電動パーキングブレーキの意味やメリット・デメリット!搭載されてる車種は?

お役立ち情報 トラブル解決 車おもしろ情報・動画

スポンサーリンク

最近良く聞く「電動パーキングブレーキ」ってどういう意味?なんだろうって疑問に思った方多いのではないでしょうか!

国産車で初採用されたのは、2006年レクサスLS460が国産車では初採用になります。

そこから年を重ねるごとに搭載車が増えていき、一部高級車しか採用されていなかった「電動パーキングブレーキ」がコンパクトカーやミニバンにも採用拡大されています。

電動パーキングブレーキの意味

恐らく多く方はサイド方式・フィット方式の車に乗ってると思います。

操作するとギチギチと音を立てて後輪ブレーキが掛かるようになっていますね♪

 

電動パーキングはブレーキシステムにモーターを組み込むことで、電気信号のやり取りでブレーキ制御する仕組みなっています。

坂道発進で活躍する「ヒルスタート・アシスト」・追従式クルーズコントロールなど、活躍の場は大きく広がっています。

通常のブレーキ制御とは異なるコンピューターで制御されており、車両の状態によってブレーキ操作を車が行います。

 

またパーキングブレーキ操作も簡単で、シフト近くにあるパーキングボタンを押すだけで完了しますので、誰でも間単にできるのも特徴です!

電動パーキングブレーキのメリット

  • ブレーキの掛け忘れを防ぐ

搭載されている多くの車種は、シフトポジションをPに入れると同時にパーキングブレーキも掛かるようになっています。

ですので毎回手動で操作していたのが自動になり、掛け忘れ防止にも役立ちます。

  • 信号待ちなどで疲労軽減

車両の設定でオートホールド機能をオンにしておけば、信号待ちなどでブレーキを踏み続けることなく停止状態をキープ。

アクセル操作を行うと自動的に解除されます。

うっかりブレーキを離してしまい前方車に追突なんて事故も防止してくれます。

  • クルーズコントロールが更に便利

最近ではクルーズコントロールを搭載している車種が増えました。

セットした速度をキープしてくれるので高速道路などでは便利ですね♪

電動パーキング搭載車であれば、停止まで自動で制御してくれる全車速追従式に対応している車が多く、渋滞などのノロノロ運転時もアシストしてくれるので疲労軽減になります。

  • 車内空間を有効活用

スイッチ1つでスペースをとらないため、従来のパーキングブレーキで場所をとっていた空間を活用できるようになりました。

電動パーキングブレーキのデメリット

  • シートベルトはしないと解除されない

安全上の仕組みなのですが、電動パーキングが入った状態で少し車を移動したいと思っても、シートベルトをしないと解除されない仕組みなっています。

気づかないで無理やり走行すると故障の恐れがあるので注意が必要です。

  • 緊急時の対応を把握しておく

電子制御なのバッテリー上がり・故障の際には対処方法を知っておかないと危険な場合もあります。

下記にて対処方法をまとめてみましたので参考にしてください!

  • ドリフト走行が難しい

一般ユーザーからしたら関係ありませんが、電動パーキングですとドリフト走行が難しいです。

電動から機械式に変更することが難しく、スポーツカーに搭載されるのは嫌うユーザーもいる。

メーカーとしてもそのような用途を想定される車種には、搭載しないとは思いますが。

  • 搭載してない車に乗るとパーキング操作忘れる

メインの車に電動パーキングが搭載されていて、セカンドカーに乗った際にはパーキングブレーキ操作を忘れてしますことがあります。

無意識のうちに信号などでブレーキを離してしまう可能性もありますので注意が必要でしょう!

バッテリー上がりや故障時の対処方法

電子制御のためバッテリー上がりになったら、バッテリー交換をしないと解除されません。

バッテリー上がりになったらエンジンも掛かりませんので、解除できないことは大きな問題ではありませんね。

  • 手動解除方法

日産車の解除方法になりますが参考になると思います!

