日本車0-100km/h加速が速い車ランキングは?スペックと価格も紹介

日本車0-100km/h加速が速い車ランキングは?スペックと価格も紹介

皆さんこんにちは!今回は車の加速で速い車を調べてみました。

普段皆さんが乗られている乗用車は2000cc前後のミニバンやコンパクトカーが多いと思います。

 

これらの0-100km/h加速は大体10秒前後となっており、普通に運転する分にはなんら支障のない加速性能となっています。

でも日本車で加速が速い車ってきになりますよね?

 

今回はそんな日本車0-100km/h加速が速い車を調べてみました!過去に販売された車もランキングに載せています

 

日本車0-100km/h加速が速い車のスペックと価格

まずは日本が誇る加速トップ1から見ていきましょう!

この車は世界中でファンがいてゴジラとも呼ばれている車です。

1位 日産GT-R ニスモ

日本車加速速い車1位

0-100km/h加速2.7秒

販売価格:1850万円

 

2007年に販売されて10年以上たつ車ですがアップデートによって、現在でも第一級の戦闘力を誇ります。

そんなGT-Rをニスモが手掛けたモデルが日本車加速ランキング1位となります。

 

職人の手によって組み立てられたV6 ツインターボエンジン

  • 最高出力 600PS 6,800rpm
  • 最大トルク66.5kgm 3,600-5,600rpm

純正で600PSとなっており一昔前の280PS規制では考えられない出力となっています。

 

このGT-Rは300キロオーバーでも車内で会話できるなどただ速いだけではありません。

またチューニングによって1000PSオーバーも可能なGT-Rはまさに化け物と呼んでいいでしょう。

 

2位 ホンダNSX

日本車加速速い車2位

0-100km/h加速3.0秒

販売価格:2370万円

 

ホンダが販売するスーパーカーNSXが2位となります。

リアミッドシップに搭載された3.5L V6ツインターボとハイブリッドシステムの組み合わせだ。

  • 最高出力 507PS 6,500-7,500rpm
  • 最大トルク 56.1kgm2,000-6,000rpm
  • モーター最高出力 前:37PS 4,500rpm
  • 後:48PS 3,000rpm
  • モーター最大トルク 前:7.4kgm 0-2,000rpm
  • 後:15.1kgm 500-2,000rpm

ホンダ独自のハイブリッドシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」がエンジン+モーターならでは走行フィーリングを実現しています。

 

3位 レクサスLF-A

日本車加速速い車3位

0-100km/h加速3.7秒

販売価格:3750万円

 

レクサスが販売していたプレミアムスーパーカーLF-Aは利益を度外視して設計された車です。

生産台数わずか500台となっていて中古市場では高額で取引されている。

 

搭載されているエンジンは自然吸気4.8L V10エンジン

  • 最高出力 560PS /8700rpmrpm
  • 最大トルク48.9kg・m/7000rpm

このエンジンは今現在LF-Aのみに搭載されているものでそのサウンドは「天使の咆哮」と称されるものです。

 

実際の加速サウンドを聞いてみてください!ノーマルマフラーでこの音です。

 

痺れるようなサウンドですね♪

実際に運転していたら気持ちいいのでしょう!

 

4位 レクサスLC500

日本車加速速い車4位

 

0-100km/h加速4.3秒

販売価格:1402万円

 

レクサスが販売するラグジュアリークーペー「LC500」が4位となります。

この時代に貴重な

5.0L V8エンジンを搭載

  • 最高出力 351kW(477PS)7,100rpm
  • 最大トルク 540Nm(55.1kgm)4,800rpm

近年は環境性能などの関係でダウンサイジングターボが主流となっていて、フェラーリも最新の488はツインターボ化されています。

 

自然吸気らしい素直な応答性とサウンドが魅力的です。

スタイリングもまるでコンセプトカーのような魅力がありますね。

 

5位 レクサスLS500

日本車加速速い車5位

0-100km/h加速4.5秒

販売価格:981万円~1500万円

 

11年ぶりにフルモデルチェンジされたLSは3.5L V6ツインターボと3.5Lマルチステージハイブリッドのラインナップ

ハイブリッドモデルの加速は5.2秒

  • 3.5L V6ツインターボ
  • 最高出力 :421ps/5,200-6,000rpm
  • 最大トルク:61kgm/1,600-4,800rpm

 

