二輪車のすり抜け対策と注意点は?バイクに気を付けるポイント

お役立ち情報 トラブル解決 ドライブ関係

スポンサーリンク

穏やかな気持ちで運転していると、不意に横から颯爽と、1台のバイクがすり抜けて行きましたとさ。
2車線以上あるあるですよね。ホント、ビックリしちゃいます。
二輪車は便利と危険の2つを兼ね備えています。
そんなバイクに対する注意点と気を付けるポイントを、バイクよろしく颯爽と(?)ご紹介します。

軽快なバイクのすり抜け

d00c915c739109121386740b6c5a9254_s

2車線以上一般道、もしくは高速道路でよく見るバイクのすり抜け。
ドライバーの半分以上は遭遇した事があるかと思います。
渋滞で車が止まっている状態ならまだしも、混んでいない時でもすり抜けるライダーは非常に迷惑で危ない。
こっちは悪くないのに、ヒヤッとしてしまいます。

 

すり抜けるぬは勝手だけど、人の車にかすって傷をつけても知らん顔で去っていくライダーが多いので、非常に腹立たしいばかりです。

軽快なのはバイクだけ、車からすればただの迷惑の様にも見えます。

道交法的にはOKなの?

実は、バイクのすり抜け自体にはなんら違法性はないのです。
私自身調べて驚きました。

 

でも、よくよく考えれば納得はできました。
なぜ違反ではないのか簡潔に述べると、

 

「道路標識やセンターラインを守って、走行車線内で走っていれば(逆走しなければ)いいよ~」

と言う事になります。

 

高速道路で肩路を走らない、道路規制標識に従う、割り込みをしない
などなどを守っていれば大丈夫なようです。

 

モラルの面でどうなのか?は各々に委ねられる部分であると言う事なのでしょうか・・・

すり抜け対策

何も対策をしなければ何の気無しになんでもする、それが人間。
車はバイクがウザったい、バイクは車がウザったい、大人になれよと言っても無駄です。
ではドライバー側で対策を施してあげましょう。

 

その方法は簡単、幅寄せをするだけです。

 

とは言っても、接近中のバイクに幅寄せすると、事故やケンカ等のトラブルの原因になってしまいます。

 

遠くから迫ってくるバイクが、左右のどちらかへすり抜けようとするのをミラーで確認出来たら、ゆっくりと幅寄せ。基本的にキープレフトが原則なので、あまりにも右に寄せすぎるのやめましょう

 

教習所で習った事を守ってるだけなので、貴方が悪い!といった事にはなりません。

!注意点!

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

上記のすり抜け対策ですが、時と場合によってやらない方が良い事もあります。

 

明らかに渋滞で車が止まっていて、その間をすり抜けるバイクに対して幅寄せ。

 

これは幅寄せをする必要が無い状況なので止めましょう。

 

ライダーにいちゃもんを付けられるだけならいいんですが、車が止まるような状況で無理に動くと、最悪車同士のトラブルに繋がる恐れもあります。

 

道幅や車同士の感覚に余裕があれば譲ってあげましょう。
ドライバーもライダーも同じ人間なんだと言う事を忘れてはいけません。

スポンサーリンク

気を付けていれば大丈夫!

普段の運転ですり抜けバイクに気を付けていれば、多少の事があっても動じずに過ごす事が出来ます。
急なすり抜けでビックリもしないし、上記したように道を譲ってあげる事も状況によっては可能です。

 

ではどのような事に気を付ければいいのか?ですが、それは「音」です。

 

バイクは車と違って、エンジンやマフラーがむき出しの乗り物です。
むき出しになってる分音が大きい傾向にあるので、エンジン音やマフラー音が耳に入りやすい。
ミラーをちらちら確認するのは前方不注意につながる危険がありますが、音に注意するぐらいなら危険が少ないと言えます。

 

免許を取りたての人には難しいかもしれませんが、慣れればなんてことないですよ。

 

ライダーだってもしかすると車に気を付けて運転してるかもしれません。
車が一番偉いんだ!みたいな感じでバイクをのけ者にしたりしてはダメですよ?

