車に高圧洗浄機!使い方と注意点・塗装は傷まない!?

お役立ち情報 トラブル解決 洗車関係 車用品関係

スポンサーリンク

普段の手洗い洗車を更に快適にしてくれる高圧洗浄機

色んなメーカーが色んな製品を出していて、どれを選ぶか迷っちゃいますよね?

しかし、高圧力のウォータージェットを当てるが故に、塗装が傷まないかどうか心配。

ここでは、そんなキレイ好きなあなたに、高圧洗浄機の使い方と注意点をご紹介します。

高圧洗浄機とは

 

img_highpressure_15_2_1260x793

日曜の真っ昼間、ご近所のお父さん方が水鉄砲を車に当てて洗車してるのを見た事ありませんか?
タンクの様な物からホースとノズルが出ているアレです。
黄色や緑色のタンクっぽいものを見ることが多いのではないでしょうか。

 

仕組みとしてはとても簡単で、ガソリンスタンドの機械式洗浄機のコンパクトバージョンみたいなものです。

手洗いとの違い

通常のスポンジを使った洗車と何が違うのか?これが一番気になるところ!!

それは、汚れ落ちの良さです。

シャンプーを泡立ててスポンジでこするとで、泥やホコリ、砂などの汚れを泡で絡めとって落とすことが出来ます。

しかし、細かい隙間などに入った汚れってなかなか落ちにくいですよね?

 

高圧洗浄機の場合だと、高圧力で噴出される水が細かい汚れをかき出してくれて、シャンプーで落としきれなかった部分までキレイにしてくれます。

シャンプー洗車のみの人は見過ごしがちですが、細かい汚れって結構残ってるもんなんで。

塗装は傷まないのか

さて、汚れ落ちが良いのいいんですが、とても勢いがある水をかける、と言うよりかは当てる。
これは塗装の傷につながるのではないか?とお思いでしょう。

 

単刀直入に言うと、どんな洗車方法でも傷は付きます。

 

「え!?そんなん言うたら元も子もあらへんやん!」
ってなると思いますけど、ご安心を。

厳密に言うと、目に見えない細かい傷はどうしてもついてしまう、と言うだけです。

コンパウンドやワックスなんかは、粗い傷を目に見えない粒子レベルの傷にすることで鏡面仕上げに見えるようにしているんです。

すいません、屁理屈っぽくて・・・

 

肝心の高圧洗浄機ですが、以外にも目立つ傷は付きにくくなっています。

ただ、使い方に気を付けないと塗装に傷が付いたり、最悪塗装が剥げてしまう事もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

高圧洗浄機の使い方は?

子供の夏休みの様に、水鉄砲を友達に当てて遊ぶ感覚とは全く違いますので、よく読んでおいてください。

なお、メーカーによっては機器の接続方法が異なるので、細かい部分に関してはマニュアルを熟読した上で使用してください。

あくまで高圧洗浄機と言うもの自体の使い方の流れになります。

  • 1、周りに濡れてはいけない物が無いかを確認
    自宅前で行う際は、お隣さんに水や汚れが飛ばないかも確認。(トラブルは事前回避しましょう)
    養生(飛散防止のシートとか)までする必要はありませんが、状況によっては用意しましょう。
  • 2、バケツに水を入れ、水を車全体にかけて大まかな汚れを落とす。
    手洗い同様、ホコリなどの上でスポンジをこする状況を避けるのと原理は同じです。
  • 3、各製品ごとのマニュアルに従い、蛇口・本体・ホース・ガンなどを接続。
    接続後は蛇口を最大まで開ける。
  • 4、ここでやっと、電源を入れてください
    ここまで電源を入れない理由は、誤作動防止の為です。
  • 5、車体の上から下に向かって順番に洗浄。ここは手洗いと変わりません。汚れは上から下に落ちます。
    お待ちかねの引き金を引く瞬間ですね!
  • 6、洗浄が終わった後は、蛇口を止めて本体とホース、ガンに残った水を抜きます。
    そのあとに電源を切ってください。
  • 7、片づけて終了!
    汚れが落ちてるかどうかチェックしてみましょう。

と、長くなりましたが以上になります。

ちなみに、水垢や油汚れは高圧洗浄機だけでは落ちないので、汚れが残っていてもガッカリしないで下さい。
そうなったらシャンプーで落としてあげましょう。

ここで注意!

