車をオールペンの金額や値段の相場は?査定価格は下がる?

お役立ち情報 カスタム 車関係のお金

スポンサーリンク

「この色が好きで買ったはいいけど、そろそろオールペンしたい・・・」
こんな事、ふと思ったことありませんか?
服の買い替えみたいにパパッと出来る物じゃないし、お金もかかりそう。
いくら位で出来るのか分かればな~
そんなあなたの為に、相場と価格を調べてまいりましたので、どうぞご覧ください!

オールペンで愛車をイメチェン!

c8acb26e16d5dfb27372f47af175234f_m

色は見る者の心に大きな影響と変化をもたらします。
今あなたが所有している車の色も、買う時の気分や自分の好きな色、はたまた彼女や好きな人に合わせた色なんて事もあるんではないでしょうか?

 

時が経てば状況も変わり、車自体に愛着を持っていても色は変えたい、そんな事もあります。
ただ、オールペン自体決して安いチューンではありません。
表面だけではなく、エンジンや内装を全て取り外してフレームのみにし、隅々まで色を塗りなおすのですから。

 

大前提として、オールペンをする前に本当に色を変えてしまって後悔しないのか、その色に変えてもいいのかをよく考えましょう。
色褪せてしまって極力同じ色で塗りなおしたい場合は躊躇しなくてOKです。

 

 

お金がかかるから自分で塗ろうと考えてる方。
時間と労力とお金がパーになりますし、自家塗装してる間は車にも乗れなくなるので絶対にやめましょう。
(腕に自信があるのであればこの上なし)

オールペンのデメリット

メリットなんてものはただの自己満足なので、あえて書きません。

デメリットなんですが、下がります。ガッツリ下がります。
理由としては簡単で、

  • オールペンした車体は、洗車機で洗った場合に塗装が剥げやすいから
  • シルバーなどの地味な色をブラックなどの人気色に変えた
  • 事故時の破損個所を、オールペンする事により目立たなくした

と言った点で査定業者から疑われるからです。
特に人気色や破損の隠ぺいに関しては、高く売る為に変えたんじゃないか?と思われてしまいます。

査定する側の気持ちになってみれば当然の事ですよね。

決してオールペンを否定するわけではないですが、これだけのデメリットが発生すると言う事は覚えておいて下さい。

あ、メリットが自己満足だけといいましたが、個人的には愛車を長持ちさせようと言う心が磨かれる利点があると思っています!
これ、大事な事ですよね♪

肝心の相場は?

006e3d1e62d72021c1b6848a6329ec9d_m

あーでもない、こーでもない、といった話は止めにして、肝心の相場に関してお話します。
車種、と言うかジャンル別で挙げると、

  • 軽自動車・・・30~50万円
  • セダン・・・40~120万円
  • ミニバン・・・70~150万円
  • 2シーター(ロードスターやカプチーノ)・・・50~70万円
  • バン(ハイエースなど)・・・80~200万円
  • 4WD(ランクルなど)・・・60~100万円

ん~、高い!
でもこれ、まともな業者にまともなオールペンをしてもらった場合の相場なんですよね。

塗装業者なんて探せばいっぱいあるので、もっと安く塗ってくれる所なんて星の数ほど(とまではいいませんが)あります。
その代わりクオリティもそれなり、最悪な業者に当たるとボッタクリを食らう事もあります。

車好き仲間や業者に詳しい人に聞いて、多少高くてもいいから信頼性の高い業者にオールペンをしてもらいましょう。

スポンサーリンク

でも高いから・・・

オールペンの相場、いかがでしたか?
おっと、まだこの記事が終わる訳ではないので、戻るボタンからカーソルを離してくださいね(汗)
そのまま、下にスクロールを・・・

やはり高い!ちょっと予算的にキツイよ!
そんな時に、少しだけ値段を下げる方法が2つあります。

1、他の業者との価格比較を提示する

家電量販店でもよく使われるテクニックですが、大額なやりとり程売り手は逃そうとしません。
なんとかして他店との価格を近づけ、僅差ぐらいまでなら落としてくれる事もあります。
車業界でも商売敵はたくさんいるので、ある程度の予算商談は聞いてくれます。
言うだけタダなので試してみてもいいかもしれません。

2、オールペンをしない!

タイトルブレイクですがご勘弁を。
オールペンにしか興味が無い方、すいません。

エンジンや内装は殆ど付けたままで、パッと見オールペンに見える様に塗ってもらいます。
勿論、目を凝らして見れば分かってしまうのですが、上っ面だけにこだわるのであればこれで充分かと思います。

上記の価格相場からマイナス10~30万円ぐらいに抑える事が出来ます。
個人的には全然ありだと思うのですが、どうですか?

思い出にサヨナラ

オールペンに関してご紹介しましたが、いかがですか?
ご安心ください、ここで記事の方は終わりとなります(笑)

あの時一目ぼれした色の愛車、色んな思い出があったかと思います。
決して形は変わらずとも変える色、変える前に写真を撮っておくのも乙ですね。

臭いかもしれませんが、思い出にサヨナラ。
新しい色でのコイツと、これからも長い道のりを走る、限界が来るまでずっと大事にしよう。

十人十色ならぬ十車十色。
個性あふれるカーライフも悪くはないですね♪

最後までご閲覧頂き、ありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

車をオールペンの金額や値段の相場は?査定価格は下がる?