車もバイクも仲良くしよう!

b3a3db4e26869aef09dd4c7033df7952_s

バイクのすり抜けに関して挙げましたが、いかがでしたか?
ここまでの文脈というか書き方、気付いた方も居るかとは思いますが、いったいどっちの味方なんだ?って締め方で各項を書いています。

 

それにはちゃんとした理由があります。

 

「車も二輪車も同じ車両。双方優しい気持ちで思いやった運転をしなければ、本当の安全運転など実現し得ない。」

これは私が昔から思ってる事です。
というのも、過去にバイク好きの友達が交通事故で亡くなった事がきっかけでそう思うようになった経緯があります。

 

事故の原因はバイクのすり抜け。
車の間をすり抜けようとした際に、停車中の車が急に幅寄せをしてきて接触。

 

友人のバイクは減速しながら低速ですり抜けようとしたらしいのですが、打ち所が悪く死亡。
非常にマナーがいいやつで人思いでした。

 

「車も運転するからどっちの気持ちも分かる。だからこそどっちを運転してる時でも、車とかバイクとか関係なしに譲れる時は譲ろう!」

彼が死ぬ数カ月前に聞いた言葉なので、今でも耳に残っています。

 

この記事を書くことになった時、友達の事を思い出してしまいました。
書いている最中も少し涙目になりながらも。

 

ぶっちゃけ、互いを思いやる気持ちがあれば対策とかどうでもいいんです。
バイクと車の間で起こる事故って、大体がどちらかの独りよがりが原因で起きています。

 

この記事で皆さんに一番読んで頂きたいのは、!注意点!の部分になります。
ページ移動をする前に、今一度お読みいただければと思います。

 

最後まで長文乱文をお読みいただきありがとうございました。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

二輪車のすり抜け対策と注意点は?バイクに気を付けるポイント

お役立ち情報 トラブル解決 ドライブ関係

スポンサーリンク

穏やかな気持ちで運転していると、不意に横から颯爽と、1台のバイクがすり抜けて行きましたとさ。
2車線以上あるあるですよね。ホント、ビックリしちゃいます。
二輪車は便利と危険の2つを兼ね備えています。
そんなバイクに対する注意点と気を付けるポイントを、バイクよろしく颯爽と(?)ご紹介します。

軽快なバイクのすり抜け

d00c915c739109121386740b6c5a9254_s

2車線以上一般道、もしくは高速道路でよく見るバイクのすり抜け。
ドライバーの半分以上は遭遇した事があるかと思います。
渋滞で車が止まっている状態ならまだしも、混んでいない時でもすり抜けるライダーは非常に迷惑で危ない。
こっちは悪くないのに、ヒヤッとしてしまいます。

 

すり抜けるぬは勝手だけど、人の車にかすって傷をつけても知らん顔で去っていくライダーが多いので、非常に腹立たしいばかりです。

軽快なのはバイクだけ、車からすればただの迷惑の様にも見えます。

道交法的にはOKなの?

実は、バイクのすり抜け自体にはなんら違法性はないのです。
私自身調べて驚きました。

 

でも、よくよく考えれば納得はできました。
なぜ違反ではないのか簡潔に述べると、

 

「道路標識やセンターラインを守って、走行車線内で走っていれば(逆走しなければ)いいよ~」

と言う事になります。

 

高速道路で肩路を走らない、道路規制標識に従う、割り込みをしない
などなどを守っていれば大丈夫なようです。

 

モラルの面でどうなのか?は各々に委ねられる部分であると言う事なのでしょうか・・・

すり抜け対策

何も対策をしなければ何の気無しになんでもする、それが人間。
車はバイクがウザったい、バイクは車がウザったい、大人になれよと言っても無駄です。
ではドライバー側で対策を施してあげましょう。

 

その方法は簡単、幅寄せをするだけです。

 

とは言っても、接近中のバイクに幅寄せすると、事故やケンカ等のトラブルの原因になってしまいます。

 

遠くから迫ってくるバイクが、左右のどちらかへすり抜けようとするのをミラーで確認出来たら、ゆっくりと幅寄せ。基本的にキープレフトが原則なので、あまりにも右に寄せすぎるのやめましょう

 

教習所で習った事を守ってるだけなので、貴方が悪い!といった事にはなりません。

!注意点!

