車検を受ける時期と出す場所は?ディーラーと量販店は作業内容が違うの?

お役立ち情報 メンテナンス 車関係のお金

スポンサーリンク

ディーラーだけではなく、さまざまな車関係のショップで「車検」の文字が目立ちます。

これにより、自分が今まで出していた車検とは違う場所での車検を考える方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな車検について紹介させていただきます。

現在、どこに車検を出そうか迷っているという方や車検の案内が来てため息を漏らしているという方も、どうぞ最後までお付き合いください。

そもそも車検って何?

正式には、「自動車検査登録制度」といいます。

車両の保安のために行っている制度のことで、一定期間ごとに国土交通省によって検査が行われます。

  • 新規検査
  • 継続検査
  • 構造等変更検査

上記の3種類が存在していますが、一般的には継続検査のことを指します。

この車検は、法律によって定められているため、車を所有かつ公道において運転する場合には必ず受けなければなりません。

車検を受ける時期は?

車検を受ける時期は、以下のようになっています。

  • 新車…初回は3年、以降は2年ごと
  • 新車以外…2年ごと

車検を受けられる場所や特徴、各作業内容の違い

次に、車検を受けられる場所や特徴、各作業内容の違いについて説明させていただきます。

●車検を受けられる場所

車検を受けられる場所は以下のようになっています。

  • 軽自動車…軽自動車検査協会専門の検査場
  • 普通車…運輸支局
  • 国土交通省の認可を受けた指定工場と呼ばれる民間自動車整備工場(軽自動車・普通車問わず車検対応が可能

先述の新規検査や構造等変更検査においては、車検証の「使用の本拠の位置」を管轄する運輸支局で受検する必要があります。しかし、一般的な継続検査は全国どこでも車検を受けることが可能です。

●ディーラーで行われる車検の特徴

メーカーの看板を背負っているため、設備・ノウハウ・人材など、どれをとっても最高のパフォーマンスを備えています。

ディーラーでは、先述の認証工場を持っていて、車検だけではなく修理や点検なども行われています。

 

車検の定期点検以外の項目も検査してくれますし、交換部品も純正指定のものです。

また、車検保証を付けていることも多いといえます。ただ、相対的に見て車検費用は高額になることが多いですが、近年では比較的安くなっています。

●量販店で行われる車検の特徴

量販店やガソリンスタンドで車検を行う場合、多くが車検代行です。

代行車検とは字のとおり、所有者本人の代わりに運輸支局まで車検を受けに行くという形になります。

 

ただし、上記の認証工場を完備しているような整備工場や量販店では、併設された認証工場での車検となります。

ブレーキパッドの交換やエンジンオイルの交換など、必要最低限の整備のみを行うことが一般的です。ただし、費用はディーラーに比べてかなり安くなります。

またガソリンスタンドで車検に出すと、次回までガソリン代の値引きがあったりしますので、普段利用するスタンドが決まっていればお得になりますね!

スポンサーリンク

目的やタイプによって車検を出す場所を選ぶ

車検をどこに出すか迷っておられる方も多いと思います。

しかし、安いだけでは車の安全という意味では不安が残ります。そこで、人のタイプによって出すべき場所をおすすめさせていただきます。

●タイプ1:普段からメンテナンスを行っている方

普段から自分でメンテナンスを行っている上に車に詳しいという方は、ユーザー車検がおすすめです。

ユーザー車検を受ければ、費用は法定費用や部品の交換代金のみとなるので、大変リーズナブルです。

ただ、車に詳しくなくメンテナンスを十分行っていないという場合、ユーザー車検はおすすめできません。

●タイプ2:最低限のメンテナンスだけで十分な方

普段からある程度のメンテナンスを行っていて、ユーザー車検に行く時間がないという方には、量販店やガソリンスタンドなどの車検がおすすめです。

量販店やガソリンスタンドの車検は、細かい保全までは行えませんが、ある程度までは行ってもらうことが可能だからです。

ただし、こちらも車に詳しくなくメンテナンスが十分ではない場合、おすすめはできません。

また、ディーラーとは違って専用のテスターを持っていないことも多いといえます。

●タイプ3:車に詳しくなくメンテナンスを怠りがちな方

車に詳しくなく、普段はメンテナンスを行っていないという方にはディーラーでの車検がおすすめです。

愛車のことを最もよく理解しているのはやはりディーラーですし、何より整備面や点検面でも信頼度が違います。

ただ、料金が高くなる傾向にあるので敬遠している人が多いのも事実です。

■車検まとめ

「車検を受ける時期と出す場所は?ディーラーと量販店は作業内容が違うの?」はいかがだったでしょうか。
これまでのことをまとめると以下のようになります。

  • 車検についての説明
  • 車検を受ける時期
  • 車検を受けられる場所や特徴、作業内容の違い
  • タイプ別のおすすめ車検場所

これらを覚えておくと、自分がどういったタイプでどこに車検を出すのが良いのか判断できます。

車に乗る以上は整備を必ず行う必要があるので、費用の安さだけを見て車検場所を決めないようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

車検を受ける時期と出す場所は?ディーラーと量販店は作業内容が違うの?