お役立ち情報 カスタム 車関係のお金

スポンサーリンク

「この色が好きで買ったはいいけど、そろそろオールペンしたい・・・」
こんな事、ふと思ったことありませんか?
服の買い替えみたいにパパッと出来る物じゃないし、お金もかかりそう。
いくら位で出来るのか分かればな~
そんなあなたの為に、相場と価格を調べてまいりましたので、どうぞご覧ください!

オールペンで愛車をイメチェン!

c8acb26e16d5dfb27372f47af175234f_m

色は見る者の心に大きな影響と変化をもたらします。
今あなたが所有している車の色も、買う時の気分や自分の好きな色、はたまた彼女や好きな人に合わせた色なんて事もあるんではないでしょうか?

 

時が経てば状況も変わり、車自体に愛着を持っていても色は変えたい、そんな事もあります。
ただ、オールペン自体決して安いチューンではありません。
表面だけではなく、エンジンや内装を全て取り外してフレームのみにし、隅々まで色を塗りなおすのですから。

 

大前提として、オールペンをする前に本当に色を変えてしまって後悔しないのか、その色に変えてもいいのかをよく考えましょう。
色褪せてしまって極力同じ色で塗りなおしたい場合は躊躇しなくてOKです。

 

 

お金がかかるから自分で塗ろうと考えてる方。
時間と労力とお金がパーになりますし、自家塗装してる間は車にも乗れなくなるので絶対にやめましょう。
(腕に自信があるのであればこの上なし)

オールペンのデメリット

メリットなんてものはただの自己満足なので、あえて書きません。

デメリットなんですが、下がります。ガッツリ下がります。
理由としては簡単で、

  • オールペンした車体は、洗車機で洗った場合に塗装が剥げやすいから
  • シルバーなどの地味な色をブラックなどの人気色に変えた
  • 事故時の破損個所を、オールペンする事により目立たなくした

と言った点で査定業者から疑われるからです。
特に人気色や破損の隠ぺいに関しては、高く売る為に変えたんじゃないか?と思われてしまいます。

査定する側の気持ちになってみれば当然の事ですよね。

決してオールペンを否定するわけではないですが、これだけのデメリットが発生すると言う事は覚えておいて下さい。

あ、メリットが自己満足だけといいましたが、個人的には愛車を長持ちさせようと言う心が磨かれる利点があると思っています!
これ、大事な事ですよね♪

肝心の相場は?

006e3d1e62d72021c1b6848a6329ec9d_m

あーでもない、こーでもない、といった話は止めにして、肝心の相場に関してお話します。
車種、と言うかジャンル別で挙げると、

  • 軽自動車・・・30~50万円
  • セダン・・・40~120万円
  • ミニバン・・・70~150万円
  • 2シーター(ロードスターやカプチーノ)・・・50~70万円
  • バン(ハイエースなど)・・・80~200万円
  • 4WD(ランクルなど)・・・60~100万円

ん~、高い!
でもこれ、まともな業者にまともなオールペンをしてもらった場合の相場なんですよね。

塗装業者なんて探せばいっぱいあるので、もっと安く塗ってくれる所なんて星の数ほど(とまではいいませんが)あります。
その代わりクオリティもそれなり、最悪な業者に当たるとボッタクリを食らう事もあります。

車好き仲間や業者に詳しい人に聞いて、多少高くてもいいから信頼性の高い業者にオールペンをしてもらいましょう。

スポンサーリンク

でも高いから・・・

オールペンの相場、いかがでしたか?
おっと、まだこの記事が終わる訳ではないので、戻るボタンからカーソルを離してくださいね(汗)
そのまま、下にスクロールを・・・

やはり高い!ちょっと予算的にキツイよ!
そんな時に、少しだけ値段を下げる方法が2つあります。

1、他の業者との価格比較を提示する

家電量販店でもよく使われるテクニックですが、大額なやりとり程売り手は逃そうとしません。
なんとかして他店との価格を近づけ、僅差ぐらいまでなら落としてくれる事もあります。
車業界でも商売敵はたくさんいるので、ある程度の予算商談は聞いてくれます。
言うだけタダなので試してみてもいいかもしれません。

2、オールペンをしない!

タイトルブレイクですがご勘弁を。
オールペンにしか興味が無い方、すいません。

エンジンや内装は殆ど付けたままで、パッと見オールペンに見える様に塗ってもらいます。
勿論、目を凝らして見れば分かってしまうのですが、上っ面だけにこだわるのであればこれで充分かと思います。

上記の価格相場からマイナス10~30万円ぐらいに抑える事が出来ます。
個人的には全然ありだと思うのですが、どうですか?

思い出にサヨナラ

オールペンに関してご紹介しましたが、いかがですか?
ご安心ください、ここで記事の方は終わりとなります(笑)

あの時一目ぼれした色の愛車、色んな思い出があったかと思います。
決して形は変わらずとも変える色、変える前に写真を撮っておくのも乙ですね。

臭いかもしれませんが、思い出にサヨナラ。
新しい色でのコイツと、これからも長い道のりを走る、限界が来るまでずっと大事にしよう。

十人十色ならぬ十車十色。
個性あふれるカーライフも悪くはないですね♪

最後までご閲覧頂き、ありがとうございました。

コメントをどうぞ