車の信号待ちでスマホ操作は違反になるの?捕まった場合の罰則金や減点はいくら?

車の信号待ちでスマホ操作は違反になるの?捕まった場合の罰則金や減点はいくら?

皆さん日常でスマホ使用されている機会があると思います。

車の免許持たれている方で、運転中についついスマホ操作しちゃってる事ありませんか?

 

運転中にスマホ操作しているところを、警察官に見つかると道路交通法違反で検挙されていしまいます。

しかし赤信号停止中や渋滞などの停止中にスマホ操作した場合ってどうなの?って気になると思います。

今回は車の停止中にスマホは違反??に関して記事を書いてみました!

車の信号待ちでスマホ操作は違反になるの?

信号待ちでスマホ操作

 

結論から先に申し上げますと一般論的にはセーフといった解釈になります!

道路交通法 第71条 第5号の5に「当該自動車等が停止しているときを除き」との記載がされています。

 

この道路交通法にはこの様なことが書かれています。

車が停止している時を除いて

  1. 手を利用する携帯電話&スマホの操作禁止
  2. 救護及び安全維持のための緊急時通話以外は禁止
  3. メール・動画など画面を見続けるのも禁止

このように定められており減速走行中のスマホ操作は道路交通法違反となっています。

 

この停止が肝心な部分となっていて、同じく道路交通法では赤信号では停止しなければならないと記載されていますので、赤信号で止まる行為は上記の停止状態と言えます。

よって車の信号待ちでスマホ操作は違反にならないといった解釈になる!

 

エンジンがかかった状態でも停止中のスマホ操作はセーフとなりますが、注意したいのは停止&発進を繰り返す状態です。

停止状態から少しでも車が動いたらそれは走行中となるので、渋滞中のスマホ操作は違反で切符を切られる可能性があります。

 

警察官によっては検挙される!?

車を運転しるユーザーの中には、赤信号停止中にもかかわらず切符を切られて検挙されたって報告があります。

取り締まる警察官によって検挙される事例があるようですが、上記のように停止中のスマホ操作は違反にならないと反論してみてください。

走行中にスマホ操作でも違反にならない方法

基本的に運転中のスマホ操作は

  1. 手を利用する携帯電話&スマホの操作禁止
  2. 救護及び安全維持のための緊急時通話以外は禁止
  3. メール・動画など画面を見続けるのも禁止

と説明しましたが以下の条件を満たせは違反にならないです。

 

スマホホルダーを利用する

手で保持して操作が禁止されているので、スマホを固定するホルダーなどを利用する場合は大丈夫です。

しかし違反にならないとしても走行中は危険なのでなるべく操作は控えた方が良いでしょう。

ハンズフリーを利用する

スピーカーモードやイヤホンマイクを利用する場合はセーフとなります

しかし注意してほしいのが周囲の音が全く聞こえない状態はNGとなります!

画面の注視は明確に決まってない

最後に画面を見続ける注視に関しては明確に何秒など定められていない・・・

この画面を見続けるは現場の警察官次第となってしまいます。

スマホホルダー&ハンズフリーで動画視聴してもアウトとなる可能性大と言えます!

 

捕まった場合の罰則金や減点はいくら?

スマホ操作で捕まった

 

  • 携帯電話使用等(交通の危険)スマホが原因で事故を起こした場合
  • 違反点数:2点
  • 大型車 12,000円
  • 普通車 9,000円
  • 二輪車 7,000円
  • 小型特殊車 6,000円
  • 原付車 6,000円

 

  • 携帯電話使用等(保持)運転中のスマホ操作の場合
  • 違反点数:1点
  • 大型車 7,000円
  • 普通車 6,000円
  • 二輪車 6,000円
  • 小型特殊車 5,000円
  • 原付車 5,000円

 

自動運転の最中はスマホ操作しても大丈夫?

自動運転スマホ操作

 

今現在追従式クルーズコントロール&車線維持アシストなどで、運転手がそこまで介入しなくても走行できる機能が搭載されています。

こんごレベル3と呼ばれる自動運転が投入される時代となり、自動運転中のスマホ操作は違反にならない?って思いますよね。

 

残念ながらレベル3の自動運転でも運転中となりますので、スマホ操作は違反となります!

自動運転中でも運転者は周囲の状況を確認しなければなりません。

 

まとめ

「車の信号待ちでスマホ操作は違反になるの?捕まった場合の罰則金や減点はいくら?」は参考になりましたか?

セーフという事になりましたが、安全運転のためになるべく操作はしないようにするのが一番です。

 

また注意しなければならないのはスマートウォッチです!

海外の事例になりますが検挙されたとの報告があります。

現在の日本では注視しなければ違反になりませんが、警察官のさじ加減次第となる。

 

トラブル解決カテゴリの最新記事