オートマ車のN(ニュートラル)の意味は?どんな時に使う?

オートマ車のN(ニュートラル)の意味は?どんな時に使う?

オートマの車を運転されていてN(ニュートラル)ってどんな時に使うんだろうって気になったことありませんか?

普段運転されている状態ではパーキング・ドライプ・リバースくらいしかシフト操作しませんよね。

 

ニュートラルってマニュアル車と違って必要ないんじゃない?って思われてる方もいらっしゃると思います。

今回はそんなオートマ車のN(ニュートラル)について記事をまとめてました。

オートマ車のN(ニュートラル)の意味は?

 

車におけるニュートラルはAT・MT車共通でギアに入ってない状態を示します。

ギアに入ってない状態なので抵抗が少ない状態で、パーキングとは違い人力や坂道で動く状態と言えます。

  • ニュートラル:ギアが噛み合ってなく動く状態
  • パーキング:ギアが噛み合っており動かない状態

このようにNとPの役割が違います。

 

ニュートラルはどんな時に使う?

意味が分かったところで次はどんな時に使うのかというと、普通に運転している状態ではN(ニュートラル)に入れることはまず無いです。

こんな時に使用する!

ロードサービスなどで牽引してもらうとき

エンジンなどの故障で車が動かなくなってしまった時にN(ニュートラル)の出番です!

レッカーや他の車に牽引してもらう時にニュートラルに入れることで抵抗なく引っ張ってもらえます。

 

だったらDレンジでもいいじゃんと思われるかもしれませんが、Dレンジでもギアが噛み合った状態なので、ニュートラルと比べたら抵抗があります。

またニュートラルの状態では後ろから人力で車を動かすことが出来ますので、万が一の時には覚えておいて損はないでしょう。

 

長い停車時

大型連休などで渋滞・施設などの駐車場待ちの状態ではPよりもN+サイドブレーキの方がいいでしょう。

その理由はPレンジに入れる際Rを経由しますのでバックランプが点灯します。

 

後続車をびっくりさせないためにN+サイドブレーキで停車したほうが良いと思います

完全にエンジン停止する場合はPレンジにするのは絶対です!

こんな時はN(ニュートラル)使ったらNG

 

基本的にオートマ車はDレンジで走行することを想定して設定されています。

ですので頻繁にNレンジに入れるとすぐに故障などになりませんが、機械的に負担があるのは事実です。

信号待ちの度に切り替えるのはNGでDレンジ状態で停車しておいてください。

 

下り坂はNG

下り坂はN(ニュートラル)に入れると燃費が伸びると聞いたことりませんか?

実はこれもNGなんです!

 

Dレンジではエンジンブレーキが使用されて、ブレーキの負担が減るのですがNレンジでエンブレが効かない状態だと、フェード現象やべーパーロック現象が起きて事故の原因となってしまいます・・・

 

またエンジンブレーキ最中は燃料カットされるので、下り坂ではNレンジよりエンジンブレーキを利用したほうが燃費が良くなります。

一部車種では車の状態を検知して自動的にN(ニュートラル)に切り替えて燃費稼ぐモデルも存在しています。

 

確かアウディA8やポルシェなどがそういった制御していたと思います。

 

アイドリングストップ車もNG

最近の車にはアイドリングストップが搭載されていて、信号待ちなどではエンジン停止で燃費をよくしてくれます。

このアイドリングストップ車に関しては停車中Nレンジに入れるとアイドリングストップが解除されてしまいます。

ですのでアイドリングストップを利用している方は停車中NレンジはNGです!

 

まとめ

「オートマ車のN(ニュートラル)の意味は?どんな時に使う?」は参考になりましたか?

普段の状態ではNレンジを使用することはなくD・R・Pを使用して運転することが分かったと思います。

 

信号待ちの度にNレンジにするのは機械的負担があるのでやられてる方はやめておいてほうがいいでしょう。

下り坂ではエンジンブレーキを使用してくださいね!

お役立ち情報カテゴリの最新記事