やり方が分かっただけで安心してはいけません。
貴方の愛車の状況や状態によっては注意が必要な事もあります。

 

  • まず一つ目は、車の形式です。

通常のセダンやファミリーカーなどはそのまま洗浄していただいても構わないのですが、ハードトップやオープンカーは水漏れに注意しなくてはなりません。

ハードトップの場合は、窓枠が無い構造上、車内に水が入りやすくなってしまいます。
窓付近にはガンを向けないよう注意が必要です。

オープンカーの場合も同じで、幌や格納式のハードルーフのふちが密着するゴム部分の密着度があまり強くないので、幌のふちにガンを向けないよう注意が必要です。

  • 二つ目は塗装の状態です。

メーカー純正色のまま、なおかつそこまで年数が経ってない場合はそこまで注意することはありません。

しかし、一度塗装をはがした後に色替えしたものや、経年劣化で色褪せてる場合は高圧洗浄機を使う事はおすすめしません。

 

どちらも新車の状態よりかは塗装が剥がれやすい状態になっているので、危険が大きいです。
また、全体的にキレイな状態でも、一部塗装が剥げているとそこから広がっていく可能性もあります。

汚れが落ちるからと言って乱用していいわけではありません。

やはり手洗いに勝るものは無し!なのか?

「車に高圧洗浄機!使い方と注意点・塗装は傷まない!?」いかがでしたか?
動画を見る限りでは危なそうでも、実際はそうでもありません。

 

しかし、油汚れや水垢が落ちないのは少し痛い。
最終的に手洗いになるのなら若干手間になるかもしれませんが、隙間汚れを落とすには最適かと思います。

 

車以外にも家の壁やタイル目などの掃除にも役に立つそうなので、用途の幅は広いですね!
ケルヒャーやリョービといったメーカーの物を買っておけば間違いはないかと思います。

手洗いでも高圧洗浄機洗いでも、愛車は大事にしましょう!

「ワックスとコーティング剤の違いや種類と効果は?メリット・デメリットを比較!」

「細かい傷を消せる!車用コンパウンドの使い方とオススメ商品は?」

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

車に高圧洗浄機!使い方と注意点・塗装は傷まない!?

お役立ち情報 トラブル解決 洗車関係 車用品関係

スポンサーリンク

普段の手洗い洗車を更に快適にしてくれる高圧洗浄機

色んなメーカーが色んな製品を出していて、どれを選ぶか迷っちゃいますよね?

しかし、高圧力のウォータージェットを当てるが故に、塗装が傷まないかどうか心配。

ここでは、そんなキレイ好きなあなたに、高圧洗浄機の使い方と注意点をご紹介します。

高圧洗浄機とは

 

img_highpressure_15_2_1260x793

日曜の真っ昼間、ご近所のお父さん方が水鉄砲を車に当てて洗車してるのを見た事ありませんか?
タンクの様な物からホースとノズルが出ているアレです。
黄色や緑色のタンクっぽいものを見ることが多いのではないでしょうか。

 

仕組みとしてはとても簡単で、ガソリンスタンドの機械式洗浄機のコンパクトバージョンみたいなものです。

手洗いとの違い

通常のスポンジを使った洗車と何が違うのか?これが一番気になるところ!!

それは、汚れ落ちの良さです。

シャンプーを泡立ててスポンジでこするとで、泥やホコリ、砂などの汚れを泡で絡めとって落とすことが出来ます。

しかし、細かい隙間などに入った汚れってなかなか落ちにくいですよね?

 

高圧洗浄機の場合だと、高圧力で噴出される水が細かい汚れをかき出してくれて、シャンプーで落としきれなかった部分までキレイにしてくれます。

シャンプー洗車のみの人は見過ごしがちですが、細かい汚れって結構残ってるもんなんで。

塗装は傷まないのか

さて、汚れ落ちが良いのいいんですが、とても勢いがある水をかける、と言うよりかは当てる。
これは塗装の傷につながるのではないか?とお思いでしょう。

 

単刀直入に言うと、どんな洗車方法でも傷は付きます。

 

「え!?そんなん言うたら元も子もあらへんやん!」
ってなると思いますけど、ご安心を。

厳密に言うと、目に見えない細かい傷はどうしてもついてしまう、と言うだけです。

コンパウンドやワックスなんかは、粗い傷を目に見えない粒子レベルの傷にすることで鏡面仕上げに見えるようにしているんです。

すいません、屁理屈っぽくて・・・

 

肝心の高圧洗浄機ですが、以外にも目立つ傷は付きにくくなっています。

ただ、使い方に気を付けないと塗装に傷が付いたり、最悪塗装が剥げてしまう事もあるので注意が必要です。

スポンサーリンク

高圧洗浄機の使い方は?

