タイヤを車止めに当てないほうが良い理由は?故障の原因になるの?

お役立ち情報 トラブル解決

スポンサーリンク

ショッピングモール、コンビニ、レストラン、ドラッグストア、時間貸し駐車場など、駐車を前提とした場所には当たり前のように設置している車止め。

駐車する際、実は車止めにタイヤを当てない方が良いということを知らない方は多いのではないでしょうか。

実際に駐車している車をみても各自バラバラですし、交通ルールとは無関係なので教習所で習うという話も聞かないので、そういった要因も関係あるのかもしれません。

今回は、車止めに当てない方が良い理由について解説させていただきます。同時に車止めに関する内容も盛り込んでいますので、興味のある方はぜひ最後までご覧になってください。

車止めってなに?

車止めとは、自動車車室後方の路面に設置しているものです。

長方体のコンクリートの塊で、駐車スペースなどに車の前後方向に対して横向きに2つ置かれています。

基本的に自動車の床下より低くつくられているので、違法改造車でなければ車体そのものに干渉するということはありません。

 

素材に関してはコンクリートである場合が多く、木製や鋼鉄製、プラスチック製のものも存在しています。形状においても長方形だけではなく、近年ではタイヤの形状に合わせた五角形のものもみられるようになっています。

駐車場以外の場面であっても、三角形の形をした携帯用の車止めが存在していて、こちらは万が一のパンクの際の修理などに用いられます。

駐車場に設置されているコンクリートブロックというのが、車止めの一般的な認識ではないでしょうか。

車止めの役割とは?

車止めには、停止すべき位置を越えて走行しないようにするという役割があります。

自動車をバックで駐車させようとするとき、バックカメラなどを内蔵していない限り後方の視界は悪く、どこまで下がれば良いのかわからないというドライバーも多いと思います。

コンビニであれば、駐車場の近くに自転車が駐輪してあったり歩行者が歩いていたりします。

車止めがなければ、そういった物や人にぶつかってしまう危険性が高いといえます。

 

近年では、高齢者ドライバーがアクセルとブレーキを間違えて店舗に突っ込んでしまう事故が相次いでいますが、車止めがなければさらに事故件数は上がるのではないでしょうか。要は、車止めがあることによって「いま店舗に前進しようとしている」と気づく人もたくさんいるということです。

車止めには、停止位置を越えて物や人にぶつからないようにする意味もあります。

スポンサーリンク

車止めにタイヤを当てない方が良い理由

車止めにタイヤを当てない方が良い理由は、いくつかあります。

  • 理由①:車止めを乗り越えてしまう場合があるから
  • 理由②:タイヤやサスペンションによくない
  • 理由③:そもそも車止めに当てる必要のない車もある

 

これらについて、これから詳しく解説させていただきます。

●理由①:車止めを乗り越えてしまう場合があるから

車止めがあるからといって、勢いよく車をバックまたは前進させると、車止めを乗り越えてしまう場合があります。

先述のように、コンビニであれば通行人をはねてしまう可能性もありますし、ショッピングモールであれば柱や壁などの障害物にぶつかってしまう恐れがあるからです。

そうなってしまえば、物損など修理代だけで済むならまだしも、人にケガを負わせてしまうと最悪の場合死に至ることも考えられ、人生をかけて償わなければならなくなるかもしれません。

こういった理由からも、勢いよく当てるのは危険なので絶対にやめましょう。

●理由②:タイヤやサスペンションによくない

もうひとつの理由としては、タイヤやサスペンションに負荷がかかるからです。

特に角ばった長方形のコンクリートだった場合、タイヤの接地部あるいはサスペンションにストレスがかかってしまいます。確かに地面の凹凸なども耐え続けているので、ある程度速度があってもそのときは大きな問題ではないかもしれません。

しかし、何度もそれが繰り返されて蓄積するとダメージとなってしまいます。ですから、タイヤが当たったらすぐに停止させるということを繰り返して、そろそろ車止めに当たるという予測ができるようにして、直前で車を停止させるようにしましょう。

また、車止めに当てっぱなしで長時間放置することも避けておきましょう。

タイヤやサスペンションといった部品のためにも、車止めには当てないようにすることです。

●理由③:そもそも車止めに当てる必要のない車もある

中には、車止めに当てる必要のない車だって存在しています。

例えば、大型ミニバンや大型SUVでもなく、コンパクトカーや軽自動車であれば車止めに当てなくても駐車スペース内におさまるはずです。

(軽自動車専用駐車場であれば別ですが)車止めに当てないといけないというルールはなく、決められた駐車スペースにおさまっていれば問題はありません。

つまり、小さめの車に乗っておられる方はあまり意識しなくても良いということになります。

■まとめ

「タイヤを車止めに当てないほうが良い理由は?故障の原因になるの?」いかがだったでしょうか。

 
今回は、車止めにタイヤを当てない方が良い理由をお届けしました。
さまざまな場所でみかける車止めですが、タイヤやサスペンションの負担にならないようにするためにも、少し離して駐車できるようにしましょう。

スポンサードリンク

コメントをどうぞ

ページの先頭へ

n-body">

タイヤを車止めに当てないほうが良い理由は?故障の原因になるの?