87d9d9baed9537088590e89e91a952b4_s

上記のすり抜け対策ですが、時と場合によってやらない方が良い事もあります。

 

明らかに渋滞で車が止まっていて、その間をすり抜けるバイクに対して幅寄せ。

 

これは幅寄せをする必要が無い状況なので止めましょう。

 

ライダーにいちゃもんを付けられるだけならいいんですが、車が止まるような状況で無理に動くと、最悪車同士のトラブルに繋がる恐れもあります。

 

道幅や車同士の感覚に余裕があれば譲ってあげましょう。
ドライバーもライダーも同じ人間なんだと言う事を忘れてはいけません。

スポンサーリンク

気を付けていれば大丈夫!

普段の運転ですり抜けバイクに気を付けていれば、多少の事があっても動じずに過ごす事が出来ます。
急なすり抜けでビックリもしないし、上記したように道を譲ってあげる事も状況によっては可能です。

 

ではどのような事に気を付ければいいのか?ですが、それは「音」です。

 

バイクは車と違って、エンジンやマフラーがむき出しの乗り物です。
むき出しになってる分音が大きい傾向にあるので、エンジン音やマフラー音が耳に入りやすい。
ミラーをちらちら確認するのは前方不注意につながる危険がありますが、音に注意するぐらいなら危険が少ないと言えます。

 

免許を取りたての人には難しいかもしれませんが、慣れればなんてことないですよ。

 

ライダーだってもしかすると車に気を付けて運転してるかもしれません。
車が一番偉いんだ!みたいな感じでバイクをのけ者にしたりしてはダメですよ?

車もバイクも仲良くしよう!

b3a3db4e26869aef09dd4c7033df7952_s

バイクのすり抜けに関して挙げましたが、いかがでしたか?
ここまでの文脈というか書き方、気付いた方も居るかとは思いますが、いったいどっちの味方なんだ?って締め方で各項を書いています。

 

それにはちゃんとした理由があります。

 

「車も二輪車も同じ車両。双方優しい気持ちで思いやった運転をしなければ、本当の安全運転など実現し得ない。」

これは私が昔から思ってる事です。
というのも、過去にバイク好きの友達が交通事故で亡くなった事がきっかけでそう思うようになった経緯があります。

 

事故の原因はバイクのすり抜け。
車の間をすり抜けようとした際に、停車中の車が急に幅寄せをしてきて接触。

 

友人のバイクは減速しながら低速ですり抜けようとしたらしいのですが、打ち所が悪く死亡。
非常にマナーがいいやつで人思いでした。

 

「車も運転するからどっちの気持ちも分かる。だからこそどっちを運転してる時でも、車とかバイクとか関係なしに譲れる時は譲ろう!」

彼が死ぬ数カ月前に聞いた言葉なので、今でも耳に残っています。

 

この記事を書くことになった時、友達の事を思い出してしまいました。
書いている最中も少し涙目になりながらも。

 

ぶっちゃけ、互いを思いやる気持ちがあれば対策とかどうでもいいんです。
バイクと車の間で起こる事故って、大体がどちらかの独りよがりが原因で起きています。

 

この記事で皆さんに一番読んで頂きたいのは、!注意点!の部分になります。
ページ移動をする前に、今一度お読みいただければと思います。

 

最後まで長文乱文をお読みいただきありがとうございました。

コメントをどうぞ