子供の夏休みの様に、水鉄砲を友達に当てて遊ぶ感覚とは全く違いますので、よく読んでおいてください。

なお、メーカーによっては機器の接続方法が異なるので、細かい部分に関してはマニュアルを熟読した上で使用してください。

あくまで高圧洗浄機と言うもの自体の使い方の流れになります。

  • 1、周りに濡れてはいけない物が無いかを確認
    自宅前で行う際は、お隣さんに水や汚れが飛ばないかも確認。(トラブルは事前回避しましょう)
    養生(飛散防止のシートとか)までする必要はありませんが、状況によっては用意しましょう。
  • 2、バケツに水を入れ、水を車全体にかけて大まかな汚れを落とす。
    手洗い同様、ホコリなどの上でスポンジをこする状況を避けるのと原理は同じです。
  • 3、各製品ごとのマニュアルに従い、蛇口・本体・ホース・ガンなどを接続。
    接続後は蛇口を最大まで開ける。
  • 4、ここでやっと、電源を入れてください
    ここまで電源を入れない理由は、誤作動防止の為です。
  • 5、車体の上から下に向かって順番に洗浄。ここは手洗いと変わりません。汚れは上から下に落ちます。
    お待ちかねの引き金を引く瞬間ですね!
  • 6、洗浄が終わった後は、蛇口を止めて本体とホース、ガンに残った水を抜きます。
    そのあとに電源を切ってください。
  • 7、片づけて終了!
    汚れが落ちてるかどうかチェックしてみましょう。

と、長くなりましたが以上になります。

ちなみに、水垢や油汚れは高圧洗浄機だけでは落ちないので、汚れが残っていてもガッカリしないで下さい。
そうなったらシャンプーで落としてあげましょう。

ここで注意!

やり方が分かっただけで安心してはいけません。
貴方の愛車の状況や状態によっては注意が必要な事もあります。

 

  • まず一つ目は、車の形式です。

通常のセダンやファミリーカーなどはそのまま洗浄していただいても構わないのですが、ハードトップやオープンカーは水漏れに注意しなくてはなりません。

ハードトップの場合は、窓枠が無い構造上、車内に水が入りやすくなってしまいます。
窓付近にはガンを向けないよう注意が必要です。

オープンカーの場合も同じで、幌や格納式のハードルーフのふちが密着するゴム部分の密着度があまり強くないので、幌のふちにガンを向けないよう注意が必要です。

  • 二つ目は塗装の状態です。

メーカー純正色のまま、なおかつそこまで年数が経ってない場合はそこまで注意することはありません。

しかし、一度塗装をはがした後に色替えしたものや、経年劣化で色褪せてる場合は高圧洗浄機を使う事はおすすめしません。

 

どちらも新車の状態よりかは塗装が剥がれやすい状態になっているので、危険が大きいです。
また、全体的にキレイな状態でも、一部塗装が剥げているとそこから広がっていく可能性もあります。

汚れが落ちるからと言って乱用していいわけではありません。

やはり手洗いに勝るものは無し!なのか?

「車に高圧洗浄機!使い方と注意点・塗装は傷まない!?」いかがでしたか?
動画を見る限りでは危なそうでも、実際はそうでもありません。

 

しかし、油汚れや水垢が落ちないのは少し痛い。
最終的に手洗いになるのなら若干手間になるかもしれませんが、隙間汚れを落とすには最適かと思います。

 

車以外にも家の壁やタイル目などの掃除にも役に立つそうなので、用途の幅は広いですね!
ケルヒャーやリョービといったメーカーの物を買っておけば間違いはないかと思います。

手洗いでも高圧洗浄機洗いでも、愛車は大事にしましょう!

「ワックスとコーティング剤の違いや種類と効果は?メリット・デメリットを比較!」

「細かい傷を消せる!車用コンパウンドの使い方とオススメ商品は?」

コメントをどうぞ