車内が臭い!匂いの原因と簡単で効果のある脱臭方法は?

お役立ち情報 トラブル解決 洗車関係

スポンサーリンク

あなたが乗っている車の車内は、臭いということはないですか?

自分では気づいていなくても、案外他人には臭い!と思われていることも多く、気遣われてストレートに言ってもらえないこともよくあります。

今回は、車内の悪臭に簡単で効果のある脱臭方法を紹介させていただきます。

車内の臭いが気になっていた方は、この記事を見たあとにぜひ実行してみてください。

車内が臭くなってしまう原因は?

まず、車内が臭くなってしまう原因には、一体どんなものがあるのでしょうか。

●臭いの原因1:新車の臭い

新車を購入したときのプラスチックや接着剤、シートの臭いが気になるという方も多いようです。

特に車のオーナーというよりも、子供や女性など周りが嫌がるというケースが多く見られます。

●臭いの原因2:汗や加齢臭など体臭の臭い

愛車を通勤に使用している場合、汗の臭いが充満して室内が臭くなってしまうことがあります。

また、加齢臭も臭いの元となってしまうことがあり、どちらもなかなか未然に防ぐことは難しいと考えられます。

●臭いの原因3:ペットの臭い

室内にペットを乗せることが多いと、ペットの臭いが室内のシートなどに染みついてしまいます。

独特の臭いなので、不快に思う方も多いかもしれません。

●臭いの原因4:食べ物の臭い

車の中で食べ物を食べる機会が多い方は、室内が食べ物の臭いでいっぱいになってしまうケースもあります。

本人は気づかなくても、同乗者に気づかれて恥ずかしい思いをする前に臭いを消してしまいたいですね。

●臭いの原因5:エアコンの臭い

エアコンからカビ臭がすると、臭いも嫌ですが体にも悪そうですよね。

早めに対策して綺麗で清潔な空気を吸いましょう。

●臭いの原因6:タバコの臭い

室内の悪臭の中でも一番多いのがタバコの臭い。

中古車の販売時にも「禁煙車」とアピールして販売されているように、タバコの臭いは不快に思う方も多いのではないでしょうか

。喫煙は、シートが白系であれば黄ばみなどの変色にもつながってしまいます。

●臭いの原因7:香水の臭い

過剰な香水は悪臭と思われる原因にもなります。

特に子供には嫌がれる傾向にあり、香水の臭いに酔ってしまうこともあります。

●臭いの原因8:灯油をこぼしたときの臭い

冬場の石油ストーブは暖かいので、愛車に灯油を乗せる方も多いと思います。

しかし、灯油をこぼしてしまうと、いつまでも臭いが残ってしまいます。独特な臭いを発するので、常に換気しないと気分が悪くなってしまいます。

スポンサーリンク

簡単で効果のある脱臭方法

では、簡単で効果のある脱臭方法を強烈な臭いのレベルごとにご紹介します。まずはレベル1を試してみて、悪臭が消えないのであれば次のレベルの方法を試してみてください。

●悪臭対策、レベル1(弱めの悪臭):消臭スプレーを使用する

汗の臭いやペットの臭い、食べ物の臭いなどはエアコン対策と消臭スプレーを行うことで、ほぼなくなるでしょう。

そのあと窓やドアを全開にして空気を入れ替えます。消臭スプレーは、カー用品店やホームセンターでも手軽に購入できるので、時間の無い方にはとてもおすすめです。

●悪臭対策、レベル2(普通の悪臭):フロアマットを洗って天日干しにする

フロアマットから異臭を放っているケースも多いので、フロアマットをキレイに洗いましょう。

そして、日光に当てて天日干しにしましょう。

このとき、半乾きの状態だとカビ臭くなってしまいますので要注意。また、ドアを開けた状態で室内を日光に当てておくのも効果的です。

●悪臭対策、レベル3(強めの悪臭):エアコンの手入れを行う

意外と悪臭の原因はエアコンにある場合も多いのです。つまり、エアコンを対策することで悪臭が消える可能性も高くなるということです。

1)窓を開けて温度・風量を最大にして5分~10分ほど放置する
2)エアコン消臭スプレーを使う
3)エアコンのフィルターを清掃あるいは交換する

エアコン消臭スプレーを風量最大にしたエアコンONの状態で、ワイパー近くの外気取り込み口から流し込むというのも効果的です。

このとき、外気送風状態にしておくことをお忘れなく。

●悪臭対策、レベル4(強力な悪臭):重曹やお茶の葉を使う

灯油の臭いなどの強烈な悪臭には、重曹やお茶の葉が非常に効果的です。重曹や乾燥したお茶の葉を、こぼしたシートやフロアマットの上に置いて、灯油を吸い取った後にホウキや掃除機などで片付けます。

小麦粉やコーヒー豆(使用後のコーヒー豆を乾燥させる)なども同じように使えるので、重曹やお茶の葉がない場合には代用してみてください。

まとめ

「車内が臭い!匂いの原因と簡単で効果のある脱臭方法は?」いかがだったでしょうか。
一番効果的なのは、普段から室内を清潔にしておくことです。

そして、食べ物を食べた後や利用したあとには、消臭スプレーをこまめにかけておきましょう。

しかし、状況によってはこまめに対策できないのが現実です。

万が一愛車に悪臭が漂っているのであれば、今回のやり方が効果的なので、ぜひ一度試してみてください。

 

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

車内が臭い!匂いの原因と簡単で効果のある脱臭方法は?

