK。

  • 新車とほぼ同等のプリウスがほしい
  • ディーラーの試乗車落ち、ほぼ走っていない車がほしい
  • 5,000km以内で100万以内のタントがほしい

【レアな車両をチェック】ズバット車販売

新型車カテゴリの最新記事