車のルームランプ消さないでバッテリーが上がる時間は?対処方法は?

車のルームランプ消さないでバッテリーが上がる時間は?対処方法は?

車ルームランプつけっぱ

 

夜間に車の中で作業しているときや、子供が誤って操作してしまってルームランプがつきっぱなしって状況になった人いらっしゃると思います・・・

すぐ気づいたときは良いのですが、そのまま気づかないでルームランプ消さないで放置するとバッテリー上がりに・・・

 

今回はそんなルームランプ消さないでどのくらいしたらバッテリー上がりになってしまうのか

上がってしまった時の対処方法についてまとめてみました!

 

 

ルームランプ消さないでバッテリーが上がる時間は?

 

搭載されているバッテリーの容量で上がる時間が変わってくるのですが、ここは50Aのバッテリーで計算してみます。

バッテリーが空になるまでの計算はここでは簡単にしています。

  • ルームランプ消費電力約:0.8A

電球1つの消費電力なっていますので、現在の車は大体3個前後使用していますので2.4Aの消費となります。

 

単純計算で約20時間ルームランプを消さないで放置するとバッテリーが上がってしまうとなります。

しかしこれは100%充電された状態の計算です。

 

通常バッテリーは70%前後の充電率となりますので約15時間前後でバッテリー上がりとなります。

 

LEDタイプだと

使用しているLEDの数などにもよりますが概ね電球の5分の1の消費電力となります。

  • 100%充電バッテリーで約100時間
  • 70%充電バッテリーで約75時間

LEDを利用しているのならばルームランプ消さないで放置してもバッテリー上がりになる心配が少なくなりますね。

 

LEDは電球より明るく玉切れの心配も少ないので交換するのがおススメです。

最近では随分安く購入できるので助かります!

 

交換自体も相当不器用じゃない限り簡単にできます。

 

最近の車はルームランプつけっぱにならない!?

ここ最近販売されている車は半ドア状態でのルームランプつけっぱにならないように設定されています。

しかし注意しないといけないのがルームランプ本体でON操作した状態では自動消灯されません

 

あくまで半ドア状態が続いた状態でのルームランプ自動消灯になります。

しかし最近の車は純正でLEDタイプになっているものもありルームランプ消さないでバッテリー上がりになる可能性が低い

バッテリーが上がった時の対処方法は?

 

まず当然ですがバッテリーが上がってしまったら車のスターターが動かないのでエンジンがかかりません!

MT車の場合押し掛けといった手段がありますが、殆んどの方はATですので対処方法まとめました。

 

ロードサービスやJAFを利用

これが一番確実ですね!

殆どの方は任意保険に入られていると思われますが、任意保険には無料のロードサービスが付属してる

 

年に何回かと決められているがバッテリー上がりやガス欠にも無料で対応してもらえます!

そういったサービスが無い方はJAFに電話する方法がありますが、非会員の場合約15000円の料金がかかります。

 

ブースターケーブルを使用する

ブースターケーブルとはバッテリー同市をつないで、バッテリー上がりになってしまった車のエンジンをかける方法です。

これには救援車とブースターケーブルが揃わないと意味がありません。

 

道行く車は沢山いますがブースターケーブル常備してる方は少ないと思われます。

家族や知り合いが近くにいて持っていたら頼んでみるのも対処方法ですね。

 

ジャンプスターターを使用

簡単に説明すると持ち運びできるバッテリーのようなもので、バッテリー上がりになった車につなぐことでエンジンをかけることが出来ます。

最近ではモバイルバッテリーとしても、利用できるジャンプスターターが販売されているので、バッテリー上がりだけではなくアウトドアでも活躍させることができます♪

 

ハザード・ヘッドライトも注意!

ルームランプより短時間でバッテリー上がりになってしまうのがヘッドライトやハザードです!

  • ヘッドライト消費電力:約8A前後
  • ハザード消費電力:約6A前後

 

ヘッドライトつけっぱで約6時間・ハザードつけっぱで約8時間でバッテリー上がりとなります。

70%充電で4時間と6時間となります。

 

またエンジンをかけないで音楽やTVを長時間みるのもバッテリー上がりの原因となりますので気を付けてください!

 

まとめ

「車のルームランプ消さないでバッテリーが上がる時間は?対処方法は?」は参考になりました?

車を所有されている方でバッテリー上がりを経験した人も多いのではないでしょうか?

 

特に容量が小さいバッテリーを搭載する軽自動車は、上記で紹介した時間より短いので注意が必要です。

最近のバッテリーは高性能になっていて、ルームランプなどつけっぱを気を付けていても劣化ギリギリまで使用できるため、バッテリー劣化に気づかないパターンも多いようです。

 

それまで普通に運転で来ていたのに一旦エンジン止めたらセルが回らなくなることがあるようです・・・

そのためバッテリーは3年を目安に交換がいいようです。

 

また夏より冬は寒さで性能低下するのでより一層注意が必要と言えます!

 

トラブル解決カテゴリの最新記事