  1. シフトポジションがPになっていることを確認します
  2. 電源ポジションをオフにします。
  3. 電動パーキングブレーキスイッチの作動インジケーターが消灯しているのを確認
  4. バックドアを開ける
  5. 手動解除工具を取り出しラゲッジフロアボードを外します
  6. 反時計回りに回転させてキャップを外す
  7. 工具を押し込みながら反時計回りに回し続ける
  8. まわし続けて手を離すと、回した量くらい工具が戻ると解除されます。

 

車種によって故障時の解除方法は異なりますが、どのような車でも手動で解除する方法はありますので説明書を確認してください。

スポンサーリンク

搭載されている代表的な車種は?

近頃では低コスト化が進んだことでコンパクトカー・ミニバン・SUVなどでも採用している車種がありますね。

今回は代表的な車種を紹介しますので購入の参考にしてください。

レクサス

  • LS460・600h

 

 

  • GS

 

 

  • RX

 

 

  • NX

 

トヨタ

  • C-HR

 

 

  • アルファード・ヴェルファイア

 

 

 

  • ハリアー

 

マイナーチェンジされて電動パーキングが採用されます。

ホンダ

  • ヴェゼル

 

 

 

  • N-BOX SLASH

軽自動車では初採用となっています。

日産

  • セレナ

 

  • リーフ

 

マツダ

  • CX-5

  • アテンザ

 

スバル

  • インプレッサ

  • レガシィ

  • レヴォーグ

 

ここで紹介したのは一部になりますが、電動パーキングブレーキ搭載車は今後増えていくと思われます。

また外車では早い段階から採用している車も多く、日本車よりも搭載車が多いです♪

情報まとめ

「電動パーキングブレーキの意味やメリット・デメリット!搭載されてる車種は?」は参考になったでしょうか?

運転中の疲労軽減や便利機能が魅力の電動パーキングですが、正しい使い方をしないと事故の原因になることに注意が必要です。

一度搭載されている車を所有してしますと、今度買い換える車にも搭載されてないと嫌になってしまうほどです!

今後は低コスト化によって価格帯の安い車にも搭載が進むでしょう。

 

何年かしたら軽自動車にも当たり前に搭載されていると思われます。

今後販売される新型車に注目ですね♪

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

電動パーキングブレーキの意味やメリット・デメリット!搭載されてる車種は?

お役立ち情報 トラブル解決 車おもしろ情報・動画

スポンサーリンク

最近良く聞く「電動パーキングブレーキ」ってどういう意味?なんだろうって疑問に思った方多いのではないでしょうか!

国産車で初採用されたのは、2006年レクサスLS460が国産車では初採用になります。

そこから年を重ねるごとに搭載車が増えていき、一部高級車しか採用されていなかった「電動パーキングブレーキ」がコンパクトカーやミニバンにも採用拡大されています。

電動パーキングブレーキの意味

恐らく多く方はサイド方式・フィット方式の車に乗ってると思います。

操作するとギチギチと音を立てて後輪ブレーキが掛かるようになっていますね♪

 

電動パーキングはブレーキシステムにモーターを組み込むことで、電気信号のやり取りでブレーキ制御する仕組みなっています。

坂道発進で活躍する「ヒルスタート・アシスト」・追従式クルーズコントロールなど、活躍の場は大きく広がっています。

通常のブレーキ制御とは異なるコンピューターで制御されており、車両の状態によってブレーキ操作を車が行います。

 

またパーキングブレーキ操作も簡単で、シフト近くにあるパーキングボタンを押すだけで完了しますので、誰でも間単にできるのも特徴です!

電動パーキングブレーキのメリット

  • ブレーキの掛け忘れを防ぐ

搭載されている多くの車種は、シフトポジションをPに入れると同時にパーキングブレーキも掛かるようになっています。

ですので毎回手動で操作していたのが自動になり、掛け忘れ防止にも役立ちます。

  • 信号待ちなどで疲労軽減

車両の設定でオートホールド機能をオンにしておけば、信号待ちなどでブレーキを踏み続けることなく停止状態をキープ。

アクセル操作を行うと自動的に解除されます。

うっかりブレーキを離してしまい前方車に追突なんて事故も防止してくれます。

  • クルーズコントロールが更に便利

最近ではクルーズコントロールを搭載している車種が増えました。

セットした速度をキープしてくれるので高速道路などでは便利ですね♪

電動パーキング搭載車であれば、停止まで自動で制御してくれる全車速追従式に対応している車が多く、渋滞などのノロノロ運転時もアシストしてくれるので疲労軽減になります。