お役立ち情報 トラブル解決

スポンサーリンク

ショッピングモール、コンビニ、レストラン、ドラッグストア、時間貸し駐車場など、駐車を前提とした場所には当たり前のように設置している車止め。

駐車する際、実は車止めにタイヤを当てない方が良いということを知らない方は多いのではないでしょうか。

実際に駐車している車をみても各自バラバラですし、交通ルールとは無関係なので教習所で習うという話も聞かないので、そういった要因も関係あるのかもしれません。

今回は、車止めに当てない方が良い理由について解説させていただきます。同時に車止めに関する内容も盛り込んでいますので、興味のある方はぜひ最後までご覧になってください。

車止めってなに?

車止めとは、自動車車室後方の路面に設置しているものです。

長方体のコンクリートの塊で、駐車スペースなどに車の前後方向に対して横向きに2つ置かれています。

基本的に自動車の床下より低くつくられているので、違法改造車でなければ車体そのものに干渉するということはありません。

 

素材に関してはコンクリートである場合が多く、木製や鋼鉄製、プラスチック製のものも存在しています。形状においても長方形だけではなく、近年ではタイヤの形状に合わせた五角形のものもみられるようになっています。

駐車場以外の場面であっても、三角形の形をした携帯用の車止めが存在していて、こちらは万が一のパンクの際の修理などに用いられます。

駐車場に設置されているコンクリートブロックというのが、車止めの一般的な認識ではないでしょうか。

車止めの役割とは?

車止めには、停止すべき位置を越えて走行しないようにするという役割があります。

自動車をバックで駐車させようとするとき、バックカメラなどを内蔵していない限り後方の視界は悪く、どこまで下がれば良いのかわからないというドライバーも多いと思います。

コンビニであれば、駐車場の近くに自転車が駐輪してあったり歩行者が歩いていたりします。

車止めがなければ、そういった物や人にぶつかってしまう危険性が高いといえます。

 

近年では、高齢者ドライバーがアクセルとブレーキを間違えて店舗に突っ込んでしまう事故が相次いでいますが、車止めがなければさらに事故件数は上がるのではないでしょうか。要は、車止めがあることによって「いま店舗に前進しようとしている」と気づく人もたくさんいるということです。

車止めには、停止位置を越えて物や人にぶつからないようにする意味もあります。

スポンサーリンク

車止めにタイヤを当てない方が良い理由

車止めにタイヤを当てない方が良い理由は、いくつかあります。

  • 理由①:車止めを乗り越えてしまう場合があるから
  • 理由②:タイヤやサスペンションによくない
  • 理由③:そもそも車止めに当てる必要のない車もある

 

これらについて、これから詳しく解説させていただきます。

●理由①:車止めを乗り越えてしまう場合があるから

車止めがあるからといって、勢いよく車をバックまたは前進させると、車止めを乗り越えてしまう場合があります。

先述のように、コンビニであれば通行人をはねてしまう可能性もありますし、ショッピングモールであれば柱や壁などの障害物にぶつかってしまう恐れがあるからです。

そうなってしまえば、物損など修理代だけで済むならまだしも、人にケガを負わせてしまうと最悪の場合死に至ることも考えられ、人生をかけて償わなければならなくなるかもしれません。

こういった理由からも、勢いよく当てるのは危険なので絶対にやめましょう。

●理由②:タイヤやサスペンションによくない

もうひとつの理由としては、タイヤやサスペンションに負荷がかかるからです。

特に角ばった長方形のコンクリートだった場合、タイヤの接地部あるいはサスペンションにストレスがかかってしまいます。確かに地面の凹凸なども耐え続けているので、ある程度速度があってもそのときは大きな問題ではないかもしれません。

しかし、何度もそれが繰り返されて蓄積するとダメージとなってしまいます。ですから、タイヤが当たったらすぐに停止させるということを繰り返して、そろそろ車止めに当たるという予測ができるようにして、直前で車を停止させるようにしましょう。

また、車止めに当てっぱなしで長時間放置することも避けておきましょう。

タイヤやサスペンションといった部品のためにも、車止めには当てないようにすることです。

●理由③:そもそも車止めに当てる必要のない車もある

中には、車止めに当てる必要のない車だって存在しています。

例えば、大型ミニバンや大型SUVでもなく、コンパクトカーや軽自動車であれば車止めに当てなくても駐車スペース内におさまるはずです。

(軽自動車専用駐車場であれば別ですが)車止めに当てないといけないというルールはなく、決められた駐車スペースにおさまっていれば問題はありません。

つまり、小さめの車に乗っておられる方はあまり意識しなくても良いということになります。

■まとめ

「タイヤを車止めに当てないほうが良い理由は?故障の原因になるの?」いかがだったでしょうか。

 
今回は、車止めにタイヤを当てない方が良い理由をお届けしました。
さまざまな場所でみかける車止めですが、タイヤやサスペンションの負担にならないようにするためにも、少し離して駐車できるようにしましょう。

コメントをどうぞ