お役立ち情報 メンテナンス 車関係のお金

スポンサーリンク

ディーラーだけではなく、さまざまな車関係のショップで「車検」の文字が目立ちます。

これにより、自分が今まで出していた車検とは違う場所での車検を考える方も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな車検について紹介させていただきます。

現在、どこに車検を出そうか迷っているという方や車検の案内が来てため息を漏らしているという方も、どうぞ最後までお付き合いください。

そもそも車検って何?

正式には、「自動車検査登録制度」といいます。

車両の保安のために行っている制度のことで、一定期間ごとに国土交通省によって検査が行われます。

  • 新規検査
  • 継続検査
  • 構造等変更検査

上記の3種類が存在していますが、一般的には継続検査のことを指します。

この車検は、法律によって定められているため、車を所有かつ公道において運転する場合には必ず受けなければなりません。

車検を受ける時期は?

車検を受ける時期は、以下のようになっています。

  • 新車…初回は3年、以降は2年ごと
  • 新車以外…2年ごと

車検を受けられる場所や特徴、各作業内容の違い

次に、車検を受けられる場所や特徴、各作業内容の違いについて説明させていただきます。

●車検を受けられる場所

車検を受けられる場所は以下のようになっています。

  • 軽自動車…軽自動車検査協会専門の検査場
  • 普通車…運輸支局
  • 国土交通省の認可を受けた指定工場と呼ばれる民間自動車整備工場(軽自動車・普通車問わず車検対応が可能

先述の新規検査や構造等変更検査においては、車検証の「使用の本拠の位置」を管轄する運輸支局で受検する必要があります。しかし、一般的な継続検査は全国どこでも車検を受けることが可能です。

●ディーラーで行われる車検の特徴

メーカーの看板を背負っているため、設備・ノウハウ・人材など、どれをとっても最高のパフォーマンスを備えています。

ディーラーでは、先述の認証工場を持っていて、車検だけではなく修理や点検なども行われています。

 

車検の定期点検以外の項目も検査してくれますし、交換部品も純正指定のものです。

また、車検保証を付けていることも多いといえます。ただ、相対的に見て車検費用は高額になることが多いですが、近年では比較的安くなっています。

●量販店で行われる車検の特徴

量販店やガソリンスタンドで車検を行う場合、多くが車検代行です。

代行車検とは字のとおり、所有者本人の代わりに運輸支局まで車検を受けに行くという形になります。

 

ただし、上記の認証工場を完備しているような整備工場や量販店では、併設された認証工場での車検となります。

ブレーキパッドの交換やエンジンオイルの交換など、必要最低限の整備のみを行うことが一般的です。ただし、費用はディーラーに比べてかなり安くなります。

またガソリンスタンドで車検に出すと、次回までガソリン代の値引きがあったりしますので、普段利用するスタンドが決まっていればお得になりますね!

スポンサーリンク

目的やタイプによって車検を出す場所を選ぶ

車検をどこに出すか迷っておられる方も多いと思います。

しかし、安いだけでは車の安全という意味では不安が残ります。そこで、人のタイプによって出すべき場所をおすすめさせていただきます。

●タイプ1:普段からメンテナンスを行っている方

普段から自分でメンテナンスを行っている上に車に詳しいという方は、ユーザー車検がおすすめです。

ユーザー車検を受ければ、費用は法定費用や部品の交換代金のみとなるので、大変リーズナブルです。

ただ、車に詳しくなくメンテナンスを十分行っていないという場合、ユーザー車検はおすすめできません。

●タイプ2:最低限のメンテナンスだけで十分な方

普段からある程度のメンテナンスを行っていて、ユーザー車検に行く時間がないという方には、量販店やガソリンスタンドなどの車検がおすすめです。

量販店やガソリンスタンドの車検は、細かい保全までは行えませんが、ある程度までは行ってもらうことが可能だからです。

ただし、こちらも車に詳しくなくメンテナンスが十分ではない場合、おすすめはできません。

また、ディーラーとは違って専用のテスターを持っていないことも多いといえます。

●タイプ3:車に詳しくなくメンテナンスを怠りがちな方

車に詳しくなく、普段はメンテナンスを行っていないという方にはディーラーでの車検がおすすめです。

愛車のことを最もよく理解しているのはやはりディーラーですし、何より整備面や点検面でも信頼度が違います。

ただ、料金が高くなる傾向にあるので敬遠している人が多いのも事実です。

■車検まとめ

「車検を受ける時期と出す場所は?ディーラーと量販店は作業内容が違うの?」はいかがだったでしょうか。
これまでのことをまとめると以下のようになります。

  • 車検についての説明
  • 車検を受ける時期
  • 車検を受けられる場所や特徴、作業内容の違い
  • タイプ別のおすすめ車検場所

これらを覚えておくと、自分がどういったタイプでどこに車検を出すのが良いのか判断できます。

車に乗る以上は整備を必ず行う必要があるので、費用の安さだけを見て車検場所を決めないようにしましょう。

コメントをどうぞ