  • 車内空間を有効活用

スイッチ1つでスペースをとらないため、従来のパーキングブレーキで場所をとっていた空間を活用できるようになりました。

電動パーキングブレーキのデメリット

  • シートベルトはしないと解除されない

安全上の仕組みなのですが、電動パーキングが入った状態で少し車を移動したいと思っても、シートベルトをしないと解除されない仕組みなっています。

気づかないで無理やり走行すると故障の恐れがあるので注意が必要です。

  • 緊急時の対応を把握しておく

電子制御なのバッテリー上がり・故障の際には対処方法を知っておかないと危険な場合もあります。

下記にて対処方法をまとめてみましたので参考にしてください!

  • ドリフト走行が難しい

一般ユーザーからしたら関係ありませんが、電動パーキングですとドリフト走行が難しいです。

電動から機械式に変更することが難しく、スポーツカーに搭載されるのは嫌うユーザーもいる。

メーカーとしてもそのような用途を想定される車種には、搭載しないとは思いますが。

  • 搭載してない車に乗るとパーキング操作忘れる

メインの車に電動パーキングが搭載されていて、セカンドカーに乗った際にはパーキングブレーキ操作を忘れてしますことがあります。

無意識のうちに信号などでブレーキを離してしまう可能性もありますので注意が必要でしょう!

バッテリー上がりや故障時の対処方法

電子制御のためバッテリー上がりになったら、バッテリー交換をしないと解除されません。

バッテリー上がりになったらエンジンも掛かりませんので、解除できないことは大きな問題ではありませんね。

  • 手動解除方法

日産車の解除方法になりますが参考になると思います!

  1. シフトポジションがPになっていることを確認します
  2. 電源ポジションをオフにします。
  3. 電動パーキングブレーキスイッチの作動インジケーターが消灯しているのを確認
  4. バックドアを開ける
  5. 手動解除工具を取り出しラゲッジフロアボードを外します
  6. 反時計回りに回転させてキャップを外す
  7. 工具を押し込みながら反時計回りに回し続ける
  8. まわし続けて手を離すと、回した量くらい工具が戻ると解除されます。

 

車種によって故障時の解除方法は異なりますが、どのような車でも手動で解除する方法はありますので説明書を確認してください。

スポンサーリンク

搭載されている代表的な車種は?

近頃では低コスト化が進んだことでコンパクトカー・ミニバン・SUVなどでも採用している車種がありますね。

今回は代表的な車種を紹介しますので購入の参考にしてください。

レクサス

  • LS460・600h

 

 

  • GS

 

 

  • RX

 

 

  • NX

 

トヨタ

  • C-HR

 

 

  • アルファード・ヴェルファイア

 

 

 

  • ハリアー

 

マイナーチェンジされて電動パーキングが採用されます。

ホンダ

  • ヴェゼル

 

 

 

  • N-BOX SLASH

軽自動車では初採用となっています。

日産

  • セレナ

 

  • リーフ

 

マツダ

  • CX-5

  • アテンザ

 

スバル

  • インプレッサ

  • レガシィ

  • レヴォーグ

 

ここで紹介したのは一部になりますが、電動パーキングブレーキ搭載車は今後増えていくと思われます。

また外車では早い段階から採用している車も多く、日本車よりも搭載車が多いです♪

情報まとめ

「電動パーキングブレーキの意味やメリット・デメリット!搭載されてる車種は?」は参考になったでしょうか?

運転中の疲労軽減や便利機能が魅力の電動パーキングですが、正しい使い方をしないと事故の原因になることに注意が必要です。

一度搭載されている車を所有してしますと、今度買い換える車にも搭載されてないと嫌になってしまうほどです!

今後は低コスト化によって価格帯の安い車にも搭載が進むでしょう。

 

何年かしたら軽自動車にも当たり前に搭載されていると思われます。

今後販売される新型車に注目ですね♪

コメントをどうぞ