お役立ち情報 トラブル解決 洗車関係

スポンサーリンク

あなたが乗っている車の車内は、臭いということはないですか?

自分では気づいていなくても、案外他人には臭い!と思われていることも多く、気遣われてストレートに言ってもらえないこともよくあります。

今回は、車内の悪臭に簡単で効果のある脱臭方法を紹介させていただきます。

車内の臭いが気になっていた方は、この記事を見たあとにぜひ実行してみてください。

車内が臭くなってしまう原因は?

まず、車内が臭くなってしまう原因には、一体どんなものがあるのでしょうか。

●臭いの原因1:新車の臭い

新車を購入したときのプラスチックや接着剤、シートの臭いが気になるという方も多いようです。

特に車のオーナーというよりも、子供や女性など周りが嫌がるというケースが多く見られます。

●臭いの原因2:汗や加齢臭など体臭の臭い

愛車を通勤に使用している場合、汗の臭いが充満して室内が臭くなってしまうことがあります。

また、加齢臭も臭いの元となってしまうことがあり、どちらもなかなか未然に防ぐことは難しいと考えられます。

●臭いの原因3:ペットの臭い

室内にペットを乗せることが多いと、ペットの臭いが室内のシートなどに染みついてしまいます。

独特の臭いなので、不快に思う方も多いかもしれません。

●臭いの原因4:食べ物の臭い

車の中で食べ物を食べる機会が多い方は、室内が食べ物の臭いでいっぱいになってしまうケースもあります。

本人は気づかなくても、同乗者に気づかれて恥ずかしい思いをする前に臭いを消してしまいたいですね。

●臭いの原因5:エアコンの臭い

エアコンからカビ臭がすると、臭いも嫌ですが体にも悪そうですよね。

早めに対策して綺麗で清潔な空気を吸いましょう。

●臭いの原因6:タバコの臭い

室内の悪臭の中でも一番多いのがタバコの臭い。

中古車の販売時にも「禁煙車」とアピールして販売されているように、タバコの臭いは不快に思う方も多いのではないでしょうか

。喫煙は、シートが白系であれば黄ばみなどの変色にもつながってしまいます。

●臭いの原因7:香水の臭い

過剰な香水は悪臭と思われる原因にもなります。

特に子供には嫌がれる傾向にあり、香水の臭いに酔ってしまうこともあります。

●臭いの原因8:灯油をこぼしたときの臭い

冬場の石油ストーブは暖かいので、愛車に灯油を乗せる方も多いと思います。

しかし、灯油をこぼしてしまうと、いつまでも臭いが残ってしまいます。独特な臭いを発するので、常に換気しないと気分が悪くなってしまいます。

スポンサーリンク

簡単で効果のある脱臭方法

では、簡単で効果のある脱臭方法を強烈な臭いのレベルごとにご紹介します。まずはレベル1を試してみて、悪臭が消えないのであれば次のレベルの方法を試してみてください。

●悪臭対策、レベル1(弱めの悪臭):消臭スプレーを使用する

汗の臭いやペットの臭い、食べ物の臭いなどはエアコン対策と消臭スプレーを行うことで、ほぼなくなるでしょう。

そのあと窓やドアを全開にして空気を入れ替えます。消臭スプレーは、カー用品店やホームセンターでも手軽に購入できるので、時間の無い方にはとてもおすすめです。

●悪臭対策、レベル2(普通の悪臭):フロアマットを洗って天日干しにする

フロアマットから異臭を放っているケースも多いので、フロアマットをキレイに洗いましょう。

そして、日光に当てて天日干しにしましょう。

このとき、半乾きの状態だとカビ臭くなってしまいますので要注意。また、ドアを開けた状態で室内を日光に当てておくのも効果的です。

●悪臭対策、レベル3(強めの悪臭):エアコンの手入れを行う

意外と悪臭の原因はエアコンにある場合も多いのです。つまり、エアコンを対策することで悪臭が消える可能性も高くなるということです。

1)窓を開けて温度・風量を最大にして5分~10分ほど放置する
2)エアコン消臭スプレーを使う
3)エアコンのフィルターを清掃あるいは交換する

エアコン消臭スプレーを風量最大にしたエアコンONの状態で、ワイパー近くの外気取り込み口から流し込むというのも効果的です。

このとき、外気送風状態にしておくことをお忘れなく。

●悪臭対策、レベル4(強力な悪臭):重曹やお茶の葉を使う

灯油の臭いなどの強烈な悪臭には、重曹やお茶の葉が非常に効果的です。重曹や乾燥したお茶の葉を、こぼしたシートやフロアマットの上に置いて、灯油を吸い取った後にホウキや掃除機などで片付けます。

小麦粉やコーヒー豆(使用後のコーヒー豆を乾燥させる)なども同じように使えるので、重曹やお茶の葉がない場合には代用してみてください。

まとめ

「車内が臭い!匂いの原因と簡単で効果のある脱臭方法は?」いかがだったでしょうか。
一番効果的なのは、普段から室内を清潔にしておくことです。

そして、食べ物を食べた後や利用したあとには、消臭スプレーをこまめにかけておきましょう。

しかし、状況によってはこまめに対策できないのが現実です。

万が一愛車に悪臭が漂っているのであれば、今回のやり方が効果的なので、ぜひ一度試してみてください。

 

コメントをどうぞ