大型セダンながらレクサスFシリーズよりも速い加速タイムとなっています。

 

 

6位 レクサスRC-F&GS-F

日本車加速速い車6位

0-100km/h加速4.6秒

販売価格:GS-F 1118万円&RC-F 982万円

 

レクサスFシリーズのGS-FとRC-FはLC500同様に5.0L V8エンジンを搭載

  • 最高出力 351kW(477PS)7,100rpm
  • 最大トルク 540Nm(55.1kgm)4,800rpm

 

セダンにもこのような5.0L V8エンジン搭載しているのは国内ではレクサスのみです。

このような排気量のエンジンは今後現れないので新車購入できるうちがチャンスですね。

 

次期Fモデルは4.0L V8ツインターボとなる情報があります。

 

7位 スカイライン 350GT ハイブリッド

日本車加速速い車7位

0-100km/h加速4.9秒

販売価格:555万円

 

3.5L V6エンジンとハイブリッドシステムの組み合わせで発売時のキャッチフレーズは「世界一速いハイブリッド」です。

  • 最高出力 225kW(306PS)6,800rpm
  • 最大トルク 350Nm(35.7kgm)5,000rpm
  • モーター最高出力 50kW(68PS)
  • モーター最大トルク 290Nm(29.6kgm)

 

ハイブリッドのためこの動力性能確保しながらもJC08燃費17.8km/lとマークします。

 

8位 スバルWRX STI タイプS

日本車加速速い車8位

 

0-100km/h加速5.2秒

販売価格:411万円

 

水平対向4気筒とスバル独自のシンメトリカルAWD(4WD)で武装して加速性能だけではなくコーナリング性能も優れています。

販売価格も上位と比較して安価であるのも嬉しいですね。

  • 最高出力 227kW(308PS)6,400rpm
  • 最大トルク 422Nm(43.0kgm)4,400rpm

 

GT-R同様このWRX STIも海外人気が凄い一台です。

 

9位 シビック タイプR 

日本車加速速い車9位

 

0-100km/h加速5.7秒

販売価格:450万円

 

ホンダが販売するシビックタイプRはFFニュル最速のタイムを記録しています。

搭載されるエンジンは2.0L 直4 Vテック

  • 最高出力 235kW(320PS)6,500rpm
  • 最大トルク 400Nm(40.8kgm)2,500-4,500rpm

いままでタイプRは固いサスペンションで乗り心地悪かったですが、電子制御サスペンション採用で乗り心地も確保しています。

 

またこのシビック タイプR のマフラーは三本出しでそれどれ異なる音質でドライバーを楽しませます。

 

10位 トヨタ クラウンRS 3.5Lマルチステージ

0-100km/h加速5.5~6秒

販売価格:690万円

 

公式加速タイムは公表されてないですがユーザーにより計測だと上記のタイムとなるようです。

クラウンにはレクサスフラッグシップLSのハイブリッドが用意されてます!

  • マルチステージハイブリッドシステム
  • V型6気筒 3.5Lエンジン+モーター
  • 最高出力:299ps(220kW)/6,600rpm
  • 最大トルク:348Nm/4,900rpm
  • トータル最高出力:358ps(264kw)

 

LS500hの加速タイムが5.2秒なので車両重量が軽いクラウンはそれよりも速い可能性もあります。

ただクラウン用にチューニングされているので実用性に振られている可能性もある

 

今回は10位にランキングしましたが詳しいタイムがわかったら変動させます♪

 

まとめ

「日本車0-100km/h加速が速い車ランキングは?スペックと価格も紹介」は参考になりましたか?

上位の半分ほどをレクサスが埋める結果となりました。

やはり豊富なエンジンラインナップがあるので有利ですね。

 

今回はIS350やRC350などランキングに載せませんでしたが0-100加速は4.9秒となっています。

 

日本で運転する限り0-100加速は6秒~7秒クラスならなんら不満のない動力性能となります。

ミニバンで3.5Lを搭載するアルヴェルは7.5秒と重量を考えれば優秀です。

車おもしろ情報・動画カテゴリの最新記事